中途

【企業向け】女の転職typeの特徴!他女性向け転職サイトとの違いとは

2019年3月発表の総務省の労働力調査によると15歳~64歳の女性の就業率は2018年平均で69.6%となり、9年連続過去最高記録を更新しています。

女性の社会進出が進み女性の採用を積極的に検討する企業が増える中、注目したいのが女性向けの転職サイトです。

本記事では女性向けの転職サイトの中でも女の転職typeに焦点をあて、サイトの特徴や他女性向けの転職サイトとの違いを求人広告代理店ならではの目線でお伝えしていきます。
(※本記事は2019年5月時点の情報にもとづいて記載しています。)

女の転職typeとは?

女の転職typeとは、総合型転職サイトである「type」を運営している株式会社キャリアデザインセンターが運営する女性特化型の転職サイトです。

まずは総合型転職サイト「type」について知りたいという方は以下の記事からお読みください。

【企業向け】求人広告代理店が教える転職サイトtypeの特徴お笑い芸人であるオードリー春日俊彰さんをイメージキャラクターに起用している転職サイトtype。 2019年1月、従来の「@type...

正社員で長く働きたい女性のための転職サイト」というコンセプトが働く女性に支持されている女の転職typeの会員数は110万人を超えています(2019年3月時点)

女の転職typeの3つの特徴!他女性向け転職サイトとの違いとは

女性向け転職サイトとして代表的なサイトとしては女の転職type以外に以下4つがあげられます。

・マイナビ転職 女性のおしごと

・Woman Career

・エン転職 WOMAN

・とらばーゆ

他女性向け転職サイトと比較した女の転職typeの特徴は以下の3つです。

女の転職typeの特徴
  1. 総合型転職サイトから独立している転職サイト
  2. 正社員、契約社員求人に特化している
  3. 首都圏の募集に強み

1.総合型転職サイトから独立している転職サイト

女の転職type、とらばーゆを除く3媒体は独立した転職サイトではなく、総合型転職サイトの中で女性をターゲットに含む求人だけを抽出して検索できる仕組みとなっています。

マイナビ転職女性のおしごとであればマイナビ転職、Woman Careerであればdoda、エン転職WOMANであればエン転職とそれぞれ連動しています。

そのためそれぞれの総合型転職サイトと女性向け転職サイトの会員データベースは同一ということになります。

一方、女の転職typeととらばーゆは総合型転職サイトとは全く別サイトとして独立した女性向け転職サイトであり、会員データベースも別物です。

このことから他3媒体と比べて総合型転職サイトとの会員の重複が少なく、総合型転職サイトではアプローチできなかった求職者に対してアプローチできる可能性があります。

2.正社員、契約社員求人に特化している

女の転職typeは求人の9割以上が正社員または契約社員の募集です。

woman careerやエン転職女性のおしごとも同様に9割以上が正社員または契約社員募集の求人となっており、この3媒体については正社員、契約社員の求人に特化したサイトだと考えてよいでしょう。

正社員、契約社員募集の求人が大半を占めることで、長く働きたい女性やキャリア志向の女性が集まりやすいサイトだといえます。

3.首都圏の募集に強み

女の転職typeで掲載できる求人は首都圏の募集に限りませんが、実際に掲載している求人をみると9割が首都圏での募集です。

首都圏での募集が全体の9割を占めているのは女性の転職typeのみで、次いで多いエン転職女性のおしごとで全体の8割程度となっています。

首都圏の募集求人が多ければ、必然的に首都圏で働きたいと考える女性が集まりやすくなります。

そのため女の転職typeは首都圏の募集に強い転職サイトといえます。

女の転職typeに掲載するデメリット

女の転職typeに掲載するデメリットとしては、良くも悪くも首都圏での募集に強みがある点があげられます。

過去首都圏を中心にプロモーションをおこなってきた影響から地方での認知度は他女性向け転職サイトと比較して低い可能性が高いです。

地方での採用を検討されている場合は、首都圏と比較すると難易度が高まる可能性が高いと思っておいた方がよいでしょう。

また総合型転職サイトとは別の転職サイトであることから、掲載するために別途費用が発生する点もデメリットの一つといえるでしょう。

こんな企業は女の転職typeへの掲載がおすすめ!

ここまで女の転職typeの特徴をお伝えしてきました。

総合代理店として複数の媒体を活用して企業様の中途採用をお手伝いしている当社としては、以下のような場合は女の転職typeへ掲載されることをおすすめします。

・正社員として長期雇用する人材を募集したい

・営業職、販売職、事務職を募集したい

・勤務地が首都圏

・女性の比率を増やすため、女性に特化して採用したい

・すでに総合型転職サイトを利用しており、新たな層にアプローチしたい

いずれかが該当される場合にはぜひ女の転職typeへの掲載をご検討されてみてはいかがでしょうか。

最後に、求人広告を利用して募集をおこなう場合、使用する媒体の選定以上に重要といっても過言ではないのが「どのような原稿を掲載するか」や「会員に対してどのようなアプローチをするか」といった媒体の活用方法です。

当社にはこれまでのべ3,000社の採用活動をお手伝いすることで培った採用ノウハウが豊富にございます。

求人サイトの選定はもちろん、広告の中身や活用方法についてお悩みの際はぜひお気軽にご相談ください。

【中途採用担当必見】2020年最新版!
6つの主要転職サイトの特徴・違いが一目でわかる比較資料

マイナビ転職、doda、type、Re就活、リクナビNEXT、エン転職といった6つの主要転職サイトの会員データやサイトデータ、掲載料金、各サイトの特徴をまとめたました。

各求人サイトの特徴をまとめて知りたい企業様はぜひこちらからお気軽にダウンロードしてください。

求人サイト比較表ダウンロードはこちらから

中途採用|最適な採用手法の選び方セミナーのご案内

求人広告の掲載、人材紹介の利用、ハローワークの利用、
ダイレクトリクルーティング、リファラル採用…など、
中途採用は採用手法が多岐にわたります。

「いったいどの採用手法を選ぶべきなのか?」

最適な採用手法を選択するためには、
採用手法ごとの特徴と適正を知ることが不可欠です。

そこで今回、
採用手法ごとの得意領域と採用手法を選ぶ上で重要な判断基準
ウェブセミナーでご紹介します。

セミナープログラム
第一部(所要時間:1時間)
・中途採用手法の種類と特徴
・採用手法を選ぶ上での判断基準
・求職者がもっとも利用している採用手法とは

第二部(所要時間:30分間)
・個社対応相談会

採用したい人材の条件によって最適な採用手法は異なります。

これから中途採用をおこなう企業様、
現状の採用手法での成果に満足されていない企業様は
ぜひお気軽にご参加ください。

詳細をみる予約する

その他、中途採用に関するお悩みごとがございましたら
以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

 

中途採用の主要転職サイト7つの特徴・プランが一目でわかる比較表
ダウンロードはこちら