転職エージェントを未経験こそ活用したい理由|企業が求める人材とは

未経験の業界や職種への転職であっても、転職エージェントを活用することで内定を獲得しやすくなります。なぜなら未経験者の募集は、企業側にもメリットがあるからです。

転職エージェントが未経験の人材を採用する理由として、以下の内容が挙げられます。

転職エージェントが未経験の人材を採用する理由

  1. 未経験者は向上心が高い
  2. 未経験者は教育しやすい
  3. 短期間で応募者が集まりやすい

未経験者が転職エージェントを利用しても、希望どおりに就職できない印象がある人もいるでしょう。しかし希望する職種が未経験だからこそ、転職エージェントを利用すべきです。

転職エージェントでは、業界や職種に得意分野をもった専任コンサルタントから最大限のサポートを受けられます。プロ目線の分析により「未経験でも挑戦できるスキルやポテンシャルの発掘」が可能です。

転職エージェントの利用により、未経験の分野に挑戦できる可能性が高まります。今回は未経験者の転職エージェント活用について、リアステージの古屋岳人さんにお話を伺いました。

株式会社リアステージ 古屋岳人さん

【株式会社リアステージ 古屋岳人さん】

新卒時の就職活動で運命的な出会いにより、リアステージの立ち上げメンバーに。おもに求職者へのキャリアカウンセリング業務や採用企業へのコンサルティングなど、さまざまな業務に携わってきました。

年間2000名ほどの大学生とのキャリアカウンセリングを実施。「将来何をして、どうなりたいのか」といった視点で、求職者の将来ビジョンと向き合っています。

このような求職者と向き合う姿勢を評価され、リアステージはメディアから「就活生と一番向き合ってくれる人材サービス」の1位に選出されるほどに成長しています。

未経験でも転職エージェントを活用して内定を獲得できる理由

未経験だからこそ、積極的に雇いたいという企業はたくさんあります。企業は一般的に、転職者から「即戦力」を求めます。しかし長期的な視点で考えると、未経験者が企業で活躍できるケースもあるのです。

むしろ未経験者の転職だからこそ、転職エージェントを使ったルートをおすすめします。なぜなら転職エージェントを利用することにより、応募者自身にある未経験としての良さが磨かれるためです。未経験であることの価値が、企業に伝わりやすくなるでしょう。

企業から見てやる気や向上心のある人材が集まりやすい

未経験者は学ぶことに意欲的な傾向にあります。未経験者だからこそチャレンジ精神があり、結果的に経験者以上の価値を生み出すことがあるのです。

チャレンジ精神のある人は、業務やスキルをスムーズに習得しやすく、また前向きに取り組み謙虚に学ぼうとする姿勢は、会社全体を活気づけてくれるでしょう。やる気や向上心のある未経験者は、即戦力でなくても企業にとって原石となる存在です。

同業界からの転職よりも仕事のビジョンを共有しやすい

未経験者は企業の方針になじみやすく、スムーズに作業できます。しかし同業他社からの転職者は即戦力にはなるものの、業務の進め方や考え方が凝り固まっている傾向にあることも。

業務の進め方や考え方が違うことにより、仕事のビジョンを共有するための意見衝突が増えます。お互いが理解して納得するまでの間に、時間とエネルギーを消耗してしまうのです。

しかし未経験者は水を含んでいないスポンジのように、知識を吸収する成長スピードが速く、余計な知識やスキルが邪魔をしません。この未経験者の成長スピードに、企業は期待を寄せています。

時間やエネルギーの消耗を続ける状態よりも、吸収の早い未経験者を雇うことが企業にとって魅力的に感じることもあるのです。

未経験者歓迎求人はハードルが下がり短期間で集まりやすい

未経験者歓迎の求人は、企業にとって以下のメリットがあります。

企業が未経験者歓迎求人を掲載するメリット

  • 未経験者限定にすることで必然的に応募数が増える
  • 応募数が増えることで人員を素早く増やせる

未経験歓迎の求人は、応募者を集めやすい背景があります。研修してでも人員を早く確保したい企業は、未経験者を応募することも。人手不足が深刻なときには応募者のハードルを下げるために、あえて「未経験者歓迎」とうたっている求人もあります。

転職エージェントを利用することで、未経験者を求めている企業と出会いやすくなるでしょう。

履歴書の添削や面接サポートするため採用がスムーズになりやすい

転職エージェントを利用すると、転職活動の準備にかかる負担が軽減できます。時間を削減できるだけではなく、内定をもらうためのサポートも得られることから、採用の成功率が上がるのです。

転職エージェントの専任コンサルタントは、過去に何名もの転職者の相談相手として積み重ねた実績があります。専任コンサルタントの強みは、履歴書の書き方やアピールポイントの発掘方法などを熟知していることです。また企業が求める人材も把握しているため、各企業に合わせた面接サポートも受け付けてくれます。

未経験者は転職活動の進め方を理解するまで時間がかかることが多く、入社後に想定と異なる事態が発覚しないとも言い切れません。

そんな未経験者だからこそ、転職エージェントを利用すれば内定獲得までスムーズに進める可能性が高くなるのです。

未経験者が転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを未経験者が利用するメリットは、企業が求める人物像を深く理解できることです。転職エージェントは転職活動に必要なデータを蓄積しているため、求職者に効率よく情報提供できます。

また「三人寄れば文殊の知恵」というように、転職エージェントを利用することにより気がつくことも豊富です。専任コンサルタントが書類添削や面接対策など、未経験転職者の手が届かない部分までサポートしてくれます。

第三者目線で自分の強みを分析してくれる

第三者目線で自分の強みを分析してもらうことで、適正に合った職種や業界を把握可能です。自分にとって当たり前と感じていた知識やスキルが、他人からすると強みとなるケースもあります。

未経験の業界に転職するときに不安なことは?

