離職防止

離職理由ランキングを徹底分析!調査結果から見える男女差や背景とは

「社員の離職を食い止めたい」と考える企業では、離職防止に効果的な対策をとるために、離職理由を分析する必要があります。

しかし、退職理由は世代や職場環境によって違うため、最善の対策を見つけることが難しいのが実状です。

今回の記事では、離職理由のランキングを紹介するとともに、男女で差がある離職理由やその背景を徹底的に分析します。

離職理由ランキング

離職の理由は、個人が置かれている状況や職場環境によって様々ですが、調査やアンケートなどから離職の傾向を知ることは、離職防止の対策を考える上で重要です。

独立行政法人 労働政策研究・研修機構が行った「若年者の離職状況と離職後のキャリア形成(若年者の能力開発と職場への定着に関する調査)」では、「『初めての正社員勤務先』を離職した理由」を男女別で紹介しています。この調査をもとに、離職理由として最も多かったものからランキング形式でご紹介します。

(引用:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「若年者の離職状況と離職後のキャリア形成(若年者の能力開発と職場への定着に関する調査)」)

1位:肉体的、精神的に健康を損ねたため

女性、男性共に多く挙げられたのは「肉体的、精神的に健康を損ねたため」という理由でした。

「長時間労働を強いられる」「休暇の取りにくい」などの過酷な労働環境により、体調を崩してしまう人が多いことが伺えます。

休養を取り復帰した場合でも、働く環境が変わらなければ症状は再発し、結果退職に繋がってしまうのでしょう。

2位:労働時間・休日・休暇の条件がよくなかったため

労働条件への不満も離職理由として多く挙げられます。

労働条件について入社前に確認済みであっても、実際の業務を行う中でギャップが生じる可能性があります

友人や転職した同僚から、より良い環境や条件で働いているという話を聞いたことがきっかけで、自社の条件に対して不満を抱くこともあるようです。

3位:人間関係がよくなかったため

調査結果から、人間関係の不満を理由に退職する人が多いことも伺えます。

「同僚や部下と相性が合わない」「上司からのプレッシャーを強く感じる」などの人間関係によるストレスが、仕事へのモチベーションを低下させていくのでしょう。

コミュニケーションが少ない職場では、気軽に相談できないため、人間関係の不和が起こりやすいと考えられます。

4位:結婚・出産のため

女性に多い離職理由として「結婚・出産のため」も多く挙げられています。

結婚や出産をしても働きやすい環境や整備は徐々に整いつつありますが、ライフイベントによって退職を余儀なくされ、仕事を続けたくても続けられない状況にいる女性が、依然として多いことが分かります。

5位:自分がやりたい仕事とは異なる内容だったため

一方で男性に多く見られたのは、仕事内容への不満です。

厳しい就職活動を乗り越え入社したにも関わらず「思い描いていたものと違う」「希望していた部署や仕事と違う業務についている」など、やりたいことができない状態にあると、仕事への意欲も保ちにくくなります。

仕事を続けることでどのように成長できるのかというキャリアが見えにくいと、将来に希望が持てず、離職を決意することに繋がるのです。

離職に繋がった職場でのトラブルとは?

職場でのトラブルがきっかけで退職を決意する人もいるでしょう。

若年者の離職状況と離職後のキャリア形成(若年者の能力開発と職場への定着に関する調査)」内の「『初めての正社員勤務先』で経験した職場トラブル」を参考に、離職に繋がった職場のトラブルを男女別で分析してみましょう。

男性の職場トラブルで最も多いのは「残業代の未払い」

男性で一番多いとされる職場トラブルは「残業代が支払われなかったことがあった」で、離職者では38.1%、勤続者でも25.2%の人が経験していることが分かりました。

いわゆる「サービス残業」として残業代が支払われないことが当然のことのように行われていれば、会社への愛着心はおろか、仕事に対してのやりがいも感じられなくなるでしょう。

離職者と勤続者の数値に大きく差が開いていることからも、残業代の未払いが離職のきっかけになていると考えられます。

女性の職場トラブルで最も多いのは「人手不足による業務過多」

一方、女性で一番多く回答された職場トラブルは「人手不足で一人でも仕事を休むと業務が立ちゆかなる状況があった」で、離職者では40.0%、勤続者でも33.1%の人が経験しているようです。

人手不足によるしわ寄せが女性に寄りやすいということが、この結果から読み取れます。

また、男性との差が見られたのは「結婚、出産、育児、介護を理由に、会社側から辞めるようにいわれた」というトラブルで、仕事と育児・介護を両立したいと考えていても、会社の理解を得ることが難しい現状にあることが分かります。

離職理由ランキングを参考に、自社で取り組むべき対策とは?

人事担当者やリーダー層は離職理由ランキングをどのように参考にすればよいのでしょうか。離職防止アドバイザーに、離職理由ランキングを読み解くポイントや、離職に繋がるトラブルを未然に防ぐ対策について聞いてみました。

N.J
N.J
(株)カケハシ スカイソリューションズ
教育研修事業部マネジャー
離職防止アドバイザー

離職理由ランキングはどのように参考にするとよいですか?

ランキングの上位に上がっている離職理由を、自社に置き換えて考え、正確な離職の原因を捉えることが重要です。

例えば「肉体的、精神的健康を損ねる」状況は、自社においてどういう状況で発生しそうなのかを推測します。

身近な社員の立場に置き換えて考えてみるのもよいでしょう。ランキングだけでは見えてこなかった、本当の離職理由や原因が見えてくるはずです。

離職理由ランキング対して、人事担当者やリーダー層はどのように向き合うとよいでしょうか?

ランキングに挙げられるのは最終的な離職理由であり、離職に行きつくまでには他にもたくさんの理由や不満が蓄積されています。

社員が日頃から抱えている本音を聞き出すためには対話によるコミュニケーションが重要となるでしょう。月に一度、週に一度など、定期的に面談などを設定し、ざっくばらんに話を聞く時間を設けることを心がけましょう。

まとめ

離職理由や職場で経験するトラブルは、男女の属性や個人の置かれた状況によって異なるため、実情をしっかり把握することがとても重要です。

離職理由ランキングを参考にする際には、自社の状況に置き換えた場合に、具体的にはどのような理由となり得るのか推測しましょう。

今回ご紹介したランキングを参考に、自社の傾向にあう最善の改善策を見つけてみてください。

大切な社員の離職防止アプリ「HR Ring」

「辞めていく側に原因がある」そう思っている会社は、大抵つぶれます。
「HR Ring」なら、大切な社員の離職の兆しがスマートフォンに届きます。

無料トライアルでは、HR Ringの機能を30日間無料でお試しいただけます。
ぜひこの機会にお試しください。

【無料トライアルの内容】
・期間:30日間
・利用人数:無制限

HR Ringでできること

  • 社員の毎日のコンディションを把握できます。
  • 社員同士の会話の種を生み出せます。
  • 社員が困っていることを人事側でも把握できます。
  • 人事面談の根拠としても活用できます。
  • 褒めたり承認する文化が定着します。

詳しく知りたい方は以下よりお問い合わせください。

無料で試す公式ページ

\社員の心とカラダの状態が毎日スマホに届く、離職防止アプリ「HR Ring」/