リテンション

テレワークで新入社員をフォローするには?効果を高めるポイント6つ

近年、働き方改革などの影響からテレワークが普及し、新入社員教育や新入社員のフォローもテレワーク下でおこなう企業が増えています。

これまでのように対面でコミュニケーションを図っていた状況と異なるため、テレワーク下での新入社員のフォローの仕方に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

今回は、テレワークにおける新入社員フォローの課題や、効果的なフォローのポイントを紹介します。

テレワークにより変化した新入社員フォロー

働き方改革や新型コロナウイルス感染症の影響から、急速にテレワークが普及しました。

それに伴い、新入社員研修もオンラインに置き換えるなど、企業の人材育成体制は大きく変化しています。

研修後の実務もテレワークとなる新入社員が多いため、人材育成のためのフォロー方法も変化し、従来とは異なる工夫が求められています。

テレワークにおける新入社員フォローの課題とは

テレワーク下で新入社員をフォローする際には、どのような課題があるのでしょうか。

1つは、成長のバラツキです。新入社員はそれぞれ、入社時点でのパソコン能力や習熟度、教育を受けるための環境に差があります。みんなが同じスタートラインとは一概にはいえないため、成長にもバラツキが生じているようです。

また、テレワーク下では自己管理能力やモチベーションの度合いにより、個人差が出やすいともいえます。指導側からすると、新入社員の態度や表情から積極性・理解度・個性などを観察できていたのが、テレワーク下では観察しにくくフォローが難しいと感じるようです。

テレワークでの効果的な新入社員フォローのポイント

ここからは、テレワーク環境下で新入社員のフォローを効果的に実施する6つのポイントを紹介します。

  1. テレワーク環境の整備
  2. 新入社員に任せる業務の選別
  3. 入社時からの基本的なルールの徹底と丁寧なフォロー
  4. 目標の設定
  5. 継続的なフォローの実施
  6. 外部機関による新入社員研修の実施

ポイント(1)テレワーク環境の整備

まず、新入社員に対するテレワーク環境構築へのフォローが重要です。

具体的には、研修や業務をおこなうためのIT機器の貸与、通信費の負担に関するルールづくりと説明、静かで集中できる環境の提供などが必要となります。

環境整備とあわせてツールのレクチャー、フォローのための相談窓口、担当者なども決めておきましょう。

ポイント(2)新入社員に任せる業務の選別

新入社員に任せる業務として、テレワークで可能なものとそうでないものがあります。そのため、移行期には業務を選別する必要もでてくるかもしれません。

新入社員の研修や業務を見直し、テレワークでの効果的な指導方法を確立させることで、十分な教育効果を発揮することが期待できます。

ポイント(3)入社時からの基本的なルールの徹底と丁寧なフォロー

新入社員へは、まずはじめにテレワークのルールを伝えましょう。IT関連の知識が乏しく操作に不慣れな新入社員もいるので、丁寧なフォローが大切です。

初期の段階で、勤務開始・終了の報告やファイルを私物のパソコンにコピーしないなど、基本的な業務ルールの周知徹底もおこないましょう。

ポイント(4)目標の設定

テレワーク環境下ではモチベーションが低下しやすいため、目標を明確に設定します。

周囲からの評価や反応がテレワークでは感じにくいため、達成感を得やすい目標を設定し教育することが望ましいです。

ポイント(5)継続的なフォローの実施

テレワークでの新入社員教育は一方的になりやすいため、定期的なフォローをおこないましょう。

メンター制度や1on1ミーティングを導入し、継続的に新入社員をフォローすることも効果的です。

ポイント(6)外部機関による新入社員研修の実施

近年では、一般的なビジネスマナーや基礎的なITリテラシー習得などは外部機関を利用する企業も多いです。

専門の外部機関では、教育スキルの高いオンライン研修が充実しているため、自社に必要であれば検討しましょう。

採用支援のプロに教わる新入社員フォローのコツ

働き方改革により今後もテレワークが推進される中、新入社員のフォローはどのように対応していくのがよいのでしょうか。

のべ3,000社の採用支援をおこなうカケハシ スカイソリューションズのHR部事業部長に、テレワークにおける新入社員フォローのコツを聞いてみました。

S.S
S.S
(株)カケハシ スカイソリューションズ
HR部 事業部長

テレワーク環境下でおこなう新入社員のフォローで大切なことは?

テレワーク下では、新入社員のスケジュール管理をしっかりとおこなうべきだと考えます。

入社したての社員は、まだ成果とよべるものが少なく、数値で実力を測ることが難しいです。育成に携わる人は、その日の業務を事前に新入社員とすり合わせし、進捗の確認をしながら必要なフォローをしていくとよいでしょう。

テレワーク環境を整備し、困ったことがあればすぐ聞ける状況を作ることも大切です。そのためには新入社員が躊躇せず、「あの人に聞いてみよう」と思えるよい関係性を築くことも大切ですね。

上司や先輩社員から積極的にコミュニケーションすることを、テレワークでは特に意識してください。

テレワークでの新入社員フォローで実際に導入してみて効果的だったものは?

テレワークをしていると、オフィスにいるときよりも日常のコミュニケーションや雑談をすることが難しくなります。

新入社員のフォロー手法の1つとして、日々のコミュニケーションを円滑にするためのアプリを活用するのもよいでしょう。

カケハシでは、「らくらく新入社員フォローオンライン」というサービスを展開しています。

アプリ上で新入社員と先輩、上司、人事が気軽にコミュニケーションをとれるため、日頃の体調や心の状態を気づきやすくなっています。

心の状態をキャッチする能力は本来バラツキがあるものですが、アプリを導入することで個人の能力に依存せず、適切なフォローに結びつけられるでしょう。

新入社員にとっても、このようなアプリは、コミュニケーションのきっかけとなり先輩や上司との距離も近くなります。

コミュニケーションで大切なことは、直属の先輩や上司だけでなく「チームや社内みんなでフォローしているよ」という雰囲気を出すことです。

特にテレワークでは直接顔を合わせる機会が少ないからこそ、コミュニケーションツールを使って日常を共有することが大切です。

まとめ

働き方が大きく変化する中、テレワークでの新入社員フォローはオフライン以上に丁寧におこなうことが重要です。

丁寧なフォローを実現するためには、現場の環境整備や指導側のスキル、導入ツールも大きく関係してきます。

今回の記事を参考にテレワーク下でのフォローのポイントをおさえ、新入社員の気持ちに寄り添った成長支援の仕組み、フォロー体制を構築してはいかがでしょうか。

 

離職防止につながるオンボーディング活用ガイドブック

素早い戦力化と早期離職防止を実現できる「オンボーディング」という概念。
新入社員の育成にかかせないキーワードとして、近年よく耳にされるのではないでしょうか?

今回、オンボーディングに必要な知識を網羅的にカバーした、
オンボーディング活用ガイドブックを作成いたしました。

オンボーディングガイドブックには
以下のような内容を掲載しています。

  1. オンボーディングとは?
  2. オンボーディングが不十分な組織とは
  3. オンボーディングを成功させるための考え方
  4. オンボーディングを成功させるための具体的施策
  5. オンボーディングを支援する武器たち

新入社員の育成に、ぜひお役立てください。

ダウンロードはこちら

\社員の早期戦力化・離職防止に役立つお役立ち資料/
オンボーディング活用ガイドブック
無料ダウンロードはこちら