採用ノウハウ

新卒採用スケジュールで企業が把握しておくべきポイントとは?設計から注意点までを徹底解説

近年、新卒採用現場では人材不足も影響し、各企業による優秀な学生の争奪戦がおこなわれています。

新卒採用の獲得競争が激化するなか、企業はどのようなスケジュールで採用を進めるべきなのでしょうか。

今回の記事では、最新の新卒採用の傾向を踏まえた、新卒採用成功のための事前準備や採用計画設計のポイントについて紹介します。

新卒採用の時期はいつ?

新卒採用のスケジュール新卒採用活動のスケジュールは、時代とともに変化をしています。

かつては、日本経済団体連合会(経団連)が、就職活動の早期化による学業への阻害を防ぐために、採用の解禁時期などを示す就活ルールを定めていました。

経団連に属する企業は、2020年卒までは経団連が定めた就活ルールに則り採用スケジュールを策定していました。

2020年卒以降からは経団連の指針が廃止され、大学3年生の3月1日から広報活動開始、大学4年生の6月1日から採用活動開始という政府主導の新卒採用ルールが設定されています。

政府主導新卒採用スケジュール

広報活動開始 :卒業・修了年度に入る直前の3月1日以降
採用選考活動開始:卒業・修了年度の6月1日以降
正式な内定日 :卒業・修了年度の10月1日

参考:内閣官房「2023年度卒業・修了予定者の就職・採用活動日程に関する考え方」

政府の見解によると、既存のスケジュールから急に変化すると、学生や企業を混乱させるリスクが高いことから、当面は今のスケジュールで継続するとしています。

最近の新卒採用は早まっている?

政府主導の採用スケジュールは、広報解禁を3月・選考解禁を6月としていますが、実際にこのスケジュールを守って採用活動をしている企業は少ないのが現状です。

特に、外資系企業やIT・ベンチャー企業では、優秀な学生を確保するため、年々採用の早期化が進んでいます。

インターンシップを早期に実施しできるだけ早く学生と接触するなど、採用活動を前倒しして進めている企業が増加しています。

HR総研の「2022年&2023年新卒採用動向調査」によると、23卒新卒採用において選考面接開始は2~4月が山場となり、約2割の企業が年内に選考開始を開始しているそうです。

参考:HR総研「2022年&2023年新卒採用動向調査 結果報告2

採用活動前に準備しておくべきこと

新卒採用活動を成功させるためには、採用活動前に準備しておくべきことが、大きく分けて3つあります。

(1)採用計画の立案

採用活動前の準備として、まずは採用計画を立てることが重要です。学生1人当たりの採用コストを考慮した上で採用人数を決定しましょう。

具体的には以下のような手順で動きます。

採用計画の立案手順
  1. 前年の振り返り
  2. ターゲット設計
  3. 戦略の立案
  4. スケジュール作成
  5. 予算・採用担当者を確保

(2)広報活動の準備

採用活動を始めるにあたり、求人広告や採用サイト、パンフレットを含む資料などの広報制作が必要です。

コンセプト設計やデザイン考案、制作などに数カ月かかるため、できるだけ早くに着手しておきます。

具体的に作成・準備していくもののリストは以下のとおりです。

広報活動で準備・実施すべきもの
  1. 求人広告
  2. 採用サイト
  3. パンフレット
  4. 会社説明会
  5. インターンシップ

(3)最終準備

選考開始前までに、最終調整も踏まえ、選考から内定出しまでのスケジュールを調整します。採用業務の一部を外注する場合は、各担当者とのスケジュール調整も必要です。

また、並行して翌年の採用に向けたインターンシップの準備も開始します。

新卒採用の設計の流れ

効率的に新卒採用を進めるためには、戦略を立てスケジュールを組むことが重要です。ここからは、新卒採用を設計していく上でのポイントを紹介します。

採用戦略を立てる

まず、採用戦略を立てるためにターゲットとなる学生の要件をまとめましょう。

ターゲットを明確に設定できていないと、選考辞退・内定辞退だけでなく、入社後のミスマッチにより人材が定着せず採用コストが無駄になる可能性もあります。

ターゲットを設計する際は、現実に存在する「学生Aさん」と想定できるくらいまでイメージし、価値観やライフスタイル、行動特性などの情報を具体化させていきます。

次に、採用に向けた戦略を立てます。新卒採用の売り手市場が続くなか、優秀な学生を獲得するためには、自社の強みを把握し、企業側から学生に強くアピールすることが重要です。

