看護師転職サイトの退会方法は?退会の手続きや流れ、個人情報の削除依頼まとめ

「看護師転職サイトの退会方法がわからない」
「看護師転職サイトを退会したいけれど転職活動が不安」

この記事では、わかりにくい退会方法を看護師転職サイト別に詳しく解説します。また、退会のメリット・デメリット、退会したほうがいい看護師のタイプ、退会せずにストレスなく活用する方法も紹介します。

登録した看護師転職サイトに不満が募って退会する看護師さんは、自分に合った転職サイトを選んでいないのかもしれません。

多くの看護師から支持される看護師転職サイトは以下の3つ。それぞれの特徴をふまえたうえで、登録・利用を検討してみてはいかがでしょうか?

看護師転職サイトおすすめ人気ランキング
おすすめの転職サイト おすすめしたい看護師や特徴 求人数(※1)
1位:看護roo!看護roo!ロゴ 20代や第二新卒の看護師におすすめ 135,858件
  • 転職満足度No.1クラスの大手
  • 面接対策や日程調整など面接サポートが手厚い
  • 転職後の満足度が高い求人を紹介
2位:レバウェル看護(旧 看護のお仕事)レバウェル看護 ロゴ ブランク看護師、ママ看護師におすすめ 151,465件
  • 看護師に寄り添ったていねいで親身なサポート
  • 経験がなくても応募可能な求人が多い
3位:ナース人材バンクナース人材バンク 求人数の多さで選びたい方におすすめ 19,207件
  • 業界最大級の求人数を誇る
  • 地方求人も網羅しており、地域の詳しい情報が得られる
  • スピーディーに転職できる
※1 転職サイト各社の求人数は2024年2月時点

看護師363名が選んだ看護師転職サイトランキングを紹介した記事もあわせてお読みください。

※当コンテンツは株式会社カケハシ スカイソリューションズによって管理しています。ご利用にあたっては、利用規約をご一読くださいますようお願いいたします。
※当サイトは口コミの一部を掲載しています。

目次

続きを見る
閉じる

看護師転職サイトを退会したくなる5つの理由

看護師転職サイトを退会したくなる理由には、次の5つが挙げられます。

電話やメールの連絡がしつこい

しつこい電話やメール連絡は、看護師転職サイトを退会したくなる、よくある理由です。

手が離せないときになり続ける電話のコールは、無視しても気をそらされるもの。また、終業後に一息ついたと思ったら、数件の着信やメールがあることに気づいて、げんなりすることも。

情報収集を目的に登録したのに、しつこい連絡でゆっくり情報を確認できなかったり、希望の時間帯や連絡方法を無視して連絡がきたりすることもあるようです。

連絡頻度や連絡方法の変更をお願いしても状況が改善されない場合は、負担に感じるのも無理はありません。

20代後半|女性

いろいろな電話番号から1日に3回以上かかってきた

看護師転職サイトを退会した理由としては、勧誘の電話が多かったからです。1日に3回以上の電話が続き、検討中の案件があるため電話の勧誘を一時的に中止して欲しいことを伝えるも、翌日には電話がきました。同じ電話番号からではなく、3種類くらいの電話番号からかかってきました。何回説明しても意味がないな、と思い退会しました。

30代前半|女性

メール連絡をお願いしても夜中に電話が

電話は出られないことが多かったので、連絡はメールメインでお願いをしていました。しかし、看護師転職サイトの中には夜中に電話をしてきたりすることもあり、メールもかなりの数だったので退会しました。

