離職防止

退職の兆候を3段階のレベルで確認!見逃せない兆候と適した対応とは

部下や同僚から突然「退職したい」と告げられて驚かされた経験はありませんか。退職の決意は徐々に固められるものであるため、退職の兆候を見逃さないことが重要です。

今回の記事では、退職希望者が見せる兆候を3段階のレベルで取り上げ、退職兆候を見せた社員への対応をご紹介します。

退職希望者が見せる3段階の兆候

社員の退職意思を見極めるのは難しく、上司や人事部が状況を把握しきれないのが現状ではないでしょうか。

退職を決意してしまう前に、姿勢や言動に表れる「退職の兆候」にいち早く気付くことが大切です。

退職の兆候と考えられる行動や振る舞いを3段階のレベルに分けて見てみましょう。

退職希望者が見せる3段階の兆候
  1. いつもと違う?日頃の態度や発言の変化
  2. 仕事中に別の用事?普段とは違う行動スタイル
  3. 退職をいつ切り出されてもおかしくない!身辺整理の開始

レベル1.いつもと違う?日頃の態度や発言の変化

退職の兆候を図る初めの段階として、「日頃の態度や発言の変化」を挙げることができます。

「挨拶をしなくなった」「世間話に参加しない」など急に態度が変わった場合は、何か悩みを抱えているのかもしれません。

また、あからさまに愚痴や不平不満を言うことが増えている人は、仕事内容や職場の雰囲気に不満を抱えている可能性があります。

レベル2.仕事中に別の用事?普段とは違う行動スタイル

日頃の態度や発言に変化が表れた後、普段と違う行動を取るようになると、退職への意思を少しずつ固め、次の準備を始めている可能性があります。

「今までより退勤が早くなった」「遅刻や早退が増えた」という場合、他業種で必要な資格の勉強をしているなど、転職に向けた準備を徐々に進めていることが考えられます。

髪の色や服装、ネイルやメイクの変化なども、退職の兆候として捉えることができるでしょう。

仕事中に私用電話をするなど、業務に取り組む姿勢に支障がある場合は、かなり注意深い観察が求められます。

レベル3.退職をいつ切り出されてもおかしくない!身辺整理の開始

引継ぎのためのマニュアルを作成し始めたり、少しずつ私物を持ち帰りデスクがきれいになったりといった変化が見られると、いよいよ退職の準備に取り掛かっていると考えられるでしょう。

ここまでくると退職の意思は固く、仕事にも身が入りません。

「新しい業務に関心がない」「仕事中もボーっとしている」という状態は、次の仕事や転職先のことを考えていると捉えることもできます。

退職の兆候なく辞めてしまうタイプも

中には、退職の兆候を全く見せず、ある日突然退職してしまう人もいます。

普段から淡々と仕事をこなす人やビジネスライクな人は退職の意思を固めても言動に表すことなく、計画的に転職に向けて準備を進めることがあります。

退職の兆候をみせた社員に取るべき対応

社員の退職兆候を察知したとき、どのようなフォローが必要でしょうか。すぐにでも取り入れたい具体的な対応を3つに分けてご紹介します。

退職の兆候をみせた社員に取るべき対応
  1. 退職兆候に気付いたら、まず話を聞く
  2. 業務内容と量を精査し、問題を解消する
  3. キャリアプランを共に考える