【実施期間】2021年8月
【調査の概要】未経験業界への転職経験がある人へのアンケート収集
【調査対象】未経験業界への転職経験がある20歳以上の男女30名
【調査媒体】クラウドソーシング

上図は未経験の業界に転職するときに不安なことについてアンケート調査した結果です。未経験でも採用されるかどうかといった不安に次いで、23%のユーザーが職場に慣れることへの不安も抱えています。

前職で得た経験やスキルは、新しい職場に馴染み活躍するためにも大切です。自分の長所や得意分野を見つけることは、活躍できる環境に長く身を置くことにつながります。

応募書類の添削や面接対策してもらえる

専任コンサルタントからサポートを得ることで、面接で活用できるスキルや心構えを身につけられます。

専任コンサルタントから得られるサポート

  • 応募書類の添削
  • 履歴書の添削
  • 面接での自己紹介や志望動機などの練習
  • 面接でのよくある質問を事前共有
  • 企業ごとに想定した質問を事前共有
  • 企業が応募者に対して注目すると想定したポイントを事前共有
未経験の転職で心強いと感じるもの円グラフ

【実施期間】2021年8月
【調査の概要】未経験業界への転職経験がある人へのアンケート収集
【調査対象】未経験業界への転職経験がある20歳以上の男女30名
【調査媒体】クラウドソーシング

未経験業界への転職についてアンケート調査した結果、アドバイスをもらえる環境や希望に合った転職先を見つけられることに心強さを感じることが分かりました。アンケート結果からからは、未経験であることから転職活動の進め方に自信をもてない不安が見て取れます。

転職サイトでは知り得ない面接の傾向やプロ目線での書類添削は、転職エージェントだからこそ伝えられるアドバイスです。ひとりで挑戦していては分からなかった情報や知識をもって、前向きな気持ちで面接にチャレンジできます。

未経験業界への難しい転職でも無料でサポートが受けられる

転職エージェントのサポートは、経験の有無にかかわらず内定獲得まで無料で受けられます。

未経験でも受けられるサポート一例

  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 応募書類や履歴書の添削
  • 面接の対策
  • 企業との面接交渉
  • 給与交渉

専任コンサルタントのサポートも含め、全て費用はかかりません。また転職エージェントは、一般的な転職サイトやハローワークでは見つけられない求人も保有しています。

間口の狭くなりがちな未経験求人だからこそ、候補となる企業を増やすことが大切です。

未経験の業界について詳しい説明が受けられる

希望する業界の情報を得ることで、キャリア形成を見つめ直せます。また業界に合わせた資格取得や面接対策などの準備も可能です。

豊富な求人を扱っているからこそ、専任コンサルタントは未経験の業界についても詳しく説明できます。未経験求人や専門業種に強い転職エージェントを活用することで、各業界の特徴も詳しく把握できるでしょう。

過去の自分の経験がどのように未経験分野に活用できるのかを教えてくれる

専任コンサルタントは、応募者の経験やスキルを未経験分野で活用する方法を心得ています。これは未経験業種への転職に携わった、豊富な実績によるものです。

例えば店頭で接客業務の経験がある転職者は、別業界のカスタマーサービスで接客スキルを発揮できます。マーケティング業からデザイナー業への転職であれば、売上アップにつながるデザインの提案も可能になるでしょう。

専任コンサルタントは応募者の強みや価値観を把握し、各業界の求める人材イメージを把握しています。前職と未経験職種との共通点を見つけだし、転職者が活躍できる方法を教えてくれるのです。

未経験分野への転職を成功させるためのポイント

未経験分野への転職を成功させるためには、目指している業界や職種の理解を深めることも大切です。また自分の働き方を振り返り、志望動機や長所を深堀することも成功につながります。

未経験分野への挑戦は、十分な準備と勇気が必要です。自分のキャリアに合った仕事を見つけるためにも、可能なかぎり準備することを心がけましょう。

キャリアを振り返るー活かせる経験を模索する

未経験の業界や職種でも、過去の社会人経験や知識を活かせるシーンがあります。

キャリアの振り返り方

  1. 紙に経験した「勤務先」「職種」「職務」「実績」を書く
  2. それぞれの自己評価や満足度を5段階で評価する
  3. 評価に対して「なぜそう感じるのか」を考える
  4. 評価が高い項目に対して「いまの職場より満足できるのか」を考える
  5. 評価が低い項目に対して「転職することで評価が上がるのか」を考える
  6. 転職後のゴールや理想を考える
  7. 転職後のゴールや理想が「なぜ自分にとって大切なのか」を考える
  8. そのゴールや理想は「いまの職場では達成できないのか」を考える

キャリアを振り返ることで、自分が保有する知識や経験などを見つけられます。また「過去の業務経験があるからこそ、新しく挑戦する業界でスキルを活かして活躍したい」といった目標認識が可能です。

目指す業界を研究するー事前知識を持って戦える

目指す業界を研究することは、企業に対する意欲のアピールにつながります。なぜなら業界に興味を持ち深く理解する人ほど、入社後も率先して学ぶ姿勢が見られる傾向にあるからです。

トップ企業をリサーチすると、業界全体のマーケットや売上の伸び率などを把握できます。また採用者向けの業界研究本や採用ページからは、各企業の特色や事業の仕組み、今後の展望などをリサーチ可能です。採用サイトの社員紹介ページでは、社内の雰囲気や目指している方向性なども確認できます。

業界に関する知識をアピールすることは、面接の場でやる気を表現する絶好のチャンスです。

具体的な志望動機と自己PRを作成するー意欲をアピールできる

書類選考から面接へ進むためには、意欲をアピールできる志望動機や自己PRが重要なポイントとなります。転職サービスの登録時に入力する履歴書や職務経歴書は、可能なかぎり詳細かつ正確に書くことが大切です。

企業は入力した履歴書や職務経歴書をもとに書類選考します。面接官に伝わりやすく好印象を得るためにも、下記の点に注意して志望動機と自己PRを書きましょう。

書類制作で注意したいポイント

  • 実績を具体的な数値で示す
  • アピールしたい知識や経験を示す
  • 向上心や前向きな姿勢をアピールする

転職エージェントから書類選考に対するアドバイスも得られるため、制作した書類は添削を依頼しましょう。

志望動機の作成例

志望動機を伝えることは、自分自身が企業にとって「求める人物像であること」を知ってもらうチャンスです。例えば上昇志向のある人を求める企業には、入社後の目標や夢をアピールすることで好感を得られます。

