リテンション

リテンションとは?注目される背景やメリット、効果的な施策を解説

人事領域では、「人材を維持するための施策」といった意味で使われることが多いリテンション。優秀な人材の流出を防ぐために必要な取り組みとして、多くの企業から注目を集めています。

今回は、リテンションの意味や目的、メリット、リテンション強化のために取り入れる具体的な施策例などについてご紹介します。

目次

リテンションとは

リテンションとは、もともと「維持」「保持」などの意味を示す言葉です。英語では「retention」と表記されます。

主に、人事領域とマーケティング領域で使われている言葉ですが、それぞれの領域によって捉え方が異なります。2つの領域におけるリテンションの意味についてご紹介します。

人事領域での意味

人事領域におけるリテンションとは、「優秀な人材を企業内に留め、継続して活躍し続けてもらうための取り組み」のことを指します。

「リテンションマネジメント」「リテンション戦略」などと呼ばれています。

これまでは、業績の高い優秀な社員に対してなど限定的にリテンションをおこなう傾向がありましたが、現在は業績や年齢、経験などに関わらず、全社員を対象におこなうことが一般的となっています。

マーケティング領域での意味

マーケティング領域におけるリテンションとは、「既存顧客と継続的な関係を維持していくためのマーケティング活動」を指します。

「リテンションマーケティング」とも呼ばれており、既存顧客を維持する活動によって、長期的、効率的に安定的な利益を得ることを目的に取り組まれています。

リテンションが注目される背景

近年では、人事領域におけるリテンションが注目を集めています。ここでは、背景となる「人材不足」と「人材の流動化」について詳しく解説していきます。

少子高齢化、団塊世代の大量退職による人材不足

リテンションが注目を集めている背景には、「慢性的な人材不足」があります。

現在の日本は少子高齢化、団塊の世代の大量退職によって、労働力人口そのものが減少し続けています。このような状況下でも生産性を維持し、さらに向上させていくためには、優秀な人材の確保が必要です。

多くの社員が長く働き続けてもらうためにの取り組みは、企業の重要な経営課題と言えるでしょう。

人材の流動化による利益損失

リテンションを向上するための取り組みに注目が集まるもう一つの背景としては、「人材の流動化」があげられます。

定年まで一つの企業で働き続ける終身雇用の概念は弱まりつつあり、転職市場は年々活発化しています。

優秀な人材が社内から流出してしまうと、新たな社員を採用・育成するコストが増加します。また、企業機密などの情報漏洩、既存顧客の流出といった利益の損失につながる可能性もあるでしょう。

リテンションに失敗し退職率があがると、新卒者や転職者に敬遠される傾向が高まり、採用でも成果が上がりにくくなります。

リテンション強化に向けた施策を取り入れる目的

リテンション強化に向けた施策をおこなうことにはどのような目的があるのでしょうか。ここでは、その目的について2つの観点からご紹介します。

優秀な人材を確保し、継続的な活躍を促す

リテンションを強化することで、自社で活躍している優秀な人材を離職や転職などで流出しないようにし、社内に留保できます。

社員が望む条件や環境を提供することができれば、社内で継続的に活躍できるよう促すこともできるでしょう。

そのためにも、自社が求める人材とはどういうスキルやマインドを持った人なのか、「人材像」を明確にする必要があります。

ビジネスサイクルの高速化に適応し、事業を発展させる

ITやテクノロジーの発展にともない、企業には競争力が求められています。

市場で生き残るには、ビジネスサイクルを高速化することが重要になっていますが、そのためには企業成長を支える人材が必要になります。

リテンションを強化することによって、優秀な人材を定着させ、社内に技術とノウハウを蓄積させることができるでしょう。

リテンション強化に向けた施策に取り組む3つのメリット

リテンション強化に向けた施策に取り組むことで、どのようなメリットが期待できるのでしょうか。ここでは、企業にとってのメリットを3つご紹介します。

  1. 離職率低下と採用コストの引き下げにつながる
  2. 社員のスキル、ノウハウを蓄積・維持できる
  3. 安定かつ長期的な経営・事業戦略が遂行できる

(1)離職率低下と採用コストの引き下げにつながる

社員が定着しない会社では、採用を繰り返しおこなわなければならないため、たくさんの時間と多くのコストがかかります。

リテンション強化に取り組むことは、社員が働きやすい会社づくりを目指すことにもつながるため、離職率を下げ、社員の定着につなげられます。これまで投じてきた採用や育成のコストを、大幅に引き下げることも可能となるでしょう。

