看護師が転職を成功させる5つのコツと年代別・施設別のポイントを解説

看護師が転職を成功させるコツ

転職したいけれど失敗したらどうしよう
転職を成功させるためのコツはあるの?

転職に対する看護師の不安を解消し、情報を収集するため、実際に転職した看護師の口コミや看護師転職サイトの現役キャリアアドバイザーに取材を行いました。その結果、転職を成功させるためには、転職活動には以下の5つのコツがあることがわかりました。

看護師が転職を成功させるコツ

  1. 転職理由や転職で叶えたい条件を整理する
  2. 積極的に情報収集を行う
  3. 転職サイトに登録する
  4. 複数の求人を比較して検討する
  5. 職場見学をする

この記事では、どのような転職が成功例と言えるのか、また、年代別の転職成功に導く方法なども紹介します。
看護師の転職活動を有利に進めるおすすめの看護師転職サイトをランキング形式で紹介するので、参考にしてください。

看護師転職サイト利用者がおすすめする転職サイトTOP5

順位 転職サイト 総合評価 求人数
1位 看護roo!看護roo! ◎(3.537)
利用者満足度96.3%(※1)の実績
135,858件
  • 入職前に職場の内部情報を詳しく教えてもらえる
  • 東京、大阪、名古屋、神戸などの主要都市で転職先を探している人におすすめ
2位 レバウェル看護
(旧 看護のお仕事)レバウェル看護 ロゴ
◎(3.535)
希望に寄り添った求人を提案
151,465件
  • 入職後は専門のアフターフォローチームにサポートしてもらえる
  • 出産や育児を経て復職したい人にもおすすめ
3位 ナース人材バンクナース人材バンク ◎ (3.522)
業界最大規模の求人数
19,207件
  • 都市部だけでなく、地方の看護師求人も充実
  • 求人数が豊富なため多くの求人情報を知りたい人におすすめ
4位 マイナビ看護師マイナビ看護師 ◎ (3.52)
一般企業や保育園の求人を多く保有
62,367件
  • 保有している求人の約3割が非公開求人
  • 全国22カ所に相談会場があるため、キャリアアドバイザーに直接会って相談したい人におすすめ
5位 看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)のロゴ ◯(3.382)
働き方から転職先を選ぶことが可能
62,714件
  • 派遣、応援看護師など、自分のライフスタイルに合わせた転職先が見つかりやすい
  • 管理職や年収アップを目指す人におすすめ

※2024年2月現在
※1 公式サイトより
※看護師転職サイト利用経験のある看護師363名のアンケート調査による総合評価。転職満足度、求人の質、初回連絡の早さ、面接対策サポート、面接同行・条件交渉、入職・退職サポートの6項目から5段階評価で算出

このほか、看護師転職サイトのサポートサービス面や雇用形態別などで比較したい方は、「看護師転職サイトおすすめランキング15社を比較!口コミや選び方も紹介」の記事もあわせてご覧ください。

※当コンテンツは株式会社カケハシ スカイソリューションズによって管理しています。ご利用にあたっては、利用規約をご一読くださいますようお願いいたします。
※当サイトは口コミの一部を掲載しています。

目次

続きを見る
閉じる

転職成功事例から学ぶ!看護師が転職を成功させるための5つのコツ

転職したいと漠然と考えて動くだけでは、希望の転職先にはなかなか出会えません。看護師が自分の能力を活かして長く働ける、環境が良い職場に転職するためには、転職を成功させるためのコツを知ることから始めましょう。
実際に転職した看護師からの口コミより成功のポイントも紹介するのでチェックしてみましょう。

コツ1.転職理由や転職で叶えたい条件を整理する

転職を成功させるために、まず行うことは自己分析です。

なぜ転職したいのか、そして、転職することで実現させたい条件などを明確にすると、おのずと転職のゴールが見えてきます。
転職の理由をあいまいにしたまま転職活動をしていると、さまざまな医療機関や施設から転職先を絞る際に悩んだり、選択を誤ってしまうおそれがあります。

転職することで叶えたい条件については希望条件を明確にした上で、優先順位をつけることで、複数の求人を比較する際にスムーズに決断することができるでしょう。
自分の希望に合った転職先を見つけるため、そして転職先を決める決断を下すためにも、希望条件はしっかりと整理しておきましょう。

転職理由や転職で叶えたい条件を整理して転職成功した看護師からの口コミ

看護師の口コミ

自分がゆずれないことを明確にした

women
年齢
30代後半
性別
女性

総合病院へ転職

私の場合は金銭面よりも、精神的、体調的、ここを優先しました。
やり方の違いなど自分の今まで…

私の場合は金銭面よりも、精神的、体調的、ここを優先しました。
やり方の違いなど自分の今までのやり方を通せば、トラブルになる、新しい環境に馴染めない、と言う事は、今まで転職を受け入れる側として感じていたので、そこはまっさらな状態で行くように意識しました。

続きを読む閉じる

看護師の口コミ

転職希望条件に優先順位をつけた

women
年齢
30代前半
性別
女性

デイサービスへ転職

転職サイトを利用するうえで、自分の希望を具体的に考え、なぜそこを希望するのかをきちんと説明しました。…

転職サイトを利用するうえで、自分の希望を具体的に考え、なぜそこを希望するのかをきちんと説明しました。そして優先順位をつけることで、妥協ポイントも合わせてお伝えしました。
そこを明確にすることで、探してくださる方も無駄な情報を提示せずお互いによかったと思います。

続きを読む閉じる

コツ2.積極的に情報収集を行う

入職後に後悔することのないよう、自分でも積極的に情報を集めることが重要です。

採用側から発信された求人票やホームページに記載された内容からメリットは読み取れても、デメリットまではわからないことは多いです。
情報収集の方法としては、実際にその職場で仕事をする人の口コミを調べたり、希望する職場で働いている友人・知人から話を聞いてみると参考になるかもしれません。

また、看護師転職サイトを利用するのであれば、キャリアアドバイザーに職場の内部事情を質問するのもいいでしょう。

積極的に情報収集を行って転職成功した看護師からの口コミ

看護師の口コミ

知人から情報取集をし転職先を決めた

women
年齢
20代後半
性別
女性

総合病院からクリニックへ転職

転職サイトの活用と口コミサイト、実際に患者としてその病院を利用して、実際の雰囲気やスタッフの患者に対…

転職サイトの活用と口コミサイト、実際に患者としてその病院を利用して、実際の雰囲気やスタッフの患者に対する対応を観察しました。
また、看護師、助産師をしている知人から、他の職場の情報を収集し、自分が次の職場に求める事を明確にしてから、転職先を決めました。

