カケハシ スカイソリューションズ

TOP
TOP > ニュース > [島キャン]第二の故郷となった島のために何ができるのか?「2016年春の島キャン」の集大成となる「島キャンサミット(報告発表会)」を4/24に開催いたしました。

NEWS NEWS

イベント
[島キャン]
第二の故郷となった島のために何ができるのか?「2016年春の島キャン」の集大成となる「島キャンサミット(報告発表会)」を4/24に開催いたしました。
2016/04/26

カケハシ スカイソリューションズが企画・運営する「島キャン|島おこしインターン」では、2016年4月24日(日)「2016年春の島キャン」の集大成となる「島キャンサミット(報告発表会)」を日経カレッジカフェ スペースニオ(千代田区)で実施いたしました。

 

「2016年春の島キャン」では66名の学生が奄美群島の6つの離島(奄美大島、加計呂麻島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島)33事業所で就業体験しました。
2週間以上インターン生として島に滞在し、島の人・自然・文化に触れる中で、島の人口減少による若い働き手の確保難や、地場産業衰退の危機、島の知名度の低さによる観光業の難しさなど各々感じたようです。

島キャンを通して第二の故郷となった島のために何ができるのか?

「島キャンサミット(報告発表会)」当日は40名の学生が参加し、各島での体験を共有する為のワークショップをおこなったり、同じ島の島キャン生(島おこしインターンシップに参加した学生)同士でチームを組み、島キャンで得たもの、島での学び、これからできる島への貢献など、インターンでの成長や進化をPR動画、もしくは島への提案書として選抜された5チームが発表をおこないました。

そのうちの1つである、自然海塩の精製販売 徳之島ましゅ屋でインターンシップを行ったチームは、塩ができるまでの工程を説明し、インターンシップを通して島の人・食・自然に触れたことで、徳之島に移住したいとの思いが強くなったと発表しました。
そこで、島外者がどうすればもっと島へ移住しやすくなるか、島への提案として、「島コン×島キャン」企画を提案しました。

この他、島キャンサミットで報告されたPR動画は近日公開予定です。

また、「2016年夏の島キャン」に向け、インターンシップ参加説明会・島キャンミーティングを5/16(月)より、東京・大阪で開催いたします。
どこでインターンシップをおこなうか参考になるよう、島キャン|島おこしインターンシップ WEBサイトインターン先一覧の事業所紹介」には新たに、過去に参加した先輩の感想「先輩の声」ページを追加いたしました。

—————————–

▼島キャン|島おこしインターンシップ WEBサイト
http://www.shimacam.com/

▼島キャンイベント
http://www.shimacam.com/event.html

「2016年夏の島キャン」参加インターンシップ生募集イベント
「島キャンミーティング」のご予約を承ります。

▼インターン先一覧
http://www.shimacam.com/intern.html

先輩の声機能を追加いたしました。

—————————–

■島キャンに賛同いただける企業・団体の方へ

地域活性化支援事業「島キャン」は、活動主旨に賛同くださる協賛企業様、インターンシップ生を受け入れてくださる離島の協力企業様、離島と関連する自治体の皆様のご協力により、カケハシ スカイソリューションズが運営いたします。

ご協賛による支援、活動告知協力や島キャン生(インターンシップ生)への宿泊施設提供等の協力支援、地域活性に取り組む離島でのインターンシップ生受入れなどのお申し出をお待ちしております。※お申し出いただきました企業・団体様に、ご協賛プランやご協力依頼内容をご説明申し上げます。

○島キャン・お問い合わせはこちら
https://shimacam.com/contactus.php

—————————–

島キャン|島おこしインターンシップ
http://www.shimacam.com/

島キャン協賛・協力企業
http://www.shimacam.com/partner.html

島キャンの最新情報はSNSにてお届けしております。
○facebook:https://www.facebook.com/shimacam.intern
○Twitter:https://twitter.com/shimacam
○Google+:https://plus.google.com/+ShimacamJP

—————————–

■ニュースについてのお問い合わせ

メール:info@kakehashi-skysol.co.jp
お電話:0120-342-834(平日9:00-18:00)

—————————–

ニュースについてのお問い合わせ

お電話:0120-342-834(平日9:00-18:00)