入社してから挑戦したい活動を伝えることも好印象です。志望動機を明確にすることは、入社後の企業で充実した環境を構築することにつながります。

志望動機の文章例

前職では旅行代理店で営業職として働いておりました。法人や個人、学生団体といった異なるお客様のニーズに応える柔軟な対応力で、月平均5件の案件を獲得した実績があります。自分の努力が数字で表れる営業職は魅力的でした。しかしプレゼン用の資料を褒められる機会が増え、コツコツと作業する事務職を目指そうと考えるようになりました。

新しいことに挑戦できる貴社の取り組みに感銘を受けており、事務職を探しているとのことで応募いたしました。日頃からていねいで正確な作業を心がけており、異なる職種でも培った経験を発揮できると考えております。事務職は未経験ですが、前職にて培った柔軟な対応力で貴社の成長に貢献したいです。

自己PRの作成例

自己PRを作成するうえで重要なポイントは、過去の業務経験を活かして入社後に活躍する姿勢を伝えることです。企業は不足している人材やスキルを求めています。企業に入社後、自分がどのようなメリットを生み出せるのかを書きましょう。

自己PRの文章例1:意欲をアピール

学生時代から人とのコミュニケーションが好きです。介護ヘルパーの業務では、介護者と優しくコミュニケーションできる点を評価していただきました。現在も介護福祉士実務者研修の資格を取るために勉強しています。

未経験な業務ではありますが、自分自身のやりたいことであり目指していた業務です。傾聴に関しては、介護ボランティアとして取り組んだ経験もあります。これから覚えるべきことも多々ありますが、即戦力になれるよう意欲的に取り組みます。

自己PRの文章例2:スキルや経験をアピール

事務職として、3年間の勤務経験があります。資料作成時は読み手の気持ちを考え、どのような情報を必要としているのかを心がけていました。作成した資料の分かりやすさに対して高評価をいただき、10%の成約率アップに貢献した実績もあります。お客さまの求めることを理解する力は、職種は異なりますが貴社においても活用できると考えています。

真実だけを述べるーウソをつかずに企業と自分を守る

事実に反する内容を記載することは、企業にも自分にも迷惑をかける行為です。採用後に資格証明を求められた場合に、規約違反となる可能性があります。

転職活動で心がけること

  • 書類を細かく書く
  • 実績は数値で書く
  • 正しく正確な情報を書く

ウソをついて入社できた場合でも、つじつまが合わせられず業務をこなせないといった問題に直面します。このような状態で勤務を続けても、信頼関係の構築は困難です。結果的に再転職することになり、お互いに無駄な時間を消費してしまう可能性もあります。

企業に迷惑をかけないためにも、そして自分がトラブルに巻き込まれないためにも、事実に基づいた正しい情報の記載を心がけましょう。

積極的にアドバイスをもとめるー専任コンサルタントをフル活用する

未経験分野への転職を成功させるためには、専任コンサルタントに自分の長所や弱点を客観的に見てもらいましょう。なぜなら転職活動のプロとして、各転職者に合わせた知識や面接対策をサポートしてくれるからです。

専任コンサルタントは過去のコンサル実績から、内定の出やすい転職活動を心得ています。また各転職者の求めるキャリアビジョンや長所を捉えるためのフォローも的確で、長所の伸ばし方や弱点の補い方など、転職者の力が発揮できる方法を知っています。ただしサポートを得るためには、待ちの姿勢ではなく自ら積極的に利用する意識が大切です。分からない点や見直したい点があれば、専任コンサルタントに相談するよう心がけてみましょう。

希望する業界や職種に失敗しても焦らない

就職したい業界や職種がない状況で、焦って転職することはおすすめできません。十分な考慮のない転職は、採用後の後悔につながる可能性があります。

希望する求人案件がいつでも見つかるわけではありません。希望する業界や職種がある場合は、求人が発生するまで待つことも大切です。すでに退職している場合は、短期アルバイトで生活費を稼ぎながら転職活動を並行することもおすすめします。

慎重に判断できなくなったり転職する目的を見失ったりと、焦って転職することはデメリットにつながることを理解しましょう。

募集求人案件の記載が正確かを見極める

求人案件の記載内容を見極めることで、想像とのギャップに後悔するリスクを減らせます。研修内容やOJT体制、所属する社員がどのように活躍しているのかなど、企業の情報から入社後の姿を具体的にイメージできます。

求人案件で確認しておきたい情報

  • 具体的な仕事内容
  • 残業時間や勤務時間帯
  • 勤務後の立場や役割
  • 面接地と勤務地
  • 予想給与額
  • 休日制度(週休2日制・土日休みの有無)
  • 契約社員から正社員になる方法

 

転職エージェントからの求人である場合でも、過信せずに募集求人案件から自分の求めている仕事なのかどうかを確認しましょう。

未経験の人におすすめできる転職エージェントの選び方

転職エージェントは、総合型エージェントと専門特化型エージェントの2種類に分けられます。幅広い業種の求人を見られる総合型エージェントは、これから希望する職種を探したい人におすすめです。目指す業種が決まっている場合は、専門特化型エージェントでも問題ありません。

専任コンサルタントとの相性や未経験求人の取り扱いなども含めて、自分に合った転職エージェントを選びましょう。

未経験の人におすすめの転職エージェントの選び方

  1. 転職エージェントのタイプで選ぶ
  2. 取扱い求人件数で選ぶ
  3. 専任コンサルタントとの相性で選ぶ
業界・業種の幅 求人案件数 専任コンサルタントの質 企業の情報量
総合型エージェント
専門特化型エージェント

転職エージェントのタイプで選ぶ

自分の目指す業界や職種に合った転職先を見つけたい場合は、専門特化型エージェントがおすすめです。希望する業界や職種でステップアップするための具体的なアドバイスも受けられます。