続きを読む閉じる

看護師の口コミ

実際に働いている知人を見つけて情報収集した

women
年齢
30代後半
性別
女性

大学病院から脳外科専門病院へ転職

希望する病院で働く看護師さんと繋がっている知り合いがいないか探しました。私の場合は、友達の友達がその…

希望する病院で働く看護師さんと繋がっている知り合いがいないか探しました。私の場合は、友達の友達がその病院に転職していることがわかったので、転職前に会う機会を設けてもらいました。そして、実際に働いてみての感想や給料、休みの数などをいろいろと教えてもらいました。

続きを読む閉じる

看護師の口コミ

知り合いに聞いたことで視野が広がった

women
年齢
20代後半
性別
女性

総合病院から保育園へ転職

私の中で看護師の職場は病院、クリニック、施設くらいだと思っていました。慢性期・終末期より急性期の方が…

私の中で看護師の職場は病院、クリニック、施設くらいだと思っていました。慢性期・終末期より急性期の方が好きな私は施設で働くという選択肢はありませんでした。
知り合いに聞いたり調べたりすると、保育施設という場所もあることを知りました。思い込みで行動せず、視野を広げてみることも大事だなと思います。

続きを読む閉じる

コツ3.転職サイトに登録する

働きながら転職活動をする場合、特におすすめしたいのが看護師転職サイトへの登録です。

転職サイトを利用すると、専任の担当者が希望条件に合った転職先を紹介してくれるため、膨大な求人から転職先を自分で探す手間が省けます。
求人紹介だけでなく、履歴書や職務経歴書の添削や面接のサポートが受けられたり、面接や入職の日程調整や雇用条件の交渉までお願いできる場合もあります。理想の転職先を見つけ、希望通りの条件で入職するためにも、転職サイトの利用は有利だと言えるでしょう。

転職サイトに登録して転職成功した看護師からの口コミ

看護師の口コミ

選択肢を増やすことができた

women
年齢
20代後半
性別
女性

透析室から透析クリニックで応援ナースとして転職

自分だけで探すとなると限界もあるが、転職サイトを利用することで非公開の求人情報を見ることができた。公…

自分だけで探すとなると限界もあるが、転職サイトを利用することで非公開の求人情報を見ることができた。公開されている求人情報の他にも選択肢が増えるため、自分に合った転職先と出会える機会が増え、選択肢を増やすことができたため、利用してよかったと思う。

続きを読む閉じる

看護師の口コミ

情報収集からアドバイスまで

women
年齢
30代前半
性別
女性

病棟へ転職

自分では情報収集できない情報をききだすことができたのですごくありがたかったです。調べるのは時間がかか…

自分では情報収集できない情報をききだすことができたのですごくありがたかったです。調べるのは時間がかかるうえに、限界があるのでプロの方からアドバイスをもらうことで現実的に考えて行動できました。

続きを読む閉じる

看護師の口コミ

ほぼ何もしない状態で転職できた

women
年齢
20代後半
性別
女性

慢性期院から美容外科クリニックへ転職

転職に対するハードルが下がったのが一番良かったことでした。転職自体が非常に大変という漠然とした気持ち…

転職に対するハードルが下がったのが一番良かったことでした。転職自体が非常に大変という漠然とした気持ちでしたが、ほぼ何もしない状態で転職できました。担当の方が求人情報を探し出し、エントリシートーも自己PR以外は記載してくれるなど、とても楽でした。

続きを読む閉じる

転職ハブおすすめ!看護師に人気の転職サイトランキング

コツ4.複数の求人を比較して検討する

選考に進む前に、複数の求人を比べてみることをおすすめします。

いくら好条件であっても1つの求人しか見ずに転職を決めてしまうと、「他にもっといい転職先があったのではないか」と、後悔するおそれがあります。そういったことを防ぐためにも、複数の求人を比較し転職先を選ぶことが大切です。

求人を比較するポイントは、働き方や年収・給与、業務内容、通勤のしやすさ、施設の規模などの希望条件や、雇用形態や入職後のポジションなどの雇用条件など。条件面だけでなく、職場の環境もチェックしておきましょう。
複数の求人を見比べることによって転職市場の把握や自分の市場価値も知ることができます。

また、複数の求人を比較した結果、並行して応募することも可能です。同時に選考に進めることで、転職活動の期間を短縮することができるでしょう。

複数の求人を比較して検討し転職成功した看護師からの口コミ

看護師の口コミ

希望条件と一致する求人を比較した

women
年齢
20代後半
性別
女性

透析室から透析クリニックで応援ナースとして転職

転職サイトを複数利用し自分の希望を伝え、求人情報のピックアップを複数箇所して頂きその中から自分の条件…

転職サイトを複数利用し自分の希望を伝え、求人情報のピックアップを複数箇所して頂きその中から自分の条件と一致するものを詳しくエージェントさんに伺ったり、クチコミを検索。透析希望だったため、ベッド数、患者管理数、透析機械など雰囲気もHP見るなどして情報収集し転職先を決めた。

続きを読む閉じる

看護師の口コミ

複数の求人から譲れない点をピックアップ

women
年齢
30代前半
性別
女性

精神科病院から企業の訪問看護ステーションへ転職

複数の転職サイトに登録して、自分の希望をとことん伝えて、希望にあう転職先が無くても、交渉してもらった…

複数の転職サイトに登録して、自分の希望をとことん伝えて、希望にあう転職先が無くても、交渉してもらったり、尽力していただきました。また、自身でもハローワークへ行ったり、とにかく求人を調べまくり、自分の中でも譲れない点をピックアップして選びました。

続きを読む閉じる

コツ5.職場見学をする

あらかじめ職場の雰囲気を知っておけば、入職後にミスマッチを感じるのを防ぐことができるため、実際にどのような環境で仕事をしているのかを確認しておきましょう。

書類では書かれていないリアルな職場の雰囲気や看護師の年齢層、衛生管理などをチェックできる機会のため設定してもらうことをおすすめします。

職場見学の順序は、病院なら面接前に、クリニックでは面接後に行うことが多いようです。医療機関側としては、入職してもらうためにも職場をよく見せたいという思いがあります。そのため職場見学は現場が比較的落ち着いている時間帯にセッティングされることが多いようです。見学させてもらった職場はいつもより余裕がある状態であることを頭に入れて見学するといいでしょう。

職場見学をして検討し転職成功した看護師からの口コミ

看護師の口コミ

見学で看護部の人と直接話すことができた

women
年齢
20代後半
性別
女性

一般病院から総合病院へ転職

転職サイトでどのような病院があるか下調べして、病院のホームページもたくさん見た。また一番気になった病…

転職サイトでどのような病院があるか下調べして、病院のホームページもたくさん見た。また一番気になった病院は、連絡をして実際に見学へ行って、看護部の人と話しをすることができたので、病院の実際を知ることができて良かった。

