会社説明会

座談会を企画するうえで重要なポイントとは?成功させるコツをご紹介

採用活動の一つとして注目されている「座談会」。説明会やインターンシップの後に、社員と学生の交流の場として実施されることが多いです。

社内の雰囲気などの「企業のリアル」を感じ取れる座談会は、学生にとって企業選びにおける大きな判断材料となります。

母集団形成につながるような実りのある座談会を開催するためには、どのようなポイントを押さえるとよいのでしょうか。

今回の記事では、座談会の目的や形式、企画する際の注意点、よくある質問例などをご紹介します。

座談会の目的とは?

採用活動における座談会とは、「社員と学生が形式張らずに交流し、話し合うこと」を意味します。

座談会を開催する主な目的は、「学生の不安を解消する」「学生と企業の関係性を強める」の2点です。座談会では説明会で聞き逃した内容などを質問できるため、学生の不安解消につながります。

また、説明会だけでは伝えきれない企業の魅力や仕事の楽しさについて知ってもらうことで、学生と企業の関係性の強化が期待できます。

社員と学生が近い距離で交流することにより、入社後の働くイメージを醸成できるのもメリットです。

座談会にはどのような形式があるのか?

座談会の形式には、主に「テーブル形式」と「パーティー形式」があります。

テーブル形式は、参加者が数名に分かれてテーブルに着席し、社員と交流するスタイルです。カフェのようなリラックスした雰囲気の中で行われるため、「ワールドカフェ」とも呼ばれています。

一定時間ごとにメンバーを入れ替えでき、限られた時間でも多くの学生と意見交換できるのが特徴です。

一方、パーティー形式は参加者が自由に動きまわって「誰とでも」「好きな時間」話せるのが特徴です。一般的にテーブルに食べ物や飲み物が置かれ、立食スタイルで実施されます。

人見知りや消極的なタイプだと会話をつなげるのが難しい場合もあるため、社員は孤立している人がいないか全体に目を配り、積極的に話しかけることが大切です。

座談会を企画するにあたって注意するポイントとは?

座談会を成功させるために、企画時にはどのような注意が必要なのでしょうか。特に注意したい3点を見ていきましょう。

座談会のテーマを明確にする

座談会を通じて参加者に何を伝えたいのか、まずはテーマを明確にすることが大切です。

よくある失敗例として、「社員とのフリートーク」をテーマにしてしまうと単なる雑談に終わり、自社の魅力が学生に届かない場合があります。学生にとって有意義なテーマを設定しましょう。

テーマの設定には、「各部署・部門の仕事内容を知ってもらう」「仕事のやりがいや魅力を感じてもらう」「配属後の仕事や職場のイメージを持ってもらう」「会社の制度や取り組みを知ってもらう」などの切り口が挙げられます。

