20代女性のおすすめの転職のやり方、絶対にやってはいけない5つ

「スキルや資格がないんだけど、20代女性は転職に不利?」
「新卒入社のまま勤めているけど、キャリアアップを目指して転職したい」

20代は、ポテンシャルや将来性が高く評価されるため、未経験職にも比較的有利に転職できる時期とされています。

一方、若さもあり社会人経験がまだ浅いこと、さらに女性のため「腰掛けのつもりでは?」「結婚や出産で、すぐに会社をやめてしまうのでは?」と、見てくる採用担当者がいるのも事実です。

このため、なかなか転職活動が上手くいかないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

実は、20代の女性が転職を成功させるには、以下の5つに注意することがポイントとなります。

上記のNG行動は、「20代・女性」への先入観からより悪く印象付けてしまうため、しっかりと押さえておきましょう。

また、転職先についても、女性が活躍できる職場・働き方に理解のある職場を探さないと、転職後に「失敗したかも…」と感じてしまうことも少なくありません。

このような点をふまえ、上手く転職活動を進めたい20代の女性には「転職エージェント」の利用がおすすめです

転職エージェントとは?

求職者と企業の双方が納得できるマッチングを実現する転職支援サービスのこと。求職者は、キャリアや経験、希望条件をもとに求人紹介をしてくれるほか、選考対策や年収交渉といったサポートを無料で行ってくれる

複数の転職エージェントを利用するメリット

  • それぞれの転職支援サービスの弱みをカバーできる
  • 多くの求人に出会える

この記事では、20代前半・後半の転職活動の違いや20代女性が未経験職種に転職するタイミング、具体的な転職活動の始め方などを紹介します。

20代女性の転職ノウハウを一通り知ることで、転職活動への不安や悩みが消え、転職成功に向けての着実な動き出しができるようになるでしょう。

複数登録におすすめの転職エージェント
おすすめの転職サイト おすすめポイント 求人数
リクルートエージェントリクルートエージェント 「自分らしく働ける職場を見つけたい」方におすすめ 596,675件
  • 【業界最大級】20万件もの圧倒的な求人数を持つ
  • 女性ならではのライフイベントを考慮した求人が見つかりやすい
type女性の転職エージェントtype女性の転職エージェント 年収をアップさせて30代を迎えたい方におすすめ 27,693件
  • 年収アップ率71%!
  • 女性の転職に精通したアドバイザーが在籍

※2022年2月時点

※当コンテンツは株式会社カケハシ スカイソリューションズによって管理しています。ご利用にあたっては、利用規約をご一読くださいますようお願いいたします。
※当サイトは口コミの一部を掲載しています。

目次

続きを見る
閉じる

20代女性が転職でやってはいけない5つのこと

転職でやってはいけない5つのこと

20代女性が転職活動を進めていくにあたり、「5つのやってはいけないこと」があります。


最低限のマナーを守らない

最低限のマナーを守れない

20代はそれ以降の年代と比べれば、まだまだ社会の経験値は少ないと言えます。

しかし「20代だから仕方ないよね」とたかをくくっていてはいけません。
社会人としてまだまだ未熟であることを理解し、謙虚な姿勢を心がけるべきです。

ビジネスマナー」という言葉もあるように、ビジネスシーンにおいては相手を不愉快な気持ちにさせないマナーが求められます。

  • 服装・身だしなみ
  • 敬語・言葉づかい
  • 立ち振る舞い・コミュニケーション

このようなポイントに注意し、マナーに配慮して企業の採用担当者と接していきましょう。

誰にも相談せずに1人で転職活動をする

転職の相談をしない女性

なかなか人にプライベートなことを相談しにくいといった事情から、1人で転職活動をしようとしている人もいるでしょう。

しかし、1人では考えがかたよりがちであり、転職においての重要な意思決定を見誤ってしまうおそれがあります。

岩岡武志の自画像
岩岡 武志
転職ハブ編集部/元キャリアアドバイザー

社内体制や教育体制について、事前に確認しておく

大手人材サービス会社で営業をしていた新卒4年目の女性が、企画系の仕事に興味を持ち、ベンチャー企業の企画営業のポジションに転職した例があります。

彼女は事前に入社後の社内体制や教育体制について第三者に確認せずに入社し転職活動を進めてしまったことで、入社後もベンチャーならではの社風や業務量の多さにミスマッチを感じ、1年後に人数の多い別の会社に転職しました。

