人生の岐路に立っている人に贈りたい女性偉人の名言集

働く女性にとって、転職や結婚、出産・育休からの復帰など、人生の転機になるタイミングはたくさんあるでしょう。

仕事のことで悩んでいる時、恋愛で落ち込んでしまった時。この記事ではそんな時に贈りたい日本や世界の女性偉人の名言を集めてみました。日本語訳もつけているので、意味を感じ取りながら読んでみてください。

さらに、ライフイベントと「働く」を並走できるように企業と個人のサポートをしているNPO法人ArrowArrowの代表・海野千尋さんに、心に残っている女性偉人の名言を教えてもらいました。

※当コンテンツは株式会社カケハシ スカイソリューションズによって管理しています。ご利用にあたっては、利用規約をご一読くださいますようお願いいたします。
※当サイトは口コミの一部を掲載しています。

働く女性を支援するNPO法人ArrowArrowの海野千尋さんを突き動かす言葉とは

子育てしながら仕事する女性を支援しているNPO法人ArrowArrow(アローアロー)の代表理事・海野千尋さんに、心に残っている名言について話をうかがいました。

NPO法人ArrowArrow 代表理事
海野 千尋(うんのちひろ)
1981年生まれ。2011年の東日本大震災をきっかけに自分の生き方を見つめ直し、現在はArrowArrowの代表理事を務めるかたわら、他に3つの団体・組織・チームなどに従事。N女/任意団体ALTメンバー、キャリアのこれから研究所メンバー、自由大学 ネオ・ファミリースタイル学キュレーター、働くことに関する編集・ライターとして活動中。
http://arrowarrow.org/

海野さんは一児の母であり妻であると同時に、4つの仕事を兼務する働く女性でもあります。そんな海野さんの心に残っているのは、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさんの言葉。

グレタさんは地球温暖化を食い止めるために、15歳のときに「気候のための学校ストライキ」の看板を掲げてスウェーデン議会の前で呼びかけを始めました。長い髪を三つ編みにしてストライキをするグレタさんの姿が世界に衝撃を与えたのは記憶に新しいでしょう。

16歳だったグレタさんが、2019年ニューヨークで開幕した国連気候行動サミットで各国の首脳らに対して地球温暖化対策の具体的な行動を訴えたスピーチです。

This is all wrong.
I shouldn’t be up here.
I should be back in school on the other side of the ocean.
Yet you all come to us, young people, for hope?
How dare you !

-環境活動家グレタ・トゥーンベリ

日本語訳)
全部まちがっています。
私がここに立っていることはおかしいです。
私は海の向こう側にある学校にいるはずなのです。
それでもあなたたちは、私たち若者のもとへくるのですか?希望をもとめて?
よくもそんなことができますね。

出典:新英研「国連気候変動におけるグレタ・トゥーンベリさんのスピーチ全文」

30年以上前から科学的に地球温暖化について警鐘が鳴らされてきました。しかし、各国はその問題から目を背け続け、グレタさんら若い世代に希望を求めています。その事実についてグレタさんは「どうしてそんなことができるのか」と疑問を呈しているのです。

グレタさんは各国の首脳に対して、「科学が明確にしている気候変動問題に目を向けて、アクションを起こすべき」というメッセージを送りました。

「特に“How dare you!”に込められた怒りがとてもまっすぐで、このスピーチの全文を見ると奮い立たされる思いがします。今社会に生きる大人と呼ばれている人間は次の世代に何を渡せるのか、つなげるのかを省みる必要があると痛感させられました。

私自身は2013年からNPOというソーシャルセクターに参画していますが、“自分自身が接続する社会のために何をするのか”という目線を何度でも問いかけてくれる言葉です」

私たち日本人の多くは、地球温暖化に対しての関心が薄いところがあるかもしれません。

海野インタビュー風景 16歳の少女の言葉に衝撃を受けたと語る海野さん。

海野さんは、このグレタさんのスピーチを受けて「大人として次世代に何を残せるのかを考えなければならない」ということを再認識させられたそうです。

社会人として、母として、社会とつながるうえにおいて大事にしている言葉と語ってくれました。

次からは世界と日本の女性偉人たちの名言を紹介していきます。

仕事がうまくいかなくて落ち込んでいる人に

シャネルの名言とイラスト

出典:『Woman’s Style100 世界の女性偉人たち』(昭文社)