30代後半|女性

情報収集の軽い気持ちで登録したら電話攻勢

ちょっと転職しようかなと考えて情報が知りたい程度で登録したら、電話がとてもしつこくかかってきました。そのうえ、情報が手に入らなかったため退会しました。

50代前半|女性

複数サイトに登録すると働きながらの電話対応が大変

複数の転職サイトに登録し、働きながら転職活動を行っていましたが、とにかく電話やメールが多くコールバックなどが煩雑化して非常に大変でした。

担当者と合わない

担当者と相性が合わないと、余計な心労や手間がかかり、逆に転職活動の足手まといになってしまうことがあります。

例えば、希望しない職場への応募を急かされたり、担当者のやり方を押し付けられたり。その結果、納得がいく選択ができずに、転職活動に失敗してしまう可能性も。

また、実際に退会をした看護師さんの口コミを見ると、自分の代わりにやり取りする担当者が筋の通らない対応で採用側に失礼な印象を与えてしまった人もいるようです。

人生の重要なタイミングでは、相性のいい担当者にサポートしてもらいたいものですね。

40代後半|女性

担当者の不実な対応で採用側に迷惑をかけてしまった

話の通じない担当者になった場合は早めに担当変更をお願いするべきだったと思います。先方に面接の時間を作っていただいたのに、こちらと先方の間にたっていた担当者が筋を通して話をしていないことは本当に困りました。

30代前半|女性

夜遅めのメールなのに「返事待ってます」に困った

夜遅めの時間にメールがきて「返事を待っています」と一文添えられていると少し困りました。もう少し時間帯を考えてくれても…と思いました。

30代後半|女性

「いい求人はすぐ決まる」と決断を急かされた

転職時期をまだ決めていない時に登録したが、担当の人からいい求人はすぐ埋まるので、と早く病院を決めるように急かされた時に困りました。

20代後半|女性

自分に合わない求人を強引にすすめられて入職

コンサルタントの方にすすめられて就職してしまったときは、結局自分に合ってなくてわずか2ヵ月でやめてしまいました。担当からの勧誘が多すぎて、それに負けてしまいました。

20代後半|女性

複数の求人に同時応募させようとするのが合わなかった

求人サイト側は何件も応募するように言ってくることがあって困りました。1件のクリニックを受けて落ちたら次を考えるという私の方法に合いませんでした。

希望の求人が紹介してもらえない

希望の求人が紹介してもらえないことで不満が溜まり、退会につながる人もいます。

忙しい自分に代わって求人を探してもらえると思ったのに、希望条件に合わない求人ばかりでは、なかなか転職活動が進みません。

また、紹介される求人数が膨大で希望から外れたものばかりなら、複数人に同じメールを送っているのではと勘ぐってしまいますね。

非公開求人の紹介を期待していたのに、見たことがあるものばかりでガッカリという人も。

一つ一つの求人を確認するにも時間がかかりますから、これでは自分で探した方が早いと思うのも当然です。

20代後半|女性

条件の違う求人が大量に送られてきた

求人紹介のメールはほぼ毎日(平日)、看護師転職サイトによっては1日数回きていました。しかし、まったく条件が合っていないものばかりで、確認作業に時間がかかって困りました。

30代前半|女性

希望とは違う求人なのに面接の話を勝手に進めていた

求人がとにかくたくさん届きます。でも、担当者は自分の希望とは違うところをおすすめしてきて、勝手に面接の話まで進められました。

30代後半|男性

見たことがある求人ばかりで非公開求人を紹介してもらえない

定期的に連絡がきて「良い求人があります」と紹介されるので非公開求人かなと期待しましたが、以前見たことがあるものばかりで対応が面倒だと感じました。

登録した個人情報の管理が不安

企業の情報漏洩のニュースが後を絶たないなか、登録した個人情報の管理が徹底されているかは不安なものです。

現在勤務している職場が看護師転職サイトで求人募集を行っている場合は、採用担当者と自分を担当してくれているキャリアアドバイザーが知り合いという可能性はあります。

そのため、転職活動をしていることが現職場にばれないか心配になるのも当然でしょう。そんなときに、担当者からのメールの宛名が別人だったら、不信感を覚えるのも無理はありません。

また、転職活動が終わった後に、登録した個人情報がどう扱われるのかも心配になりますね。

40代前半|女性

住所や電話番号の個人情報はどうなるのか不安

登録するときに住所や電話番号なども入力しているので、個人情報がどうなるのか少し不安に感じました。医療機関と転職サイトの担当者は連携していると思うので、何かの表紙に現在の職場にばれるのではないかなど不安でした。

20代後半|女性

別の求職者向けの求人案内メールが2回も届いた

個人情報について定期的にメールが送られてくるのですが、別の方あてのメールが2件きたことがありました。個人情報の管理はどうなっているのだろうと怖くなって退会しました。

