Webマーケティングに転職エージェントがおすすめ!未経験でも安心サポート

「仕事の成果がわかりやすくて、やりがいのある仕事がしたいな……」
「最先端の情報を取りあつかう刺激がある環境で意欲的に働きたい!」

Webマーケティング職への転職を目指す人は、上記のような希望を持っている人が多いのではないでしょうか。

Webマーケティングはさまざまなデータが数値として表れることから、仕事の成果が一目でわかりやすく、流行やトレンドを敏感に追い続ける刺激のある職種です。

スキルが重視されることから、基本的には経験者向けの求人が多めですが、Webマーケティングに強みを持つ転職エージェントを使うことで未経験者向けの求人を効率的に探すことができます。

この記事では、「未経験からWebマーケティング職を目指す方法」としておすすめの転職エージェントと共に、Webマーケターの仕事内容や年収アップのキャリアプランをご紹介していきます。

リクルートエージェント

転職成功実績第1位の転職エージェント。業界最大級の登録者数を誇り、豊富で多彩な人材の中から採用ができる

公開求人数 176,359
非公開求人数 228,933
タイプ 総合型転職エージェント

おすすめポイント

  1. 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
  2. 転職後、半年以内に退職した人はわずか4%
  3. 独自に分析した業界・企業情報を提供

マスメディアン

公開求人数 不明
非公開求人数 不明
タイプ 広告・クリエイター特化型転職エージェント

おすすめポイント

  1. マーケティング・クリエイティブ領域への転職に大きな強み!
  2. 宣伝会議グループの専門ノウハウを活かしたアドバイス
  3. 経営者や部門責任者からの極秘求人あり!
  4. Webマーケティング未経験向け求人数:45件(2021年1月時点)

この記事でわかること

  • 転職エージェントは大手と特化型の併用がおすすめ!
  • 未経験の転職では転職理由を明確にすることが大切
  • Webマーケティング職は幅広いので具体的な軸を決めておこう

Webマーケティング業界に強いおすすめの転職エージェント

Webマーケティング職へ未経験から挑戦するなら、転職エージェントは1社にこだわらずに複数社を併用することをおすすめします。

なぜなら、転職エージェントはそれぞれ保有している求人や強みが異なるからです。

そこで複数社を使えば、転職先の選択肢は劇的に広がり、より自分の理想に近いWebマーケティング職の求人を見つけることができます。

未経験からWebマーケティング職を目指すなら、転職エージェントを「大手」と「業界特化型」に分けて、最低でもそれぞれ1社ずつ利用してみましょう。

大手転職エージェント

大手転職エージェントに決まった定義はありませんが、今回はWebマーケティング職に限らず幅広い職種の求人を多く持っている転職エージェントを大手とします。

大手転職エージェントは多数の転職希望者のサポートをしてきた実績があるため、ハイレベルな転職支援ノウハウを持っていることが特徴です。

また、提出書類の添削や面接トレーニングなどのサポートを受けられます。

初めて転職活動をする人や、転職エージェントを利用したことがない人はまず、大手転職エージェントで面談するのがおすすめです。

Webマーケティング職を目指すにあたって、おすすめの大手転職エージェントをご紹介しますね。

リクルートエージェント

リクルートエージェントのキャプチャ画像

Webマーケティング
未経験向け求人数
(2021年1月時点)
46件(非公開含む)
リクルートエージェントの特徴
  • 業界に精通したアドバイザー在籍
  • 北海道から九州まで営業拠点
  • 37万人以上の転職を成功に導く

リクルートエージェントは、業界最大級の約20万件の求人を保持しており、その約半数が非公開求人です。

非公開求人とはリクルートエージェントの一般サイトでは公開していない求人のことで、実際に面談したときや会員専用サイトでのみ紹介される求人になります。

37万人以上の転職を支援してきた実績から、Webマーケターの転職ノウハウについても深い蓄積があると考えられるため、未経験からの転職では心強い味方になるでしょう。

また、平日の夜や土日でも面談ができますので、忙しくてなかなか転職活動の時間が取れない人には打ってつけですよ。

公式サイトはこちら

doda(デューダ)

doda
Webマーケティング
未経験向け求人数
(2021年1月時点)
49件(非公開含む)
dodaの特徴
  • 転職サイトからも応募できる
  • 自力で求人を探せる
  • 適性診断や転職のデータが豊富