そのため、転職活動を始める前に第三者へ自身の状況を話して具体的なアドバイスをもらうようにしましょう。

知り合いに相談しても踏み込んだ意見をもらえない場合がある

ただ、友人や家族、同僚に相談しても下記の理由で踏み込んだ意見をもらえない可能性があります。

  • 本人に遠慮をして話せない
  • 転職=リスクだと捉えられる
  • 業務量の負担をおそれて引き留められる

では、誰に相談するのがおすすめかと言うと、転職のプロである転職エージェントです。

転職エージェントを利用するメリット

  • キャリアプランの相談ができる
  • 各業界の転職市場の動向やエージェントしか知り得ない企業の情報がわかる
  • 非公開求人の紹介をしてもらえる
  • 書類添削面接対策を行ってもらえる

このように転職エージェントを利用するメリットは非常に多いです。

利用は完全無料ですので、軽く話を聞いてみるという感覚で気軽に相談してみてくださいね!

20代女性におすすめの転職エージェント

ライフイベントを考慮に入れない

プロポーズされる女性

20代の女性が転職を検討する際には、今後目指すキャリアとライフイベントの兼ね合いを考えておきましょう。

結婚や出産・育児などのライフイベントはまだまだ先のことだと思っていても、転職先が仕事と家庭の両立が難しい職場だった場合、近い将来にまた転職をしなければならない状況に追い込まれてしまうことがあります。

そうなると、転職後すぐに産休や育休に入る可能性がある応募者の採用を企業が渋り、転職活動が難航してしまいかねません。

岩岡武志の自画像
岩岡 武志
転職ハブ編集部/元キャリアアドバイザー

事前に自身のライフイベントを相談しておく

ある女性は結婚を控えて経理に転職し、将来の産休計画を立てていました。

しかし、入社直後に先輩が産休に入ることや自分がその代理要員であることを知らされていませんでした。

結果として、家庭との両立や引き継ぎなどで忙しくなり、先輩が復職するまで休むことなく働かざるを得なくなったそうです。

このような事態は、事前に自身のライフイベントや社内の体制をエージェントに相談していれば防げた可能性があります。

そのため、仕事と家庭の両立を望む女性はもちろん、両立する可能性がある女性もライフイベントを迎える前に、生活の変化に対応できる働きやすい職場という基準を持って転職先を決めた方が良いでしょう。

自身のキャリアプランを描かない

キャリアプランを描かない

今より良い企業に勤めたい」など、ただやみくもに転職活動をしていると、転職しても仕事が合わずにすぐ辞めてしまうおそれがあります。

これは、「自分の将来像」が自分で具体的に理解できていない・描けていないために起こると考えられます。

女性 アイコン

自身のキャリアプランがピンと来ない……

このような方は、自分のキャリアについて以下のような簡単な自問自答から始めてみましょう。

  • 自分が転職をして解決をしたいことは何だろう?
  • その解決したいことに、優先順位を付けていくとしたらどうなるだろう?

このようにまずは自分の本心と向き合い、自己分析を深めていきましょう。

自分を理解しないことには、どんな職種・どんな企業が自分に適しているのかを理解することもできません。

岩岡武志の自画像
岩岡 武志
転職ハブ編集部/元キャリアアドバイザー

転職で解決したいことを整理する

例えば、将来性を考えて製薬営業からIT企業に転職した20代女性がいました。

しかし、未知の商材であるがゆえになかなか営業成績が上がらず、自身の目指す領域ややりがいを考えずに転職してしまったことを反省し、再度転職を決意しました。

エージェントと自己分析をする中で、医療業界や病気の救済に関わりたいという志向を明確にできたことで、自分とマッチする会社に転職できました。

キャリアプランを一人で描くことが難しければ、リクルートエージェントなど、転職エージェントへ相談しても良いでしょう。


職種だけで転職先を判断する

事務職を探す女性

絶対に事務職以外は受けない!」といったように、職種だけで転職先を選ぶのは危険です。

職種に固執しすぎると、「職場の雰囲気」や「給与の上がり幅」などそれ以外の条件を見落としてしまうこともあり、入社後にミスマッチを起こしてしまう可能性があるからです。

岩岡武志の自画像
岩岡 武志
転職ハブ編集部/元キャリアアドバイザー

例えば、とにかく人事の仕事がやりたくて不動産業界の人事に転職した20代女性がいましたが、どうしても候補者に業界の魅力を伝えることができず、再度人材業界へ転職してしまった例があります。

希望の職種を見つけておくのは重要ですが、それだけでは長く腰を落ち着けて働けるとは限りません。

  • 将来どのようなキャリアプランを描いているのか
  • どんな業種なのか
  • どんな社風なのか

このような点から、自分に合う企業なのかしっかり見極め、そのうえで転職先を判断するようにすると良いですね。

20代女性の転職は前半と後半で違いはある?