40代前半|女性

ばれるのが怖くて積極的に転職活動ができなかった

転職活動をしていることが現在の職場にばれるのではないかという思いがあり、あまり積極的に活動ができませんでした。もっと複数の転職サイトを活用して比較検討すればよかったと思います。

転職活動が終了した

転職活動が終了したらサポートが不要になり、転職サイトを使わない人がほとんどでしょう。

しかし、転職後も看護師に定期的に連絡をし、新しい職場で困ったことや不満・不安がないかなどヒアリングして、アフターフォローをしてくれる転職サイトもあります。そのため、退会の意思表示をしなければ、キャリアアドバイザーから状況確認の連絡や、求人紹介メールが継続することもあるようです。

そうした連絡や情報提供が必要ないと感じる方は、退会を検討するでしょう。

40代前半|女性

転職先が決まった後も頻繁に求人紹介のメールが

​​今働いている職場で長く続けられるか不安に思っているため、辞めることを検討した際、また転職サイトを利用したいとも考えていました。そのため登録したままにすることも考えましたが、頻繁にメールが届くため退会しました。就職が決定した方にはメールは送らなくていいのではないかと思いました。

主要看護師転職サイト5社の退会方法まとめ

看護師転職サイト主要5社の退会方法をまとめました。退会手続きの方法や流れ、退会後のほかの転職サイトの選び方まで詳しく解説します。

看護roo!の退会方法

看護roo!の退会手続きは、自分のアカウントにログインのうえ「退会ページ」からいつでも可能です。ログインしていないと、退会ページは表示されません

注意点は、共通アカウントの「ナスカレ/ナスカレPlus+」や「看護roo!国試」などのアプリも使えなくなること。溜まっている看護roo!ポイントも失効します。

転職サービスだけの停止を希望する場合は、転職サービスの担当者に連絡するか、転職サポート専用の問い合わせフォームから依頼しましょう。

退会手続きに関する公式情報は、よくある質問をご参照ください。

看護roo!の退会の流れ

1 .退会する場合は、看護roo!のトップページ上にある「ログイン」ボタンをクリックします。

看護roo 退会01

2.ログインページから「登録メールアドレス」と「パスワード」を入力し、必ずログインしましょう。

看護roo 退会02

3. ログイン後に「退会」というボタンが表示されるので、クリックして退会ページを開き、退会理由を選択したうえで「退会する」ボタンをクリックすれば完了です。

転職サービスだけを停止する場合は、下記公式サイトのその他の問い合わせフォームから連絡可能です。

看護roo 退会03

必須項目をすべて入力し、「お問い合わせ内容」欄に転職サポート退会希望の旨を記載して送信すれば回答がもらえます。

看護roo!を退会した看護師におすすめの転職サイト

看護roo!利用者には、以下の理由で退会した人が多いことがわかりました。

  • 地方求人が少ない
  • 紹介される求人が少ない or 紹介してもらえない場合がある

地方求人を探している人なら、ナース人材バンクがおすすめです。主要な転職サイトのなかでも求人数が最多で、全国に対応しています。

また、各都道府県に専任担当者がいるため、各地域の医療機関に詳しく、土地勘もあるようです。さらに、公開求人検索画面の「都道府県から探す」ページには、各地域の医療体制や求人動向も解説されています。

多くの求人を紹介してもらいたい人には、看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)がおすすめです。事前入力式のアンケートをもとにしたヒアリング力の高さで、看護師が自分では気づきにくい、幅広い提案を期待できます。

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)の退会方法

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)の退会手続きは、担当のキャリアアドバイザーに直接電話するか、お問い合わせフォームから、いつでも可能です。

専用の退会フォームはなく、ほかの問い合わせと同じフォーム上から退会申請も行えます。

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)の退会に関する最新情報は、公式サイトのよくある質問「退会するにはどうすればよいですか?」を確認してください。

