フリーターから就職して正社員へ!内定を得るのに必要な3つのポイント

フリーターでも正社員になれる?
フリーターが就職をうまく進めるコツを知りたい

フリーターから正社員を目指すとき、何からおこなえばいいのか困っていませんか?

実は内定に必要なポイントはたったの3つだけ!

  • 就活全体の流れとポイント
  • フリーターならではの選考対策
  • 就職エージェントの活用方法

この3つのポイントを知ってあなたもフリーターから正社員への就職を目指してみませんか?

転職エージェント おすすめポイント 求人数
JAICJAIC キャプチャ 非公開
  • ブラック企業を徹底排除し正社員求人のみ紹介!
  • 利用者の入社後の定着率は91.3%!
DYM就職DYM就職 非公開
  • サービス満足度90%
  • 正社員への就職成功者は5,000人以上
ハタラクティブハタラクティブ 1,170件
  • 正社員就職率80.4%の実績
  • 全ての求人先へ訪問取材しブラック企業を徹底排除
2022年2月現在

この記事で分かること

  • フリーターが最短で就職するために必要な3つのポイント
  • 20代フリーターにおすすめの就職エージェント
  • 【体験談】フリーターから正社員になった人に聞いてみた。就職の成功の要因

監修者 監修者

もっと見る 閉じる

フリーターが最短で就職するために必要なポイント3つ

フリーターが最短で就職するために必要な3つのポイント

手抜きをするということではありませんが、フリーターから正社員への就職活動はできるだけ短期間でスピーディーにおこなうことが、希望の企業へ就職できるコツです。

ここではフリーターが最短で就職するための3つのポイントをご紹介します。

しっかり押さえておくことで、正社員への就職成功率をアップさせることができるでしょう。

POINT

  1. 就活全体の流れを把握する
  2. フリーターだからこその選考対策をする
  3. 就職エージェントへ相談する

1.就活全体の流れを把握する

まずは、就職活動のおもな流れをご紹介します。

【就職活動の流れ】

  1. 自己分析をおこない、やりたい仕事や将来のプランなどを整理する
  2. 応募する企業をチェックし、企業・業界研究をする
  3. 書類・面接に必要な志望動機を考えて選考に備える

①自己分析をおこない、やりたい仕事や将来のプランなどを整理する

自己分析は応募企業の選定、志望動機の作成、そして面接対策などにおいて必要となる就職活動において非常に重要な作業です。

ここをしっかりやらなければ、就職後も仕事のミスマッチなどに苦労することになってしまいますので、念入りに自己分析を深めていきましょう。

一度で終わらなくても、二度三度と粘り強く思考を重ねていくことでより深い気付きを得られます。

自己分析では現在を軸に過去にどんな経験を積んできたのか、未来に対しどのような展望を抱いているか、気付きを言葉に起こしていくことが大切です。

ひと通り自己分析を終えた後に、フリーターとして生活してきた日々からとくに深く考えるべきポイントは以下の4点です。

POINT

  1. フリーター生活でどのような学びを得たのか
  2. 正社員になったらどのように暮らしたいのか
  3. 得た学びから正社員ではどのように働きたいのか
  4. 今後どのようなキャリアを築いていきたいのか