シャネルの創始者 ココ・シャネル
1883〜1971年。フランス・ソミュールで生まれたココは12歳のときに母を亡くし、姉妹と一緒に孤児院に預けられ、18歳までを孤児院で過ごす。20歳になると服飾店に就職して仕立てなどを始め、その後パリにブティックを開業。第一次世界大戦の最中、女性が自分で着られる服装を考案し、女性を心身ともに縛っていたコルセットから解放した。イギリス軍大尉のアーサー・カペルや詩人ピエール・ルヴェルディ、芸術家のポール・イリブなど、出会った男性たちから多くのインスピレーションを受け、香水やファッションなどを生み出していった。

仕事がうまくいかない、思うように進められない…と、壁にぶつかってしまうことは誰にでもあることですね。

ひどく落ち込んでしまうときもあるでしょう。何も考えられなくなってしまうときもあるかもしれません。そんなときにココ・シャネルの言葉を思い出してほしいのです。

「最も勇敢な行為は、自分で考え続けること。そして声に出すこと」

出典:『Woman's Style100 世界の女性偉人たち』(昭文社)

どうしたらいいのか考え続けて、「こうしたいと思う」と発言するのはとても大変なことです。しかし考えることをやめてしまったら、そこですべてが止まってしまいます。

一番大切なのは「考えることをやめない」ことでしょう。

仕事を続けるか、転職するか…進む道に迷っている人に

黒柳徹子の名言とイラスト

出典:『Woman’s Style100 日本の女性偉人たち』(昭文社)

日本史上最初のテレビ出演者のひとり 黒柳徹子
1933年東京生まれ。日本史上最初のテレビ女優であり、司会者やエッセイストとして活躍するかたわら、ユニセフ親善大使として世界を訪問し、募金活動などにも従事。
自身の幼少時の体験をつづった『窓ぎわのトットちゃん』は世界で翻訳され、累計発行部数2300万部を超えるベストセラーとなった。90歳を目前にした現在も司会者、舞台女優として第一線に立ち続ける。

今の仕事を続けるか、転職して新しい道にチャレンジするかーー。

そんな人生の岐路に立ったとき、どちらを選べば正解なのかは、そのときはわかりませんよね。ただひとつ言えるのは、「私は〇〇だからこうあるべき」と決めつけてはいけないということです。

女性だから、母親だから、主婦だから…、立場によってさまざまな肩書きがあります。しかし、「〇〇だからこうあるべき」というルールはありません。

「自分の人生はこうあるべき、なんて決め込まないほうがいい」

出典:『Woman's Style100 日本の女性偉人たち』(昭文社)

上記は、“好き”にこだわって生きてきたという黒柳徹子さんならではの言葉でしょう。

仕事においても「私の人生はこうあるべきだから、この仕事を続けなければならない」と決めつけずに、いろいろなことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

仕事とプライベート、どちらを取るか迷っている人へ

ダイアナの名言とイラスト

出典:『Woman’s Style100 日本の女性偉人たち』(昭文社)

イギリスの国王・チャールズ3世の元妃 ダイアナ妃
1961〜97年。イギリスの名門貴族スペンサー伯爵家の三女として生まれ、1975年にLadyの称号を得る。貴族でありながら幼稚園教諭をしていたが、20歳のときにチャールズ皇太子(現イギリス国王)と結婚し、ウィリアム王子とヘンリー王子の母となる。35歳で離婚し皇室を離脱するが、生涯にわたりハンセン病やエイズ患者への支援、地雷撲滅などの活動をライフワークとした。36歳で事故により死去。イギリス国民だけでなく、愛と奉仕に生きたダイアナ妃は、世界中の人々から今もなお愛される永遠のプリンセスだ。

働く女性のなかには、仕事とプライベートのバランスがうまく取れずに苦しんでいる人もいるかもしれません。

仕事のためにプライベートを犠牲にしなければいけないとき、逆にプライベートのために仕事のキャリアを諦めなければいけないとき、苦しい選択を迫られている人にはダイアナ妃のこの言葉を贈ります。