続きを読む閉じる

年代別!20代から50代の看護師が転職を成功させるためのポイント

看護師の転職は年代別で変わるのでしょうか。転職hubでは、現役のキャリアアドバイザーにインタビューを行い、年代別の転職成功のコツを教えてもらいました。

ここでは、20代、30代、40代、50代の看護師が転職するときに押さえておくべきポイントと、キャリアアドバイザーからのコメントをそれぞれ紹介します。

20代は具体的な転職理由と将来のビジョンを明確にする

20代は転職をするのに有利な年代です。
なぜなら、キャリア5年目を迎える頃の看護師を採用したがる医療機関は多く、内定率は高い傾向にあります。

しかし、第二新卒をはじめとする経験の浅い看護師は事情が異なります。同じ職場に3年間勤めてこそ経験としてアピールできると言う暗黙のルールもあるため、残念ながら内定率が低いのが現状です。
そのため、転職を回避する道を模索することも必要。まずは、異動などの配置換えを依頼するなど検討してみましょう。それでも転職したいのであれば、転職する理由や転職後のビジョンを明確にし、面接時に自分の言葉でしっかりと伝えることが大切です。

現役のキャリアアドバイザーからのコメント

看護師専門キャリアアドバイザー
安易な転職は失敗につながります

経験が浅い第二新卒などは内定率が低い場合があります。そのため、現在の職場で解決できないのか模索することも大切です。また、安易に転職すると失敗することもあるため、市場感も把握し慎重に動く必要があります。転職成功を目指すならば面接練習などをして内定獲得を目指すことが大切です。

30代はライフスタイルの変化を見据えた転職先を探す

キャリアを積んだ30代の看護師は、結婚や出産などのライフイベントを迎える時期でもあります。そのため、30代の看護師は自分を取り巻く家庭環境が変わっても、長く働き続けられる転職先を探すことが重要です。

おすすめは、ライフスタイルが変わっても働きやすい日勤で働ける職場です。面接時には家庭の状況が変わっても働き続けることをアピールしましょう。

30代と言えば、キャリアを積んで自分の経験に自信が出てくる時期。しかし、キャリアや経験をアピールしすぎるよりも謙虚な姿勢で面接に臨んだ方が、内定率がぐっと上がるようです。

現役のキャリアアドバイザーからのコメント

看護師専門キャリアアドバイザー
謙虚さをアピールし内定率アップに

経験値やスキルを全面に出しすぎるのは注意が必要です。謙虚さを出すと内定率も上がりやすいです。働き方としては結婚や出産などライフスタイルの変化も起きやすい時期のため日勤で働ける職場だと長く働ける可能性が高いです。

40代は豊富な経験とスキルをアピールする

40代の看護師は、これまでに積んできた経験やスキルをアピールしましょう。

経験豊富なうえ、スキルや知識も身についている40代看護師は中間管理職などのキャリアアップも可能な年代です。

しかし、キャリアを積んでいるからこそ注意したい点も。転職先では、これまでの業務内容以外に覚えることや年下の同僚から仕事を教わることもあります。そのような環境下でもいとわないなど、面接時にはしっかりと伝えておきましょう。
また、未経験の領域での転職も注意が必要です。美容クリニックや一般企業への転職は、20・30代の看護師のほうが採用されやすいため、40代の看護師は慎重に職場を選ぶ必要があるでしょう。

現役のキャリアアドバイザーからのコメント

看護師専門キャリアアドバイザー
アピールには具体的なエピソードも添えて

面接時に、教えていただけるのは年下の方でも大丈夫です!環境に順応できます!などをアピールするためにも具体的なエピソードを添えることをおすすめします。

50代は介護業界からの需要が高く転職しやすい

50代の看護師は、40代の看護師と同様に、経験やスキルを活かして働ける職場を探しましょう。
転職するなら若いうちがいいと一般転職業界では言われていますが、看護師においては年齢が上がるのを理由に転職しづらくなることはありません。未経験の領域にチャレンジするのは難しいものの、介護施設では臨床経験がある40代から50代の看護師は好まれる傾向にあり、未経験者も積極的に採用されています。

現役のキャリアアドバイザーからのコメント

看護師専門キャリアアドバイザー
介護施設などは給料アップに繋がる可能性も

介護施設などは40・50代でも需要があります。給料も上げることが可能な場合もあるので挑戦してみてはいかがでしょうか。

施設別に解説!転職成功するためのポイント

転職活動を成功させるためには、応募先に合わせた対策も必要です。ここでは、施設の特徴や施設別の転職成功へのポイント、注意したいことを紹介します。

病院への転職は4月入職に向けて転職活動をする

病院では年度末に退職する看護師が多いことから、欠員を補充するために4月1日入職可能の求人が多く出るのが特徴です。
4月入職の中途採用は募集人数が多いというメリットがあるほか、新卒看護師といっしょに研修を受けるチャンスもあることから、経験の浅い看護師にもおすすめのタイミングだと言えるでしょう。病院への転職を希望するなら、1月頃から転職活動を開始して4月入職を目指すといいでしょう。

準備スケジュール

残業や夜勤などで生活が不規則になる

病院への転職で注意したい点は、残業や夜勤などで生活が不規則になることです。

病院で働く場合は、日勤だけでなく夜勤もあるため、就業時間が一定ではありません。また、患者さんの急変や入院など状況によって残業が生じることもあります。そのため、周りの人と予定が合わないため、仕事とプライベートとの両立が難しくなる場合があります。

介護施設・介護サービスへの転職は臨床経験を強みにする

高齢化が進む中、介護施設や訪問看護をはじめとする介護サービスの現場での看護師需要が高まっています。
介護施設での主な業務内容は利用者の健康管理であることから、介護の現場では体調の変化を見抜くスキルを持ち、利用者と向き合ってコミュニケーションを取ることができる臨床経験のある看護師が求められる傾向にあります。病棟での勤務経験を持つ看護師は、是非アピールしましょう。

看護技術のスキルアップが望めないこともある

介護施設や介護サービスへの転職で注意したい点は、看護技術のスキルアップが望めないおそれがあることです。介護施設や介護サービスで働く看護師の主な業務は利用者の健康管理であるため、最新医療に触れる機会が少なく、新たに看護技術を磨いたり、スキルを身につける機会がないのが現状です。

クリニックへの転職はこれまでの経験を活かせる職場を探す

クリニックでは即戦力となる看護師が求められるため、自分の経験が活かせる職場を選びましょう。
内科や外科、小児科、産婦人科、透析科などは、業務に関わる一通りのスキルを身につけたと判断される3~5年の臨床経験が求められるのが一般的です。
未経験領域のクリニックへの転職を目指すなら、臨床経験やコミュニケーションスキルが活かせる美容系、皮膚科系、健診・検診クリニックがねらい目です。