これらを組み合わせて実施するのが一般的です。

参加してもらう社員を厳選する

座談会のテーマに応じて参加する社員の社歴や部署などは変わります。

どのようなテーマでも、学生から見て「このような人がいる会社なら入りたい」と思える社員に参加を要請しましょう。

参加する社員には、事前に座談会のテーマや発信したい情報をしっかりと伝え、共通認識を固めておくことが重要です。

参加する社員の資質と言動は座談会の成否に大きく影響します。

重要な役割だという認識のもと、経営陣や社員の上長とも緊密に連携を取り、全社的な取り組みとして社員を厳選しましょう。

企業によっては、候補となる社員の了解を得て適性検査をおこない、ふさわしい社員を選定するケースもあります。

参加社員に学生からの質問例を周知しておく

座談会に参加する社員には、事前に学生から受けやすい質問例を周知しておきます。

当日までによくある質問例をメールなどで知らせ、目を通しておいてもらうとよいでしょう。

学生に対応する社員にとっても質問に対する心構えができ、学生からの質問にもスムーズに回答できるようになります。

座談会でよく聞かれる質問

座談会でよく聞かれる質問には、仕事や社風、求める人物像などに関するものが多くを占めます。学生からのよくある質問例をテーマ別にご紹介します。

仕事に関する質問

仕事に関する質問として、採用サイトや企業情報だけではわからない「リアルな情報」を聞かれる傾向があります。

質問への回答としては、よいことも悪いことも含めて理解したいと考える学生が多いです。

仕事に関する質問例

「今の仕事のやりがいは何ですか?」
「入社前と現在で一番成長を感じる点はどこですか?」
「入社後にわかった御社の強みと弱みを教えてください」

また、選考対策として求める人物像に関する質問も多いです。学生は座談会で得られた回答を、エントリーシートや面接でのアピールポイントに活かしたいと考えています。

求める人物像に関する質問例

「一緒に働くならどのような人材が理想的ですか?」
「今までどのような方が就職されていますか?」
「入社後に必要となる資格やスキルを教えてください」

社風に関する質問

社内の人間関係や雰囲気といった社風に関する質問は、特に多く見受けられます。

質問の意図として、「自分に合っている企業か」「働きやすいか」などを判断したいと考えられます。

社風に関する質問例

「社内の雰囲気をどのように感じていますか?」
「社員間のコミュニケーションは活発ですか?」
「上司や先輩社員にはどのような人がいますか?」

座談会の企画例

A社では、月に1回、社長が参加する社内座談会を開催しています。

その社員向けの座談会に、学生も参加してもらっています。採用活動として開催する座談会よりも、さらに企業の雰囲気を体感できる座談会にすることが狙いです。

オンライン開催の例として、B社では新卒社員と運営メンバーのみが参加する座談会を開催しています。

座談会といってもトークテーマは設定せず、Q&A形式を採用。あらかじめ座談会時間は延長なしの60分と決めることで、有意義な時間を過ごせるよう工夫をしています。

まとめ

座談会は直接的に選考には関わらない一方で、候補者に企業の魅力を知ってもらうための重要な接点となります。

座談会を企画する際に注意したいのは、「テーマを明確にする」「参加する社員を厳選する」「参加社員に学生からの質問例を周知しておく」の3点です。

今回の記事を参考に、採用後のミスマッチを防ぐための一策として座談会の開催を検討してみてはいかがでしょうか。

新卒採用のお役立ち情報

開催中の無料セミナー

辞退0で内定式を迎えるために。
オンライン採用時代の内定者フォローのポイントセミナー
開催日時:2022年8月18日(木)14:00-14:30

イマドキ学生を正しく理解していますか?
Z世代の就活観と「伝えるための」自社の表現方法
開催日時:2022年8月23日(火)11:00-11:45

弊社トップコンサルタントが対応
2024年度新卒採用成功に向けた採用戦略会議
開催日時:ご希望の日時で承ります
※ご予約後、担当より日程調整のご連絡を差し上げます

\PICK UP!/おすすめのお役立ち資料

新卒採用を成功させる課題発見ノウハウブック新卒採用を成功させるためには
自社の採用課題を把握し、必要な施策を整理する必要があります

今回、新卒採用で押さえておきたいポイントをまとめた
新卒採用の課題発見ノウハウブックをご用意しました。

新卒採用の課題発見ノウハウブックには
以下のような内容を掲載しています。

  1. 採用課題発見チャート
  2. 新卒採用における成功とは
  3. 成功のポイント:ターゲット設定とコンセプト編
  4. 成功のポイント:採用ストーリー編
  5. 成功のポイント:広報施策とタイミング編
  6. 成功のポイント:キャスト編
  7. 内定者フォローとオンボーディング

新卒採用の成果を最大化するために、ぜひお役立てください。

ダウンロードはこちら

\こちらもおすすめ!/お役立ち資料

採用支援のプロが教える!採用成功率を高めるペルソナ設計のコツオンライン採用の成功事例3選
新卒採用を成功させるプロのノウハウを一冊にまとめたお役立ち資料
資料ダウンロードはこちら