インターンシップ

【事例あり】学生に選ばれるオンラインインターンシップの内容とは?

採用活動において企業と就活生との大切な接点となるインターンシップですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、これまで通りの対面型インターンシップの実施が困難になっています。

そんな中、オンラインインターンシップを導入する企業が増えていますが、オンライン向けのコンテンツ制作に試行錯誤している担当者も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、学生に選ばれるコンテンツとしてカケハシ スカイソリューションズ(以下、カケハシ)が提案しているオンラインインターンシップの企画内容を事例とともにご紹介します。

学生が「面白い」と感じるオンラインインターンシップのコンテンツ内容

学生が「面白い」と感じるオンラインインターンシップのコンテンツをつくるためには、学生のニーズである「業界・業種理解」や「仕事理解」につながる内容を組み込むのが効果的です。

オンラインの特性をうまく使えば、対面ではできなかったプログラムの実現も可能です。ここではWeb会議、研修ツールなどを用いて実現できるコンテンツ例をご紹介します。

業界知識や職種知識が身につくコンテンツ

業界・業種への理解を深める内容として、「自社がどのような分野に分けられるのか」「どのようなキャリアを描けるのか」「どのようなやりがいがあるのか」などをイメージできるコンテンツは、学生の興味や関心を高めることにつながります。

コンテンツ例として、資料データをもとにした会社紹介やレクチャー、動画や画面共有によるオフィス見学、先輩社員との座談会・懇親会などが挙げられます。

これらのコンテンツは学生の満足度につながると同時に、自社の魅力を伝えるのにも効果的です。

仕事内容を体験できるコンテンツ

仕事内容をイメージでき、仕事のやりがいを味わえるような「体験」をコンテンツとして用意することも大切です。

体験型コンテンツには、個人・ペア・グループワークをはじめ、オンラインホワイトボードやオンライン付箋を使った議論やアイデア出し、パワーポイントを使ったプレゼンテーションなどがあります。

学生に「面白い」と思わせるポイントは、ケーススタディやグループワークを実施するだけで終わらないことです。体験を通して就活に役立つような学びが得られるように、学生へのフィードバッグまで設計するとよいでしょう。

オンラインインターンシップの実施事例

カケハシでは、インターンシップをフルオンラインで手軽に行うためのパッケージ企画を用意しています。

「イベント型」「コンテンツ型」「複数日程型」といったタイプ別のインターンシップに対応しており、幅広い業種・職種に応じてセミカスタマイズできるスタイルが特徴です。

カケハシが提案しているオンラインインターンシップのコンテンツの中で好評だった内容をご紹介します。

事例(1)イベント型インターンシップ

カケハシでイベント型インターンシップと呼んでいるのは、企業オリジナルの「脱出ゲーム」や「ビジネスゲーム」を通して、企業理念や企業風土などを伝える内容のものです。

就業体験ではなく、まずは企業のことを知ってもらうことに特化しています。仕事の具体的な内容までは訴求できませんが、「企業の顔つき」を伝えられるのが特徴です。

ゲーム形式をとることで学生の興味や関心を引きやすく、気軽に参加してもらえるというメリットがあります。

事例(2)コンテンツ型インターンシップ

カケハシのコンテンツ型インターンシップは、ワークショップの題材から運営用のスライド・台本まで全て用意しています。

主な内容は、営業体験やエンジニア体験など、各職種ごとの働き方を抽出してロールプレイングに取り組むワークショップです。

学生をチームに分けて、クライアントと営業担当の両方を疑似体験してもらい、業種理解や働くイメージの醸成につなげています。

ワークショップの内容は企業の要望に合わせてカスタマイズも可能です。

例として、「自社の商材に合わせた内容にカスタマイズしたい」「学生を100名集めて一斉にオンラインインターンシップを実施したい」というご要望に応えるワークショップを実施したところ、学生からも高い評価を得ました。

評価につながったポイントは、一般的な営業職を体験してもらった後に、フィードバックとして自社の営業職の場合について違いを伝えたことです。

他社との違いを示すことで、自社理解の促進にもつながりました。

事例(3)複数日程型インターンシップ

オンラインインターンシップでの複数日程型は、まだ実施している例は多くありません。

カケハシで3~4日など複数日程型を提案する場合は、イベント型とワークショップ型を組み合わせる内容を用意しています。

1日目にイベント型インターンシップで企業の顔つきを理解させ、2日目は業界・業種について詳しく知るためのワークを実施します。

3日目は、自社におけるケースワークや社員との座談会の機会を設けるなどして自社理解を促進するといった流れです。

このように段階を踏むことで、学生の関心をそらさず、その後の採用活動につなげられると考えます。

カケハシが手掛けるオンラインインターンシップの3つの特徴

インターンシップによって企業はどのような効果が得られるのか、またその効果を高めるためにはどのような取り組みが必要なのでしょうか。

オンラインインターンシップで多彩なコンテンツ制作に携わる採用アトラクション制作部リーダーに、カケハシが手掛けるオンラインインターンシップの特徴について聞きました。