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)の退会の流れ

1.レバウェル看護(旧 看護のお仕事)公式サイトのトップページ下部にある「お問い合わせ」ボタンをクリックします。

レバウェル看護 退会01

2.お問い合わせフォームを開き、必要事項を記入します。氏名、電話番号、住所は必須入力、メールアドレスと希望連絡時間は任意です。

レバウェル看護 退会02

3.「お問い合わせの種類」で「退会」を選択し、「お問い合わせ内容」に退会希望の旨を記載して送信すれば完了です。回答は2営業日以内にもらえるようです。

レバウェル看護 退会03

早めの対応を希望する場合や、2営業日たっても回答がない場合は、フリーダイヤル(0120-963-668)へ電話で問い合わせましょう。

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)を退会した看護師におすすめの転職サイト

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)の利用者は、以下の理由で退会した人が多いことがわかりました。

  • 条件に合う求人を紹介してもらえないことがある
  • 地方によっては求人数が少ないエリアがある

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)には、幅広い分野の求人がそろっていますが、条件に合う求人を紹介してもらえないこともあります。そういった不満がある看護師には、さまざまな職場の求人を保有し、キャリアアドバイザーも熱心で求人をスピーディーにたくさん紹介してくれる看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)がおすすめです。

地方でもたくさんの求人から選びたい方には、ナース人材バンクがおすすめです。主要転職サイトの中でも求人数が最多のナース人材バンクなら、レバウェル看護(旧 看護のお仕事)の求人数が少ない9県(青森県、秋田県、山形県、福井県、山梨県、和歌山県、鳥取県、徳島県、高知県)でも、高知県以外は1000件以上を確保しています。

ナース人材バンクの退会方法

ナース人材バンクは、運営会社である株式会社エス・エム・エスが提供する全サービス共通の退会フォームから退会が可能です。

ナース人材バンクの退会方法はわかりにくいです。ほかの転職サイトでは「よくあるお問い合わせ」ページなどから退会方法を確認できますが、ナース人材バンクの公式サイト上には退会に関する明確な記述は見当たりません

ネットの検索エンジンで「ナース人材バンク 退会」と検索するか、次章で解説する方法で退会フォームにたどり着けます。

ナース人材バンクの退会の流れ

1.ナース人材バンクの公式サイトのトップページ下部に小さく表示されている「会社概要」をクリック

ナース人材バンク 退会01

2.運営会社の公式サイトのトップページにある「お問い合わせ」をクリック

ナース人材バンク 退会02

3.お問い合わせページの「サービス退会のご依頼」をクリック

ナース人材バンク 退会03

4.「サービス退会のご依頼」ページで必要事項を記入します。

ナース人材バンク 退会04

「対象サービス」で『看護師/助産師/保健師向け「ナース人材バンク」』を選択し、必須項目を入力して送信すれば退会が完了します。

万が一、登録情報の照会ができなかった場合は、個人情報管理担当より連絡が入る場合があるようです。

ナース人材バンクを退会した看護師におすすめの転職サイト

ナース人材バンクの利用者は、以下の理由で退会した人が多いことがわかりました。

  • 担当者からの連絡が頻繁にある

ナース人材バンクは積極的でスピーディーな対応に強みがあるぶん、連絡頻度が多く、急かされているように感じることも。

そんな人には、連絡方法や頻度を臨機応変に求職者へ合わせてくれる看護roo!がおすすめです。マッチングを重視し、希望条件に満たない求人紹介が少ないため、連絡頻度も適度です。

看護師の気持ちに寄り添ったていねいなサポートが強みのレバウェル看護(旧 看護のお仕事)もおすすめです。看護師の希望をしっかりヒアリングしたうえで、転職をあせらせることなく、求人を提案してもらえるでしょう。

マイナビ看護師の退会方法

マイナビ看護師の退会方法については、公式サイト上に明確な記載が見当たりません。

ほかの転職サイトと同様、キャリアアドバイザーに直接連絡するか、問い合わせフォームから退会手続きが可能だと考えられます。

また「個人情報の取り扱いについて」のページに「登録フォームに記載した内容の修正・削除等については、次のメールアドレス宛(sk-privacy-info@mynavi.jp)にご連絡ください。」とあります。個人情報の削除は、メールでの受け付けとなります。

