管理職育成

管理職研修の目的や内容とは?研修の必要性や設計フローを徹底解説

企業において管理職の育成が重要課題の一つとなっていますが、その難度の高さを実感している人事担当者も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、管理職研修の目的や効果的な実施方法、設計フローについて紹介します。

管理職研修とは?

管理職の多くは組織における役割があり、自分の仕事だけでなく組織全体を統括する能力が求められています。

管理職研修とは、組織内で業務やチームをバランスよくマネジメントするためのノウハウを習得し、組織の成果を最大化することを目的におこなう研修です。

管理職研修は、「管理職基礎研修」「管理職応用研修」と大きく2つに分類されます。

基礎研修は、新任管理職を対象にした、管理職として業務をおこなうのに必要な基礎的なスキルを身につける研修です。

応用研修では、経営者の一員としてリスク管理や新規事業の立ち上げなどに必要となる「経営数字の捉え方」や、「組織全体のマネジメント手法」を学びます。

また、管理職にはチームビルディングや離職防止のための研修も重要と考える企業も多く、目的に応じて適切な内容の研修が実施されています。

管理職に必要とされる能力とは?

管理職には、自分の業務に加え全体を管理する能力が求められます。

例え営業で優秀なプレイヤーだったとしても、管理職として必要とされるマネジメント能力や、部下の指導及び育成能力が身についているとは限りません。

組織を管理する経営的視点を持つ管理職には、以下の4つの能力が求められます。

管理職に必要な4つの能力
  1. サポート能力:部下の意欲を引き出すための動機づけや環境づくり
  2. 目標設計能力:部下の特性や希望を理解したうえで、個々人に見合った目標の設定
  3. 指導能力:状況に応じたノウハウの伝授、チャレンジ機会の提供
  4. 評価能力:仕事内容や業績から管理職として課題を共有、適切な評価の実施

管理職に昇格した際には、まずこれらの能力を身につける必要があります。

また、管理職として「組織」「業務」「カネ」「ヒト」をバランスよくマネジメントするためのノウハウの習得も必要です。

上級管理職になれば、組織を経営していく立場から、リスク管理や経営上の数字の捉え方、組織全体のマネジメント能力も必要とされます。

管理職がこれらの能力を身につけるには、目的や段階に応じて適切な研修を実施することが有効です。

管理職研修を導入するメリット

管理職研修は、管理職が「組織としての成果を最大化していく」ために必要なスキルを学ぶための研修です。

管理職研修を導入することは、企業にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。

メリット(1)継続的に企業が成長する礎をつくる

管理職に特に求められる役割の一つが、社員が成長できる環境をつくり、組織として最大のパフォーマンスを発揮することです。

昨今、労働人口の減少や働き方改革、時短勤務、シニア雇用などにより、より多様な人材が活躍する場をつくり、人材を育成していく能力が必要とされています。

「人的資本」を大きくするのも小さくしてしまうのも、管理職の能力次第といえ、現場で実践していくためのノウハウを学ぶ管理職研修には大きなメリットがあります。

メリット(2)組織全体の生産性が上がる

ITの発展によりビジネス環境は日々変化し、企業間競争も激化しています。管理職の役割には、組織全体としての生産性の向上が求められています。

管理職研修は、仕事の効率を高めるための戦略立案、現場への落とし込みによるチーム全体での生産性アップへの取り組み強化につながります。

メリット(3)組織内の改革・改善が進み発展できる

組織の発展には、常に改革・改善を考え、動き続けることが必要です。

管理職が現状に満足せず、常に率先してスキルを高め、チームや部下に対して改革・改善を推進していくことが、企業の発展につながります。

上級管理職研修では、組織の新しい事業考案や変革、組織マネジメントを経営的視点に立って学ぶことで、経営的視点と戦略的発想ができる人材を育てることを目的としています。