拘束時間が長く有休が取りにくい場合もある

クリニックへの転職で注意したい点は、拘束時間が長いことや、有給休暇が取りづらい場合があることです。

クリニックでは、午前診療と午後診療の間に長い休憩時間を設ける場合が多く、看護師には「中抜け」と呼ばれる長い休憩時間が発生します。看護師の拘束時間が長いため、休憩時間は自宅に戻って家事を済ませる看護師も多いようです。
また、クリニックの看護師は少数であるため、希望通りに有給休暇が取れないことも。急に休む看護師がいた場合は、他の看護師が残業して業務の穴埋めをすることもあります。

美容クリニックへの転職は接遇やコミュニケーションスキルを磨く

美容クリニックに来る患者は、病気を治すためではなく健康で美しくいることを目的に通院しています。そのため、看護師が担当するのは美容医療のカウンセリングや施術です。看護よりもサービス業という面が強いため、患者さんに満足してもらえるような接遇スキルが必要となります。看護スキルよりはコミュニケーションスキルや美容への興味や関心があるかが重視されるため、例え未経験者でも転職しやすい職場だと言えます。

キャリアや経歴としてカウントされない可能性がある

美容クリニックへの転職で注意したい点は、美容クリニックでの勤務経験は看護師としての経歴にならないおそれがあることです。

美容クリニックでは、看護や医療行為を行う機会は狭められてしまいます。そのため、美容クリニックでの勤務期間は看護師としてのキャリアとカウントされず、ブランクがある看護師と同様とみなされることも。そのため、他の診療科への転職が難しくなるおそれがあります。

美容クリニックと一般病棟の業務内容や年収の違い、美容クリニックで働くメリット・デメリットを知りたい方は「看護師が美容クリニックへの転職に使うべきおすすめの転職サイト7選」の記事を参考にしてみてください。

一般企業や保育園への転職は業務内容を理解したうえで慎重に

産業看護師や産業保健師など一般企業で看護師として働くほか、保育園や治験コーディネーター(CRC)のように看護師資格を活かして働く道もあります。

しかし、医療機関で看護師として働くのと比べると業務内容に大きな違いがあります。看護師としての経験以外にも、ビジネススキルやプレゼンテーション能力、折衝能力が求められることも。その他、看護師の業務としてはあまり触れて来なかったパソコンや事務ワークのスキルを身につける必要があります。
新たに学ぶことは多いものの、新しい看護知識を身につける機会がないことも頭に入れておきましょう。

転職までに時間がかかることもある

一般企業への転職で注意したい点は、転職先が決まるまでに時間がかかるおそれがあることです。
看護師資格や経験を活かして一般企業で働ける求人は少ないため、転職の難易度が上がる傾向にあります。
また、治験コーディネーター(CRC)やクリニカルスペシャリストは看護師としての勤務経験がなくても働ける職種であることから、看護師だけでなく一般企業で働いてきた人たちも応募するためライバルが多いと言えます。
さらに、一般企業での勤務経験者と看護師を比較したとき、残念ながら看護師のビジネスマナーやビジネススキルは劣ることも。医療機関に転職するよりも、一般企業への転職は難易度が上がると覚悟しておきましょう。

看護師の転職でよくある不安や悩みの解決方法

転職は誰しも不安を抱えるもの。看護師1年目だけど転職するか迷っている、転職したいけれど引き止めにあったらどうしようなど、誰かに相談したくても人には聞きづらいこともあるはずです。ここでは、看護師が転職する際の不安や悩みを解決する方法を紹介します。

転職したいけれど人間関係が悪い職場だったらどうしよう

職場の人間関係が理由で転職する際、次の職場の人間関係には慎重になることでしょう。転職先の人間関係や職場の雰囲気に対する不安を払拭するためには、看護師の口コミサイトを利用してみましょう。
インターネットサイト「ナスコミ」や「ナース専科」では、看護師や看護学生による全国の病院やクリニック、介護施設などの口コミが多く掲載されています。実際に働く人のリアルな声から、職場の雰囲気や人間関係をうかがい知ることができるはずです。

看護師の内部事情を把握するためにおすすめの口コミサイト
ナスコミ 登録口コミ数約50万件を超える看護師口コミサイト。仕事のやりがいや残業・休日の実態などリアルな情報を把握できる
ナース専科 職場の口コミ以外にも職場の雰囲気や給与、残業の少なさなどが5段階評価されたチャートも掲載されている。

経験やスキルに自信がないけれど本当に転職できるの

新卒看護師や第二新卒など転職をしたくてもスキルに自信が持てない看護師は、転職をするかどうかは慎重に決めたほうがいいでしょう。

経験やスキルに自信がなくても転職を成功させるためには、面接練習をしっかり行った上で選考に臨みましょう。また、スキルに自信がないけれど病院に転職したいと考えているなら、新人看護師と共に研修が受けられる可能性のある4月入職を目指して転職活動を行いましょう。

現役のキャリアアドバイザーからのコメント

看護師専門キャリアアドバイザー

医療機関や施設は即戦力を求めて採用活動を行っている場合が多いため、1年目や第二新卒の看護師は転職内定率がそれほど高くありませんので慎重に

現職が人手不足だから辞められるか不安

転職したいけれど、「上司からの引き止めにあったらどうしよう」「人手不足だからやめられるかな」と周りを気にして転職に踏み出せない場合は入念に準備をして転職活動を行いましょう。

辞めたくても辞められないという気持ちを抱えたまま業務をしていると、仕事に身が入らずケアレスミスにつながるおそれもあります。
現職が人手不足であっても退職する方法は、退職希望日より1~2ヶ月前に余裕を持って退職の意思表示を行うことが必要です。あらかじめ退職の意思を伝えておくことで引き継ぎ期間を十分に設けることができ、職場でも新しい人材の募集を行うことができます。

転職回数が多くて転職できるのか不安

転職回数が多い人が転職を成功させるためには、面接の際に転職回数が多い理由をきちんと説明できるようにしておきましょう。

転職回数の多さを理由に、「すぐに辞めてしまうのではないか」という印象を持たれてしまい、採用してもらえないのではないかと心配になるかもしれませんが、職場環境や人間関係を理由に退職した場合は、人のせいにしないことも重要なポイントです。
ライフステージの変化や看護観の違いなどが理由であったり、スキルアップやキャリアアップのために同じ診療科への転職であるなど、転職理由に一貫性があれば、転職回数の多さは問題視されないこともあるようです。

