カケハシ スカイソリューションズ

TOP
TOP > ニュース > [島キャン]“第二の故郷となった島のために何ができるのか”「2016年夏の島キャン」の集大成「島キャンサミット(報告発表会)」を10/30に開催いたしました。

NEWS NEWS

サービス
[島キャン]
“第二の故郷となった島のために何ができるのか”「2016年夏の島キャン」の集大成「島キャンサミット(報告発表会)」を10/30に開催いたしました。
2016/11/02

カケハシ スカイソリューションズが企画・運営する「島キャン|島おこしインターン」では、2016年10月30日(日)に「2016年夏の島キャン」の集大成となる「島キャンサミット(報告発表会)」をマイナビルーム(東京都千代田区)にて開催いたしました。
当日は、2016年夏の島キャン生229名のうち約100名が集結。島キャンで得たもの、島での学び、これからできる島への貢献など、インターンシップでの経験や成長、自身の進化を発表いたしました。

2016年夏の島キャンでは鹿児島県の奄美群島、島根県の隠岐諸島に、長崎県の五島列島が加わり、3地域計10の離島、約80事業所で過去最大の229名が参加。労働者人口の減少や、観光業の重要性などを認識し、各々が“島キャンを通して第二の故郷となった島のために何ができるのか”の想いを胸に都会へ戻りました。

「島キャンサミット」には約100名の島キャン生が参加し、各離島での体験や、ミッションである「はたらくを知る」「島・地域について知る」について意見を交わしたり、同じ島で就業した学生がグループとなり、これから取り組める島おこし企画を立案するワークショップを実施いたしました。

島おこし企画ワークでは、①島の写真&動画活用法、②島を東京でPRするには?、③島キャン生新企画の3つのテーマから1つを選び、グループごとに島おこしへの貢献方法を協議。「学園祭で奄美大島の奄美民謡や徳之島のワイド節のフラッシュモブを実施」「奄美フェスを開催し、島の食べ物・音楽・海などの自然を体感する場を作る」などの企画案が発表されました。
このワークで早速、2週間以上インターン生として島に滞在した中で、島の方や自然に触れた経験が活きたようです。

また、今夏初めて開催したInstagramでのフォトコンテストの結果も島キャンサミット中に発表し、各離島の方が選出した受賞写真をコメントと共に紹介しました。

「2016年夏の島キャン」は10/30の島キャンサミットで全プログラムが終了いたしました。就業した島別のチームで作成した「島のPR動画」は、近日中に島キャンWEBサイトに掲載いたします。

次回の島キャンは2017年夏の開催を予定しております。詳細は島キャンWEBサイトおよびFacebook・Twitter・Instagramの島キャンアカウント、ニュースリリースにてお知らせ予定です。

—————————–

■島キャンについて

島キャンは、町おこしに取り組む日本の離島と、都会ではできない就業体験を望む学生との新たな‘カケハシ’となることを目指し、2014年4月に開始した地域活性支援サービスであり、インターンシップ企画です。
3年目となる2016年夏の島キャンには、過去最高の229人が参加。今夏までに鹿児島県の奄美群島、長崎県の五島列島、島根県の隠岐諸島、北海道の礼文島の11の離島、約80事業所に協力いただき、累計739名の学生が就業体験いたしました。

▼島キャン|島おこしインターンシップ WEBサイト
http://www.shimacam.com/

島キャンの最新情報はSNSにてお届けしております。
○facebook:https://www.facebook.com/shimacam.intern
○Twitter:https://twitter.com/shimacam
○Instagram:https://www.instagram.com/shimacam/

—————————–

■ニュースについてのお問い合わせ

メール:info@kakehashi-skysol.co.jp
お電話:0120-342-834(平日9:00-18:00)

—————————–

ニュースについてのお問い合わせ

お電話:0120-342-834(平日9:00-18:00)