「私はルールブックには従いません。頭ではなく、心に従うのです」

出典:『Woman's Style100 世界の女性偉人たち』(昭文社)

イギリス王室の守るべき慣例の中でも、自分の心に従うことを忘れなかったダイアナ妃の名言として語り継がれている言葉のひとつです。

頭で考えてもわからないときや決められないときは、自分の心がどうしたいと感じているか、耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

失恋して落ち込んでいる人へ

マリリンの名言とイラスト

出典:『凜として生きるための100の言葉』(ワタナベ薫著/KADOKAWA)

アメリカの女優 マリリン・モンロー
1926〜62年。アメリカ・カリフォルニア州生まれ。“永遠のセックスシンボル”とも称され、世界中を魅了した大女優であるマリリン。しかし9歳で孤児院に預けられるなど、家族の愛情を知らずに育った。16歳で結婚するが、後に離婚。その後も2度結婚したほか、元アメリカ合衆国大統領のジョン・F・ケネディとも恋愛関係にあったのではないかといわれている。33歳のときにコメディ映画『お熱いのがお好き』に出演、翌年にゴールデングローブ賞を受賞するなど、トップスターの地位を確固たるものにしているかのように見えたが、精神不安から薬に依存。36歳のときに睡眠薬のオーバードーズ(過剰摂取)により死去し、世界中に大きな衝撃を与えた。

「セックスシンボル」として語られるマリリン・モンロー。元プロ野球選手のジョー・ディマジオ、劇作家のアーサー・ミラー、ジョン・F・ケネディなど、数々の男性との恋愛遍歴があるマリリンですが、

「一人になれたとき、自分を取り戻せるの」

出典:『凜として生きるための100の言葉』(ワタナベ薫著/KADOKAWA)

上記の言葉を残しています。

「失恋してさみしい、つらい」というときでも、その時間を「自分自身と向き合う時間」と捉えてみてはいかがでしょうか。

好きな人と離れてしまうのは気持ち的にとても辛い状況かもしれませんが、自分自身を大切にする時間と考えてみると、少しは気持ちがラクになるかもしれません。

悩めるすべての女性に贈る、女性偉人の名言集

悩める女性が湖畔でくつろぐ

人生・仕事・恋愛・友情・家族…。今悩みがあるすべての女性に伝えたい、女性偉人たちの名言を紹介していきます。

悩む気持ちに寄り添ってくれたり、沈んだ気分を鼓舞してくれる名言に出会えるかもしれません。

世界の女性偉人の名言12選

世界の女性偉人の名言をピックアップ。

オードリー・ヘプバーンやヘレン・ケラーなど世界中で愛され、尊敬される女性偉人たちの名言を紹介していきます。

「私にとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと」
オードリー・ヘプバーン

出典:『Woman's Style100 世界の女性偉人たち』(昭文社)

「一生懸命やって勝つことの次にいいことは一生懸命やって負けること」
ルーシー・モード・モンゴメリ

出典:『Woman's Style100 世界の女性偉人たち』(昭文社)

「人生はどちらかです。勇気を持って挑むか、棒にふるか」
ヘレン・ケラー

出典:『Woman's Style100 世界の女性偉人たち』(昭文社)

「女性よ自立しなさい。自分の足で立ちなさい」
フローレンス・ナイチンゲール

出典:『Woman's Style100 世界の女性偉人たち』(昭文社)

「最も難しいことは行動すると決めること。あとはただひたすらにやるだけです」
アメリア・イアハート

出典:『Woman's Style100 世界の女性偉人たち』(昭文社)

「女性には、重要人物のように装ってもらいたいの。そのパワーを失ってほしくないのよ」
ヴィヴィアン・ウエストウッド

出典:『Woman's Style100 世界の女性偉人たち』(昭文社)

「涙で目が洗えるほどたくさん泣いた女は視野が広くなる」
ドロシー・ディックス

出典:『凜として生きるための100の言葉』(ワタナベ薫著/KADOKAWA)

