中途

求人広告の良い例、悪い例【こんな会社は求職者からモテない!】

厚生労働省が発表する有効求人倍率。2019年6月は【1.61倍】となっており、高水準を保って推移しています。

ハローワークに限らず、リクナビNEXT、マイナビ転職、doda、エン転職に代表されるような求人メディアに掲載される求人の件数も増加の一途を辿り、応募者の確保や採用成功の難易度は高まる一方です。

求人をただ載せるだけでは、求職者にとってその他大勢の求人となってしまいますし、募集要項や諸条件をただ羅列して一方的に企業の魅力をアピールする求人では、星の数ほどある求人広告の中から求職者に振り向いてもらうことは非常に難しいでしょう。

よく例えに上がりますが、採用と恋愛の攻略法は同じ。
そこで今回は、求人広告の良い例、悪い例を恋愛に例えながらご紹介します。

求人広告の良い例、悪い例

求人広告の作成において最も重要なのは、明確なターゲット設定です。

ただなんとなく「こんな人が来たら嬉しいな」とターゲットを曖昧に設定していると、ぼやけた求人広告になってしまい企業の魅力も充分に伝わりません。

ではどのようなターゲット設定が良いのでしょうか。ここからは具体例を交えながら解説していきます。

求人広告のターゲット設定の悪い例

ゲーム開発エンジニア募集の求人広告の場合をみてみましょう。
ターゲット設定の悪い例としては、以下のような条件が挙げられます。

・コミュニケーション能力がある
・素直で学習能力の高い
・何事にも意欲的に取り組める
・英語による仕様書を作成・解読できる
・アプリの開発経験が●年以上ある   など

かなり極端な例ではありますが、多くの企業がやりがちなターゲット設定の悪い例です。このようなターゲット設定では、理想の人材要件の羅列になってしまい、地に足がついていない求人広告になってしまいます。

恋愛に例えると、

・イケメン限定
・身長180cm以上
・高学歴
・スポーツ万能
・優しい

「こんな彼氏が欲しい!」と言って回っているような状態です。よっぽどの美女でしたら良いかもしれませんが、ちょっと腹が立ちますよね。

必ずしも”理想の採用ターゲット=貴社の求める人材”とは限りません。
貴社が求める人材かつ、入社に意欲的な人材こそが理想の人材となります。

地に足を付け、より具体的にターゲットを定めて求人広告を作成するのが採用成功のカギです。

求人広告の理想的なターゲット設定の例

理想的なターゲット設定の例をご紹介します。

学生時代はゲームが大好きで、友達とオンラインゲームに熱中。

とりあえず都内の大学に進学したが中退し、その後手に職をつけるため都内のIT系専門学校を卒業。

卒業後、何社か派遣で転々と渡り歩き、エンジニアとして経験とスキルを積んでいく。

現在は正社員として銀行の社内システムエンジニアをしている。

もちろん重要なシステムを開発・運用しているのだが、社内システムのため特に人目には触れることは無い。

残業は多めだが、残業代が全て支払われているわけではなく、やや不満を感じつつも割り切って働いている。

仕事の忙しさから大好きだったゲームからは遠ざかっており、ゲームの実況動画をたまの休みに観る程度。

今すぐに転職したいと感じているわけではないが、今の仕事をずっと続けるつもりもない。

あくまで一例ですが、ここまで詳細にターゲットを定めることで、自社の打ち出すべき魅力が見えてくるようになります。

仕事内容をより詳細に書き込んで具体的な求人広告にしよう

仕事内容をより詳細に書き込んで具体的な求人広告にしようターゲット像が具体的に思い浮かんだら、あとはターゲットに届けるべき自社の魅力を打ち出しましょう。いくらターゲットが定まっていても、仕事内容の項目が業務内容の大まかな羅列では、求職者にとって魅力的に映りません。

求人広告の仕事内容の悪い例

今回もゲーム開発エンジニア募集の場合で考えてみましょう。
例えば以下のような仕事内容の求人広告があったとします。

動画系システム・アプリケーション、ゲーム、スマホアプリ、webアプリケーションの開発

【具体的には】
動画系システム・アプリケーション、
ゲーム、スマホアプリ、webアプリケーションなどの開発を担当するSEの仕事になります。

社内の風通しもよく、和気あいあいとした雰囲気で福利厚生もしっかりしていますよ!

どうでしょうか?
具体的なようで全く具体性がありません。

恋愛に例えると「仕事ができて優しくて、家庭的な人間です!」とアピールしているようなものです。このようなざっくりとしたなアピールでは、なかなか異性には振り向いてもらえませんよね。

求人広告の仕事内容の良い例

さきほどの仕事内容を以下のように変えてみるとどうでしょうか。

★コンセプト企画、ゲームデザイン考案★開発・デバッグ・テスト等★リリース・運用等「育成ゲームが流行っているらしいよ」
「あえてRPGにチャレンジみるのも良くない?」
…お昼休みの会話ではなく、実際の業務時間中の会話の一例なんです。ゲームが大好きな仲間が集まり、
みんなで和気あいあいと意見を出し合いながら開発を進めています!社内の風通しは抜群だから、プライベートでも上司を交えてオンラインゲームで盛り上がることもしょっちゅう。
新作ゲームが発売したから、有給取ります、なんてのもOK。
好きが講じすぎた仲間たちだからこそ、高いパフォーマンスを発揮できています。

いかがでしょうか?

この例のように「どのように」風通しが良いのか、「どのように」雰囲気が良いのか、具体的に求人広告に書くことによって、成果の出る求人となります。

「なかなか自社の狙うべきターゲット設定や打ち出しができない」という企業様は、代理店や採用コンサルティング会社の力を借りてみるのも良いかもしれません。

当社カケハシ スカイソリューションズはこれまでのべ3,000社の採用活動支援をおこなってきました。中途採用でお困りの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

中途採用求人サイトの選び方webセミナーのご案内

求人広告メディアはいまや130以上。そのうちキャリア採用向けの求人サイトだけでも50以上ある昨今
結局どの求人サイトを利用すれば採用成功確率が高いのか。

求人広告代理店として複数の求人サイトを活用し企業様の採用を成功へと導いてきた弊社カケハシ スカイソリューションズが客観的な立場で各求人サイトの特徴や企業様への向き・不向きをウェブセミナーでご紹介します

本セミナーでご紹介するのは中途採用において主要媒体とされる以下6サイト。

マイナビ転職/リクナビNEXT/doda/エン転職/type/Re就活

これから中途採用をおこなう上でどの求人サイトを利用すべきかお悩みの方、
すでにいずれかの求人サイトに掲載しているけれど、結果に満足されていない方は
ぜひお気軽にご参加ください。

詳細をみる予約する

その他、中途採用に関するお悩みごとがございましたら
以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。