面接の際には転職回数が多い理由をきちんと説明し、新しい職場では長く勤めるよう努力するという姿勢を見せましょう。

看護師の転職に転職サイトを利用するメリットとデメリット

転職に対する不安を解消し、安心して転職活動に集中するためには、看護師転職サイトを利用して転職のプロにサポートしてもらうといいでしょう。
看護師転職サイトは専任のキャリアアドバイザーから無料で転職サポートを受けることができるため、仕事をしながらの転職活動や、転職活動に不安を感じている人にぴったりのサービスです。しかし、看護師転職サイトは便利なだけでなく、時には看護師転職サイトを使わない方がいいと感じることがあるのも事実。看護師転職サイトを利用する前に、メリットとデメリットを知っておきましょう。

転職サイトを利用するメリット

看護師転職サイトを利用する主なメリットを3つ紹介します。

転職のプロによるサポートが無料で受けられる

キャリアアドバイザーの転職サポート

看護師転職サイトを利用すると、キャリアアドバイザーの転職サポートを無料で受けることができます。
なぜなら、転職サイトの運営費は医療機関からの報酬でまかなわれているから。転職サイトが紹介した人材が入職した際に人材紹介料を得ることで、求職者である看護師は無料でサービスを利用することができるというわけです。

転職サイトによるサポートは求人紹介だけでなく、履歴書や職務経歴書の添削や面接対策、雇用条件の交渉も無料で支援してもらえます。
初めての転職でどのように転職活動を進めたらいいかわからない人や転職に不安のある人は、転職サイトを利用することで安心して転職活動をスタートさせることができるでしょう。

希望条件に合った求人を紹介してもらえる

看護師転職サイトを利用すると、キャリアアドバイザーが希望に合った求人を探して紹介してくれます。
転職サイトは求人募集をしている医療機関から人材紹介の依頼を受けており、さまざまな求人を保有しています。サイト登録時に転職先の希望条件を伝えておけば、保有する求人の中から条件に合う求人を探して提案してくれます。
また、サイトに掲載されている公開求人だけでなく、登録者だけが知り得る非公開求人を紹介してもらえることも。非公開求人は好条件・高待遇であることが多いため、是非とも手に入れたい情報です。
このように転職サイトを利用すると、自分の希望に沿った求人の紹介を受けられるうえ、好条件の求人に出会えるチャンスもあります。

転職活動にかかる時間や手間を軽減できる

看護師転職サイトを利用すると、自分ひとりで転職活動を行うよりも、時間や手間を省くことができます。
なぜなら、キャリアアドバイザーが求人を探してくれるだけでなく、採用担当者との間に入って応募や面接日時の設定、入職日の調整まで行ってくれるからです。面倒なやり取りはキャリアアドバイザーにお任せできるため、仕事をしながらでもスムーズに転職活動を進めることができるでしょう。
また、給与や雇用条件など、自分では伝えにくいこともキャリアアドバイザーが代わって交渉してくれることも。自分の労力は最小限に抑えつつ、条件のいい転職先を見つけることができそうです。

転職サイトを利用するデメリット

看護師転職サイトを利用するときの主なデメリット3つと、デメリットの解消法を紹介します。

希望条件に合わない求人を紹介される場合がある

転職の希望条件を伝えたにも関わらず、希望条件とは違う求人を紹介されることがあります。その原因は3つあります。

希望条件と異なる求人を紹介される原因

  1. キャリアアドバイザーとの認識のズレ
  2. 希望条件が経歴やスキルに見合っていない
  3. 希望条件に合う求人を保有していない

1つめは、キャリアアドバイザーと求職者との間に認識のズレが生じているため、希望条件とは違う求人が紹介されるケースです。

仕事だけでなくプライベートも充実させたいのに夜勤のある職場を紹介されたり、いい職場が見つかるまでじっくり探したいのに転職を急かされるといった例が挙げられます。
担当者との認識のズレがあると感じたら、担当者に再度条件の提示を行いましょう。認識をすり合わせることで解消できるはずです。

2つめは、求職者が高望みしているため希望に合う求人が紹介できる求人がないケースです。

年収を上げたいのに希望の給与額に届かない求人を紹介されたり、希望とは違う医療機関や診療科の求人を紹介されるといった例が挙げられます。希望条件に満たない求人を紹介されたら、その理由を担当者に問い合わせてみましょう。
高望みが原因で紹介できる求人がないとわかった場合は、自分のスキルや経験に合った求人を提案してもらいましょう。

3つめは、希望条件に合う求人を転職サイトが保有していないケースです。

正社員として働きたいのに派遣や単発の求人を紹介されたり、一般企業で働きたいのに医療機関を紹介されるという例が挙げられます。各サイトが得意とする分野はさまざま。自分が希望する条件の求人保有数が少ない場合、他の転職サイトと併用することで対応できます。

担当者との相性が合わず転職活動がスムーズに進まないことがある

じっくりと転職活動に臨みたいのに転職を急かしてくる、わからないことを教えてもらいたいのに頼りないなど、担当者と性格が合わなかったり、経験が浅い担当者に当たると、転職活動が思うように進まないこともあります。
転職活動をスムーズに進めるためにも、自分に合ったタイプのキャリアアドバイザーにサポートをお願いしたいもの。そのために、転職サイトの登録時にどのようなタイプの人がいいか、備考欄に記載しておくといいでしょう。それでも相性の悪い担当者に当たってしまった場合は、担当者を変更してもらうこともできます。

キャリアアドバイザーからの連絡がしつこいと感じることがある

担当者からの電話やメール連絡がしつこいと感じる場合もあります。
連絡が頻繁である理由は、すぐにでも紹介したい好条件の求人があるという担当者の熱意の表れでもあります。しかし、中には架電ノルマのために頻繁に電話をかけてくるケースがあるのも。
担当者からの必要以上の連絡を防ぐためには、サイト登録時に希望の連絡頻度や連絡がつきやすい曜日や時間帯、希望の連絡方法をあらかじめ伝えておきましょう。

転職サイトへの登録から内定獲得までの流れ

看護師転職サイトを利用するためには、6つの手順があります。

  1. 転職サイトに登録する
  2. キャリアアドバイザーとの面談・ヒアリング
  3. 求人を紹介してもらう
  4. 履歴書・職務経歴書の作成・添削や面接対策
  5. 面接を受ける
  6. 内定獲得・入職手続き

1.転職サイトに登録する

看護師転職サイトへの登録は、公式サイトからインターネットで登録する方法と、サイトに記載されたフリーダイヤルに電話をする2通りの方法があります。
看護師転職サイトの利用だけでなく、登録時も無料で料金が発生することはありません。