マイナビ看護師の退会の流れ

1.マイナビ看護師の公式サイトを開き、トップページ下部にある「お問い合わせ」ボタンをクリックしましょう。

マイナビ看護師 退会01

2.以下の「お問い合わせ」フォームのすべての必須項目を入力し「お問い合わせ内容」に退会希望の旨を記載して送信します。

マイナビ看護師 退会02

数日経っても返信がない場合は、公式サイト上に記載されたフリーダイヤル(0120-838-153)から問い合わせてみましょう。

マイナビ看護師を退会した看護師におすすめの転職サイト

マイナビ看護師の利用者は、以下の理由で退会した人が多いようです。

  • すぐに転職しない看護師は満足なサポートが受けられないこともある
  • 担当者のスキルにばらつきがある

マイナビ看護師は、スピーディーな転職サポートが特徴的です。そのため転職時期が先の人や、情報収集が目的の人は、十分なサポートを得られないこともあるようです。

「転職時期が先の人にも情報提供を⾏っている」とお問い合わせページで明言している看護roo!は転職時期が先の方におすすめです。

担当者のスキルにばらつきが少ないのは、レバウェル看護(旧 看護のお仕事)です。求職者が本質的に求めていることを見出そうとする姿勢が、担当者全体に徹底されています。

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)の退会方法

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)の退会方法については、公式サイト上に明確な記載はありません。

ほかの転職サイトと同様に、担当キャリアアドバイザーに退会の意思を伝えるか、問い合わせフォームから手続きが可能だと考えられます。

また、公式サイトのトップページに記載されたフリーダイヤル(0120-704-557)か、メールアドレス(info@iryou-worker.com)に連絡しての退会も可能でしょう。

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)の退会の流れ

1.問い合わせフォームから退会する場合は、看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)の公式サイトのトップ画面にある「お問い合わせ」ボタンをクリックしましょう。

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー) 退会01

2.下記のお問い合わせフォームで名前、電話番号、メールアドレスを入力し「お問い合わせ内容」欄に退会希望の旨を記載します。

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー) 退会02

「利用規約と個人情報の取扱いに同意して次へ進む」ボタンをクリックし、次ページで「送信する」ボタンを押せば完了です。

数日たっても返信がない場合は、公式サイトに記載されたフリーダイヤル(0120-704-557)に連絡してみましょう。

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)を退会した看護師におすすめの転職サイト

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)の利用者は、以下の理由で退会している人が多いようです。

  • 連絡がしつこく、夜遅い場合がある
  • 条件に合わない求人をすすめる担当者がいる

昼夜問わず連絡がしつこいところが嫌で退会した方は、看護roo!とレバウェル看護(旧 看護のお仕事)がおすすめです。

頻度や回数、時間帯を考慮して連絡をくれる看護roo!や、看護師の状況や気持ちに寄り添う姿勢を大切にしているレバウェル看護(旧 看護のお仕事)では、しつこい連絡や夜遅い時間帯の連絡は少ないでしょう。

転職理由や希望条件をていねいにヒアリングするマイナビ看護師は、条件に合う求人を探している方におすすめ。長期的なキャリア形成をふまえて、求職者本人が気づいていない可能性を親身に提案してもらえるでしょう。

退会しても連絡がくる人は個人情報の削除依頼を

退会しても看護師転職サイトから連絡がくるのは、登録した個人情報が削除されていないことが原因です。

職業安定法で「人材紹介会社は求職者の情報を2年間は保存する必要がある」(※)と定められているため、特に削除依頼がない限り退会しても個人情報はそのまま残ります。

個人情報を削除してもらうためには、各転職サイト指定の方法で削除依頼をする必要があります。多くの看護師転職サイトでは「個人情報の取扱い」や「個人情報保護方針」ページに、削除依頼先が記載されています。

個人情報関連ページは、各転職サイトの公式サイト下部に、小さい文字で表示されていることが多いです。みつからない場合は、問い合わせフォームなどから手続き方法を確認してみましょう。

※厚生労働省「職業紹介事業パンフレット―許可・更新等マニュアル―」

看護師転職サイトを退会するメリット

看護師転職サイトを退会するメリットは、おもに以下の3つが挙げられます。

しつこい電話やメールに悩むことがなくなる

看護師転職サイトを退会すれば、しつこい電話やメールに煩わされることがなくなります。

鳴りつづける電話のコールに気をそらされることもなく、溜まった着信に折り返すタイミングを検討する必要もありません。

また、多すぎるメールで、重要なメールを読み漏らすこともなく、担当者からの確認事項に答える必要もなくなります。

しつこい電話やメールから解放されて、自分が本質的に求めていることを見つめ直す機会を持てるでしょう。

合わない担当者とやりとりをしなくてもいい

合わない担当者がいる転職サイトを退会することで、少ないストレスで効率的に転職活動を進められます

相性の合う担当者に対してなら、悩みや現職への不満を打ち明けやすく、より希望にそった求人紹介を期待できます。応募先の内部情報なども質問しやすいため、入職後のミスマッチも防げるでしょう。