管理職研修の設計フロー

管理職研修を企画する際には、どのような設計フローが必要になるのでしょうか。ここでは、その手順とそれぞれのポイントを解説します。

理想像の設定と課題の洗い出し

まずは自社が求める理想の管理職像を設定します。管理職として身につけるべきスキルや能力、思考、行動規範などを事前に洗い出し、さらに具体的な要件を明確にします。

次に、理想とする管理職像と自社の管理職の現状との乖離を把握しましょう。理想と現状のギャップから自社の課題を洗い出し、管理職研修での内容・目標を設定していきます。

研修を経て、実務の中でどのような行動を取れるようになるのかを示す「行動目標」を定めることがポイントです。

研修カリキュラムの作成

設定した目標をもとに、実施する研修内容、カリキュラムを検討します。研修の実施方法として自社での実施以外にも、外部研修サービスの利用を検討するのも一つです。

外部の管理職研修では、その分野に特化したノウハウを持つプロの講師が担当するため、目的に見合った研修を受けられます。

また外部研修サービスは、活用例や実績を多く備え、具体的な効果を得られるプログラムを適切に選択し、効率的な研修成果を得られるというメリットがあります。

研修の実施と効果測定

作成したカリキュラムをもとに管理職研修を実施します。

その際、研修後に効果測定をおこなうことも重要です。効果測定は、具体的な行動レベルまで落とし込めているか、研修により行動変容や目標達成がなされているかを検証します。

また、受講者から研修のフィードバックをもらい管理職研修の内容自体を振り返り、改善の必要があれば対応することも必要です。

管理職研修の具体例

企業では実際にどのように管理職研修がおこなわれているのでしょうか。管理職研修の具体例を紹介します。

管理職研修事例(1)外資系メーカーのケース

外資系メーカーのA社では、人事評価をおこなう管理職に向けて「評価者の再教育」をテーマに「人事評価者研修」をおこないました。

管理職の抱える悩みや課題から「評価とは人材育成の一貫」であることをマインドセット。

部下との日常的な関わりの重要性や、被評価者が納得感を生む評価者面談・フィードバックなどから、成長につながる育成のための評価に変化した事例です。

管理職研修事例(2)介護サービス企業のケース

介護サービスをおこなうB社では、「経営体感ゲームによる視座の底上げ・役割認識」をテーマに管理職研修を実施。

長期的視点を持ち、会社の利益向上、社員・顧客満足につながるアクションを導き出す難しさと重要性をゲームを通して体感してもらいました。

管理職には個人としての成果だけではなく、組織のハブとしての役割が求められることを理解してもらい、視座の底上げが図れた事例です。

まとめ

管理職が役割を果たしうまく機能していくことで、組織力のアップや生産性の向上が期待でき、企業の成長につながります。

管理職がマネジメントについてきちんと理解し、実践につなげていくために、管理職研修という学びの機会を設けることが重要です。

今回の記事を参考に、自社の管理職研修を見直してみてはいかがでしょうか。

カケハシ スカイソリューションズでは管理職研修サービスを提供しています。
企業様のご状況、目的に応じた研修内容のカスタマイズも可能です。

ぜひお気軽にお問合わせください。

カケハシ スカイソリューションズの提供する
「管理職研修」のラインナップ・詳細はこちら

社員研修のお役立ち情報

開催中の無料セミナー

中途採用者の定着・戦力化支援のやり方は?
中途社員のオンボーディングのために必要なポイント解説セミナー
開催日時:2022年8月3日(水)11:00-12:00

若手社員を定着・戦力化するためには
若手社員のオンボーディング・育成セミナー
開催日時:2022年8月4日(木)10:00-11:00

貴社にとって最適な新人教育を導き出す相談会
開催日時:ご希望の日時で承ります
※ご予約後、担当より日程調整のご連絡を差し上げます

\PICK UP!/おすすめのお役立ち資料

組織の力を最大化する育成のポイントガイドブック

企業の発展には組織の成長が欠かせません。
いかにして社員を育成すると成果が望めるのでしょうか?

今回、育成のコツを階層別にまとめた
育成のポイントガイドブックを作成いたしました。

育成のポイントガイドブックには
以下のような内容を掲載しています。

  1. 強い組織を作る上で欠かせない4つの要素
  2. 階層別にみる、よくある課題と育成のポイント
  3. 育成強化には効果の高い研修設計が必要

組織をより成長させる施策を知るヒントが得られるはず。
人材育成にぜひお役立てください。

ダウンロードはこちら

\こちらもおすすめ!/お役立ち資料

いまの新入社員は何を考えている?2022年度新入社員意識調査 いまの若手社員は何を考えている?入社2~5年目若手社員意識調査
\社員の早期戦力化・定着率向上に役立つお役立ち資料/
オンボーディング活用ガイドブック
無料ダウンロードはこちら