以下の項目について自社を分析し、学生に向けてのアピールポイントや、具体的なアプローチ手法を検討します。

分析すべき項目
  • 知名度
  • 企業規模や市場
  • 扱う商材の魅力や独自性
  • 競合他社と比較した自社の強み
  • 社風
  • 業務内容や働き方
  • 社内制度や福利厚生

自社の強みを把握できていれば、採用サイトや自社サイトに盛り込むコンテンツ、学生へのメッセージ内容なども、スムーズに作成できます。

採用手法を検討する

採用戦略をもとに、最終的な内定出しのタイミングから逆算し、採用スケジュール上で「インターンシップ期間」「広報期間」「採用選考活動期間」「内定出し」などを決めていきます。

前述したように、採用の早期化が進んでいるため、ターゲットとなる学生の就活スケジュールや、他社の動向も踏まえて採用スケジュールを検討するべきです。

大まかなスケジュールを決定したら、具体的な採用手法を検討します。近

年では、就活ナビサイトの活用だけでなく、企業側から学生に直接コンタクトを取る「ダイレクトリクルーティング」や、SNSを通じて採用情報を発信する「ソーシャルリクルーティング」などの新しい手法も注目されています。

内定後のフォロー体制を構築する

新卒採用では、内定者フォローが内定辞退の防止に効果的です。内定者へのフォローには、「内定者研修」「社員との懇親会」「内定者同士のコミュニケーションの機会」などがあります。

学生から社会人に切り替わる新卒社員に対し、内定者フォローとして「社会人としての成長の機会」「入社前の不安払拭」「内定者同士の交流の機会」などを提供することで、入社意欲を高めることができます。

まとめ

学生の獲得競争が年々激化する新卒採用市場において、採用活動を成功させるには、近年の就活傾向を押さえ効率的に採用活動を進めることが重要です。

今回の記事を参考に、自社の新卒採用スケジュール見直し、戦略的なスケジュールを立て、効果的な採用時期やアプローチ手法を検討してみてはいかがでしょうか。

新卒採用のお役立ち情報

開催中の無料セミナー

辞退0で内定式を迎えるために。
オンライン採用時代の内定者フォローのポイントセミナー
開催日時:2022年8月18日(木)14:00-14:30

イマドキ学生を正しく理解していますか?
Z世代の就活観と「伝えるための」自社の表現方法
開催日時:2022年8月23日(火)11:00-11:45

弊社トップコンサルタントが対応
2024年度新卒採用成功に向けた採用戦略会議
開催日時:ご希望の日時で承ります
※ご予約後、担当より日程調整のご連絡を差し上げます

\PICK UP!/おすすめのお役立ち資料

新卒採用を成功させる課題発見ノウハウブック新卒採用を成功させるためには
自社の採用課題を把握し、必要な施策を整理する必要があります

今回、新卒採用で押さえておきたいポイントをまとめた
新卒採用の課題発見ノウハウブックをご用意しました。

新卒採用の課題発見ノウハウブックには
以下のような内容を掲載しています。

  1. 採用課題発見チャート
  2. 新卒採用における成功とは
  3. 成功のポイント:ターゲット設定とコンセプト編
  4. 成功のポイント:採用ストーリー編
  5. 成功のポイント:広報施策とタイミング編
  6. 成功のポイント:キャスト編
  7. 内定者フォローとオンボーディング

新卒採用の成果を最大化するために、ぜひお役立てください。

ダウンロードはこちら

\こちらもおすすめ!/お役立ち資料

採用支援のプロが教える!採用成功率を高めるペルソナ設計のコツオンライン採用の成功事例3選
新卒採用を成功させるプロのノウハウを一冊にまとめたお役立ち資料
資料ダウンロードはこちら