対応(1)退職兆候に気付いたら、まず話を聞く

仕事に不満を感じているかもしれない、退職を考えているかもしれないと感じた場合、まずは話を聞くことから始めましょう。

話を聞く際に注意したいポイントは、「仕事が嫌になった?」「転職活動してるの?」など、いきなり核心的な質問をしないことです。

「最近調子が悪いみたいだけど大丈夫?」「いつもと様子が違うけど何かあった?」というように、相手の立場に立って話を聞くことを心がけましょう。

打ち明けられた不満や悩みを聞くだけに終わらせず、解決策を一緒に考え、納得するまで話し合うことが重要です。

退職兆候に気付くためには、大前提として、日頃から部下やチームスタッフに関心を持ち、積極的に接点を持つようにしましょう。

日常のコミュニケーションを大切にすることで、ささいな変化にもすぐに気付くことができます。

対応(2)業務内容と量を精査し、問題を解消する

労働条件や福利厚生などは、すぐに改善することは難しい場合があります。

それに対して、業務内容の見直しは、比較的すぐに対応できます。どれだけ業務内容にやりがいがあったとしても、業務量が多すぎると誰でも疲弊してしまいます。

残業時間や健康状態などをチェックし、なるべく早く業務量の見直しを行い、フォローできる体制を整えましょう。

業務内容が適していないようなら、ジョブローテーションを検討するのもいいでしょう。

人材育成の目的を持って、計画的に業務内容や職務を変更することは、社員のスキルアップや知識の充実、企業の生産性向上にもつながります。

対応(3)キャリアプランを共に考える

退職の兆候を見せている社員は、「この会社ではなりたい自分になれない」と自身のキャリアについて不安を抱えている可能性があります。

「この先どのようなキャリアを築いていきたいのか、そのためにはどのようなチャレンジやスキルアップが必要になるのか」を共に考えてあげましょう。

本人の意思や希望を確認した上で、自社でどのようなキャリアアップが可能なのか、いくつかの選択肢を提示すると、社員も先のキャリアをイメージしやすくなります。

退職兆候にいち早く気付くためにできることとは?

社員の退職兆候を早期発見するために、人事担当者やリーダー層はどのようなことを意識すればよいのでしょうか。離職防止アドバイザーに、退職兆候にいち早く気付くためにできることを聞いてみました。

O.M
O.M
(株)カケハシ スカイソリューションズ
教育研修事業部 事業部長

退職の兆候をいち早くキャッチするための質問とは?

退職の理由は人それぞれなので、これで全てがわかるという魔法の質問はないかもしれません。しかし、様々な角度からの問いかけをすることで、退職の素因を知り早めに摘むことが重要です。

「最近どう?」「うまくいってる?」などの日常的な質問が、離職の意思を固め始めている社員に対して、効果を発揮することがあります。

会社での居心地のよさや人間関係、やりがいや成長実感など、いろいろな視点からの質問を投げかけてみましょう。

社員が本音を話してくれるよう、細かなコミュニケーションで信頼関係を築いておくことが重要ですね。社内のコミュニケーションを活性化し、社員の定着支援するためのツールもあります。

社員の働き方やモチベーションの状態を把握するという意識に加え、ツールを活用することで、退職の兆候にもいち早く気付くことができるでしょう。

離職の兆しを早期発見!離職防止アプリ「HRRing

退職の兆候を見逃さないために、普段からできることとは?

離職を防止するためには、離職因子を早めに取り除くことが重要です。

そのためには部下やチームスタッフが何に困っているのか、業務が滞ってる原因は何かを、寄り添いながら共に考えて改善方法を探ってください。

見逃し続けてしまうと、退職へ気持ちが傾くのは当たり前ですよね。

不満や不安といったマイナスポイントが蓄積され、それが改善されず離職に繋がります。なるべく早い段階で問題点に気付ければ、引き留められる対策を打つことができるはずです。

離職防止のお役立ち情報

開催中の無料セミナー

効果の出る研修は、研修設計の仕方で変わる!
研修開発者が語る、社員研修の設計・構築のポイントセミナー
開催日時:2022年7月22日(金)10:00~11:00

組織づくりのプロが対応
貴社にとって最適な新人教育を導き出す相談会
開催日時:ご希望の日時で承ります
※ご予約後、担当より日程調整のご連絡を差し上げます

研修運営のコンサルタントが対応
オンラインで研修を実施するための相談会
開催日時:ご希望の日時で承ります
※ご予約後、担当より日程調整のご連絡を差し上げます

\PICK UP!/おすすめのお役立ち資料

離職防止につなげるオンボーディング活用ガイドブック素早い戦力化と早期離職防止を実現できる「オンボーディング」という概念。
新入社員の育成にかかせないキーワードとして、近年よく耳にされるのではないでしょうか?

今回、オンボーディングに必要な知識を網羅的にカバーした、
オンボーディング活用ガイドブックを作成いたしました。

オンボーディングガイドブックには
以下のような内容を掲載しています。

  1. オンボーディングとは?
  2. オンボーディングが不十分な組織とは
  3. オンボーディングを成功させるための考え方
  4. オンボーディングを成功させるための具体的施策
  5. オンボーディングを支援する武器たち

新入社員の育成に、ぜひお役立てください。

ダウンロードはこちら

\こちらもおすすめ!/お役立ち資料

企業の離職リスク分析シート|離職リスクのチェックの方法と処方箋をご紹介いまの新入社員は何を考えている?2022年度新入社員意識調査
\社員の早期戦力化・離職防止に役立つお役立ち資料/
オンボーディング活用ガイドブック
無料ダウンロードはこちら