中途

中小企業の中途採用が難しい理由と採用上のハンデを克服する方法

採用活動は大手企業より中小企業の方が圧倒的に難しいといわれています。

なぜ中小企業の中途採用は難しいといわれるのでしょうか。

本記事では、まず中小企業の中途採用が難しい理由を解説し、そういった採用上のハンデを克服するためにどのような手を打てばいいのかをお伝えしていきます。

中小企業の中途採用が難しい3つの理由

中小企業の中途採用が難しい3つの理由大手企業と比べて中小企業の中途採用が難しい理由をあげてみましょう。

中小企業の中途採用が難しい理由
  1. 知名度が低い
  2. マンパワー不足
  3. 「中小企業」という言葉のイメージが悪い

1.知名度が低い

中小企業は大手企業と比べ知名度が低い場合が多いです。このことは広告費にかけられる予算が少ないことも起因しているでしょう。

人は自分の知らないものや未知のものに対して恐怖心を抱くため、知らない企業より知っている企業を選ぶ傾向が高いといえます。

つまり、知名度が低いことは、残念ながら転職先として選択される可能性が低いということに直結すると考えられます。

2.マンパワー不足

中小企業であれば、人事担当が他業務を兼務しているケースが多く見受けられます。

大手企業が分業しているような人事関連の業務をすべて一人でこなした上で、他業務も兼任している場合には、採用業務に時間をさけなくても当然といえるでしょう。

他業務に圧迫され、ついつい応募者対応が後回しになってしまうということも多いのではないでしょうか。

しかし売り手市場がつづく昨今、応募者対応は可能な限り早くおこなわなければ、優秀な人材であればあるほど他企業にとられてしまう可能性が高くなります

こうしたマンパワー不足も中小企業の中途採用を難しくする要因の一つといえるでしょう。

3.「中小企業」という言葉のイメージがあまりよくない

よくある中小企業のイメージをあげてみましょう。

・安定していない
・給料が低そう
・福利厚生が充実していない
・研修制度がない
・休みが少ない
・残業が多く、残業手当の支給もない 

実際は決してそんなことはないにも関わらず、上記のようなイメージが求職者の中で蔓延しています。

中途採用の場合、新卒採用と比べて給与や就労環境といった雇用条件に重きをおいて転職活動するケースが多いように思います。

厳しいことをいうようですが、前述のような悪いイメージから求職者がそもそも応募すらしないというのが現実なのです。

難しい中小企業の中途採用を成功させるには

難しい中小企業の中途採用を成功させるにはここまで中小企業の中途採用が難しい理由をお伝えしてきました。では具体的には何を改善すれば中小企業の中途採用がうまくいくのでしょうか。

知名度を上げることは一朝一夕で実現できるものではありません。地道なブランディングが必要になるでしょう。

そこで改善のポイントとなるのは、マンパワー不足の解消と、求職者が抱くマイナスイメージをいかにして払拭するかという点です。

マンパワー不足を解消する

もっとも手っ取り早いマンパワー不足の解消法は増員でしょう。しかしそう簡単に増員できないのが現実ですよね。そこで整理したいのが、「その採用業務は時間をかけておこなうべき業務か」ということです。

最近では、応募者管理を一元化することで効率化をはかることのできる採用管理システム(ATS)を導入する企業様も増えてきました。または、一部業務を外部に委託する採用代行(RPO)を利用される企業様もいます。

多少費用はかかりますが、社内のリソースだけで対応しようとして一部業務がおろそかになってしまい、結果として採用がうまくいかないようでは元も子もありません。

今の社内のリソースだけで果たしてすべての業務をこなせるのか、今一度考えてみてはいかがでしょうか。

マンパワー不足の解消については、以下の記事でより詳しくお伝えしています。採用業務の効率化をはかりたい方は、ぜひ合わせてご一読ください。

【人事向け】採用担当を激務にする7つの要因と解消方法採用を成功させることはおろか応募を獲得することさえも難しいといわれるほど激しさを増す人材獲得競争。 採用担当には採用活動全体の細か...

求職者が中小企業に対して抱くマイナスイメージを払拭する

中小企業に対するマイナスイメージは求職者が勝手にイメージしていることなので、求人広告の打ち出し方をうまく工夫すればその思い込みを覆し入社に結びつけることが可能です。

悪いイメージを払拭するにはどうすればいいのでしょうか。イメージを変える求人広告を作成する上でもっとも意識しておきたいことは「具体性」です。

伝えたい自社の魅力に具体性があればあるほど求職者のイメージは良い方向に変わります。説明されるだけではなかなかわかりにくいと思うので、中小企業が失敗しがちな中途採用の求人広告打ち出しの具体例を出してみていきましょう。

・若くて活気あふれる社風です
・未経験者も大歓迎です
・異業種からの転職者も数多く活躍しています

上記のようなフレーズは求人広告でよく見かけますが、どこの会社でもいえるありふれた打ち出しだといえます。

社名を変えても違和感がないようなメッセージでは求職者にとって魅力的に感じられることはありません。

今求人広告に打ち出しているメッセージは自社でしかいえないことですか。この機会に改めて自社の求人広告の打ち出しを振り返ってみてはいかがでしょうか。

中途採用求人サイトの選び方webセミナーのご案内

求人広告メディアはいまや130以上。そのうちキャリア採用向けの求人サイトだけでも50以上ある昨今
結局どの求人サイトを利用すれば採用成功確率が高いのか。

求人広告代理店として複数の求人サイトを活用し企業様の採用を成功へと導いてきた弊社カケハシ スカイソリューションズが客観的な立場で各求人サイトの特徴や企業様への向き・不向きをウェブセミナーでご紹介します

本セミナーでご紹介するのは中途採用において主要媒体とされる以下6サイト。

マイナビ転職/リクナビNEXT/doda/エン転職/type/Re就活

これから中途採用をおこなう上でどの求人サイトを利用すべきかお悩みの方、
すでにいずれかの求人サイトに掲載しているけれど、結果に満足されていない方は
ぜひお気軽にご参加ください。

詳細をみる予約する

その他、中途採用に関するお悩みごとがございましたら
以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。