単に20代と言っても、「20代前半」と「20代後半」では社会経験や実務能力に大きな開きがあります。

そこでこの章では、20代前半と後半の企業から求められる能力を踏まえたうえで、転職成功のコツを解説していきます。

20代半ばまでは「ポテンシャル」が重要

20代前半の武器の説明"

転職活動をするうえで実務経験・実績はもちろん重要ですが、採用企業が20代前半女性に求める要素として、主に以下の3つが挙げられます。

企業が20代前半に求めるポイント

  • 企業の雰囲気や風土にすっと溶け込める柔軟性
  • 転職組でありながらも、比較的若い年齢
  • 短期間ながらも、一定の社会人経験スキルがある(新卒ではない)

「20代女性」とひとくくりでいっても、実際の年齢は10年もの幅があります。
どんなスキル・仕事であっても、やはり経験年数によってその実績や経験内容は大きく変わってくるでしょう。

転職を考える20代女性にとって「実績がないから転職は難しいかも……」という不安は、特に20代前半の年齢層によく聞かれます。

しかし実際のところ20代前半女性の場合、ポテンシャルを重要視される傾向が高いです。

現在では既卒・第二新卒という言葉もあるように、20代の就職・転職ではさまざまな状況で活動をしている人がたくさんいます。

岩岡武志の自画像
岩岡 武志
転職ハブ編集部/元キャリアアドバイザー

例えば、20代前半の女性がスポーツジムのインストラクターから採用アシスタントに転職した例があります。

彼女は人前で話すことや人を励ますことが得意でした。

採用アシスタントも新卒の学生の良いところを引き出したり、採用イベントや会社説明で話をする機会が多いため、30代になった今現在も人事として活躍しています。

20代前半であれば、その人が持つ「人柄」や「若さ」を武器に転職活動を進めていくことが十分可能です。

\約20万件の求人から適職を見つけられる! /


20代後半の転職は「スキル」「経験」が重要、より厳しい目でチェックされる

20代後半の武器の説明

20代後半の転職で「若さ」や「ポテンシャル」を重視する企業はそれほど多くはありません。

それよりも、20代後半の女性は、社会人として相応の「経験」や「スキル」を持っていると判断する企業が、圧倒的に多いのが現実です。

岩岡武志の自画像
岩岡 武志
転職ハブ編集部/元キャリアアドバイザー

理系の学科出身で食品業界の研究部署に就職した女性が、研究の仕事に適性がないと感じデータアナリストに転職した例があります。

データ分析などのスキルを持つ理系の20代の女性は希少であり、その経験とスキルが実は幅広い職種にも活かせる」というアドバイスを転職エージェントからもらったことをきっかけに、データアナリストとして新たなキャリアを築きました。

経験やスキルは、仕事に対する実務経験だけに限りません。
社会人としての「ビジネスマナー」はもちろん、ビジネスにおける「ヒューマンスキル(対人関係能力)」なども期待されている場合があるでしょう。

20代前半よりも、ワンランク上の厳しい目でチェックされているといっても過言ではありません。

20代後半女性が転職活動に成功する方法としては、求人企業が求める「経験」と「スキル」をアピールすることが重要課題となります。

20代女性が正社員転職を目指すには?

20代女性の雇用・就業形態について調査してみると、20代女性のおよそ33%が正社員以外の働き方で就業していることがわかりました。

年齢階級別の雇用・就業形態

年齢階層 正社員 正社員以外
20〜24歳 70.4% 29.4%
25〜29歳 64.3% 35.7%

参考:厚生労働省「平成30年若年者雇用実態調査の概況(表 13 性、年齢階級・在学の有無・最終学歴、雇用・就業形態別若年労働者割合)」より

アルバイトや派遣、契約社員などの働き方を選択した理由としては20代後半になると「都合のいい時間に働きたい」や「家事・育児・介護と両立しやすいから」などが挙げられますが、20代前半の女性の場合、「就職活動がうまくいかなかった」「就きたい仕事がなかった」など就職活動時のタイミングで選択せざるを得ない場合も考えられます。

