中途

求人広告の直販と代理店の違いと利用する企業のメリット・デメリット

人事担当をされていれば、求人広告の直販と代理店の双方から営業を受けた経験のある方も多いのではないでしょうか。

悩める人事
悩める人事
異なる企業から求人広告の営業電話がかかってきてもうウンザリ…。結局掲載する求人サイトが同じであれば発注先は直販でも代理店でも大きな違いなんてないんでしょ?

そのように思われている方も中にはいるでしょう。しかし同じ求人広告という商材を扱っていても、直販と代理店では明確な違いがあります。

本記事では求人広告の直販と代理店の違いを解説し、それぞれを利用するメリット・デメリットをお伝えします。

求人広告の直販と代理店の違いとは

求人広告の直販と代理店の違いと聞いて、価格の違いをイメージされる方もいるのではないでしょうか。

価格の違いをイメージされた方の多くが代理店は仲介手数料が発生する分、代理店に発注する方が高くなるだろうと考えているかと思います。

実は直販と代理店のどちらに発注しても、定価やキャンペーン価格には違いがない場合がほとんどです。

では求人広告の直販と代理店では何が違うのでしょうか。

一番の違いは価格ではなく取り扱うことのできる求人サイトの数です。求人広告の直販の場合、取り扱うことのできる求人広告は自社の求人サイトに限られます。

一方、代理店は求人広告の直販と代理店契約を結ぶことで複数の求人サイトを取り扱うことができます。

求人広告の直販を利用するメリット・デメリット

まずは直販を利用するメリットについてみていきましょう。

直販のメリット

直販を利用するメリットは2つあります。

  1. 自社サイトの各種機能や活用方法に詳しい
  2. 代理店より対応スピードが早い可能性がある

1.自社サイトの各種機能や活用方法に詳しい

取り扱う商品が自社サイトに限られる分、各種機能やオプション、媒体に合った効果出しの方法など、自社サイトの特性をいかした活用方法に詳しい可能性が高いでしょう。

またサイトのリニューアルや新機能のリリース、プロモーション関連の情報などについては代理店よりも早い段階で社内に共有される場合もあり、自社サイトに関してはより早い段階での情報提供が期待できます。

2.代理店より対応スピードが早い可能性がある

直販の場合、枠数の決まっているオプションの発注作業や原稿の修正対応等、掲載開始から掲載終了後までの各種やりとりの対応のほとんどが社内で完結するため、代理店よりもスピーディに対応できます。

とはいえ、大手求人サイトの場合は各種作業を部署ごとに分担している場合もあるため、必ずしも直販の方が代理店よりも対応スピードが早いとは言い切れない点には注意が必要です。

直販のデメリット

一方で直販を利用するデメリットとしては以下の2つがあげられます。

  1. 複数媒体に掲載した場合に、媒体ごとに窓口が異なる
  2. 自社以外の媒体の情報をあまり持っていない可能性がある

1.複数媒体に掲載した場合に、媒体ごとに窓口が異なる

先にも述べたように直販は自社の求人サイトしか取り扱うことができません。そのため複数の求人サイトに掲載したいと考えている場合は、各サイトの営業担当に相談することになります。

基本的に複数サイトの担当者を同時に呼び寄せて一度に話をするということは考えにくいため、営業担当が異なることで時間的コストが発生する点がデメリットといえます。

2.自社以外の媒体の情報をあまり持っていない可能性がある

直販は自社の求人サイトの情報に関しては詳しい一方で、競合となる他社サイトの情報については情報収集が難しく、そこまで詳しくない場合が多いでしょう。

また自社の求人サイトに掲載されることで利益が得られる仕組み上、自社のサイトを使っていかに採用を成功させるかという内容の提案はあっても、そもそもどのサイトに掲載することが一番よいのか、といった点での客観的意見は得られない可能性が高いといえます。

求人広告の代理店を利用するメリット・デメリット

次に代理店を利用する場合のメリットについてみていきましょう。

代理店のメリット

代理店を利用するメリットは3つあります。

  1. 複数媒体に掲載した場合も窓口が一つ
  2. 複数媒体の情報が一度に得られる
  3. 複数媒体発注することで値引きできる可能性がある

1.複数媒体の情報が一度に得られる

代理店の場合、取り扱っている求人サイトに関する情報は直販から提供されます。

直販としても「代理店に自社の求人サイトを売ってもらいたい」と考えていることから基本的には直販の持つ情報量と代理店の持つ情報量に大きな差はないといえます。

複数の求人サイトを取り扱う代理店であれば、各サイトの営業担当を呼び寄せることなく一度に各サイトの情報収集が可能になります。

忙しい人事の方にとっては情報収集において時間的コストが削減できる点は大きなメリットといえるでしょう。

2.どの媒体に掲載しても窓口が一つ

複数媒体に掲載する際、各サイトの直販にそれぞれ発注した場合には取材や原稿修正、掲載後の効果出しの打合せなどといった作業を各サイトの営業担当ごとにおこなうことになります。