まだ希望する業界や職種が定まっていない場合は、総合型エージェントで幅広い情報を比較しながら探してみましょう。

1.総合型エージェント

総合型エージェントは広く浅く、さまざまな業界や業種を知りたい人におすすめです。さまざまな求人を取り扱っているだけでなく、専任コンサルタントの質が高い傾向にあります。

さまざまな業界や職種を比較しやすいので、転職活動の方向性を決めることも可能です。こだわりがなければ、まずは総合型エージェントから選ぶことをおすすめします。

2.専門特化型エージェント

専門特化型エージェントは狭く深く、特定の業界や職種を知りたい人におすすめです。総合型エージェントと比較して、取り扱う求人数は劣る可能性があります。一方で自分に合った専門的な仕事を見つけやすいことが特徴です。

企業とのつながりが深いことで、現場のリアルな情報を手に入れられます。企業ごとの対策も実施できることは、専門特化型のメリットです。また取り扱う求人や応募者が少ないことから、ひとりずつじっくりと向き合ってくれる可能性もあります。

すでに応募したい業界や職種が決まっている場合は、その専門分野に特化したエージェントが最適です。

取扱い求人件数で選ぶ

未経験でも選べる求人数は、経験者を募集する求人と比べて少ない傾向にあります。未経験者にとって、選択肢が豊富な転職エージェントを見つけることも大切です。

一般的な利用者は、求人数を重要視して転職エージェントを選んでいます。自分の希望する業界や職種に該当する求人数を把握することは重要なポイントです。求人数に物足りなさを感じる場合は、紹介実績が豊富な転職エージェントの併用をおすすめします。

専任コンサルタントとの相性で選ぶ

転職を成功させるポイントとして、専任コンサルタントとの相性も重要です。未経験職種への転職に挑戦する場合は、転職エージェントと何度も連絡のやり取りをします。お互いに歩幅を合わせて、協力しながら取り組む関係性の構築が必要です。

専任コンサルタントといっても、転職エージェントにより立場や役割が異なる場合もあります。採用までトータルサポートしてくれるコンサルタントもいれば、フェーズごとに担当を引き継ぐ場合もあります。さまざまな転職エージェントに登録して、相性の合う専任コンサルタントを選びましょう。

専任コンサルタントの変更は可能

「業界について詳しい人と話したい」「他の人の意見も参考にしたい」と目的を伝えれば、専任コンサルタントを変更できます。なんとなく相性が悪いと感じた場合でも、同様の理由で変更可能です。

専任コンサルタントとしても、転職者が心地よく転職活動に取り組める環境を作りたいと思っています。専任コンサルタントの変更後も相性が合わないと感じる場合は、別の転職エージェントに切り替えることも検討してみましょう。

未経験転職におすすめの転職エージェント13選|総合型と専門特化型を紹介

転職エージェントのポジショニングマップ

▲転職エージェントのポジショニングマップ

転職エージェントの効果的な活用方法は、以下のとおりです。

転職エージェントの効果的な活用方法

  1. 求人の豊富な総合型エージェントに登録する
  2. 総合型エージェントの隙間を埋めるように専門特化型エージェントを利用する

各転職エージェントの長所を活用することで、希望の業界や職種を効果的に探してみましょう。

総合型エージェントのおすすめ7社

総合型転職エージェントを選ぶ場合に確認したいポイントは、公開求人数やサポート体制です。求人数が豊富であれば、自分に合った仕事を効率的に見つけられます。専任コンサルタントのサポートが充実していれば、転職活動の負担を軽減可能です。

リクルートエージェント|業界最大手で求人案件最多

リクルートエージェント 引用:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数30万件以上を誇る内定率業界トップクラスの総合型転職エージェントです。業界や職種が幅広いだけではなく、内定率の高い専門分野も保有しています。

リクルートグループが扱う転職サイトは、おもに6種類です。新卒向けやエンジニア向け、女性向けなど各分野に合ったサービスを提供しています。

各業種の求人数が豊富で、専任コンサルタントの実績も抜群です。口コミでもスムーズな対応や満足な求人紹介など、サポート体制を高く評価されています。電話やメールでサポートを受けられるため、近くにオフィスがなくても安心です。

ただしリクルートエージェントは、スピーディーな転職活動を信条としています。長期的によい案件をじっくりと選びたい人には、少々スピード感が早いかもしれません。それでも未経験の業界や職種を試したい人には、おすすめできる転職エージェントサイトです。

対応職種 全般(営業職は特に強い)
公開求人数 約20万件
非公開求人数 10万件以上
サポート 書類添削、面接対策、独自に分析した業界、企業情報の提供、スカウトサービスなど
おすすめの年代 全般
対応範囲(エリア) 全国

doda|求人情報の数は国内最大級

dodaのキャプチャ画像 引用:doda

dodaは、非公開求人9割を誇る国内最大級の総合型転職エージェントです。専任コンサルタントのサポート体制が充実していることで、人気を集めています。

業界と職種別にアドバイザーの担当を分けており、各専門分野を理解した専任コンサルタントによる専門性のある会話が可能です。ていねいな面談やカウンセリングは、未経験分野へ初めて挑戦する人にとっても安心できます。エグゼクティブ層やバイリンガル、ファッション業界専門の専任コンサルタントを設けていることもポイントです。

対応職種 全般(IT業界やエンジニア職に強い)
公開求人数 約6万件
非公開求人数 約3万5000件
サポート 書類添削、面接対策、円満退職のノウハウ、独自ツール(エージェントが執筆したコラム、最新ビジネスニュースなど)など
おすすめの年代 20代後半〜30代前半
対応範囲(エリア) 全国

パソナキャリア|顧客満足度調査第1位

パソナキャリア画像 引用:パソナキャリア

パソナキャリアは、顧客満足度3年連続1位の実績がある総合型転職エージェントです。専任コンサルタントが、ていねいかつ真剣に話を聞いてくれる強みがあります。

求人数は大手転職エージェントと比較して半分以下です。しかし利用者からは、レスポンスの早さや自分に合う求人が見つかることを評価されています。

親身になってフォローしてくれる専任コンサルタントなら、初めて転職活動する場合でも安心です。キャリアにじっくりと向き合いたい人におすすめできる転職エージェントとなります。