しかし、今後「安定した収入を得たい」「キャリアアップを実現したい」と考えたとき、正社員としての転職は可能なのでしょうか。

参考:総務省統計局「2022年(令和4年)平均結果の概要」より

20代女性に有利な資格を取得し活躍の場を広げる

これまでの経歴やスキルに自信がなければ、転職に有利となる資格を取得してみるのも一つの手です。
採用面接の際に、保有している資格を提示することでアピール材料となり、希望する企業への転職を成功させるポイントにもなります。

ここでは、20代女性が比較的取得しやすく生活に一生困らないといえる資格を紹介します。

20代女性におすすめの資格

    医療事務技能認定試験
  • 医療機関での事務職への転職に有利となる
  • 日商簿記検定
  • 日商簿記2級を取得していると事務職での転職で評価されやすい
  • MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)
  • 短期間で取得でき、一般事務への転職で評価される傾向がある
  • ウェブデザイン技術検定
  • Webデザインやセキュリティ技術の知識やスキルを証明できる
  • 秘書検定
  • 2級以上の取得で秘書への転職が有利になる
岩岡武志の自画像
岩岡 武志
転職ハブ編集部/元キャリアアドバイザー

地元の医療事務の就職をきっかけに、歯科衛生士の資格を取得し、病院で長く勤めている20代の女性がいます。医療事務の勉強を通じて業界を変え、専門知識を持った仕事に就くことができました。

岩岡武志の自画像
岩岡 武志
転職ハブ編集部/元キャリアアドバイザー

また、事務職で働いていた20代の女性が、ITパスポートの取得を通じてWEBサービスのヘルプデスクに転職に成功した例があります。ITパスポートはデータベースやセキュリティの基礎知識などが求められる資格であるため、スキルを保有しているというアピール材料になる場合があります。

20代女性の転職に有利になる資格については、下記の記事で資格の詳細から資格取得者からの口コミ、取得のポイントなどを紹介しています。

20代女性の転職に理解がある転職エージェントを利用する

20代は、ポテンシャルやこれまでのスキル・経歴を期待されるため、企業からも正社員として積極的に採用したい人材です。

しかし、20代女性の場合、今後のライフイベントやキャリアプランを考慮した上で転職活動をしなければ家庭と仕事の両立ができず悩んでしまうことも。
無事に正社員として転職できたとしても、残業や業務量が多く理想の働き方ができないため、雇用形態を切り替えて働くことになっては本末転倒です。

転職後のギャップを避けるためにも、女性の働き方や希望条件を理解してくれる転職エージェントの利用がおすすめです。
女性の転職に特化している転職エージェントであれば、女性特有の悩みやキャリア形成に合わせ、正社員として長く働ける転職先の提案を受けられるでしょう。

岩岡武志の自画像
岩岡 武志
転職ハブ編集部/元キャリアアドバイザー

先輩社員との面談を設けてもらうことで、入社後の不安を解消できる

例えば、20代女性で結婚・出産後も長く働きたいという要望を持ち、女性特化の転職エージェントを活用した例があります。 この方は、出産後も管理職を続けることが難しいと心配していましたが、転職エージェントの手配で先輩の女性社員との面談を設けてもらうことで、安心して転職先を決めることができました。

20代女性の転職におすすめの転職エージェント2選

  • 求人数は業界最大級!業界・職種・地域・年代問わず利用できる
  • 女性に特化したサポートは展開していない

未経験の職種に転職するなら20代前半の方が有利!

女性 アイコン

現在の仕事とは違う分野にチャレンジしてみたい

女性 アイコン

今よりも専門的な仕事で長く働ける職場を見つけたい

という気持ちはあるものの、「未経験」ということで門前払いされてしまうのではないかと不安に思う人もいるのではないでしょうか?

しかし、20代の40%以上が未経験で異職種に転職しているという確固としたデータがあります。

異業種・異職種転職の実態 | doda

出典:異業種・異職種転職の実態 | doda

20代前半では48%が未経験の異職種への転職

もし転職で未経験職種を狙っているのであれば、20代前半は勝負の時期です。

というのも、未経験職種は20代前半の「ポテンシャル」を重視して採用してくれる企業が多いからです。

うまく自分の「ポテンシャル」をアピールすることで、希望の仕事に採用される可能性がぐっと高まります!