さらに、ペースも合う担当者となら、やり取りにすれ違いが少なく、余計な手間やストレスがかかりません。

担当者との相性で、転職活動のしやすさが大きく変わるでしょう。

自分のペースで転職活動ができる

転職のプロにサポートしてもらえるのは助かる反面、ペースが合わない担当者に当たってしまうと、やり取りに負担がかかります。

転職サイトによって、スピーディーに転職サポートをするところもあれば、じっくりゆっくり支援してくれるところもあります。ペースの合う転職サイトに登録し直すことで、自分のペースで転職活動が仕切り直せるでしょう。

また、転職サイトを使った転職活動のペースが合わなければ、転職サイト以外の方法も併用するのもおすすめです。例えば、直接応募、ハローワーク、eナースセンター、求人広告などは、自分のペースで情報収集ができ、転職活動が進められるでしょう。

看護師転職サイトを退会するデメリット

看護師転職サイトを退会することで被るデメリットは、おもに以下の4つとなります。

最新の求人情報が得られなくなる

看護師転職サイトを退会すると、最新の求人情報を自分で探し出す必要があります。

例えば、興味のある医療機関が求人募集をしていない場合、自分で常にホームページをチェックする必要があります。また、土地勘のない地域への転職では、交通事情や土地柄なども不明な状態で、一から求人を探さなければなりません。さらに、各求人の相違点なども、一つ一つ自分で見比べる必要があります。

求職者一人で調べられる情報には限界があるため、退会することで情報量が減ることは覚悟が必要です。

転職を希望する医療機関の内部情報が教えてもらえない

看護師転職サイトを退会することで、医療機関の内部情報を得られなくなり、入職後にギャップを感じる可能性があります。

例えば、給料に対しての忙しさはどうか、看護師同士の関係性は良好かといったことを求職者が事前に把握するのは難しいことです。面接時に直接確認するのも気が引けるでしょうし、質問しても本音で答えてくれるとは限りません。

内部情報がわからないと、本当に自分に合う職場かどうかを見極めるのは難しいでしょう。

好条件の非公開求人を紹介してもらえない

看護師転職サイトを退会すると、好条件の非公開求人は紹介してもらえなくなります。

好条件・好待遇の人気求人ほど、非公開にされる場合が多いのはご存知でしょう。それを目的に看護師転職サイトに登録した人も多いのではないでしょうか。

非公開求人の情報を得られなくなると、より好条件で採用される職場との出合いを逃す可能性があります。

「もっとよい職場があったのでは」と、入職後に後悔するのはもったいないことですね。

転職サイトの転職支援サポートが受けられなくなる

退会すると、履歴書の添削や面接対策、採用条件の交渉といったプロの転職サポートを受けられなくなります。

そのため、採用側が求める人物像や、好まれる受け答えなどを自分で理解して、選考対策を行う必要があります。しかし、募集要項から読み取れる情報は少ないため、適切な選考対策ができるとは限りません。また、採用条件の交渉や内定辞退なども、自分で伝える必要があります。

転職に不慣れな人にとって、転職活動のすべての工程を自分一人でこなすのは、心細く難しいのではないでしょうか。

転職サイトを退会しないほうがいい看護師、退会したほうがいい看護師は?