対応職種 全般(事務系に強い)
公開求人数 1万件以上
非公開求人数 4万件以上
サポート 書類添削、面接対策、退職交渉、スカウトサービスなど
おすすめの年代 20代~30代前半
対応範囲(エリア) 全国

マイナビエージェント|20代に信頼されている第1位

マイナビエージェント 引用:マイナビエージェント

マイナビエージェントは、新卒の利用者数が業界トップクラスの総合型転職エージェントです。2018年に実施した楽天リサーチの調査では「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」を獲得しています。

20代や第2新卒、中小企業向けの求人が豊富です。また専任コンサルタントのていねいな対応が、20代転職者からの支持を得ています。各専任コンサルタントには専門分野があるため、未経験職種でもプロフェッショナルの意見を得られます。経験の浅い応募者を取り扱うマイナビエージェントは、未経験に不安を感じる20代が重宝したいサービスです。

対応職種 全般(IT系技術職が豊富)
公開求人数 約2万8000件
非公開求人数 約2万9000件
サポート 書類添削、面接対策、退職交渉、転職お役立ち情報など
おすすめの年代 20代〜30代
対応範囲(エリア) 全国(海外あり)

ハタラクティブ|未経験に特化したサポート

ハタラクティブ 引用:ハタラクティブ

ハタラクティブは、フリーターや第2新卒といった未経験者の就職支援に特化した総合型転職エージェントです。応募者の47%が正社員未経験でありながら内定率80%、そのうち86%が大企業の内定を獲得しています。

ハタラクティブの大きな特徴は「紹介派遣型」であることです。面接を受けずに一定期間派遣スタッフとして働ける制度もあります。体験的に入社することで、企業も応募者も勤務後を具体的にイメージできて安心です。若年層を長期育成したいといった考えの企業も増えているので、未経験者でも歓迎してもらえます。

社会経験や職務経験に自信がない人におすすめできる転職エージェントです。電話でのカウンセリングも可能なため、地方で暮らしている人も気軽に利用できます。

対応職種 全般(営業が多い)
公開求人数 約2000件
非公開求人数 非公開(多数)
サポート キャリア相談、面接対策、紹介派遣など
おすすめの年代 20代
対応範囲(エリア) 全国

就職Shop|求人は未経験者が対象

就職Shop画像 引用:就職Shop

就職Shopは、未経験者を対象とした総合型転職エージェントです。フリーターや新卒だけではなく、高卒や中卒からの採用者も輩出しています。書類選考による職歴や経歴の提出が不要であることも特徴的です。

就職Shopは企業に直接訪問することで、労働環境や職場環境などの詳細を把握しています。そのため、働くときの雰囲気や社風などを詳しくリサーチ可能です。

利用者の9割が20代なため、未経験の若者を育成したい企業も増えています。未経験であることに不安を感じる人にとって、おすすめの転職エージェントです。

対応職種 全般(営業の採用が多い)
求人数 約1万件
サポート 個別カウンセリング、書類添削、面接対策など
おすすめの年代 20代
対応範囲(エリア) 関東:東京、千葉、埼玉、横浜
関西:京都、大阪、神戸

type転職エージェント|未経験可の求人約12000件

type転職エージェント画像 引用:type転職エージェント

type転職エージェントは、未経験者向けの求人が豊富な総合型転職エージェントです。地域を限定しているため、他転職エージェントと比べて知名度は劣ります。しかし未経験可や非公開、大手の求人が豊富なため、ライバルが少ない環境での転職活動が可能です。

地域を関東に限定していながら、600名以上の社員が所属しています。専任コンサルタントのていねいな対応により、利用者の満足度は87%と高評価です。type転職エージェントは、IT系の職種を豊富に取り扱っています。希望職種とマッチする場合は、積極的に求人検索してみましょう。

対応職種 全般(IT系に強い)
公開求人数 約8万7000件
非公開求人数 約1万2000件
サポート キャリアカウンセリング、書類作成、面接対策など
おすすめの年代 制限なし
対応範囲(エリア) 関東

専門特化型エージェントのおすすめ6社

専門特化型エージェントを選ぶ場合は、自分の目指す業界や職種を取り扱っているかどうかを確認しましょう。専門的な求人に絞って探すことで、自分に合った仕事をスムーズに見つけられます。

かいご畑|介護業界に特化

かいご畑キャプチャ 引用:かいご畑

かいご畑は、厚生労働省大臣認可の介護就職支援センターです。キャリアアップ応援制度で介護関連講座を取得できます。キャリアアップ応援制度とは、介護に関連する講座を無料取得することで介護職へ就職しやすくする制度です。

キャリアアップ応援制度の講座を受けている期間は、かいご畑のスタッフとして介護の仕事に着手できます。仕事を探すだけではなく知識と経験も積めるため、介護職未経験の人にとって大きな利益となるはずです。

対応職種 介護職
公開求人数 約1万件
非公開求人数 非公開(多数)
サポート キャリアアップ応援制度、お仕事相談、かいご畑スタッフとしての勤務など
おすすめの年代 全般
対応範囲(エリア) 東京、神奈川、大阪、兵庫、京都、奈良

ベンチャーセールス|20代の営業職に特化

ベンチャーセールスキャプチャ 引用:ベンチャーセールス

ベンチャーセールスは、20代限定の営業職特化型転職エージェントです。営業職の場合であれば、業界や取り扱う商品に関係なく求人を保有しています。

ベンチャーセールスを選ぶメリットは、営業実績の豊富な専任コンサルタントがいることです。実務経験があるからこそ聞ける話や、就職後に成果を上げるためのアドバイスなども得られます。

実際の内定率は95%で、転職後に年収アップした応募者も増えています。未経験でもスムーズに戦力として働けることから、営業職を目指す人は特におすすめです。仕事終わりや休日でも利用できるため、仕事と同時進行で就職活動できます。

対応職種 営業職
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
サポート 個別相談、書類添削、面接練習など
おすすめの年代 20代
対応範囲(エリア) 全国

