新入社員育成

新入社員研修のポイントとは?設計から具体的な事例まで徹底解説!

コロナ禍において採用活動のオンライン化が進んだことを受け、入社後の新入社員研修もオンラインでおこなう企業が増加しました。

オンラインでのコミュニケーションが増える中で、新入社員研修の内容として求められるものも変わってきています。

世代の特性や特徴を踏まえて研修を設計する必要がありますが、具体的にどのように設計すればよいか課題を感じている担当者もいるのではないでしょうか。

今回の記事では、新入社員研修の設計方法や主な内容、押さえておきたいポイントをご紹介します。

新入社員研修の目的

新入社員研修は、新入社員が企業で活躍していくための土台づくりが目的です。そのため、研修では基本的なビジネスマナーや業務に必要な基礎知識の習得などを目指します。

コロナ禍以降、対面での所作ができていない新入社員の増加に頭を悩ませる採用担当者が多いです。オンラインコミュニケーションへの慣れにより、基本的なビジネスマナーが身に付けられていないためです。

職場に配属された時に何から教えればよいか、以前とは全く違う状況に受け入れる側の戸惑う声も聞かれます。

これらの状況を踏まえると、昨今の新入社員研修では、オンライン上で知識だけを付与するのではなく、対面でのトレーニングを重視する必要があります。

受け入れる側は、対面機会が減っている状況を踏まえて、研修内容を検討しましょう。

新入社員研修の設計方法・手順

新入社員研修を設計する際にポイントとなる設計方法や手順を見ていきましょう。

入社者の能力水準を踏まえて設計する

研修内容は、入社者の能力水準を踏まえて設計することが重要です。

学生時代の経験によって身に付けているスキルやマインドセットは大きく異なることが予想されます。どのレベルの新入社員が多いかという基準で研修内容を変える必要があるのです。

また、現在はオンラインで会話をする機会が増えているため、「情報を整理する力」「まとめて簡潔に伝える力」が求められます。新入社員として論理的思考力を身に付けられる研修も有効です。

企業との関係性構築と同期間の連携を図る

新入社員の人数が多いほど、同期でも知らない人が多いという状況になりがちです。

近年のリモート環境下では、先輩社員のフォローが不十分なまま、仕事をしている新入社員もいます。彼らの多くは企業との関係性が築けておらず、早期離職につながってしまうため注意が必要です。

加えて、オンラインで仕事をしていると他社の状況が見やすくなり、リモートで働きながら同時進行で転職活動ができてしまいます。

企業との関係性構築や同期間の連携を図れるよう、初回は対面研修を実施し、その後は緩急をつけてオンラインにて新人研修を実施する企業も増えています。

新入社員研修に続けて、2年目社員を対象に定期研修を実施する

コロナ禍では雑談などの気軽なコミュニケーション機会が減少し、新入社員の企業に対するロイヤリティが醸成できないことも課題になっています。

効果的な新入社員研修が実施できれば、「所属企業の一員である実感がわいてきた」というようにロイヤリティの向上が期待できます。

研修期間としては、2年目社員を対象に1カ月に1度、4時間のワークショップを実施する企業もあります。スキルを付与し、実際にやってみて振り返るといった定期研修により、新入社員の定着も図れます。

新入社員研修の主な内容

新入社員研修として効果的な内容を3つ取り上げて解説します。

内容(1)学生から社会人への意識変革

イマドキの新入社員は真面目なタイプが多いです。

オンライン上で学生生活を過ごしてきたこともあり、「新しい環境で新しい人たちに会えるのが嬉しい」という感覚を持っている傾向があります。

受け入れる側としては、前向きな気持ちを伸ばしていけるような体制を整えることが大切です。体験を伴う研修により、学生から社会人への意識変革につなげましょう。

内容(2)企業や職場について理解を深める

新入社員研修では、最終的なイメージを持って設計することが重要です。新入社員をどのような状態にして職場に配属するのか、人事と現場の連携が欠かせません。

仕事のやりがいや楽しさについて伝える際は、企業理念に結びつけるのがポイントです。

これまで社長の講話だけで企業理念への理解を促す企業もありましたが、イマドキの新入社員には現場の社員がどのように体現しているのか、社員の言葉で仕事の楽しさなどを伝えると効果的です。