転職サイトを退会しないほうがいい看護師、退会したほうがいい看護師のタイプについて、詳しくご紹介しましょう。

退会したほうがいい看護師

転職サイトを退会したほうがいい看護師は以下の3タイプです。

  • 国公立病院志望の看護師
  • 転職したい医療機関が決まっている看護師
  • 気が弱く優柔不断で断れない看護師

中途採用枠が少ない国公立病院の求人は、転職サイトではほとんど取り扱いがありません。人気求人のため、お金がかからない採用方法で募集枠が埋まってしまうからです。そのため、国公立病院志望の人は直接応募するかハローワークなどで求人を探しましょう

また、転職したい医療機関が決まっているなら、看護師転職サイト経由では不採用になる場合があります。なぜなら、紹介料が必要な転職サイト経由よりも、転職サイトを使わないほうが低コストで採用できるため内定率が高いのです。

また、気が弱く優柔不断な人の場合は、強引な担当者からの提案を断れずに、希望とは違う転職先に入職して後悔する可能性もあるでしょう。

退会しないほうがいい看護師

看護師転職サイトを退会しないほうがいい看護師は、以下の4タイプです。

  • 初めての転職、もしくはスキルに自信がない
  • 仕事や家事育児で忙しい
  • 病院以外や常勤以外の求人志望
  • 人間関係の不満やトラブルが理由の退職

転職活動の進め方から面接対策まで、プロが教えてくれる転職サイトは、初めての転職やスキルに自信がない人の心強い味方です。

求人探しや面接日程の調整、内定辞退なども代行してもらえるため、忙しい人にもメリットが大きいでしょう。

また、病院以外や常勤以外の求人志望の人は、これらの求人に強い転職サイトの利用で選択肢を増やすことをおすすめします。

人間関係の不満やトラブルが退職理由なら、応募先の内部情報を確実に把握するため、利用継続を検討しましょう。

退会せずに看護師転職サイトをストレスなく活用する方法

看護師転職サイトの活用法

看護師転職サイトを退会せず、ストレスなく転職活動を進める方法はあるのでしょうか?看護師転職サイトのメリットを最大限に発揮できる活用法は、以下の3つがあります。

連絡方法・連絡頻度をあらかじめ伝えておく

希望の連絡方法や頻度をあらかじめ伝えておくことで、必要以上の連絡を防ぐことができます。

希望を伝えられる最初のタイミングは、会員登録時です。登録フォームに該当の入力項目がなかったとしても、備考欄などに記載しておくことをおすすめします。さらに初回ヒアリング時に、希望を改めて口頭で伝えておくと効果的でしょう。

それでも求人紹介開始後に、希望に反して連絡がくる場合があります。その際は再度担当者に希望を伝えるか、公式サイト上の問い合わせフォームからも改善依頼が可能です。

スマートな断り方を覚えておく

キャリアアドバイザーは求職者の意思確認のため、何度も連絡をすることがあります。そこで、以下の3つのポイントを押さえたスマートな断り方を覚えておくとよいでしょう。

  • 曖昧に答えない
  • なるべく早く伝える
  • 断る理由も伝える

紹介された求人に興味がない場合は「こういう理由で興味がないため、応募は見送ります」と明確な断り方をすることが大切です。遅くとも翌日中には返信するか「検討のうえ〇日以内に返信します」と期限を設けましょう。

担当者を変更してもらう

同じ転職サイトでもキャリアアドバイザーの質や経験年数には差があるため、どうしても合わない、任せるのは不安という場合は、担当者を変更してもらうのも方法です。

転職サイトでは、担当者の変更依頼があるのは珍しいことではありません。大手転職サイトのよくあるQ&Aでも「担当者の変更に対応します」と明記されています。

担当者に直接伝えることが気まずいなら、転職サイトの問い合わせフォーム問い合わせ用電話番号に連絡するとよいでしょう。

その際、なぜ変更を希望するのか、次はどんな担当者がいいのかも併せて伝えましょう。

転職サイトの退会を考えている看護師のよくある質問Q&A

看護師転職サイトのQ&A

看護師転職サイトの退会を考えている看護師さんが抱きやすい質問にお答えします。

Q.希望する求人を紹介してもらえないのはどうして?

答えは、希望する求人と登録した看護師転職サイトの得意な求人分野が一致しないから。

看護師転職サイトには、得意・不得意な分野があります。そのため自分の希望条件に合う求人が多い転職サイトに登録しましょう。

例えば、施設形態でクリニックを希望するならクリニックに強い転職サイトに登録。雇用形態で派遣を希望するなら、派遣求人があるサイトに登録する必要があります。

また、希望の勤務地が都市部か地方か、若手かベテランかによっても、利用したい転職サイトが異なります。

各転職サイトの強みは、以下の記事をご参照ください。

Q.担当者から転職を急かされる…自分のペースで転職をするには?