「薬を10錠飲むよりも、心から笑ったほうがずっと効果があるはず」
アンネ・フランク

出典:『凜として生きるための100の言葉』(ワタナベ薫著/KADOKAWA)

「立ち止まらず、ひとつの目的に向かって歩きつづけること。それが成功の秘訣です」
アンナ・パヴロワ

出典:『世界のすごい女子伝記 未来への扉をひらいた、歴史にのこる50人』(キャスリン・ハリガン著/講談社)

「子どもは指示よりも、導かれることと心を寄せられることを、はるかに必要としています」
アン・アリヴァン

出典:『世界のすごい女子伝記 未来への扉をひらいた、歴史にのこる50人』(キャスリン・ハリガン著/講談社)

「誰もしたことのないことをするのは、たいへん。でも、わくわくするわ!」
エリザベス・ブラックウェル

出典:『世界のすごい女子伝記 未来への扉をひらいた、歴史にのこる50人』(キャスリン・ハリガン著/講談社)

「やりたいことがあるならやりなさい。問題は、本気でやりたいと思っているかどうかよ」
ネリー・ブライ

出典:『チェンジ・ザ・ワールド!−世界を変えた14人の女性たち』(スーザン・フッド著/フレーベル館)

日本の女性偉人の名言9選

ここでは、日本が誇る女性偉人たちの名言を紹介します。

日本人女性初の宇宙飛行士となった向井千秋さんや、世界を舞台に活躍するオノ・ヨーコさん、ジャーナリストとして世界の紛争を伝え命を落とした山本美香さんら、9人の名言を見ていきましょう。

「日本人だから、女性だから、男性だからこうじゃなきゃいけないと考えると、自分自身がつくった殻の中に閉じこもることになる」
向井千秋

出典:『Woman's Style100 日本の女性偉人たち』(昭文社)

「今やっていることのポジティブな面に集中すること」
オノ・ヨーコ

出典:『Woman's Style100 日本の女性偉人たち』(昭文社)

「今からでは遅いかしら、でも今からでも遅くないはずです」
丸木俊

出典:『Woman's Style100 日本の女性偉人たち』(昭文社)

「前を向いて歩きながら考える」
山本美香

出典:『Woman's Style100 日本の女性偉人たち』(昭文社)

「悲しい。苦しい。それを背負ってゆくのが人間だと思う。嫌でたまらないから、ものを書かずにいられないのでしょうか」
石牟礼道子

出典:『Woman's Style100 日本の女性偉人たち』(昭文社)

「みんなちがって、みんないい」
金子みすゞ

出典:『Woman's Style100 日本の女性偉人たち』(昭文社)

「恋をしなさい。好きと言えないなんて、ケチな根性よ」
宇野千代

出典:『凜として生きるための100の言葉』(ワタナベ薫著/KADOKAWA)

「置かれた場所で咲きなさい」
渡辺和子

出典:『凜として生きるための100の言葉』(ワタナベ薫著/KADOKAWA)

「好きな山にも登り、結婚して出産もしました。女性だからとあきらめることはありません」
田部井淳子

出典:『世界のすごい女子伝記 未来への扉をひらいた、歴史にのこる50人』(キャスリン・ハリガン著/講談社)

人生に迷ったときに読みたい「女性の偉人本」を5冊ピックアップ!

ここまでに数々の女性の偉人たちの名言を紹介してきましたが、心に刺さる言葉はありましたか?

これらの名言を掲載している、おすすめの書籍を5冊ピックアップしました。

名言はもちろんですが、偉人たちの半生や功績が詳しく紹介されているので、もっと詳しく知りたい人はぜひ読んでみてください。

女性偉人の名言が詰まった書籍5選

『Woman's Style100 世界の女性偉人たち』(昭文社)
『Woman's Style100 日本の女性偉人たち』(昭文社)
『凜として生きるための100の言葉』(ワタナベ薫著/KADOKAWA)
『世界のすごい女子伝記 未来への扉をひらいた、歴史にのこる50人』(キャスリン・ハリガン著/講談社)
『チェンジ・ザ・ワールド!―世界を変えた14人の女性たち』(スーザン・フッド著/フレーベル館)