dodaはもともと転職情報誌だったこともあり、転職サイトとして有名なため聞いたことがある人もいると思いますが、じつはエージェントサービスもあるんです。

dodaのエージェントサービスは、大手転職エージェントと言えるほど求人を多数持っており、とくに豊富な職種はIT系の求人になります。

もちろんWebマーケティングの求人もあるので、エージェントに任せきりではなく、自分でも意欲的に転職先を探していきたいという人におすすめです。

公式サイトはこちら

マーケティング職特化型の転職エージェント

Webマーケティング職に特化した転職エージェントは、大手転職エージェントと比べると全体の求人数は少ないです。

しかし、大手転職エージェントにはない独占求人や、特化型ならではの転職ノウハウがあります。

Webマーケティングといっても、マーケティングの対象はさまざまですので、目指したい業界の転職エージェントを選ぶと良いでしょう。

マスメディアン

公開求人数 不明
非公開求人数 不明
タイプ 広告・クリエイター特化型転職エージェント

おすすめポイント

  1. マーケティング・クリエイティブ領域への転職に大きな強み!
  2. 宣伝会議グループの専門ノウハウを活かしたアドバイス
  3. 経営者や部門責任者からの極秘求人あり!
  4. Webマーケティング未経験向け求人数:45件(2021年1月時点)

プロの転職

公開求人数 不明
非公開求人数 不明
タイプ マーケティング・デジタル領域特化型転職エージェント

おすすめポイント

  1. 業界特化の支援を10年以上続けたノウハウを保持
  2. ここにしかない独占案件多数!
  3. 豊富な業界・業務経験を持つエージェントがサポート
  4. Webマーケティング未経験向け求人数:不明

転職エージェントを利用するなら、複数のサービスを同時に利用するのがおすすめです。

ご紹介してきたように各社の強みは異なりますし、紹介される求人も転職エージェントによって違っているからです。

また、未経験からの転職を成功させるためには、複数のエージェントから話を聞きWebマーケティング職の現場の情報や転職のノウハウを聞くことが効果的です。

自分に合った職場で働くためにもまずは、大手転職エージェントマーケティング業界に特化した転職エージェントを1つずつ選んで無料面談してみましょう。

Webマーケターの転職後のキャリアプラン

Webマーケティング職へ転職するなら、将来どのようなキャリアを築いていきたいのか、転職活動を始める前に目標を決めておきましょう。

目先のことだけではなく将来的なことまで考えておくと、転職先の選定時にミスマッチが発生しにくくなりますし、面接で向上心の高さをアピールできます。

Webマーケターから転身するパターンは主に3つあります。

  • Webディレクター
  • Webコンサルタント
  • 独立

それぞれ詳しく解説しますね。

Webディレクター

Webディレクターとは、プロジェクトの監督指揮をする人です。

たとえばホームページを作成する場合、エンジニア、デザイナー、Webコーディネーターや営業、クライアントなどさまざまな人が関わりますよね。

これらすべての人材を上手くまとめ上げて、行程を予定通り進めるために必要なのがWebディレクターです。

Webディレクターはマーケティングの知識はもちろん、メンバーとコミュニケーションを取りリーダーシップを発揮できる人に向いていると言えるでしょう。

Webコンサルタント

Webコンサルタントとは、企業の業績を上げるために、ホームページやSEO、Web広告などに対して効果的な改善案やアドバイスをする人です。

Webコンサルタントはアクセスの解析や分析、広告の運用方法などの提案をするので、マーケティングのスペシャリストと言えるでしょう。

Webマーケティング業界でマーケティングや分析能力を磨いて、Webコンサルタントとして提案できるレベルまで成長を目指すのも良いでしょう。

独立する

Webマーケティング業界で学んだスキルをより自由に活かすために、フリーランスのWebディレクターやWebコンサルタントとして活躍することもあります。

また、個人でアフィリエイトサイトの運営をし、アフィリエイト収入を得る人もいます。

Webマーケティング業界は未経験でも転職できる

Webマーケティングは経験やスキルが重要になりますので、経験者が必須条件の求人が多いですが、未経験でも応募できる求人はあります

Webマーケティング職の求人数
転職エージェント 未経験歓迎の求人数(求人数)
doda 49(791)
マスメディアン 45(370)