(2)社員のスキル、ノウハウを蓄積・維持できる

社員の退職が続く場合、それぞれが蓄積してきたスキルやノウハウが流出してしまう可能性があります。

リテンション強化のための取り組みをおこない、社員が定着すれば、スキルやノウハウが社内で適切に蓄積されるようになります。経験豊富な人材に新入社員の育成を担当してもらい、スキルを広く共有してもらうのもよいでしょう。

(3)安定かつ長期的な経営・事業戦略が遂行できる

人材不足は企業の経営状況を悪化させる原因ともなるため、人材確保は企業にとって最重要課題と言えます。

リテンション強化のための施策により、必要な人材が確保できている状態が続けば、安定な企業経営を展開することができるでしょう。

また、社内に優秀な人材がいることで、企業の理念やビジョンに基づいた長期的な事業戦略を立てることも可能になります。

リテンションを強化するために知っておきたい5つの施策

リテンション強化に向けた施策には、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、5つの施策をご紹介します。

リテンションを強化する5つの施策
  1. 適正な人事評価、給与体系を構築する
  2. 働きやすい就業環境を整備し、ワークライフバランスの実現につなげる
  3. スキルアップ支援をおこなう
  4. キャリア形成支援をおこなう
  5. 社内コミュニケーション活性化への対策の実施

施策(1)適正な人事評価、給与体系を構築する

効果的な施策の一つは、適正な人事評価制度、給与体系を構築することです。社員にとって給与や賞与は労働の対価であり、会社への貢献度を示す重要な指標でもあります。

透明性の高い人事評価制度をもとに、仕事の役割と労働対価に応じた適正な報酬を与える仕組みづくりをおこなうことが大切です。

また、社員が「自分の仕事が評価されている実感」を得ることは、仕事への満足度、組織へのコミットメント、帰属意識を強化させることにつながります。

数字や成果だけではなく、努力やプロセスなど、多角的に評価する視点を取り入れると良いでしょう。

施策(2)働きやすい就業環境を整備し、ワークライフバランスの実現につなげる

社員にとって働きやすい就業環境を整備することも、効果的な施策の一つです。

近年では、出産や育児、介護など家庭の事情によって柔軟な働き方を求める社員も増えてきています。

在宅勤務制度やフレックスタイム制度の導入、長時間労働の削減など、社員のワークライフバランスが実現できるよう就業環境の整備に努めましょう。

施策(3)スキルアップ支援をおこなう

社員のスキルアップを支援していくことも効果的な施策と言えるでしょう。

社員に長期的に活躍してもらうためには、新しい知識や能力を開発するための機会、研修、教育を提供することが重要です。

社内・社外を問わず積極的に学ぶことができる体制を構築し、適切な時期に必要な内容のインプットができるようサポートしましょう。

施策(4)キャリア形成支援をおこなう

上昇志向の強い優秀な人材を確保しておくためには、「社内公募制」「社内FA制」「キャリアカウンセリング制度」などを導入し、キャリアアップを全面的に支援する環境を整えるとよいでしょう。

また、入社時には自社の仕事を通じて得ることができるスキルやノウハウ、キャリアパスを社員に明示することも大切です。

これらの支援は、目標達成意識の強化と、長期的なキャリア形成にも5月ながります。

施策(5)社内コミュニケーション活性化への対策の実施

社内コミュニケーションを活性化するための取り組みも重要な施策の1つです。社員の意見を吸い上げられるよう、定期的な面談やアンケートなどを実施するとよいでしょう。

また、社内イベントなどを取り入れることで、社員同士のコミュニケーションの活性化だけでなく、組織の結びつきや社員同士の信頼関係の強化にもつながります。

部署間はもちろん、部署をまたいだコミュニケーションの場を設けることで、風通しの良い組織づくりの実現を目指しましょう。

リテンションを強化していくことの必要性と、効果的な施策とは?

