SERVICE研修・サービス

課題
OJTトレーナー研修

OJTトレーナー研修

オンラインOJTの質を上げたい

こんなお悩みをもつ企業におすすめ!

  1. OJT制度を導入しているが、新入社員が思うように育たない
  2. そもそもOJTトレーナーとはどのような役割を担う存在なのかを理解できていない
  3. OJTトレーナーが人材育成について学んだ経験が無く、育成レベルがまだまだ低い

この研修のステップ

  • 1

    OJTトレーナーの役割とは

    OJTトレーナーとは、現場の中心となって新入社員の成長を促す『育成の推進者』であり、日常的な支援を担っていることを、体感ワークを通してお伝えします。

  • 2

    新入社員の傾向を知る

    イマドキの新入社員の特徴や傾向を知ることで、昔のように”背中で見せる”教育からのシフトが必要であることを知っていただきます。

  • 3

    育成スキルを磨く

    新入社員の成長を促す日常的な支援スキルを習得いただきます。

    ・仕事を渡す(仕事を渡す際明確にするべき5つのポイント)
    ・業務遂行中のサポートをする(ティーチング/コーチング)
    ・業務完了時に振り返りをする(振り返り面談/内省を促す質問/フィードバック)

  • 4

    1対Nの育成

    新入社員教育はOJTトレーナー1人が担うものではありません。職場の上司、同僚先輩社員に、新入社員育成にどのように関わってもらうか、職場ぐるみの育成計画を立案していただきます。

この研修で得られる効果

  1. OJTトレーナーの役割とは何かを具体的にお伝えします。
  2. イマドキの新入社員を成長へ導く育成スキルを習得します。
  3. 育成の推進者として、職場全体を巻き込んだ育成体制づくりを学びます。
本研修のポイント

OJTは実務に沿った仕事を学べる有効な育成制度ですが、実態は現場任せで、場当たり的な関わりになってしまい新入社員が思ったように育たない、というお悩みはよく聞かれます。
本研修では、『OJTトレーナーの役割理解』『OJTトレーナーに求められる育成スキルの習得』をテーマに掲げ、OJTによる育成効果最大化を目的とした研修です。

受講者の声
  • 自分が新入社員だった時代とイマドキの新入社員の価値観や特徴は大きく異なることを知った。入ってくる新入社員にあわせて育成の仕方も変えていかなければいけないことがよく分かった。
  • 正直忙しい中トレーナーをやるのは負担に感じていたが、育成は1人でするものではなく職場全体で取り組むものと知れて少し心が軽くなり、みんなで育てていきたいという気持ちが高まった。
人事担当者・経営者の声
  • OJT制度を導入しているものの、実態は現場へ任せきりの状態だったので、トレーナー育成の基礎を学ばせることができ、育成の質がかなり高まった。
  • 研修と通じて、各職場の育成風土の度合いを明らかにするこができたことも収穫だった。
カケハシ研修 6つの特徴はこちら
6つの特徴を見る >

あんしんのサポート

  • カルテ付き

    研修の様子をスタッフが確認、後日報告書にしてお渡しいたします。

  • 外国人社員への対応

    外国人社員様が受講される場合は、スタッフが当日のサポートいたします。

  • 事前のヒアリング

    事前に社員様のタイプをお伺いした上で、研修効果の高いグループ分けを行います。

  • ワークが多めの構成

    ワークが多めの構成により、高い研修効果を発揮します。

  • コンテンツカスタマイズ

    個社単独での研修の場合、伝えたいメッセージや仕事内容に合わせてコンテンツのカスタマイズも可能です。

カケハシ研修おススメプログラム!

受け入れ体制構築パック

新入社員時に普遍的につけておきたいスタンスやスキルと、自社独自のスタンスやスキルや教育方針を言語化し、より自社の文化に合わせた受け入れ体制を構築するプログラムです。

育成方針策定プロジェクト
受け入れ体制構築プログラム
受け入れ体制構築パックとは? >