あまり数は多くありませんが、Webマーケティングに向いている特徴やスキルを持っていると採用に近づけるでしょう。

Webマーケティングに必要なスキル

Webマーケティングに必要なスキルは以下の3つです。

  • データ分析能力
  • 市場のニーズを読み取る力
  • コミュニケーション能力

Webマーケティングはさまざまなデータを用いて、業績の向上や改善を図るためデータ分析能力は必須といえます。

ビジネスにおけるデータ分析とは、「不可欠な情報や数値などを収集し、集めたデータを分類や整理し、必要のないものは捨てる」ことを指します。

鮮度の高いデータを収集するためには、市場のニーズを敏感に読み取る力も必要になるでしょう。

また、Webマーケティングはチームのなかにある役割の一つです。

そのため、自分の状況や考えを伝えたり、相手のアドバイスや意見を柔軟に取捨選択できるようなコミュニケーション能力も重要です。

Webマーケターの平均年収

注意

※ご紹介する年収は「ネット広告/Webマーケティング」の平均年収です。 純粋なWebマーケティング職の年収ではないのでご注意ください。

Webマーケティングの平均年収は、2019年度のdodaのデータによると平均が419万円となっています。

また、20代の平均年収が350万円に対し、30代の平均年収が442万円と約70万円高くなっていますね。

20代のうちにスキルや経験を身に着けていたりステップアップをして給与アップが見込める業界といえるでしょう。

Webマーケティングの仕事内容

Webマーケティングとは、ざっくり言えばインターネット上の営業といえます。

顧客を増やしたり、プランの提案など営業職と似ている部分がありますが、インターネット上の営業ならではの手法があるんです。

集客の施策

マーケティングをするためにはまず集客しなければなりません。

集客の手法は3つあります。

  • SEOマーケティング
  • SNSマーケティング
  • 広告運用

それぞれの手法を解説しますね。

SEOマーケティング

SEOとはSearch Engine Optimizationの略称で、日本語にすると「検索エンジン最適化」となります。

この検索エンジンとはGoogleやYahoo!のことで、検索エンジンがどのようにサイトを評価しているのか解析し、サイトを適切な状態にすることがSEOなんです。

つまりSEOマーケティングとは、自社サイトや製品、自社が運営するメディアを狙ったキーワードに検索結果の上位に表示するためにキーワードにとって最適なサイトを作成することになります。

SEOを聞いたことがある人は、検索結果の順位を上げることだけが目的だと勘違いしてしまいがちですが、検索エンジンの分析をして適したサイトを作成することがSEOなんです。

SNSマーケティング

SEOマーケティングはtwitterやInstagram、LINEなどのSNSを利用したマーケティング手法です。

twitter、インスタグラム、LINEで企業や店舗の公式アカウント作成し、広報となり情報を発信しています。

例として「セブンイレブン・ジャパン」のtwitterアカウントは、フォロワー数が366万人と日本の企業の中でトップクラスのフォロワー数です、

たとえば。新商品の発売をtwitterで告知した場合、一気に366万人に商品の情報が伝わるんです。

公式アカウントは企業の顔となるため、炎上のリスクを考慮しなければなりませんが、SNSが盛んな現代に適したマーケティング手法といえるでしょう。

広告運用(リスティング広告)