専門家の視点において、リテンションを強化していく取り組みにはどのような意義があるのでしょうか。

離職防止アドバイザーに、リテンションを強化していくことの必要性と、実際に効果のあった施策例について聞いてみました。

N.J
N.J
(株)カケハシ スカイソリューションズ 教育研修事業部マネジャー
離職防止アドバイザー

リテンション強化に向けた取り組みの意義と必要性とは?

リテンション強化に向けた取り組みは、優秀な人材が継続して働き続けることができる企業を目指す上で、とても大きな意義があります。

近年は、どの企業においても人手不足が叫ばれ、優秀な人材を確保することが難しくなっています。

このような状況の中、これまで社内で活躍し、将来に期待をかけられていた社員が離職してしまうと、会社にとって大きな痛手となります。

社員のスキルやノウハウが流出してしまうことは、重要な経営資源の損失になると言えるでしょう。

リテンション強化は、企業が成長していく上で必要不可欠な取り組みです。

リテンション強化に向けた取り組みをおこなうメリットをどう捉えていますか?

リテンションを強化していくことには、企業、社員双方にとって大きなメリットがあります。企業側のメリットとしては、長期的で安定した企業経営につながることがあげられます。

優秀な人材との関係を維持していくことによって、新しい価値観や文化を社内に取り入れられるでしょう。これは、会社が成長し、変わり続けていくチャンスになります。

社員側のメリットは、社内で蓄積したノウハウを吸収し、成長できることです。

最近では新卒入社後1~2年で離職してしまうなど、若手社員が仕事へのやりがいを感じられないうちに離職してしまうケースが多くあります。不満だけを持ったまま離職してしまうと、本人のキャリアにプラスに働きません。

「ここで働くことでこうしたスキルが身についている」「ここで身についたスキルは価値がある」と、社員に向けて伝え続けることが大切です。

実際に施策を強化したことにより、効果があった事例を教えてください

実際に効果があったと聞く施策としてご紹介したいのは、「社員を支える家族に感謝を伝える」というものです。

社員総会などでおこなう表彰式に、社員の家族を呼び、社員が表彰されている様子を見てもらう、そして家族から感謝の気持ちを伝えてもらうのです。

社員の活躍は、家族の支えがあってこそ実現するものですよね。社員の家族に応援してもらえる企業になることは、企業価値を高める上でもとても大切な考え方だと思います。

家族や周囲が「応援しているよ」とメッセージを伝えることは、社員のモチベーション強化にも効果を発揮します。

結果や数字だけで評価するのではなく、過程もしっかり認めることで、すべての社員が活躍し続け企業を目指せるのではないでしょうか。

リテンション強化は企業の発展に必要不可欠

リテンション強化に向けた施策をおこなうことは、優秀な人材を定着させ、企業経営を継続的に発展させていくために必要不可欠な取り組みだと言えます。

社員が安心して挑戦し続けることができる環境を実現できれば、これまでにない新しいビジネスチャンスを生み出すことにもつながるのではないでしょうか。

今回ご紹介したリテンションに関する内容を参考に、自社の離職率を低下させる施策を取り入れてみてはいかがでしょうか。

離職防止につながるオンボーディング活用ガイドブック

素早い戦力化と早期離職防止を実現できる「オンボーディング」という概念。
新入社員の育成にかかせないキーワードとして、近年よく耳にされるのではないでしょうか?

今回、オンボーディングに必要な知識を網羅的にカバーした、
オンボーディング活用ガイドブックを作成いたしました。

オンボーディングガイドブックには
以下のような内容を掲載しています。

  1. オンボーディングとは?
  2. オンボーディングが不十分な組織とは
  3. オンボーディングを成功させるための考え方
  4. オンボーディングを成功させるための具体的施策
  5. オンボーディングを支援する武器たち

新入社員の育成に、ぜひお役立てください。

ダウンロードはこちら

\社員の早期戦力化・離職防止に役立つお役立ち資料/
オンボーディング活用ガイドブック
無料ダウンロードはこちら