このことは掲載する媒体が増えれば増えるほど、人事の時間的コストがかさむことを意味します。

一方で複数サイトを取り扱う代理店に発注すれば、取材や打合せが一度で済み、人事の時間的コストは大幅に削減されるというメリットがあります。

また、別の求人サイトに乗り換える場合にも一から事情を説明する必要なく切り替えることができるので、各サイトのプロモーションの時期や応募進捗に応じてサイトを使い変えたいと考えている場合には人事の負担を減らすことができるでしょう。

3.複数サイトを一度に発注することで値引きできる可能性がある

代理店は直販の設定している定価はもちろん、その時期限定のお得なキャンペーンについても正確に把握しています。

複数のサイトを一度に発注する場合には、各社のキャンペーンをうまく組み合わせることで直販にそれぞれ発注するよりも低価格で提供できる可能性があります。

代理店のデメリット

一方、代理店を利用するデメリットは2つあげられます。

  1. 直販より対応が遅れる可能性がある
  2. 営業担当によっては商材知識に偏りがある場合がある

1.直販より対応が遅れる可能性がある

代理店の場合、自社でサイトを運営しているわけではない分すべての対応が自社内で完結するわけではありません。

内容によっては直販に対応を依頼することになる場合があります。

そういった場合に直販であれば直接対応部署に依頼できますが、代理店の場合は一旦直販内にある代理店の対応窓口に依頼することになることがあります。

実際に対応するまでに仲介する部署が多くなる分、場合によっては直販より対応が遅れてしまうこともある点は代理店のデメリットといえるでしょう。

2.営業担当によっては商材知識に偏りがある場合がある

代理店の場合提供できる商材が多岐にわたるため、直販以上に商材知識をつける難易度は高まります。

すべての商材を網羅的に把握していることが理想ですが、営業担当ごとに求人サイトの知識に偏りがある可能性は否定できません。

求人広告では直販と代理店のどちらを利用するとよいのか

求人広告では直販と代理店のどちらに発注するとよいのかここまでお伝えしてきたように、求人広告の直販と代理店ではそれぞれ異なるメリット・デメリットがあります。

そこで自社の状況に合わせて直販か代理店のどちらを選択すべきかを考える必要があるといえます。

例えば以下のような状況であれば直販の利用をおすすめします。

直販の利用をおすすめする場合

・掲載する求人サイトはすでに一つに選定済
・サイトに合った活用方法をピンポイントに知りたい
・時間的コストがかかってもいいからサイトごとの詳細な活用方法を知りたい

掲載する求人サイトはすでに一つに決めている場合であれば、詳細情報の提供が可能で対応が早い可能性の高い直販を活用してみてはいかがでしょうか。

逆に、以下のような状況の企業様であれば代理店の利用をおすすめします。

代理店の利用をおすすめする場合

・まずは求人サイトごとの違いを知りたい
・客観的にみてどの求人サイトが自社に適しているのか教えてほしい
・時間的コストをなるべく削減して情報収集や掲載をおこないたい
・担当者は変えずに時期に合わせて媒体を使い分けたい

効率的に複数サイトの情報収集をおこない時期に合わせて媒体を選定したい、あるいは複数サイトを同時に掲載することを検討されている場合は代理店の活用をおすすめします。

当社カケハシ スカイソリューションズは求人広告の総合代理店として、これまでのべ3,000社の採用支援をおこなってきました。

各企業様にあった求人サイト、プランのご提案はもちろん、そもそもどういった採用手法が適しているのかといった採用方法の入り口の部分から情報提供が可能です。

採用方法や媒体選定にお悩みの方は、ぜひお気軽にお問合せください。

中途採用|最適な採用手法の選び方セミナーのご案内

求人広告の掲載、人材紹介の利用、ハローワークの利用、
ダイレクトリクルーティング、リファラル採用…など、
中途採用は採用手法が多岐にわたります。

「いったいどの採用手法を選ぶべきなのか?」

最適な採用手法を選択するためには、
採用手法ごとの特徴と適正を知ることが不可欠です。

そこで今回、
採用手法ごとの得意領域と採用手法を選ぶ上で重要な判断基準
ウェブセミナーでご紹介します。

セミナープログラム
第一部(所要時間:1時間)
・中途採用手法の種類と特徴
・採用手法を選ぶ上での判断基準
・求職者がもっとも利用している採用手法とは

第二部(所要時間:30分間)
・個社対応相談会

採用したい人材の条件によって最適な採用手法は異なります。

これから中途採用をおこなう企業様、
現状の採用手法での成果に満足されていない企業様は
ぜひお気軽にご参加ください。

詳細をみる予約する

その他、中途採用に関するお悩みごとがございましたら
以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。