Webマーケターがあつかう広告の種類や配信先はさまざまですが、代表的な広告がリスティング広告です。

リスティング広告とは特定のキーワードで検索すると、検索結果で表示されるページよりも上に表示される広告のことです。

テレビCMや紙の広告などと違うのは、広告の掲載事態には料金が発生せず、広告がクリックされると料金が発生します。

ROASやCPAといった指標を基にして、配信している広告の費用対効果を高めていく運用方法が求められます。

また、リスティング広告は「品質スコア(または品質インデックス)」があり、広告を10段階で評価されます。

高評価になると広告の入札が有利になり、クリック単価を低く抑えられるなどのメリットがあるので、品質スコアを上げるための施策は必須と言えるでしょう。

アクセス解析

集客に成功しても、商材が売れる・サービスを利用する人が増えるなどの成果がないと意味がありません

サイトに訪れたユーザーがどのような行動をしているのか分析し、サービスを利用するユーザーと利用しないユーザーの違いなどを検証・改善し成果に結びつけます。

Webマーケターにとって、アクセスの解析が利益にもっとも直結するので読み取る力は重要であると言えるでしょう。

Webマーケティング職に転職するときの注意点

Webマーケティング職に転職した際の失敗を防ぐためにおすすめなのが、しっかりと自己分析をすることです。

自己分析とは、自身の経歴や性格などを改めて明確にするだけではありません。

転職する理由や目的を明確にすることが重要なのです。

Webマーケティング職を目指す理由を明確にする

未経験からWebマーケティングに転職する場合は、なぜWebマーケターになりたいのかという理由を明確にしましょう。

たとえば「情報収集や分析が得意だから活かせる仕事をしたい」というように、自身の長所をより活かすための転職となるのが理想です。

採用担当者を納得させるためにも、そして、転職先で意欲的に仕事をしていくためにも転職理由を明確にすることが大切です。

どのマーケティング手法に注力しているのかチェック

Webマーケティングのマーケティングの手法はひとつではありません

たとえば、SEOマーケティングの場合はライティングやコーディングができる人の需要が高くなりますし、リスティング広告はデザイナーの需要が高くなります。

また、実際に顧客とヒアリングする機会が多い場合は営業のようにクライアントと接する機会が多くなる場合もあります。

自分はどのような仕事をしたいのかしっかりと自己分析をしたあとは、どの手法に注力しているのかマーケティング職の研究をするといいでしょう。

Webマーケティング業界を目指す方法

Webマーケティング職を含めたIT系の求人は、インターネットで募集していることが多いです。

転職サイトや転職エージェントで求人を探すことをおすすめしますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

転職サイト

転職サイトでWebマーケティングの求人を探す場合のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

転職サイトのメリットは2つあります。

  • 自分のペースで転職活動ができる
  • 掘り出し物の求人が見つかる可能性がある

転職サイトの求人を見つけて応募する場合は、面接から入社まですべて自分1人で進めるので、転職までの流れを早くするのも遅くするのも自由です。

また、働きながら転職活動する場合は、平日の昼間は転職活動の時間が作りにくいですが、転職サイトは24時間いつでも求人を見れますし応募もできます。

そして、転職エージェントでは紹介されないような掘り出し物の求人を自分で見つけれることもあるんです。

デメリット

転職サイトのデメリットは以下の通りです。

  • 豊富な求人から自身に合ったものを選ぶのが難しい
  • 転職の経験がない場合は、転職活動の進め方が手さぐりになってしまう

転職サイトは求人数が多いため、自身に向いている求人を見つけるのに時間がかる可能性が高いです。

もし、好条件の求人を見つけたと思っても、自身の経歴などから応募できないことがありますし、実際に入社してからイメージと大きく異なる場合もあります。

また、応募から面接、給与の交渉から入社まで自分で行わなければいけませんので、転職の経験がない人は大変かもしれません。

転職エージェント

つづいて、転職エージェントのメリットとデメリットを紹介しますね。

メリット

転職エージェントのメリットは以下の3つです。

  • 自身に合った求人を紹介してくれる
  • 未経験の職に転職する場合は業界について教えてくれる
  • 面接から入社、入社後まで手厚いサポートを受けられる

転職エージェントでは、エージェントが自身に合った求人を紹介してくれますので、理想的な転職先が見つかりやすいです。

また、未経験の業界に転職する場合は、業界の研究を必ずするべきですが転職活動と並行して業界研究するのは大変ですよね。

転職エージェントのなかで業界に特化した転職エージェントでは、元々その業界で働いていたエージェントがいますのでリアルな業界の情報を聞くことができます。

デメリット

転職エージェントのデメリットは以下の通りです。

  • 受け身になってしまいがち
  • 転職エージェントによっては夜間や土日に相談できない

転職エージェントでは、基本的にエージェントから提案された求人のなかから選んで応募します。

そのため、転職先の選定をエージェントに任せて、自身は何もせずただ待つだけの状態になってしまう場合があります。

また、転職エージェントによっては面談が平日の昼間しか受け付けていない場合があるため働きながら転職活動をしたい人は時間を確保するのが難しいかもしれません。

まとめ「マーケティング職に転職するなら転職エージェントがおすすめ」

マーケティング職に転職する場合は、転職エージェントでサポートを受けながら転職活動するのがおすすめです。

とくに未経験の場合は、エージェントから業界や職種について詳しく聞くことができますのでおすすめですよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、転職エージェントを複数社併用するといいでしょう。

おすすめは大手転職エージェント業界特化型の転職エージェントの併用です。

doda

20代の転職初心者や地方での転職に強く、専門職求人も数多く保有する

公開求人数 131,375
非公開求人数 37,405
タイプ 総合型転職エージェント

おすすめポイント

  1. 求人数が多く希望の求人を見つけやすい
  2. 転職フェアやセミナーに無料で参加できる
  3. スカウトサービスやプレミアムオファーがある

マスメディアン

公開求人数 不明
非公開求人数 不明
タイプ 広告・クリエイター特化型転職エージェント

おすすめポイント

  1. マーケティング・クリエイティブ領域への転職に大きな強み!
  2. 宣伝会議グループの専門ノウハウを活かしたアドバイス
  3. 経営者や部門責任者からの極秘求人あり!
  4. Webマーケティング未経験向け求人数:45件(2021年1月時点)