登録時に入力する内容例は以下の通りです。

  • 名前
  • 生年月日
  • 連絡先(住所、電話番号、メールアドレス等)
  • 保有資格(看護師、准看護師、保健師、助産師)
  • 希望の勤務形態(常勤、非常勤、夜勤専従等)
  • 希望の転職時期

名前や連絡先以外は選択肢が用意されているので、わずか1分ほどで登録ができます。
備考欄が設けられている場合は、希望の連絡方法や連絡がつきやすい曜日や時間帯を記入しておくといいでしょう。また、どのようなタイプのキャリアアドバイザーがいいかも記載しておくと、担当者を決める際に考慮してもらえます。

2.キャリアアドバイザーとの面談・ヒアリング

サイトへの登録後、登録確認の電話連絡が来ます。
このとき、キャリアアドバイザーとの面談の日程を決定します。面談は対面や電話のほか、最近ではオンライン会議システムを利用して行うこともあるようです。

キャリアアドバイザーとの面談では、転職理由や転職先の希望などのヒアリングを受けます。転職活動に対する心配や不安がある場合は、このタイミングでキャリアアドバイザーに相談しておきましょう。

3.求人を紹介してもらう

面談後は、ヒアリングに基づいて求人を紹介してもらいます。
キャリアアドバイザーからはサイトに掲載されている公開求人のほか、サイトには掲載されていない非公開求人を紹介してもらえることもあります。

4.履歴書・職務経歴書の作成・添削や面接対策

紹介してもらった求人の中に応募したい病院や施設があれば、応募書類を作成します。
キャリアアドバイザーが履歴書や職務経歴書の添削をはじめとするサポートをしてくれるので、転職活動が初めての人も安心です。

面接対策として、面接時に聞かれやすい質問を教えてくれたり、模擬面接を行ってくれることもあります。

5.面接を受ける

選考に進む際は、キャリアアドバイザーから応募先の医療機関に連絡してもらい、面接の日程を調整してもらいます。
採用担当者と直接やり取りをすることがないので、手間を省くことができるでしょう。

地域によってはキャリアアドバイザーが面接に同行してくれる転職サイトもあるので、担当者に確認するといいでしょう。

6.内定獲得・入職手続き

見事内定を獲得したあとは、キャリアアドバイザーを通して医療機関や施設に内定通知書または雇用条件通知書を発行してもらいましょう。
万が一、内定を辞退する場合でもキャリアアドバイザーから連絡してもらえます。

入職日の調整や手続きはキャリアアドバイザーが行ってくれるので、現在の職場の退職手続きを進めましょう。転職サイトによっては円満退職のためのアドバイスをしてくれるので参考にするとよさそうです。

内定時に提示された雇用条件に相違があった場合のトラブル対応や、入職後の悩みを聞いてくれるなど、アフターフォローを行っている転職サイトもあります。
入職後のことが心配な人はアフターフォローを行っているサイトを選びましょう。

看護師の転職におすすめの転職サイトランキングTOP5

数多くの看護師転職サイトがありますが、それぞれに特徴が異なります。自分が求めるサービスを提供している転職サイトを選びましょう。
ここでは、看護師転職サイト利用者から評価が高かったおすすめのサイトを5つ紹介します。

看護師転職サイト利用者がおすすめする転職サイトTOP5

順位 転職サイト 総合評価 求人数
1位 看護roo!看護roo! ◎(3.537)
利用者満足度96.3%(※1)の実績
135,858件
  • 入職前に職場の内部情報を詳しく教えてもらえる
  • 東京、大阪、名古屋、神戸などの主要都市で転職先を探している人におすすめ
2位 レバウェル看護
(旧 看護のお仕事)レバウェル看護 ロゴ
◎(3.535)
希望に寄り添った求人を提案
151,465件
  • 入職後は専門のアフターフォローチームにサポートしてもらえる
  • 出産や育児を経て復職したい人にもおすすめ
3位 ナース人材バンクナース人材バンク ◎ (3.522)
業界最大規模の求人数
19,207件
  • 都市部だけでなく、地方の看護師求人も充実
  • 求人数が豊富なため多くの求人情報を知りたい人におすすめ
4位 マイナビ看護師マイナビ看護師 ◎ (3.52)
一般企業や保育園の求人を多く保有
62,367件
  • 保有している求人の約3割が非公開求人
  • 全国22カ所に相談会場があるため、キャリアアドバイザーに直接会って相談したい人におすすめ
5位 看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)看護師ワーカー(旧 医療ワーカー) ◯(3.382)
働き方から転職先を選ぶことが可能
62,714件
  • 派遣、応援看護師など、自分のライフスタイルに合わせた転職先が見つかりやすい
  • 管理職や年収アップを目指す人におすすめ

※2024年2月現在
※1 公式サイトより

看護roo!ならば医療機関の内情や雰囲気を把握できる

看護roo!バナー
               
看護roo!の詳細
求人数(※1)135,858件
※サイト掲載数
対応地域全国
問い合わせ時間平日:9:00~21:00
運営会社株式会社クイック

※1 求人数は2024年2月時点

おすすめポイント

看護roo!は、首都圏・関西・東海地方の求人に強く、転職後の満足度が高い求人紹介に定評があります。給料や手当、福利厚生などの条件面だけではなく、人間関係や職場の雰囲気、やりがいまで考慮した求人提案力が強み。対応がていねいかつスピーディーでストレスなく転職活動ができます。

看護roo!は、転職後の満足度が高いことが特徴の看護師転職サイトです。
2009年のサービス開始から数十万人の看護師の転職をサポートしており、利用者の満足度は96.3%(※)を誇ります。キャリアアドバイザーとの面談は電話で行っているため、手軽に登録することができそうです。

他社サイトとは異なり、キャリアパートナー(キャリアアドバイザー)は求職者だけでなく医療機関側も担当する「一気通貫システム」を採用。そのため、人間関係や雰囲気など、キャリアアドバイザーが職場の情報に精通し、職場のいい点だけでなく悪い点も教えてくれます。求職者と医療機関の双方への理解も深いことから、自分にマッチした求人を紹介してもらうことができそうです。

※ 公式サイトより。調査協力:クロスマーケティング(2018年度)

看護roo!を利用して転職が成功した看護師からの口コミ・体験談

20代後半|女性

人間関係を重視した転職活動をサポート

私は人間関係を一番重要視して転職を考えていたので、看護roo!の担当者さんにそれを伝えると、一緒に良い職場を探してくださいました。実際に働いてみて人間関係はとても良かったですし、定時で帰れるなど私の希望を通りの職場で素晴らしかったです。

20代後半│女性

他の求人紹介を頼んでも快く対応

コンサルタントの方は、とにかくこちらの話をとても親身になって聞いてくれました。転職とは直接関係ないような話からも私の希望条件を聞き出してくれうまくまとめてくれました。また提案してくれた求人に対して、私が別の求人をと話しても嫌な顔ひとつせず他の求人を探してくれました。