希望の連絡頻度や連絡方法を再度伝える or 転職サポートのない転職方法を利用するのがおすすめです。

希望の連絡方法や頻度を改めて伝えることで、状況が改善される可能性があります。また、担当者は看護師の意思が確認できるまで連絡し続けることもあるため、一言でも返信すればしつこい連絡を防げる場合も。

それでも改善されなければ、担当者を変更してもらう、転職サポートのない直接応募や求人広告などの方法を利用しましょう。第三者が介在しないぶんマイペースに活動できます。採用側にお金もかからないため、落ちる可能性も低いです。

看護師転職サイトの退会まとめ

おもな看護師転職サイトの退会方法や個人情報削除の依頼方法、退会した場合のメリット・デメリット、利用したほうがいい看護師などについてご紹介しました。

しつこい連絡や担当者とのミスマッチでストレスが重なると、退会したい気持ちが強くなりますよね。しかし、看護師転職サイトで得られるメリットも捨てきれません。

看護師転職サイトには、それぞれ得意・不得意があるため、相性のよい転職サイトや担当者にまだ出会えていないだけかもしれません。退会のメリット・デメリットをしっかり把握したうえで判断しましょう。

ストレスなく転職活動を進めるために、退会という手段が本当に必要なのか改めて検討してみてください。

首都圏・関西・東海地方の求人に強く、転職後の満足度が高い求人紹介に定評がある。給料や手当、福利厚生などの条件面だけではなく、人間関係や職場の雰囲気、やりがいまで考慮した求人提案力が強み。対応が丁寧かつスピーディーでストレスなく転職活動ができる。

幅広い分野の求人があり求人の選択肢が多い。キャリアアドバイザーのヒアリング力が高く丁寧な対応に定評がある。希望求人の紹介だけではなく、入職後の生活やキャリアプランも考慮した求人提案力がある。定期的な病院訪問や取材を通して職場の環境など詳しい情報を持っている。

高給与求人や条件が良い非公開求人が多く、都市部だけでなく地方の求人にも強い。地域選任のキャリアコンサルタントが在籍し地域の特色まで熟知している。2005年にサービスを開始し年間10万人以上の看護師が利用する。紹介実績が多く医療機関や施設の採用背景や職場の内情にも詳しい。

全国展開で都市部にも地方にも強く、さまざまな職場の求人が豊富。保有求人の30%が非公開求人で高収入・好待遇の求人が多い。できる限り対面での面談を重視し、転職の背景を理解したうえで求人を紹介するためミスマッチが少ない。キャリアやライフプランを考慮した求人提案やアドバイスの質が高い。

医療機関以外の求人も多く保有しており転職先の選択肢が豊富。全国対応だが、特に首都圏・関西・東海エリアの求人が充実している。事前アンケートと登録時のヒアリングをもとに行うキャリアドバイザーの求人提案力の高さが評価されている。

全国各地の医療機関情報を網羅しており、地域別の求人情報に精通した各支社による「エリア別担当制」が好評。現場訪問など独自取材で得た詳しい職場情報を持っている。働いてみたい病院や希望の医療機関の求人が出ていない場合も、求人状況や条件を確認してくれる「逆指名制度」がある。

おすすめ関連記事

時間アイコン 23.08.02

転職したほうがいいの?看護師に多い悩みと回避策や解決方法

看護師転職悩みアイキャッチ画像

時間アイコン 24.01.31

看護師を辞めて違う仕事へ転職した人の口コミとおすすめの職種を紹介

看護師辞めて違う仕事

時間アイコン 23.10.25

40代看護師の転職は難しい?成功する転職活動のポイントや体験談を紹介

40代の看護師の転職は難しい

時間アイコン 23.04.11

臨床経験なしでも看護師で働ける?未経験でも希望の就職が叶うコツ

看護師臨床経験なし

時間アイコン 24.02.16

レバウェル看護(旧:看護のお仕事)の評判や口コミは悪い?求人数や特徴、退会方法まで解説

レバウェル看護アイキャッチ

目次

TOP