メイテックネクスト|製造業界に特化

メイテックネクストキャプチャ 引用:メイテックネクスト

メイテックネクストは、エンジニア転職支援で求人数トップクラスを誇る専門特化型転職エージェントです。エンジニアという職種でも、機械やメカトロ、半導体など分野が分かれています。

メイテックネクストの専任コンサルタントは、各分野専門のスペシャリストです。半数以上の専任コンサルタントがメーカーの技術系分野出身で、専門的な内容も理解してもらえます。

電話やメールでの相談や、週末の対応も可能です。時間をかけて転職活動できる転職エージェントなため、仕事のスキマ時間に自分のペースで求人を見つけられます。大手から中小企業まで、独占求人も豊富です。エンジニアへの転職を考えている場合は、メイテックネクストをチェックしてみましょう。

対応職種 エンジニア
公開求人数 約2000件
非公開求人数 約8000件
サポート キャリア分析、書類自動作成ツール、面接準備ツールなど
おすすめの年代 全般
対応範囲(エリア) 全国

アーキテクト・エージェンシー|建築設計業界に特化

アーキテクトエージェンシーキャプチャ 引用:アーキテクト・エージェンシー

アーキテクト・エージェンシーは、建設設計業界に特化したサービスを提供する専門特化型エージェントです。エージェントではありますが、求人に特化していません。建設業の発注先や設計事務所への建築プラン提案など、建築業に関連した業務も携わっています。

人材派遣としてのコネクションだけではなく、企業とパートナーとしてつながっていることは信頼関係がある証です。建設設計業界のリアルを知る専任コンサルタントから、ほかでは聞けないアドバイスも受けられます。実際に案件をプロデュースしたり、建設設計業界で勤務したりしている人のコラムも参考になる転職エージェントです。

対応職種 建築設計関連の職種
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
サポート 書類の書き方、面接同行、終業後のキャリアアップの相談など
おすすめの年代 全般
対応範囲(エリア) 全国・海外

Geekly|IT・Web・ゲーム業界に特化

Geeklyキャプチャ 引用:Geekly

Geeklyは3種類(IT・Web・ゲーム)の業界に特化した専門特化型転職エージェントです。業界を3種類に絞ることで、面接突破率やスピード感の向上につなげています。専門特化型であることから、マッチング率を独自で分析して高める試みも特徴的です。入社後の年収アップ率は75%、ユーザー満足度は85.3%を誇ります。

職種未経験の場合は、応募できる仕事が限られてしまいます。しかしGeeklyは、職種未経験者や目立った資格のない人を支援した実績が豊富です。業界や職種への向上心があれば、ほかにはない仕事を見つけられます。

対応職種 IT・Web・ゲーム業界全般(エンジニア職が多い)
公開求人数 非公開
非公開求人数 1万3000件以上
サポート 書類添削、面接対策、円満退社のアドバイスなど
おすすめの年代 全般
対応範囲(エリア) 東京、神奈川、千葉、埼玉

LIBZ(リブズ)|未経験職あり女性向け特化

LIBZ(リブズ)のキャプチャ

引用:LIBZ(リブズ)

育児からの社会復帰やキャリアアップなど、LIBZ(リブズ)は女性のライフステージに合わせて転職活動できる専門特化型転職エージェントです。一定のキャリアを築き上げた女性の転職をメインに支援しています。

出産後の仕事復帰を希望している人や未経験職種に不安を感じる人にもおすすめです。リモートワークや在宅勤務を希望する女性と企業とのマッチングも注力しています。電話でのカウンセリングも可能なため、子育てや仕事で忙しい人でも気軽に登録できる転職エージェントです。

対応職種 全般(営業の求人が多い)
公開求人数 約1000件
非公開求人数 非公開
サポート 自己分析、性格診断、書類添削など
おすすめの年代 全般
対応範囲(エリア) 全国・海外(関東地方中心)

未経験者にオススメの業界6選|視野を広げてより成功に近づける

転職したい業界を決められない場合は、未経験者を積極採用する業界に目を向けることも大切です。クラウドソーシングを利用したフリーランスのように、仕事の場所を選ばず働けるような選択肢も増えています。

ITを駆使した新しい職業が次々と生まれているため、革新的でニーズの高い仕事も豊富です。人手不足な業種は、未経験でも採用してくれる可能性があります。興味の幅を広げて、意外な天職を見つけてみましょう。

IT業界ー業界規模の拡大が著しい

AIの発達やAR・VRの普及により、IT業界の発達は著しく進んでいます。今後も医療や教育など、ITを取り入れる他業種において仕事数が拡大する見込みです。

また2020年頃からリモート業務が活性化し、ITサービスを導入する業界も増えています。そのためIT人材の需要も2020年に129万人、2030年には164万人へと年々増加する見込みです。ITと好きな分野をかけ合わせることで、新しいジャンルの仕事を発見できます。

建築業界ー働きながらも資格取得が可能

建築業界は中小企業であれば、未経験で資格がなくても転職できる可能性があります。技能工の場合でも、資格取得の勉強をしながら勤務可能です。未経験でも働ける理由は、若者の仕事離れや職人離れなどがあります。建築業界では、工場現場で働く職人やマネジメントする技術者の人手が不足しているからです。

しかしIT業界の変化もあり、近年は年功序列ではなく成果で評価する傾向に変化しています。風向きが変わった建設業界は、新卒採用も積極的です。人手不足をカバーするため、ある程度の専門知識があれば採用される可能性もあります。資格取得に向けて働きながら勉強することで、より専門性の高い仕事に携わる機会を得られるでしょう。

製造業界ー生産業務関連の職業は新規で人材不足

製造業界は受注が好調である反面、生産関連の人材が不足している状況です。そのため未経験でも受け入れてくれる企業が増えています。人材不足となる背景は、少子高齢化や都市部に労働力が集中してしまうことです。特に現場仕事であるほど、顕著な傾向が現れます。

今後の製造業はAIの導入やデジタル技術の発展により、これらの問題が解消される見込みです。一方で人にしかできない付加価値のある新しい業務も増えていることから、今後も未経験者を積極的に採用する企業は増えるでしょう。

