カケハシ スカイソリューションズ

TOP
TOP > 社員ブログ > 渡航3年。奄美大島での生活

社員ブログ 社員ブログ

渡航3年。奄美大島での生活

Y.I

初めまして奄美営業所のY.Iです。

 改めまして今年もよろしくお願い致します。
2018年が始まってから早4週間が経とうとしています。は、早いですね。

ちなみに私の新年は、元旦一発目に地元の元旦マラソンに出場したり、箱根駅伝を見たり、旧友と会ったり、ゆっくり冬休みを過ごしていました。 

さて、今回「お客様との関係性の作り方」について私なりに大切にしていることを書きたいと思います。そもそも営業スタイルって人それぞれ違うと思いますが、私が大切にしていることは、まず「自分自身を誰だか知ってもらう」ことです。

私は新潟出身ですが、よく奄美の人と間違えられます。恐らくそれは肌の色が黒いのと、顔が濃いからだと思うのです…笑。

そこでまず一つギャップがあるので覚えてもらっているのかなと、最近はこのような見解に至りました。それはさて置き。「自分自身を知ってもらう」ことに関して、すごく当たり前のことかもしれませんが、お客様からお誘いいただいたことなど、基本的にはお断りしないスタンスです。 

例えば「飲み会」、 

奄美には終電という文化が存在しません。よって場合によっては平日でも朝まで飲む時もあります。それこそ奄美に来た当初は、右も左も分からない、知り合いもいなかったこともあり、「交友関係を広げなくては」という思いから地元の方が集まりそうな飲食店やBarに良く足を運んでいました(週の多い時では、5日ほど通い詰めたり)。 

▼よく飲みに行くBar

 bar

弊社社員寮があるビルの2Fに入っているBarです。こちらでよく地元の方たちと情報交換をしています。

bar%e4%b8%ad

 「自分は何者で、このような思いで奄美に来ています」という思いを会う人会う人に伝えておりました。お金も時間も使うことになりましたが、今となってはビジネスもプライベートもここから一気に広がったと思っています。

 ▼奄美中心街にある商店街(ティダモール)

 %e5%95%86%e5%ba%97%e8%a1%97

地元の方々が行き交う場所です。

 また奄美大島は内地(本州)に比べて個々人の繋がりが根強い地域です。

なので一人の方と仲良くなれば、その方が他の方を紹介してくれたり、また他の方が他の方を紹介してくれたりと、まさに人が人を呼んでくると、このような感じです。

実際に東京にいた頃を振り返ると今、奄美で行っているような付き合いは行っていなかったので、今後も大切にしていければと思います。

早いもので私が奄美に赴任してから昨年の11月で丸2年が経ちました。

そんな2018年は世界遺産登録を控えていたり、NHK大河ドラマでロケ地になったりと、奄美ブームが引き起っているので、このブームに乗りこれまで以上に奄美を盛り上げていければと思います。

%e6%b5%b7

最後になりましたが、まだ奄美に訪れたことがない方は、是非ともお越しください。

奄美の人、モノ、場所、など等、生の情報を可能な限りお教えいたします。

 合わせて奄美の情報サイト「島キャン宣伝部」をご活用ください。

 

▼詳しくはこちらから

http://www.shimacam-sendenbu.com/

 それでは奄美でお待ちしています。