『Woman's Style100 世界の女性偉人たち』『Woman's Style100 日本の女性偉人たち』ともに昭文社

『Woman's Style100 世界の女性偉人たち Woman's Style100 日本の女性偉人たち

世界編・日本編ともに『テルマエ・ロマエ』でおなじみの漫画家・ヤマザキマリさん監修。近世・近代に活躍したレジェンドや現代社会をリードする各界のトップランナーにスポットを当てた1冊。世界と日本の女性偉人たちの生きざまをテーマ別に紹介している。

世界編:レイチェル・カーソン、マララ・ユスフザイ、クロエ・ジャオ、J.K.ローリング、カタリン・カリコ、ダイアナ妃、 マーガレット・サッチャー、アンゲラ・メルケル、ココ・シャネルなど

日本編:津田梅子、中満泉、向田邦子、白洲正子、黒柳徹子、草間彌生、森英恵、石岡瑛子、オノ・ヨーコ、いわさきちひろ、丸木俊、葛飾応為、荻野吟子、林芙美子、石牟礼道子、金子みすゞ、長谷川町子など

出版社:昭文社

定価:各1,980円

https://www.mapple.co.jp/19340/

『凜として生きるための100の言葉』ワタナベ薫著/KADOKAWA

凜として生きるための100の言葉

美容や健康、メンタル、自己啓発など、女性が内面と外側の両方からきれいになる方法を発信するメンタルコーチであるワタナベ薫さんの著作。誰もが知っている偉人女性の格言と、著者であるワタナベ薫さん自身の格言を集めた1冊。「今を生きる力」「知恵」「励まし」など、パワーをもらえる格言が紹介されている。

出版社:株式会社KADOKAWA

定価:1,540円

https://www.kadokawa.co.jp/product/322008000209/

『世界のすごい女子伝記 未来への扉をひらいた、歴史にのこる50人』キャスリン・ハリガン著/講談社

世界のすごい女子伝記 未来への扉をひらいた、歴史にのこる50人

子どもたちへおくる、時代を越えて人々に勇気と希望をもたらす女性たち50人の新しい伝記絵本。エリザベス1世やジャンヌ・ダルク、マリー・キュリー、レイチェル・カーソン、田部井淳子/アンネ・フランクなど、50人の女性偉人を紹介。イギリス人イラストレーターのサラ・ウォルシュによる美しい挿絵も見どころのひとつ。贈り物にもおすすめ。

出版社:講談社

定価:3,080円

https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000344848

『チェンジ・ザ・ワールド!―世界を変えた14人の女性たち』スーザン・フッド著/フレーベル館

チェンジ・ザ・ワールド!―世界を変えた14人の女性たち

子ども向けの本や雑誌の編集者として「セサミストリート」などの制作にたずさわったのち、作家として活躍するスーザン・フッド著。モリー・ウィリアムズ、メアリー・アニング、ネリー・ブライ、マララ・ユスフザイら、14人の時代を切り開いた女性偉人を紹介する1冊。

出版社:フレーベル館

定価:1,760円

https://www.froebel-kan.co.jp/book/detail/9784577047361/

※ページ内の求人数は職種別に集計しています。

おすすめ関連記事

時間アイコン 24.04.19

東京ゴルフ専門学校のゴルフ教育でプロフェッショナルへの一歩を踏み出そう!

ゴルフに興じる3人の大人

時間アイコン 24.04.12

名古屋平成看護医療専門学校のはり・きゅう学科は学生の約6割が社会人経験者

背中にハリを3本刺す

時間アイコン 23.12.31

4年間で約1,200トン以上のペットフードロスを削減!株式会社こころが展開する日本初のサービス「社会貢献ペット用品店cocoro」

株式会社こころ

時間アイコン 24.02.16

みらいキャリアにU・I・Jターンで関心高まる東海エリアで働く魅力を聞いてみた

時間アイコン 23.12.30

ハーブティーの魅力に魅せられ「enherb(エンハーブ)」のファンから正社員へ。女性のキャリア変遷に迫る

ハーブをスプーンですくう様子

目次

TOP