実際に20代前半の48%の人が未経験職種へ転職成功しています。


20代後半では36%の人が未経験の異職種へ転職している

20代前半では約半数程度の人が異職種への転職を成功させていましたが、20代後半では36%の人が未経験職種への転職を成功させています。

成功率は下がりますが、20代後半でも未経験で採用された人がいないわけではありません。

求人企業は未経験でも「若さ」「ポテンシャル」だけではなく、やはり「スキル」や「経験」も重視します。

20代後半の異職種への転職は、「一から仕事を覚えます!」というやる気をアピールするよりも、前職と未経験の職種の間の共通点における「スキル」や「実績」をアピールしていくといいでしょう。

転職活動を始めるなら転職エージェントへ相談しよう!おすすめ2選

20代女性におすすめの転職エージェント

これまでご説明した通り、20代女性の転職活動には転職エージェントの利用が効果的です。

なぜならば、転職成功に大きく近づく5つのメリットがあるからです。

20代女性が転職エージェントを利用する5つのメリット

  1. 転職のプロにキャリア相談できる
  2. 女性が働きやすい環境の求人を提案
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接日の設定やスケジュール調整
  5. 年収や働き方などの条件交渉を代行

ここでは、20代女性の転職におすすめの転職エージェントを2社紹介します。
転職エージェントは、それぞれ得意領域が異なります。各社の強みを活かしつつ弱みを補うためにも複数登録して利用するのがおすすめです。

20代女性が複数利用するのにおすすめの転職エージェントはここ!

  • 求人数は業界最大級!業界・職種・地域・年代問わず利用できる
  • 女性に特化したサポートは展開していない

年収アップを狙うなら「type女性の転職エージェント」

type女性の転職エージェント

「type女性の転職エージェント」はこんな人におすすめ

  • 年収をアップさせて30代を迎えたい
  • 首都圏で転職活動をしたい
  • 女性の転職事情を理解したアドバイザーに相談したい
type女性の転職エージェントの概要
求人数や実績 求人数約10,000件以上
転職者の約71%が年収アップ
内定率 非公開

サービス開始から18年以上の歴史を持つ「type女性の転職エージェント」は、女性の転職支援を専門としたサービスを展開しています。

  • 年間5,000名以上をキャリアカウンセリング
  • 年間数百名の転職支援実績を持っている など

「type女性の転職エージェント」はこのような転職成功のノウハウを豊富に持っています。

これらの実績から、20代の女性が今後のキャリアプランを考えたとき、まず相談したい転職エージェントであると言えます。

ただ、首都圏以外の求人は少ないので、他の地方で転職を考えている方は全国展開しているリクルートエージェントの利用をおすすめします。

年収アップ率約71%!

20代後半女性の口コミ

子どもがいる方におすすめ

type女性の転職エージェントは、私と同じように子育て中の方にぜひ使ってほしいです。子どもがいることや、正社員の仕事を探していることなど、こちらのわがままな条件も親身に聞いてもらえましたし、条件に合う仕事も紹介してくれました。対応も早いので、安心して利用できると思います。

20代後半女性の口コミ

未経験でも転職できた

type女性の転職エージェントの担当者の方には、未経験者向けの研修制度が整っていて、質問しやすい職場を探してもらい、無事に転職できました。実際に職場に足を運んでいる経験から、会社の雰囲気などを教えてくれたのも良かったです。女性特有のキャリアの悩みにも真摯に向き合ってくれました。

20代後半女性の口コミ

正社員・オフィスワーク希望の人には合わない

type女性の転職エージェントは、サービス業や接客業、非正規雇用を希望する方にはよいかもしれません。一方、正社員でオフィスワークを希望されている方は求人が合わないため、他社のエージェントを利用したほうがいいと思います。また、他のエージェントと併用して利用するのもいいと思います。

20代後半女性の口コミ

年収が低く希望に合っていなかった

将来妊娠・出産したとしても働きやすい環境の求人を紹介してくれた点は良かったです。ただ、Web広告業界で年収が維持できる求人を探していたのですが、紹介していただいた求人全般、年収が低く希望に合っていなかったです。また、他社よりも求人数が少なくあまり役に立たなかった印象です。(東京都)