物流業界ー輸送量増大により売り手市場

オンラインで商品を購入する人が増えたことで、物流業界では売り手市場が増えています。Uber EatsやAmazonといったオンラインショッピング利用者の増加により、輸送量が増大していることも要因です。

ドライバーだけではなく、総合職として物流プランを提案や営業する仕事も増えています。今後も需要拡大を期待できる業界であるため、貿易や物流に興味のある人はおすすめです。

教育業界ーリモート対応サービスの拡大

デジタル化の促進により、リモート授業を実施する教育機関が増加中です。生徒向けの勉強アプリや学習レベルに合わせた教材など、生徒たちのオンライン学習が標準化しつつあります。

教育業界は営業や人事、企画といった求人も人気です。職種の幅も広いので、自分に合った気になる仕事を見つけられます。

サービス業界全般ーマネジメントへのキャリアアップも可

サービス業は、未経験からマネジメントへのキャリアアップを目指せる業界です。情報サービス業界はネットワークやセキュリティの売上高が増加していることから、より人手不足へと陥っています。

しかしサービス業界は未経験からでも経験を積みやすく、昇進してマネジメント職へのキャリアアップも可能です。将来のキャリアアップを目指したい場合は、サービス業界に挑戦してみましょう。

未経験でも挑戦しやすい職種5選|自分の適性を判断して強みを活かす

スキルや知識がなくても、仕事の適性があれば挑戦しやすい職種もあります。職種にこだわらない人は、より内定をもらいやすい職種に注目するとよいでしょう。

営業職ー未経験者の募集が多数

コミュニケーション力を必要とする営業職は、未経験でもチャレンジしやすい職種です。仕事やプライベートで人と関わる機会があれば、実務経験がなくともスキルとして評価されます。

営業力は商品を購入してもらうための話術だけではなく、顧客との信頼関係を築くことも大切です。日々さまざまな人とコミュニケーションがとれる人は、価値観が異なる場合でもスムーズに信頼関係を構築できます。コミュニケーション能力次第では、未経験でも実績につなげられるのです。

無形商材を取り扱う不動産業界や人材サービス業界、インターネット業界などは営業職のニーズが高いので特におすすめといえるでしょう。

販売職ー専門知識や特殊技能が必要なし

販売職も専門的な知識やスキルなしで始められる業種です。コミュニケーション能力と商品に対する知識があれば、販売業務に挑戦できます。

立ち作業もあり体力的にハードな面もありますが、若い世代から60代の人まで未経験から始められる仕事です。また未経験者でも働きが認められることで、店長やマネージャーを目指せます。

ITエンジニアー人材不足による積極採用の傾向

IT業界の発展により、ソフトウェアや情報システムを設計開発するITエンジニアのニーズが増加しています。しかしITエンジニアになるためには専門知識が必要となることから、人材が不足している状況です。

このような背景から、ITエンジニアになるためのハードルが下がっています。未経験でも働きながら専門知識を学ぶ人も少なくありません。未経験からITエンジニアになるための社内育成は、ほとんどの企業が標準施策として取り組んでいます。

介護職ー高齢化社会によりニーズの拡大

「超高齢社会」である日本では、介護職の人材ニーズが増加しています。資格がなくても積極採用する企業も増え、未経験者も気軽に応募できる職種です。事業所の規模や研修制度が整っている求人に注目すると、よりよい環境で仕事できます。

未経験でも知識やスキルを習得しやすいうえに、資格があれば仕事の幅も拡大可能です。人とふれあうことが好きな人には、特におすすめできます。

運送ドライバーー消費行動の変化による物量の増加

物流業界のニーズが増えたことにより、商品を運搬できるドライバーが重宝されています。運送ドライバーには、運搬車両に合わせた運転免許が必要です。けん引免許が必要な職種もありますが、基本的には運転免許さえあれば未経験でも始められます。

オンラインショッピングや宅配サービスを利用する人が増えているため、運送ドライバーの需要は今後も増加する見込みです。体を動かすことが好きな人にも向いています。

転職エージェントを利用する際に気をつけること

転職エージェントは頼りになる存在ですが、自分自身で危機管理することも大切です。企業の内部的な雰囲気や業務内容は、転職エージェントでも伝えきれないケースがあります。また希望する業界や職種と関係ない企業を紹介する専任コンサルタントもいます。

専任コンサルタントも人であること、相談を聞いてもらえることはチャンスであることを意識して、有意義に転職エージェントを活用しましょう。

紹介された会社の評判を口コミで調査する

口コミを調べることで、入社後に感じるギャップを軽減できます。一般的な口コミの内容は、実際に勤務経験のある社員のコメントがほとんどです。専任コンサルタントとは違った視点で、企業の情報を得られます。

例えば専任コンサルタントから「福利厚生がしっかりした企業」と聞いていた場合です。口コミから「福利厚生がしっかりしている反面、責任を伴うプレッシャーもかかる」といったことが分かるケースもあります。

応募する企業の評価を一つひとつ調べることは大切です。転職エージェントの情報だけではなく、口コミサイトを何件か調べてみましょう。

専任コンサルタントとの連絡はこまめに取る

連絡をこまめに取ることで、専任コンサルタントから「やる気のある人」と認識してもらえます。積極的に求人を紹介してもらうためにも、大切なアプローチです。

専任コンサルタントは応募者の性格や趣向を理解して、相性のよい企業を提案します。専任コンサルタントと連絡をこまめに取ることになりますが、転職者にマッチした企業と出会うことは転職エージェントにとっても喜ばしいことです。

同じ案件に他の転職サービスから応募しない

同一企業に複数のエージェントから応募することは、転職エージェントと企業に迷惑をかける行為です。企業から転職エージェントへ支払われる報酬が、2重で発生してしまいます。

このような状況で発生するデメリットは、手間が増えることだけではありません。応募者が転職エージェントや企業から「自己管理できない人材」と思われる可能性もあります。

間違えて複数応募してしまった場合は、後から応募した転職エージェントに事情を速やかに伝えて応募を止めてもらいましょう。

転職エージェントの利用によくあるQ&A

転職エージェントを快適に活用するためにも、気になる疑問は一つずつ解決することをおすすめします。転職エージェントは誰でも簡単に使用できるからこそ、事前に疑問を解決して安心して利用できるようにしておきましょう。

無料で利用できるって本当なの?