20代後半│女性

内定決定後も定期的に連絡をくれ安心できた

とてもていねいな対応で、面接前日や当日に電話をくださり、不安な点を相談できました。また、素直な気持ちを話せるように促してくれました。内定決定後も、定期的に連絡をくださり、その後の様子もうかがってくれ安心しました。ただ、案内してくれた病院や施設を断ると、すぐに次の案内をされ、少し急かされているような気持ちになった。

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)は全国の求人を網羅!ていねいで親身なサポートに定評

レバウェル看護
               
レバウェル看護(旧 看護のお仕事)の詳細
求人数(※1)151,465件
(非公開求人あり)
対応地域全国
問い合わせ時間平日:9:00~21:00
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社

※1 求人数は2024年2月時点

おすすめポイント

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)は、幅広い分野の求人があり求人の選択肢が多い転職サイトです。キャリアアドバイザーのヒアリング力が高くていねいな対応に定評があります。入職後の生活やキャリアプランも考慮した求人提案力が高く評価されています。

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)は、キャリアアドバイザーの高いサポート力が特徴の看護師転職サイトです。2022年オリコン顧客満足度調査では担当者の対応と紹介求人の質の良さの2部門でサービスNo.1(※1)に輝いています。

また、全国11カ所に拠点・支店があり、日本全国の求人を保有。それぞれの地域に特化したキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれます。対面での面談はもちろん、電話での対応も可能。15分ほどのヒアリングを受けたあとは、LINEやメールで求人を紹介してもらえます。
キャリアアドバイザーは年間4000回(※2)を超える医療機関を取材調査を実施しており、職場の雰囲気やスタッフの人柄まで詳細な情報を収集。求職者に対してもひとりひとりの背景まで把握し、希望条件に合うだけでなく、職場環境や同僚とのマッチングまで考えて求人を紹介してくれます。

※1 公式サイトより。2022年オリコン顧客満足度調査
※2 公式サイトより。2022年5月11日時点

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)を利用して転職が成功した看護師からの口コミ・体験談

国立病院機構の血液内科・呼吸器内科混合病棟から個人病院へ転職

人間関係で悩んだ転職理由を考慮した求人紹介

対応してくださったアドバイザーさんが、今までの業務経験や前病院での私の人間関係、なぜ退職にいたったのかなどを詳しく聞いてくださいました。それを元に次の職場を探すまでのサポートも丁寧に対応いただき、結果的にアドバイザーさんからのご紹介で現在勤務している病院に入職することができました。転職にとても満足しています。

国立病院機構の神経内科から美容クリニックへ転職

働きながらの転職活動だったのですべてお任せした

最初から美容クリニックの求人を探していて、何ヶ所か提案してもらいました。より自分の希望と合ったところを選び、その後は、コンサルタントさんに面接日の日程調整など就職するまでのサポートをすべてお任せできて満足しています。働きながらの転職活動だったので大変助かりました。

しっかりしたサポートでスピーディーに転職できた

担当の方が熱心な方だったのでとても早い期間で転職を終えることが出来ました。サポートをしっかりしてくれたので安心して転職活動もできました。電話連絡もこまめにしてくれて良い案件があればすぐ報告してくれたので早い決断をすることが出来ました。アフターフォローもしっかりしていたので職場に慣れるまでいろいろ相談に乗ってもらいました。

ナース人材バンクは圧倒的な求人数の多さと地域の医療機関とも精通している

ナース人材バンクアイキャッチ
               
ナース人材バンクの詳細
求人数(※1)19,207件
(非公開求人あり)
対応地域全国
問い合わせ時間平日:9:30~20:00
運営会社株式会社エス・エム・エス

※1 求人数は2024年2月時点

おすすめポイント

ナース人材バンクは、高給与求人や条件が良い非公開求人が多く、都市部だけでなく地方の求人にも強い転職サイトです。地域選任のキャリアコンサルタントが在籍し地域の特色まで熟知。2005年にサービスを開始し年間10万人以上の看護師が利用する紹介実績から、医療機関や施設の採用背景や職場の内情を詳しく把握しています。

ナース人材バンクは多くの求人を保有しているのが特徴の看護師転職サイトです。
サイトに掲載されている公開求人だけでも20万件以上(※)と膨大な求人数を誇り、年間利用者は10万人以上にものぼります。

北海道から沖縄、離島まで日本全国の求人を取り扱っており、各都道府県に担当のキャリアパートナー(キャリアアドバイザー)が在籍する地域担当制を導入しています。そのため、キャリアパートナー地域の医療機関の内情まで把握し求人票からはわからない職場事情を教えてくれます。

キャリアパートナーからの連絡も電話やメール、LINEなどの希望の連絡方法で求人紹介を受けることができるため、スピーディーにやりとりができるでしょう。

※ 2022年9月時点

ナース人材バンクを利用して転職が成功した看護師からの口コミ・体験談

療養型病院から訪問看護へ転職

時間をかけたヒアリングで初転職でも安心できた

地方での転職活動だったので、もともと求人数が少なく、自分ひとりでは希望に合った求人をみつけることができなかったので、とても感謝しています。面接で聞かれることの多い質問や回答の仕方なども丁寧に教えてくださり、実際の面接では役立ったと感じました。転職先が決まった後も、疑問点などを代わりに聞いてくださったので不安なく入職できました。

大学病院の脳神経外科から総合病院の脳神経外科へ転職

内部情報を教えてもらえ入職後のギャップが少なかった

ネットでは情報収集できない離職率や病棟の年齢層など内部の情報を示していただき、より条件が合う職場を提案していただきました。そのため、実際に働いてからのギャップが少なく、安心して働くことができた点は良かったです。

精神科病院から精神科病院へ転職

ハローワークよりずっと多い求人の豊富さに驚いた

ナース人材バンクの他にはハローワークを利用しましたが、求人の数やフォローは断然、ナース人材バンクの方が手厚く上だと思いました。ナース人材バンクは求人を公開していない医療機関も紹介してくれるので求人の豊富さに驚きました。

マイナビ看護師ならば病院以外の一般企業や保育園の求人が見つかりやすい

マイナビ看護師
               
マイナビ看護師の詳細
求人数(※1)62,367件
(非公開求人あり)
対応地域全国
問い合わせ時間平日:9:30 - 17:00
運営会社株式会社マイナビ

※1 求人数は2024年2月時点

おすすめポイント

マイナビ看護師は、全国展開で都市部にも地方にも強く、さまざまな職場の求人が豊富。保有求人の30%が非公開求人で高収入・好待遇の求人が多い。できる限り対面での面談を重視し、転職の背景を理解したうえで求人を紹介するためミスマッチが少ない。キャリアやライフプランを考慮した求人提案やアドバイスの質が高い。