これらの答えに対して「なぜそう思ったのか」深堀りしていきましょう。

就職活動における自己分析では、自らの動機の軸をしっかりと自覚して言葉にして持っておくことが必要です。

②応募する企業をチェックし、企業・業界研究をする

応募したいと思った企業が、志望動機やスキルに合う企業なのかをチェックします。

ブランドイメージは柔和なのに入社してみたらゴリゴリの体育会系だったなど、思い込みは不幸を招きますので企業についてしっかり調べましょう。

また、同業他社と比べてどういったポジショニングをしている会社なのか、この企業ならではの志望動機をしっかり固められるよう以下から情報を集めましょう。

POINT

  1. 企業のホームページ
  2. 業界紙や業界ニュースサイト
  3. 転職会議」などの口コミサイト
  4. 同業他社の知人

③書類・面接に必要な志望動機を考えて選考に備える

書類や面接準備時に重要になってくるのが志望動機です。

しかし、前項の自己分析と企業研究がおろそかでは説得力のある志望動機は書けません

志望動機に必要な構成と要素は以下のとおりです。

POINT

  1. 結論-志望動機
  2. 理由-企業研究や自己分析で得た志望動機の根拠となる事実
  3. エピソード-自己分析で見つけた志望動機の理由を補完する話

企業や業務に興味を持ったきっかけとあなたの体験がきちんとリンクした志望動機は、読む人聞く人の心に響きます。

出てきたエピソードに対して「なぜそう思ったのか」と問いかけ、理由を深めて導き出した志望動機があれば選考対策もスムーズにいきますよ。


注意!就職がなかなか決まらない人は自己分析が不十分

就職活動が長期戦になってしまう人によく見られるのが「とりあえず自分が当てはまる採用条件の企業に応募して、不採用になる」というパターンです。

不採用になる原因は、自分がなぜ就職したいのか、どのような企業に勤めたいのかという自己分析がしっかり定まっていないからです。

自分の気持ち・やりたいことの軸がはっきりしていれば、条件に合う求人がたくさんあっても応募したい企業の取捨選択をスムーズに進めることができます。

つまり自己分析はすべての就職活動の基礎となるといっても過言ではありません。

自己分析をもとに就職活動全体の流れをひとつずつクリアしていくことが、就活成功への最短ルートです。

2.フリーターだからこその選考対策をする

就職活動において「履歴書・職務経歴書」は、面接前に企業へ見せる自分の顔ともいえる重要な書類です。

アルバイト経験であってもこれまでの自分をわかりやすく、より魅力的にアピールすることが大切になってきます。

そもそも選考対策とは?

一般的に選考対策で重要なポイントは、以下の4つです。

  1. 内容に矛盾がなく、一貫性があること
  2. 書類では誤字脱字がないようにすること
  3. 全体的に読み手や聞き手にわかりやすいこと
  4. 数字などを入れて、具体的でイメージしやすい内容であること

これらのポイントは必ず念頭に置いて対策していきましょう。

フリーターの履歴書・職務経歴書対策

たとえば書類には「書き方がわからない」という形式の悩みと「何を書いていいかわからない」という文章の悩みがあります。

形式については、インターネットでもフォーマットが何種類も無料で配布されていますので、それに沿って埋めていけば大丈夫です。

肝心の文章の悩みは、書く際の構成を理解しているか、構成に沿って書けているかが重要になってきます。

履歴書と職務経歴書の内容は、少し似通った内容を記載する項目もあり、同じタイミングで作成すると矛盾しにくくなりますのでおすすめです。

フリーターの面接対策

また、面接では面接官からの「書類に記されていることは本当なのか」という質疑にしっかりと対応していく必要があります。

自分の志望軸が明確であればどのような質問であれ答えられますから、しっかり準備をしていきましょう。

フリーターだから軽く見られるのではないか」と不安に思うかもしれませんが、あなたの過ごした日々はあなただけの特別な体験です。

実際の体験から得た学びに正社員もフリーターも関係ありませんので、堂々と受け答えするようにしましょう。


3.おすすめは就職エージェントへの相談

もしうまく対策準備を進められないときは、就職活動のノウハウを熟知した就職エージェントに相談してみましょう。

面接対策や、履歴書の添削などもおこなってくれますので、はじめて就職活動をする人には強力な助っ人になるはずです。

1.ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブはフリーターから就職を目指すこんな人におすすめ

  • 経歴関係なく正社員になりたい
  • エージェントとは極力メールなどでやり取りしたい

ハタラクティブの概要とおすすめポイント

ハタラクティブの概要とおすすめポイント
取扱求人数・実績 60,000人以上の就職・転職をサポート
内定率 80.4%
特徴
  • キャリアやスキルに自信のない20代向けサービス
  • サービス利用者の40%以上が正社員としての勤務経験なし
  • 利用者の学歴は大卒よりも「高卒・専門学校卒」のほうが割合が高い
おすすめポイント
  • 正社員の社歴がない=業界経験がない人の就職を数多くサポートしてきた経験から、未経験業界への就職にノウハウ有り
  • 20代ならではの「何がやりたいかわからない」という場合でも就活アドバイザーが丁寧にヒアリング
  • 求職者に合った業界・職種の求人情報を提供

2.DYM就職


とにかくすぐに就職したいDYM就職はフリーターから就職を目指すこんな人におすすめ

  • 満足度が高いサービスを使いたい
  • 経歴関係なく正社員になりたい

DYM就職の概要とおすすめポイント

DYM就職の概要とおすすめポイント
サービス満足度 90%
特徴
  • 第二新卒・既卒・フリーターの就職・転職に強い
  • 優良求人をあつかい「寄り添う就職活動」をコンセプトにしている丁寧なサポート
おすすめポイント
  • キャリアの浅い年代をターゲットとしているため、多くの求人が業界未経験者OK
  • 面談では「希望条件」「やりたいこと」「これまでの経験」などをカウンセラーと一緒に整理
  • カウンセリングの段階でやりたいことや向いている業界、適性などがわかる