自分らしく働ける職場を探せる「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」はこんな人におすすめ

  • 転職先の選択肢を増やしたい
  • ライフイベントを柔軟に考えられる仕事を探したい
  • 業界・職種に詳しいエージェント面談したい
リクルートエージェントの概要
求人数や実績 業界最大級である約20万件の求人数
そのうち約半数は非公開求人
内定率 非公開

人材業界でも高い知名度を持つ「リクルート」が運営するサービスが「リクルートエージェント」です。

最大の特徴は約20万件という他の転職エージェントを大きく上回る膨大な求人数です。

さらに、担当アドバイザーは各業界・職種の専任アドバイザーが対応するため、業界知識に深いアドバイザーならではの転職支援が期待できるでしょう。

多種多様な求人がありますので、より良い求人を見つける可能性を高めておきたいならまず登録しておきたい転職エージェントです。

非公開求人は約10万件!

20代後半女性の口コミ

求人数が多く、未経験で応募可能な求人もたくさんあった

業界最大手ということもあってか、求人数の多さには驚きでした。業界未経験、職種未経験でも応募可能な求人をたくさん紹介していただけたので大変助かりました。過去の経験から生かせるスキルを見出し、それに合った求人を紹介していただけたのもうれしかったです。

20代後半女性の口コミ

企業とエージェントの関係値を感じた

求人企業とは関係値ができているのか、紹介していただいて実際に受けた企業と自分の希望とがかけ離れているケースは少なかったです。残念ながら落ちてしまったときも、先方がどういう人物を求めていて、今回なぜ落ちたのか、逆に通過した人はどういうタイプだったのかを教えてくれてアドバイスをいただけたので、先に続く転職活動の勉強となりました。

20代 | 女性

エンエージェントとマイナビエージェントを併用しました

リクルートエージェントの担当者の対応や、求人数の多さは魅力的でしたが、他のエージェントにも登録。各エージェントによって取り扱っている企業が違います。他の転職エージェントでは一度ヒアリングのお電話をした後から担当の方と音信不通になってしまい、会社によって対応がまったく異なることがわかりました。 リクルートエージェントにはハイスキルが求められる求人情報も多くあるので、キャリアを積まれてきて、さらなるキャリアアップ・給与アップを目指す方におすすめです。

30代 | 男性

エンエージェントとワークポートを併用しました

ワークポートの担当者には、当方の希望求人をひたすら出していただきましたが、リクルートエージェントの担当者からは、その転職軸の深堀りと希望条件をかなえるための提案をしていただきました。 双方に片方から紹介された求人の進捗を報告していたのですが、「良くない」情報の提供もはっきりとありました。 叶えたい転職軸を整理し、ある程度の企業数は応募してみる事をおすすめします。担当者が紹介した目的や狙いが、実際に企業へ面接という形で訪問することや書類選考通過率を確認することで把握できます。自分にとって結果を出してくれるエージェントとの出会いは転職活動において大きな武器になります。

「少し急かされた」

リクルートエージェントはサポート期間が3ヶ月間と決まっているようなので、仕方のない点だと思いますが、初めて内定をいただけた際に受けるかどうかの回答を少し急かされました。もう少し他の会社も見て決めたいと考えていたので、もう少し待っていただけるとありがたかったです。

20代前半女性の口コミ

希望に合わない求人を紹介された

最初に面談をした際に、きちんと話を聞いていただいたので私の希望が伝わっているかと安心していました。しかし、実際に紹介していただいた求人はまったくと言っていいほどに私の希望とは異なったものでした。
担当の方と私の認識が違ったのかもしれないと思い、再度話しましたが、変わらず希望に沿っていない求人を送られ続けました。

20代女性の転職に関するQ&A

20代女性の転職に関するQ&A

Q.転職に失敗してしまわないか不安です……

基本的には自分が本当にやりたい仕事を最優先すべきです。

しかし育児などのライフイベントを迎えることを考慮すると、体を動かす仕事よりはデスクワークがおすすめであると言えます。

また、資格に関してはむやみやたらに取ることは避けて、あくまで自分の希望する仕事に役立つ資格を取得するようにしましょう。

20代前半であればまだまだ将来性を活かした転職活動が可能であるため、特殊な職業でなければ資格を無理に取る必要はありません。

Q.自分に合った仕事はどのように見つければ良いですか?