転職エージェントは、全てのサービスを無料で利用可能です。サービスにはキャリア相談や書類添削、面接対策なども含まれています。

転職エージェントを無料利用できる理由は、採用が決定することで企業から成功報酬を受け取っているからです。

「転職エージェント 仕組み」の記事への内部リンク

転職エージェントの利用は途中でストップできるの?

転職エージェントの利用は、途中でストップ可能です。応募者に途中で止める権利があることは、転職エージェントも理解しています。特にペナルティもありません。

もしエージェントのサポートを受けた場合は、辞めるときに感謝の気持ちを伝えると好印象です。

転職活動はどのような流れで進むの?

転職活動にかかる期間図解

▲転職活動の流れ

順調に転職活動が進むことで、1ヶ月から3ヶ月ほどで入社日を迎えられます。エージェントとの面談や企業との面接日などの基本的なスケジュールは、専任コンサルタントに任せられることがポイントです。

面談では自分の伝えたいことや、不安に思っていることなどを伝えます。面談の内容から、専任コンサルタントが求人を提案する流れです。紹介を受けた求人は、必ずしも応募する必要はありません。

内定が決まった場合は、希望する給与や条件を転職エージェントから企業に伝えてもらいます。企業から承諾してもらうことで、晴れて採用決定です。

企業側は未経験者に何を期待しているの?

古屋さんによると「企業は未経験者かどうかに関係なく、やる気や向上心を期待している」とのことです。やる気や向上心は社内の雰囲気を明るくして、良好な人間関係へと導いてくれます。

未経験者に経験やスキルがないことは事実です。しかしやる気や向上心さえあれば、経験者を追い抜けます。専門的なスキルを必要とする仕事でないかぎり、経験のある人材よりも企業で頑張ろうとする姿勢を評価する企業もあります。

未経験者を採用したい企業や職種が多い転職サービスは?

古屋さんによると、掲載数や求人数などの情報が豊富な転職サービスに該当するそうです。求人数の豊富な総合型エージェントは、未経験を採用したい企業や職種をスムーズに見つけられます。また営業職や介護職のように、未経験でも取り組みやすい職種を扱う専門特化型エージェントもおすすめです。

未経験者歓迎の求人をなぜ転職エージェントに出すの?

求職者と企業の間に転職エージェントを置くことで、転職活動を後押しする役割が期待できます。具体的なメリットは、応募数の増加や企業の採用アピールなどです。

転職エージェントから未経験者歓迎の求人を出すことは、企業と適性のある転職者とのマッチングにつながります。

7.転職エージェントと企業ではどんなやり取りがあるの?

転職エージェントは求職者に求人を提案するため、企業が重要視している情報をヒアリングします。

また企業の採用業務にかける負担を減らすため、求職者を直接紹介するケースもあります。書類選考のスキップやスムーズな面接確約などにつながり、企業と求職者の双方にメリットのある取り組みです。

転職エージェントを活用して未経験でも希望する未来を掴む

未経験の業界や職種への転職だからこそ、転職エージェントを活用することが大切です。未経験者でも業務を学ぶ意欲があれば、スポンジのように知識やスキルを吸収できます。このような「未経験ならではの伸びしろ」に注目する企業も少なくありません。

転職エージェントを利用することで、自分自身が持ち合わせるスキルや実績を全面に発揮できます。目指したい業界や職種がある場合は、ひとりで転職活動するよりも効率的です。専任コンサルタントからのアドバイスがあれば、自分をよりよい人材に仕立て上げてくれます。初めての転職活動であれば、なおさら転職エージェントは心強い存在です。

本当は憧れている職業を「業務経験がないから」と諦めてしまう必要はありません。転職エージェントを活用して、未経験でも自信を持って転職活動にチャレンジしてみてください。

  • 非公開求人が10万件以上(2020年8月自社調べ)で業界最大級。
  •          
  • 登録者限定の「面接力向上セミナー」をオンラインLIVE配信で毎週開催
  • 転職支援実績No.1(2019年度実績 厚生労働省調べ)。全年代・全職種に対応。求人の少ない地方での転職にもおすすめ。
  • 国内外の注目企業と5,000名以上(2022年1月時点)のヘッドハンターからスカウトが届く
  • 一部有料だが最大97日間の無料期間あり。
  • 年収500万円以上のハイクラスを目指したい人、自分の市場価値を試したい人、自分に合った求人をピンポイントで紹介してほしい人におすすめ。
  • 自分で求人を探すほか、キャリアアドバイザーによるサポートやスカウト機能が1つになった転職サイト・エージェント
  • 183万人のデータに基づく「年収査定」や人気300社の「合格診断」など求人探しに役立つツールが多数
  • 転職が初めての20代におすすめ
  • 学生からの支持が厚い株式会社マイナビの運営する転職エージェント
  • 新卒採用でマイナビを利用した企業からの評判が良い
  • 第二新卒歓迎の求人が集まりやすいため、第二新卒の方におすすめ
  • 18年以上にわたり年間5,000人以上(2016年度実績)の女性求職者を支援している女性専門の転職エージェント
  • 面接のためのメイクアップサポートなどユニークなサービスも
  • 女性の転職に理解ある担当者と一緒に転職活動を進めたい人におすすめ

時間アイコン 投稿日:21.11.24

おすすめ関連記事

時間アイコン 22.04.15

おすすめ転職エージェント年代・職種別23選!プロが語る成功のコツ

時間アイコン 22.05.16

20代おすすめ転職エージェント16選│女性や20代後半向けも

転職エージェント 20代

時間アイコン 22.05.25

30代向け転職エージェントおすすめ18社|選び方や転職の体験談も紹介

時間アイコン 22.05.11

40代におすすめの転職エージェント|女性や未経験やハイクラス向けも紹介

時間アイコン 22.05.02

女性におすすめの転職エージェント│女性の転職活動の疑問を専門家が解説

TOP