中途

出戻り社員の再雇用(アルムナイ制度)を行うメリット・デメリット

有効求人倍率が上昇し、採用難に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

そんな中、即戦力の採用を目的として「出戻り社員の再雇用(アルムナイ制度)」を検討する企業が増えてきています。

本記事では、出戻り社員を再雇用する企業側のメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

出戻り社員の再雇用(アルムナイ制度)を行う5つのメリット

出戻り社員とは、一度退職した会社に再雇用された社員のことを意味します。出戻り社員を再雇用する動きは、「アルムナイ制度」ともいわれています。

「アルムナイ」とは「卒業生・同窓生」という意味で、そこから派生して企業の退職者やOB・OGのことを指します。退職者も貴重な人材としてとらえ活用していくこと全般を「アルムナイ制度」といいます。

出戻り社員を再雇用することが企業側にもたらすメリットは5つあります。

  1. 即戦力として活躍が期待できる
  2. 採用後のミスマッチが生じにくい
  3. 採用コストがかからない
  4. 退職リスクが低い
  5. 他社員の退職リスクを下げられる可能性がある

1.即戦力として活躍が期待できる

勤続期間や採用後のポジションにもよりますが、元社員なので基本的には会社の事業内容や商材、仕事内容を理解しています。

そのため通常入社者におこなうような教育・研修をおこなわなくても、即戦力として活躍が期待できることは言うまでもないでしょう。

2.採用後のミスマッチが生じにくい

通常の採用活動では、面接という短い時間で応募者が自社で活躍できる人材か、応募者の人となりや素質を見極めることとなります。

特に中途採用の場合は、選考スピードも採用成功のカギを握るため、面接を1~2回に設定している企業も多いでしょう。

つまり、たった1~2時間でその人物を見極めることとなります。

短時間での見極めは当然難しく、採用後に期待したような成果が得られないことも充分考えられます。

その点、出戻り社員であればどのような人物なのか、どのような働きぶりかを把握しているため安心して採用ができます。

3.採用コストがかからない

出戻り社員を再雇用する場合、既存社員からの紹介がきっかけである場合が多いです。

そのため、転職・求人サイトへの広告掲載料や、人材紹介会社への紹介手数料を支払うことなく採用することができます。

職種にもよりますが、即戦力を採用しようと思うと一人あたり数百万というお金がかかります。

既存社員からの紹介で出戻り社員を採用すれば、採用コストを一切かけずに即戦力となる人材を採用することができます。

4.退職リスクが低い

個々の考え方にもよりますが、出戻り社員の場合、一度退職したことを申し訳なく思っていることが多いです。

一度退職した会社に再入社する決意をした以上、「簡単には辞められない」と考えるのが普通です。

さらに他の会社を経験したことで比較材料が得られ、改めて自社の良さを理解したという場合も多く退職リスクは低いといえます。

5.他社員の退職リスクを下げられる可能性がある

一度退職した人が出戻るということは、他の会社よりも自社が良いということを示すこととなり、会社のイメージアップにつながります。

他の会社を経験した社員が語る自社の良さは説得力が高く、「他の会社にいくよりも、今の会社に残った方がいいのかもしれない」と退職を思いとどまる社員が出てくる可能性もあります。

出戻り社員の再雇用(アルムナイ制度)を行う2つのデメリット

出戻り社員を再雇用することには、もちろんデメリットもあります。企業側のデメリットは2つあげられます。

  1. 既存社員から反発を受ける
  2. 既存社員が安易に退職を考えてしまう

1.既存社員から反発を受ける

過去の働きぶりや退職理由によっては、出戻り社員をよく思わない社員もいるでしょう。

例えば過去退職したことで業務が増え、大きく負担がかかった社員などは退職者に対して「裏切られた」といった印象を持っている可能性もあります。

そういった場合には、再雇用の理由を個別に説明する等、細かくフォローすることで反発は最小限に防ぐことができるでしょう。

また、退職から再入社までの期間に入社した既存社員にとっても、先輩なのか後輩なのか、接し方に戸惑うことも考えられます。

既存社員の反発・混乱を防ぐために、出戻り社員を再雇用する場合はどのような待遇・ポジションで採用するかも含め、細心の注意を払うようにしましょう。

2.既存社員が安易に退職を考えてしまう

出戻り社員を再雇用することで、「転職に失敗してもまた戻ればいい」と安易に退職を検討する社員が出てくる可能性も否定できません。

出戻り社員を再雇用する場合は、なぜ再雇用にいたったのか、その経緯や理由を既存社員に伝えることで簡単に出戻れるわけではないことを認識してもらいましょう。

退職者も貴重な人的資源としてとらえましょう

一概に退職者といっても退職理由は人それぞれです。

上司とうまが合わず退職する人、思うような成果が出せずに退職する人、新しい領域へ挑戦するために退職する人、結婚・出産・介護といった家庭の事情を理由に退職する人…、理由をあげればきりがありません。

それぞれ事情があって一度は退職という道を選んだ退職者ですが、企業側にとって再雇用するメリットは充分にあります。

退職者も貴重な人的資源としてとらえ、退職後も関係性を継続してみてはいかがでしょうか。

「退職後も関係性を維持したいが方法がわからない」
「アルムナイ制度をうまく活用できている会社はどうやっているか知りたい」

そう思った方は下記の記事も合わせてご一読ください。

アルムナイ制度とは?退職者を再雇用するための5つのポイント労働人口が減少し人材獲得が困難を極める昨今、注目を集めているのが「アルムナイ制度」です。 「アルムナイ制度」という言葉は聞きなれな...
中途採用|最適な採用手法の選び方セミナーのご案内

求人広告の掲載、人材紹介の利用、ハローワークの利用、
ダイレクトリクルーティング、リファラル採用…など、
中途採用は採用手法が多岐にわたります。

「いったいどの採用手法を選ぶべきなのか?」

最適な採用手法を選択するためには、
採用手法ごとの特徴と適正を知ることが不可欠です。

そこで今回、
採用手法ごとの得意領域と採用手法を選ぶ上で重要な判断基準
ウェブセミナーでご紹介します。

セミナープログラム
第一部(所要時間:1時間)
・中途採用手法の種類と特徴
・採用手法を選ぶ上での判断基準
・求職者がもっとも利用している採用手法とは

第二部(所要時間:30分間)
・個社対応相談会

採用したい人材の条件によって最適な採用手法は異なります。

これから中途採用をおこなう企業様、
現状の採用手法での成果に満足されていない企業様は
ぜひお気軽にご参加ください。

詳細をみる予約する

その他、中途採用に関するお悩みごとがございましたら
以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。