3.JAIC

JAIC(ジェイック)

JAICはフリーターから就職を目指すこんな人におすすめ

  • 就職に役立つビジネススキルを身に着けたい
  • 書類選考なしで面接に進みたい

JAICの概要とおすすめポイント

JAICの概要とおすすめポイント
取扱求人数・実績 契約企業数50,000社以上
内定率 81.1%
特徴
  • 20代の既卒・フリーター・第二新卒などの就職支援に特化
  • 単なる就職エージェントではなく、「就職講座×企業の幹部層との面接会×入社後支援」まで、就職活動を一貫でサポート
  • 離職率の高い業界の紹介はなく、集団面接会で全社受けられる
  • 面接会では書類選考をスキップできる
おすすめポイント
  • キャリアが少ない人に特化した就職サービス
  • キャリアに自信がなくても受けられる手厚い就職活動のサポート
  • JAICから紹介してもらえる案件のほとんどが業界未経験OKの求人

フリーターから正社員へ就職活動する際の注意点

就職活動はどんな方でもプレッシャーと戦いながらおこなうことになります。

そんなとき、気を付けてほしいのが以下の4点です。

  • いつまでに正社員になりたいか期日を決める
  • 1社だけで諦めず何社でも就活を続ける
  • 焦って「ブラック企業」に決める必要はない
  • 正社員になってからが本当のスタート

1.就職活動前

いつまでに正社員になりたいか期日を決める

学生のように卒業というタイムリミットがないフリーターの就職活動は、長期戦となってしまうことがあります。

就職活動のスケジュールを立てるとともに、「この日までに終わらせるぞ!」という強いタイムリミット意識をもって取り組むようにしましょう。

2.就職活動中

1社だけで諦めず何社でも就活を続ける

ようやく見つかった自分と企業の条件に合う求人に応募したものの、不採用の通知が来たらかなりショックですよね。

しかし20代の多くの方は平均でも7社は応募している実態があります。

ですから、就職活動を始めたばかりのあなたが1社で正社員を諦めてしまうのはもったいないことです。

「どうして正社員を目指したのか」という初心を忘れずに、内定に向けて頑張りましょう。

焦って「ブラック企業」に決める必要はない

かといって、正社員になりたいばかりに、よく目にする求人に応募してスピード内定に飛びつくようなことはやめておきましょう。

求人を頻繁に出していたり、選考ステップがやけに簡略化していたりする企業は少し冷静な目をもって企業研究してみることをおすすめします。

大事な就職活動だからこそ、「急いては事を仕損じる」という先人の言葉にも耳を傾けてみましょう。

3.就職活動終了

正社員になってからが本当のスタート

内定を獲得したらゴールでしょうか?違いますよね。

入社してからは今までと違う生活スタイル、習慣、責任などの環境の違いに目まぐるしい日々を送ることになると思います。

しかし自己分析で見つけた本当にあなたがしたい生活、仕事、ライフプランをかなえる第一歩に立ったにすぎません。

フリーターよりも重い責任を持った正社員として、これからはあなた自身が企業に貢献していく必要があります。

今までとは違う責任と裁量で、やりがいのあるあなたらしい日々を送ってくださいね。

フリーターから就職した方の体験談

最後に、就職成功のイメージをつかむために、フリーターから就職した方の体験談をお送りします。

20代後半|女性

動き出しは早めにする

Q:「就職活動前に不安に思っていたことはなんですか?

A:直近の経歴がアルバイトなので、志望先の企業にどのように見られるかが不安でした。
正社員の方と比べて経験も無く資格も持っていなかったので、プラスの面でアピールできるポイントがありませんでした。

Q:「就職活動中にやっておけばよかったと後悔していることはありますか?また、それはなぜですか?