まずは以下のような自己分析を繰り返し、転職の軸を固めていきましょう。

  • 自分が本当に取り組みたい仕事は何か
  • 自分の長所や短所から考えられる向いている職種は何か
  • 自分にとっての理想の職場の条件は何か

仕事に関する自問自答を繰り返していくことで、「気になる仕事」や「やりたい仕事」が明確になっていくはずです。

そして、一通り自己分析が完了したら、今度は企業研究に移りましょう。

  • 自身の通える範囲にその仕事ができる会社はあるのか
  • その企業の社風や職場の人間関係が良好なのか

以上のような内容をしっかり調べましょう。

もし転職活動の進め方に不安があるのならば、転職のプロであるエージェントへ相談してみると良いでしょう。

複数登録におすすめの転職エージェント
おすすめの転職サイト おすすめポイント 求人数
リクルートエージェントリクルートエージェント 「自分らしく働ける職場を見つけたい」方におすすめ 596,675件
  • 【業界最大級】20万件もの圧倒的な求人数を持つ
  • 女性ならではのライフイベントを考慮した求人が見つかりやすい
type女性の転職エージェントtype女性の転職エージェント 年収をアップさせて30代を迎えたい方におすすめ 27,693件
  • 年収アップ率71%!
  • 女性の転職に精通したアドバイザーが在籍

※2022年2月時点

この記事のまとめ

20代女性が転職を考えたとき、20代前半なのか、20代後半なのかで求められるポイントが異なります。

  • 20代前半なら「ポテンシャル」
  • 20代後半なら「スキル・経験」

をアピールするようにしましょう。

また、将来迎えるライフイベントを考慮した転職活動を忘れないようにしてくださいね。

20代の転職には、20代前半の「経験が浅いが故の弱み」・20代後半の「経験が求められるが故の難しさ」両方がありますが、転職エージェントにサポートしてもらいながら、思い通りの転職を成功させていきましょう。

これからは、女性が社会で活躍できる環境はどんどん広がっていくでしょう。

自分らしく働ける職場を見つけ、仕事もプライベートも充実させていってくださいね。

  • 非公開求人が25万件以上(2023年4月自社調べ)で業界最大級。
  •          
  • 登録者限定の「面接力向上セミナー」をオンラインLIVE配信で毎週開催
  • 転職成功実績No.1(2019年度実績 厚生労働省調べ)。全年代・全職種に対応。求人の少ない地方での転職にもおすすめ。
  • 国内外の注目企業と5,000名以上(2022年1月時点)のヘッドハンターからスカウトが届く
  • 一部有料だが最大97日間の無料期間あり。
  • 年収500万円以上のハイクラスを目指したい人、自分の市場価値を試したい人、自分に合った求人をピンポイントで紹介してほしい人におすすめ。
  • 年収800万~2,000万円の求人を多数掲載
  • ビズリーチと同じくハイクラス向けのスカウト型サービスで、プロフィールを見て相談したいヘッドハンターを自分で選べる
  • LINEでもスカウトを受け取れるため、忙しい毎日でも空いた時間に転職活動を進められる
  • 自分で求人を探すほか、キャリアアドバイザーによるサポートやスカウト機能が1つになった転職サイト・エージェント
  • 183万人のデータに基づく「年収査定」や人気300社の「合格診断」など求人探しに役立つツールが多数
  • 転職が初めての20代におすすめ
  • 学生からの支持が厚い株式会社マイナビの運営する転職エージェント
  • 新卒採用でマイナビを利用した企業からの評判が良い
  • 第二新卒歓迎の求人が集まりやすいため、第二新卒の方におすすめ
  • 18年以上にわたり年間5,000人以上(2016年度実績)の女性求職者を支援している女性専門の転職エージェント
  • 面接のためのメイクアップサポートなどユニークなサービスも
  • 女性の転職に理解ある担当者と一緒に転職活動を進めたい人におすすめ

おすすめ関連記事

時間アイコン 24.02.05

転職サイトおすすめ人気ランキングまとめ【1万人の評価を比較】

「転職サイトおすすめランキング」のアイキャッチ画像

時間アイコン 24.02.22

転職エージェントおすすめ比較ランキング!人気61社の特徴と口コミ評判

時間アイコン 23.12.02

女性におすすめの転職サイト人気10社比較ランキング!未経験も歓迎

女性におすすめの転職サイト

時間アイコン 24.02.22

20代におすすめの転職サイト10社比較ランキング!未経験や後半向けも紹介

20代おすすめ転職サイト

時間アイコン 23.11.17

第二新卒おすすめ転職サイト人気10社比較ランキング!口コミも紹介

目次

TOP