中途

貴社の中途採用がうまくいかない理由とは?4つの原因と確認項目

労働人口が減少し、激化する売り手市場。

悩める人事
悩める人事
中途採用ががうまくいかない…。

そんな悩みをお持ちの採用担当者は増えてきているのではないでしょうか。

媒体掲載に無駄にお金を払い続けることに疲れ果ててしまった、という担当者や社長の声を聞くことも珍しくありません。「即戦力」となる人材の確保に、いかに苦心されているのか感じられます。

中途採用におけるよくある課題を振り返りながら、それに対応する対策を紹介いたします。

中途採用のよくある4つの課題

まずは、多くの企業に共通する課題を挙げてみます。

中途採用のよくある4つの課題
  1. 募集をかけても応募が来ない
  2. 募集をかけても採用したい人材からの応募がない
  3. いい人材に出会えても採用に至らない
  4. 採用したはいいがすぐに辞めてしまう

自社がどの課題にあてはまるか、考えてみましょう。

1.募集をかけても応募が来ない

そもそも中途採用の募集をかけても、応募自体が得られないという方は少なくないのではないでしょうか。

なかなか応募が得られず、マンパワー的に新しい原稿の用意もできず、とりあえず費用をかけ掲載数を増やしていく…といった対応に至っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

.募集をかけても採用したい人材からの応募がない

採用ターゲットを設定し、オフィシャルサイトや求人媒体で募集をかけているにも関わらず、欲しい人材からの応募が無いという課題です。

一定の応募数は得られる中、求める人材からの応募がなく、多少条件とズレのある方とも選考を進めることで、効率の悪い対応に陥ってしまうこともあるでしょう。

3.いい人材に出会えても採用に至らない

せっかくいい人材からの応募を得られたにも関わらず、求職者の方から辞退されてしまうこともしばしばあるのではないでしょうか。

新たな希望人材との出会いにもめぐまれず、結果的にターゲットとズレを感じる人材の採用を選ぶこともあるかもしれませんね。

4.採用したはいいがすぐに辞めてしまう

苦労して採用した社員も、会社にうまく定着することができず、短期間で辞めてしまうこともあるでしょう。

新卒採用と違い愛社精神がないから仕方ない、と諦めて振り出しに戻ること程、勿体ないことはありません。

うまくいかない中途採用の4つ原因と確認点

自社はどの課題に当てはまったでしょうか?大切なのは、その課題の背景を「なぜ?」と掘り下げて考えていくことです。前述の課題に対応した背景や理由を考えていきましょう。

1.募集をかける方法に誤りがある

そもそも中途採用の募集をかけても、応募自体が得られない場合には、募集のかけ方や方法、媒体が貴社の求人情報に適していないことが予想されます。

確認ポイント例

  • ターゲットと自社に合った募集方法を選択しているか
  • ターゲットに適した場所(媒体)に情報掲載されているか

2.貴社の募集が届いていない

欲しい人材からの応募が無いというケースからは、採用したい人物に貴社の中途採用募集の情報が届いていないという原因が考えられます。

確認ポイント例

  • ターゲットが受けとれる場所(媒体)に情報があるか
  • ターゲット側の求める条件が含まれているか

3.選考のタイミング面接の仕方等に誤りがある

いい人材からの応募があっても辞退されてしまうのは、採用のスピード感や面接方法に原因があるかもしれません。

確認ポイント例

  • ターゲットに合わせたスピード感で選考を進められているか
  • ターゲットに配慮したタイミングでアプローチをかけているか

4.採ることにしか目がいっていない

採用した中途社員が会社に定着しない原因は、本人の希望や社内の現状とのすり合わせが不足していたことが予想できます。

確認ポイント例

  • ターゲットの希望する条件と自社の環境がマッチしているか

まずは、ターゲット設定から見直してみましょう

さて、ここまでの例で共通すること振り返ると、「ターゲット設定」が状況改善のヒントとして着目できそうですね。

「ターゲット」とは、どのような要素で構成されているでしょうか?改めて押さえた上で、再度自社が持つ課題を見直してみましょう。

企業側がターゲットに求める要素

採用したい人物が持っている能力、経験、意欲、などの資質です。より具体的なイメージを挙げ、理由を持って想像することが重要です。

この要素が採用時、企業側が求職者を見極めるための指標になります。

悪い例

求める能力:コミュニケーション能力

良い例

求める能力:ちょっとしたユーモアを含めて、コミュニケーションを取ることができる。

理由:他の社員やお客様とのやりとりにおいて、マニュアル的ではない、温度感や人間味の伝わる仕事をしてほしい。

なぜなら配属予定のお客様は機械的な営業トークに嫌悪感を抱く傾向にあり、配属予定の部署もその方針に乗っ取って教育をしているため。

ターゲットが企業側に求めるもの

採用広報を考えるにあたって特にしっかりと考えるべきであり、忘れてしまいがちなのがターゲットの志向に関する要素です。待遇や福利厚生を求め、どのような働き方を実現しようと考えているか、などが該当します。

求職者が企業側に求めるメリットとも言えるので、ターゲットを惹きつけるために必ず検討する必要があるでしょう。

例えば

  • 仕事とプライベートを両立させたい。
  • 女性が結婚や出産を経ても活躍できる制度と環境がほしい。
  • 決められた仕事を淡々とおこなうのではなく、自分らしさを活かしたい。
  • スキルが身に付けられる仕事と教育環境が欲しい。

ターゲットに合わせた募集と選考を練り直しましょう

ターゲット設定を洗練させることで、自社が求めている人物像が明確になります。

中途採用の課題を解決するための、1つの確認点に過ぎませんが、すべての課題に影響する要素ですので、今一度自社の課題と、ターゲット設定の仕方を振り返ってみることをオススメいたします。

ターゲットに合わせた採用戦略と選考時の配慮が、中途採用を成功させる近道となるでしょう。

【中途採用担当必見】事例に学ぶ、採用成功のヒント集
~課題を乗り越え採用を成功させた事例10選~

当社がお手伝いした企業様の採用成功事例を10件まとめた資料をご用意しました。

事例集では、どのような採用課題があり、どのような施策で課題を克服し、採用成功にいたったのかをまとめています。

採用課題を乗り越え、採用を成功させるためのヒントをお探しの企業様はぜひこちらからお気軽にダウンロードしてください。

中途採用事例集ダウンロードはこちらから

中途採用|最適な採用手法の選び方セミナーのご案内

求人広告の掲載、人材紹介の利用、ハローワークの利用、
ダイレクトリクルーティング、リファラル採用…など、
中途採用は採用手法が多岐にわたります。

「いったいどの採用手法を選ぶべきなのか?」

最適な採用手法を選択するためには、
採用手法ごとの特徴と適正を知ることが不可欠です。

そこで今回、
採用手法ごとの得意領域と採用手法を選ぶ上で重要な判断基準
ウェブセミナーでご紹介します。

セミナープログラム
第一部(所要時間:1時間)
・中途採用手法の種類と特徴
・採用手法を選ぶ上での判断基準
・求職者がもっとも利用している採用手法とは

第二部(所要時間:30分間)
・個社対応相談会

採用したい人材の条件によって最適な採用手法は異なります。

これから中途採用をおこなう企業様、
現状の採用手法での成果に満足されていない企業様は
ぜひお気軽にご参加ください。

詳細をみる予約する

その他、中途採用に関するお悩みごとがございましたら
以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

 

中途採用の主要転職サイト7つの特徴・プランが一目でわかる比較表
ダウンロードはこちら