内容(3)基本的なビジネスマナー・ビジネススキルの習得

新入社員研修を対面でおこなう場合はトレーニングを重視します。

オンラインに慣れていると、スクリーンに映っている範囲以外は、見られている意識がない人も多いです。オフィスに出社した時に、座っている姿勢の悪さが判明するケースもあります。

また、出社がメインの企業とそうでない企業とでは必要な研修内容も異なります。新入社員研修としてどの内容を重視するのか、見直しするのもよいでしょう。

新入社員研修で押さえておきたい3つのポイント

新入社員研修で押さえておきたいポイントを3つご紹介します。

ポイント(1)現在地に気づきを与え、PDCAで学びを深める

新入社員研修では、実際の目的を捉えてPDCAをまわし、学びを深めることが有効です。

「わかる」と「できる」は異なるため、まずは現在地について理解した上でビジネスロールプレイングを実践します。

事前にe-ラーニングで知識を入れ、研修では実践的なトレーニングを重視することが、研修の効果を高めるポイントです。

ポイント(2)将来的な人事配置を想定して育成する

将来的な人事配置を想定することも、研修を成功させるために押さえておきたいポイントです。

あえて他部署に新入社員を配置して研修をおこなう場合は、目の前の業務だけでなく、最終的に配置される部署との関係性も学ばせます。

また、OJTの体制強化を図る企業も増えています。

OJT研修などで新入社員がミスをした際には、指摘するだけではなく改善点を伝えましょう。改善点を一緒に考えると、物事の因果関係を踏まえて課題を解決する訓練にもなります。

ポイント(3)研修の目的とゴールを設定する

企業によって人材育成方針や新人に求めるスキルなどは異なりますが、どのような企業も、研修の目的とゴールは早い段階で設定しておくことが大切です。

それぞれの部署の責任者と経営陣にヒアリングをおこない、新人に求めることを洗い出します。個人によって経験やスキルが違うことも考慮し、可能な限り個人ベースで考えられるとよいでしょう。

まとめ

新入社員が企業で活躍していくための土台づくりとしておこなう新入社員研修は、「入社者の能力水準を踏まえて設計する」「早い段階で目的とゴールを設定する」などがポイントです。

コロナ禍では、対面でのトレーニングを重視することで研修の効果を高められます。

今回の記事で紹介した研修内容などを参考に、自社の新入社員研修を設計してみてはいかがでしょうか。

社員研修のお役立ち情報

開催中の無料セミナー

中途採用者の定着・戦力化支援のやり方は?
中途社員のオンボーディングのために必要なポイント解説セミナー
開催日時:2022年8月3日(水)11:00-12:00

若手社員を定着・戦力化するためには
若手社員のオンボーディング・育成セミナー
開催日時:2022年8月4日(木)10:00-11:00

貴社にとって最適な新人教育を導き出す相談会
開催日時:ご希望の日時で承ります
※ご予約後、担当より日程調整のご連絡を差し上げます

\PICK UP!/おすすめのお役立ち資料

組織の力を最大化する育成のポイントガイドブック

企業の発展には組織の成長が欠かせません。
いかにして社員を育成すると成果が望めるのでしょうか?

今回、育成のコツを階層別にまとめた
育成のポイントガイドブックを作成いたしました。

育成のポイントガイドブックには
以下のような内容を掲載しています。

  1. 強い組織を作る上で欠かせない4つの要素
  2. 階層別にみる、よくある課題と育成のポイント
  3. 育成強化には効果の高い研修設計が必要

組織をより成長させる施策を知るヒントが得られるはず。
人材育成にぜひお役立てください。

ダウンロードはこちら

\こちらもおすすめ!/お役立ち資料

いまの新入社員は何を考えている?2022年度新入社員意識調査 いまの若手社員は何を考えている?入社2~5年目若手社員意識調査
\社員の早期戦力化・定着率向上に役立つお役立ち資料/
オンボーディング活用ガイドブック
無料ダウンロードはこちら