A:企業研究です。自分がフリーターであるという引け目から、給料が安くて未経験でも可能な仕事ばかりに応募していました。
しかし、今いろんな企業を見てみると、未経験でも一から研修をして社内で育ててくれる企業がたくさんあります。
もう少し時間をかけて企業選びをすることで、選択肢が増えたのではないかと後悔しています。

Q:「これから就職を目指すフリーターの方へのアドバイスをお願いします

A:とりあえず動き出すなら、早ければ早いほうが良いと思います。
フリーターの期間が長いほど、「フリーターの期間は何をやっていたか」、「どうして就職活動をしていなかったのか」などといった質問を投げかけられるからです。
また、もし就職に失敗しても若ければ挽回できます。
少しでも動き出そうという気持ちがあるのならば、今すぐ頑張ってください。(就職活動期間:3ヶ月)

20代後半|女性

自分で頑張りたい!やってみたい!と思えるような何かに出合ってほしい

Q:「就職活動前に不安に思っていたことはなんですか?

A:どんな仕事が自分に合っているのか、自分は何がしたいのか本当にわからなくなってしまった時期がありました。
人間関係の不安が一番大きく、職場の環境に慣れることができるか不安でした。

Q:「就職活動中にやっておけばよかったと後悔していることはありますか?また、それはなぜですか?

A:自分の短所と長所をきちんと理解することです。
ネガティブにならない程度に自分の短所を理解することが大事だと強く思いました。

Q:「これから就職を目指すフリーターの方へのアドバイスをお願いします

A:何事にもチャレンジして自分自身の殻を破ることをしてほしいです。
何にも興味が持てなくて時間を過ごしている方は、「自分は何をしているときが一番幸せなのか」、まずはそこから考えてみると良いのでは?と思います。
自分もそうでした。決して投げやりにならない事が大事です!就活を一生懸命に頑張っている時間は決して無駄ではないし、成長への第一歩だと思ってください。
自分で頑張りたい!やってみたい!と思えるような何かに出合って欲しいと思っています。
きっと何かに出合えた瞬間に、見える世界も気持ちも変わってくると思います。(就職活動期間:7ヶ月)

まとめ|フリーターでもポイントを押さえておけば就職できる!

この記事のポイントをおさらいしましょう。


  • 自己分析はすべての就職活動の基礎である
  • 就職成功への近道はフリーターだからこその選考対策をおこなうこと
  • 就職エージェントを有効活用することで、対策をブラッシュアップできる

フリーター・社会人未経験者であっても積極採用している企業は少なくありません。

現状を不安に思う気持ちもあると思いますが、一歩を踏み出すことで少しずつ不安や悩みが解消されていくはずです。

「フリーターだから……」と、引け目を感じず自己分析と企業研究を進め、着実に就職活動を進めていきましょう。

  • 非公開求人が10万件以上(2020年8月自社調べ)で業界最大級。
  •          
  • 登録者限定の「面接力向上セミナー」をオンラインLIVE配信で毎週開催
  • 転職支援実績No.1(2019年度実績 厚生労働省調べ)。全年代・全職種に対応。求人の少ない地方での転職にもおすすめ。
  • 国内外の注目企業と5,000名以上(2022年1月時点)のヘッドハンターからスカウトが届く
  • 一部有料だが最大97日間の無料期間あり。
  • 年収500万円以上のハイクラスを目指したい人、自分の市場価値を試したい人、自分に合った求人をピンポイントで紹介してほしい人におすすめ。
  • 自分で求人を探すほか、キャリアアドバイザーによるサポートやスカウト機能が1つになった転職サイト・エージェント
  • 183万人のデータに基づく「年収査定」や人気300社の「合格診断」など求人探しに役立つツールが多数
  • 転職が初めての20代におすすめ
  • 学生からの支持が厚い株式会社マイナビの運営する転職エージェント
  • 新卒採用でマイナビを利用した企業からの評判が良い
  • 第二新卒歓迎の求人が集まりやすいため、第二新卒の方におすすめ
  • 18年以上にわたり年間5,000人以上(2016年度実績)の女性求職者を支援している女性専門の転職エージェント
  • 面接のためのメイクアップサポートなどユニークなサービスも
  • 女性の転職に理解ある担当者と一緒に転職活動を進めたい人におすすめ

時間アイコン 投稿日:22.04.11

おすすめ関連記事

時間アイコン 22.05.11

第二新卒とはいつまで?企業が欲しがる20代の転職の極意

時間アイコン 22.05.11

既卒者の履歴書は超重要!選び方と書き方を解説

時間アイコン 22.05.11

29歳女性の転職は厳しい…払拭すべき採用側3つの懸念点を徹底解説

時間アイコン 22.05.11

フリーターの就職面接で聞かれる質問と回答例!服装や自己紹介のポイントもあわせて確認

時間アイコン 22.05.11

既卒の面接の流れとよく聞かれる質問は?事前の対策が就活成功への近道!

TOP