転職エージェントによって紹介される求人は違いますし、未経験者のサポートやエージェント全員が業界経験者で知識が豊富といったように強みもそれぞれ違います。

とくに、未経験からの転職を成功させるためには、複数のエージェントからWebマーケティング職について詳しく聞くと転職活動に役立つでしょう。

Webマーケティングを目指すなら、まずは大手転職エージェントマーケティング職に特化した転職エージェントで無料面談してみてはいかがでしょうか。

マーケティング職に転職するなら転職エージェントがおすすめ

マーケティング職に転職する場合は、転職エージェントでサポートを受けながら転職活動するのがおすすめです。

とくに未経験の場合は、エージェントから業界や職種について詳しく聞くことができますのでおすすめですよ。

転職エージェントは無料で相談できますので、転職エージェントを複数社併用するといいでしょう。

おすすめは大手転職エージェント業界特化型の転職エージェントの併用です。

doda

20代の転職初心者や地方での転職に強く、専門職求人も数多く保有する

公開求人数 131,375
非公開求人数 37,405
タイプ 総合型転職エージェント

おすすめポイント

  1. 求人数が多く希望の求人を見つけやすい
  2. 転職フェアやセミナーに無料で参加できる
  3. スカウトサービスやプレミアムオファーがある

マスメディアン

公開求人数 不明
非公開求人数 不明
タイプ 広告・クリエイター特化型転職エージェント

おすすめポイント

  1. マーケティング・クリエイティブ領域への転職に大きな強み!
  2. 宣伝会議グループの専門ノウハウを活かしたアドバイス
  3. 経営者や部門責任者からの極秘求人あり!
  4. Webマーケティング未経験向け求人数:45件(2021年1月時点)

転職エージェントによって紹介される求人は違いますし、未経験者のサポートやエージェント全員が業界経験者で知識が豊富といったように強みもそれぞれ違います。



とくに、未経験からの転職を成功させるためには、複数のエージェントからWebマーケティング職について詳しく聞くと転職活動に役立つでしょう。



Webマーケティングを目指すなら、まずは大手転職エージェントマーケティング職に特化した転職エージェントで無料面談してみてはいかがでしょうか。
  • 非公開求人が10万件以上(2020年8月自社調べ)で業界最大級。
  •          
  • 登録者限定の「面接力向上セミナー」をオンラインLIVE配信で毎週開催
  • 転職支援実績No.1(2019年度実績 厚生労働省調べ)。全年代・全職種に対応。求人の少ない地方での転職にもおすすめ。
  • 国内外の注目企業と5,000名以上(2022年1月時点)のヘッドハンターからスカウトが届く
  • 一部有料だが最大97日間の無料期間あり。
  • 年収500万円以上のハイクラスを目指したい人、自分の市場価値を試したい人、自分に合った求人をピンポイントで紹介してほしい人におすすめ。
  • 自分で求人を探すほか、キャリアアドバイザーによるサポートやスカウト機能が1つになった転職サイト・エージェント
  • 183万人のデータに基づく「年収査定」や人気300社の「合格診断」など求人探しに役立つツールが多数
  • 転職が初めての20代におすすめ
  • 学生からの支持が厚い株式会社マイナビの運営する転職エージェント
  • 新卒採用でマイナビを利用した企業からの評判が良い
  • 第二新卒歓迎の求人が集まりやすいため、第二新卒の方におすすめ
  • 18年以上にわたり年間5,000人以上(2016年度実績)の女性求職者を支援している女性専門の転職エージェント
  • 面接のためのメイクアップサポートなどユニークなサービスも
  • 女性の転職に理解ある担当者と一緒に転職活動を進めたい人におすすめ

おすすめ関連記事

時間アイコン 22.05.06

MS-Japanの評判を登録前に確認!メリットとデメリットを解説

MS-Japanのキャプチャ

時間アイコン 22.05.02

就職Shopの評判は悪い?口コミから見る特徴とメリット・デメリット

no-image

時間アイコン 22.06.14

iX転職の評判は悪い?採用担当者の口コミでわかるサービスの特徴

時間アイコン 22.05.31

転職エージェントの費用は無料!おすすめエージェント7社もチェック

転職エージェント 費用

時間アイコン 22.05.02

転職エージェントの断り方は?求人や面接・内定辞退などケース別に例文付きで解説

転職エージェントの断り方

TOP