E.Y
E.Y
(株)カケハシ スカイソリューションズ
採用アトラクション制作部リーダー

「自社ならでは」を訴求できる体験型コンテンツ

インターンシップは学生との接点であり、効果的なインターンシップを実施できれば母集団形成も期待できます。

そのため、インターンシップ自体が採用活動において必須となってきていますね。

オンラインインターンシップの効果を高めるために担当者が取り組みたいことは、「自社ならでは」をいかに効果的に伝えられるかがポイントです。

企業側の伝えたいことを一方的に話すだけでは説明会やセミナーと変わりません。学生もオンラインインターンシップでは全てを体験できるとは思っていないでしょう。

しかし、その中でも何かを体験として持ち帰ることを期待しています。

オンラインの場合は特に、学生の体験につながるコンテンツ内容となっているかを見直すことが大事ですね。

「常識にとらわれない企画」だから面白い

カケハシは、対面での採用活動においても常識にとらわれない企画やイベントを打ち出してきた実績があります。

こうあるべきという常識を疑い、常に仕掛けるようなコンテンツづくりに取り組んできました。オンラインに移行してもその姿勢は変わっていませんね。

常識にとらわれない企画やイベントを打ち出せる理由を挙げるとすると、採用コンサルティング企業としてさまざまな業界・業種での採用支援に携わってきた基盤があり、採用の基礎やノウハウを持っていることが挙げられます。

脱出ゲームなど突拍子もないように思えるコンテンツでも、採用で肝となる部分はしっかり押さえており、採用につなげられる設計となっているので、インターンシップの企画作りでお悩みの企業様はぜひお気軽にご相談ください。

ターゲットに訴求できるコンテンツ

当たり前ですが、人によって「面白い」と感じるコンテンツは違います。

そのため、企業として採用したい学生を明確にした上で、そのターゲットとなる学生が面白いと感じるものは何かを考えてコンテンツを設計することが大切です。

求める人材から逆算してコンテンツを考えると、オンラインインターンシップに参加してくれる学生にも大きなズレは生じにくいでしょう。

まとめ

オンラインインターンシップでは、対面時以上に「体験」をともなうコンテンツであることが重要です。

カケハシでは「イベント型」「コンテンツ型」「複数日程型」のタイプ別のオンラインインターンシップを、カスタマイズ可能なパッケージ企画として提案しています。

今回の記事では、実施事例として常識にとらわれない「脱出ゲーム」や、他社との差別化を図れる就業体験などを紹介しました。自社のコンテンツを検討する際に参考にしてみてください。

ABOUT ME
知恵袋編集部
「人と組織の成長を加速する」というミッションのもと、採用、育成、定着を支援する様々なソリューションをワンストップで提供するカケハシ スカイソリューションズならではの知見をお伝えすることを目的として記事を執筆・編集。新卒採用の知恵袋では、採用担当向けに、新卒採用全般に役立つノウハウを幅広く取り扱っています。
インターンシップのお役立ち情報

人事必見!コスパ・タイパ革命の新サービス

定額制の採用コンテンツシェアサービス「TRAY(トレイ)」

競合ひしめく採用戦線で、新卒採用を成功に導くには、
学生を惹きつけ続けるコンテンツが不可欠です。

とはいえ、すべてをフルオーダーでつくるには、
予算的にも時間的にも多大な負担が掛かります。

・インターンシップの企画を考える時間がない…
・企画を外注しようにも採用予算に限りがある…
・結局例年同じようなコンテンツの繰り返しで、学生を集められない…

そのお悩み、「TRAY(トレイ)」が解決します!

TRAYは80種類以上のコンテンツの中から、
自社にマッチしたコンテンツを時期に合わせて選んで使うことができます。

月額55,000円で時期に合わせて必要なコンテンツを選んで使えるので
高いコストパフォーマンス・タイムパフォーマンスを実現します。

コストパフォーマンス タイムパフォーマンス
月額55,000
時期に合わせて
使用するコンテンツが選べる
制作時間0
検索して選ぶだけ
70種類以上から選べる
業者に発注 150万円~300万円×個数 制作期間3ヶ月~4ヶ月
自社でつくる 人件費だけだが… 50時間以上

TRAYのコンテンツは、すべて採用のプロが設計し、効果が実証されたものだけ。

これまでのべ10,000社以上の採用を支援しているカケハシ スカイソリューションズが
自信を持って提供するものばかりです。

採用コンテンツは、
「つくる」から「つかいこなす」時代へ。

少しでもご興味をお持ちいただけましたら
ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

開催中の無料セミナー

何をするのが正解?
30分で学ぶ、オープンカンパニー完全攻略セミナー
開催日時:2024年6月21日(金)10:00-10:30

新卒採用の集客と歩留まりが劇的向上?!
30分で学ぶ、「メタバース採用」活用のすすめ
開催日時:2024年6月14日(金)11:00-11:30

80種以上のプロが作った採用コンテンツが使える!
TRAYデモ操作会
開催日時:2024年6月11日(火)11:00-11:45

 

おすすめのお役立ち資料

採用につながるインターンシップノウハウブックオンライン採用の成功事例3選

新卒採用の他、各分野のお役立ちコラムを公開中

新卒採用の知恵袋の他、中途採用の知恵袋、社員研修の知恵袋、離職防止の知恵袋を運営しています。ぜひ合わせてご覧ください。