カケハシ スカイソリューションズ

TOP
TOP > ニュース > [LGBT/ダイバーシティ対応・有料勉強会]<LGBT当事者にも登壇いただきます!>2019年卒採用が始まる前に理解しておきませんか?人事担当者だからこそ知っておきたい「LGBT基礎知識」勉強会開催

NEWS NEWS

ニュース
[LGBT/ダイバーシティ対応・有料勉強会]
<LGBT当事者にも登壇いただきます!>2019年卒採用が始まる前に理解しておきませんか?人事担当者だからこそ知っておきたい「LGBT基礎知識」勉強会開催
2017/09/27

中堅中小企業の経営・人材戦略をサポートするカケハシ スカイソリューションズ(本社:東京都新宿区、代表:中川智尚)は、経営者・人事ご担当者様を対象とした、「人事担当者だからこそ知っておきたい『LGBT基礎知識』」勉強会を11月7日(火)に、東京にて同時開催いたします。

2014年、IOCはオリンピック憲章第6章差別禁止規定に「性的指向」を明記し、開催国でimg_2385の差別禁止を規定しました。2020年の東京五輪に向けて日本はどうLGBT対応を進めるのか、世界中から注目されています。

世界が注目する中、日本では2017年1月1日に改正法として施行された、男女雇用機会均等法のセクハラ指針2(1)に「性的指向・性自認にかかわらず」と明記されました。また一部の先進企業では、性的マイノリティ向けの採用説明会を開催するなど、LGBT人材が働きやすい職場環境作りが徐々に広がっています。

しかし多くの企業では、“LGBT当事者と接したことがない社員が多い”“社内にLGBT当事者がいると思っていない”“問題が何もおきていないので対応しなくていい”などLGBTに対して理解や対応が進まない現状があります。

実際には日本におけるLGBTの割合は7.6%と言われており(これは左利き人口と同等程度です)特に若い世代の間ではSNSやリアルなコミュニティを通じてLGBT当事者がカミングアウトしたり、身近に存在することが特別なことではなくなりつつあります。

ここ数年を見ても若者を取り巻く環境は大きく変化し、2017年4月に大学では初めて筑波大学でLGBT等に関するガイドラインが設定されたり、主要都市大学ではLGBT当事者学生をつなぐサークルが年々拡大しています。

企業はこのような世代が入社してきたり、実は自社で活躍している社員にも含まれていることがあることを理解し、適切に対応することが今求められています。

本勉強会では、LGBTを理解し、企業として・人事担当者として今後どのように対応していくのか、そしてLGBT対応がもたらす全社への影響を理解しLGBTだけではなく1人ひとりの「違い」をどのように「価値」に転換していくのかを考えていきます。

                              
【勉強会概要】
2019年卒採用が始まる前に理解しておきませんか?人事担当者だからこそ知っておきたい「LGBT基礎知識」勉強会

〇Section1:LGBTの基礎理解
LGBTを取り巻く環境を理解し、企業としてどのような対応ができるか考える。
・多様化する働き方(女性/外国人活躍推進、介護/LGBT対応)
・LGBTとは
・LGBTの社会・職場での困難
・LGBTに関する国内外の状況
・企業としての対応 など

〇Section2:トークセッション
LGBT当事者より採用面接や職場でのカミングアウトについて本音を聞く。
・企業選びの際に気にすること
・採用面接で気を付けて欲しいこと
・職場でのカミングアウトについて
・質疑応答

〇Section3:職場でのLGBT対応
「違い」を「価値」に転換するためのポイントを理解する。
・LGBT対応がもたらす全社への影響
・「ダイバーシティ」が特別なマイノリティを対象とするものではなく、1人ひとりが関係していることを理解する
・「違い」から「価値」に転換するためのポイントを理解する
・職場で意識すること                   
           
■参加費用
お一人様 8,000円(税別)

■開催日時
2017年11月7日(火)10:00~13:00

■開催場所
[東京]カケハシ スカイソリューションズ 本社
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ7F

■詳細・ご予約
https://www.kakehashi-skysol.co.jp/ks-seminar/8366.html

ニュースについてのお問い合わせ

お電話:0120-342-834(平日9:00-18:00)