マイナビ看護師は一般企業や保育園などの求人も多く保有しているのが特徴の看護師転職サイトです。
5年連続認知度No.1※に輝き続けており、多くの看護師が利用しています。さまざまな職種の求人から、看護資格や経験を活かして働ける転職先を探すことができるでしょう。さらに、トラベルナース求人も多く取り扱っているため、看護師としての新しい働き方を発見することもできるでしょう。

基本的には登録後の面談は対面で行いますが、Webでも可能です。全国の求人に対応しているため、地方での転職でもキャリアアドバイザーに面接の同行を依頼することも可能です。

※公式サイトより。アンケートモニター提供先:GMOリサーチ株式会社(2021年7月)

マイナビ看護師を利用して転職が成功した看護師からの口コミ・体験談

一般企業の治験看護師から総合病院のコロナ病棟へ転職

的確なサポートでアフターフォローも万全

単刀直入に言うと、ここまでしてくれるのかというくらい丁寧に対応していただき、就職した後も定期的に連絡がありフォローもしっかりしています。なかなか自身で聞くことのできない条件面を先に聞いてくださったり、しっかりと条件を確認したうえで厳選した求人を提案してくださるなど的確なサポートで、今現在も安心して業務に従事できています。

総合病院の内科系病棟から中規模病院の整形外科混合病棟へ転職

担当者が病院の内情に詳しく非常に役立った

担当の方は若い女性でしたが、希望に沿った病院を複数紹介してくれ、中には内情を詳しく知っている病院もあり、ひとりではなかなか調べられないことも教えてもらえました。初めての転職では、履歴書の書き方や面接でのコツなど、知らないことばかりだったので助かりました。

大学病院の消化器内科から消化器クリニックへ転職

専門を活かした求人を多数紹介してもらえた

私が一番満足に思ったのは、担当のサポートが非常に手厚い点です。もともと消化器内科としての業務に従事していたため、次の転職先でもスキルを活かした仕事をしたいと相談したところ、そういった求人情報を多数教えてくれたため、非常に助かりました。

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)は夜勤バイト・パート・派遣などの働き方から転職先を見つけやすい

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)のキャプチャ
               
看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)の詳細
求人数(※1)62,714件
(非公開求人あり)
対応地域全国
問い合わせ時間平日:9:00~18:00
運営会社株式会社トライトキャリア

※1 求人数は2024年2月時点

おすすめポイント

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)は、キャリアアドバイザーのヒアリング力や求人提案力が高く、スピーディーに転職活動が進められる。事業所数も全国31ヶ所と多く、地方での転職でも対面でのヒアリングや面接同行など、十分な転職サポートが受けられる点も魅力。

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)はさまざまな働き方の求人を取り扱っている看護師転職サイトです。
常勤だけでなく、夜勤バイトや夜勤専従、パート、アルバイト、派遣、応援看護師など、自分のライフスタイルに合わせた仕事を探すことができるでしょう。サービス開始から数多くの看護師の転職をサポートしており、年間1万人(※)もの看護師を転職成功へと導いています。
公式サイトからは希望の年収額で検索ができるのも便利なポイントです。

※公式サイトより。2020年4月~3月実績

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)を利用して転職が成功した看護師からの口コミ・体験談

国立病院機構の重症心身障害病棟から転職活動中

時間をかけたヒアリングで初転職でも安心できた

コンサルタントさんの対応がとても丁寧です。柔らかい口調で優しく接していただき、初めての転職活動でしたが安心して臨むことができ良かったと思います。最初のヒアリングはゆっくりと時間をかけて、なるべくこちらの意向に沿えるようにと親身になってくださいました。

市民病院の呼吸器内科から赤十字病院消化器外科・内科へ転職

気持ちをわかってくれる担当者にはなんでも相談できた

給与の交渉など自分からは言いにくいこともしっかり聞いてくれるキャリアアドバイザーさんで、すべてにおいて共感してくれる姿勢でした。こちらもとても話しやすく、無理そうなお願いも言えたのを覚えています。選択肢になかった病院も、詳しく内情まで教えていただき選ぶ理由にもなりました。

急性期の総合病院からクリニックへ転職

常勤から派遣へと雇用形態を交渉

登録後すぐに、現在住んでいる場所の近くに求人が出たのでどうですか?という連絡がありました。その施設はネット上では常勤しか求人を出しておらず、希望していた派遣の求人はなかったため視野に入れていませんでしたが、担当者からその施設に連絡を入れてくださり、派遣での採用を交渉いただけました。

看護師の転職で年収アップを目指すには?

厚生労働省の「令和3年賃金構造基本統計調査」によると、正看護師の平均年収は約476万円、准看護師の平均年収は約397万円です。
もちろん、上記の年収額はあくまで平均であるため、看護師自身のスキルや経歴、勤務する施設の規模によって給与水準は異なります。もっと収入をアップさせたいと思ったら、働き方や職場の選び方を変えることによって、看護師の仕事を続けながらも収入をアップさせることができます。

正看護師 准看護師
年齢 39.5歳 50.2歳
平均勤続年数 8.2年 11.3年
支給額 約33万円 約28万円
年間賞与(※1) 約80万円 約61万円
年収(※2) 約476万円 約397万円
※厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査
※1 その他特別給与額含む
※2 年収は支給額×12ヶ月に年間賞与額を

ここでは、看護師の年収をアップさせる方法を紹介します。転職を機に年収アップを目指しましょう。

夜勤回数を増やす

病床がある総合病院や大学病院は勤務が交代制のため夜勤手当がつきます。そのため日勤勤務よりも夜勤手当がある職場に転職することで年収をアップさせることができます。

夜勤手当の一例

平均手当額/回 平均回数/月
三交代制(準夜勤) 4,154円 7.7回
三交代制(深夜勤) 5,122円
二交代制 11,286円 4,7回
出典:日本看護協会「2020年病院看護実態調査 報告書
※ 手当額は深夜時間帯(22 時~翌 5 時)の割増賃金を除いた定額部分のみ
※ 新型コロナウイルスに係る危険手当等を除く

夜勤手当といっても、その額は二交代制と三交代制で異なります。二交代制は三交代制と比較すると勤務時間が長いため、1回あたりの夜勤手当も高額です。

また、三交代制には準夜勤と深夜勤があり、深夜勤のほうが夜勤手当の額が高いというデータがあります。単純に夜勤の回数を増やすだけでなく、二交代や三交代、準夜勤や深夜勤の違いを把握した上で夜勤の種類や回数を検討し、収入アップを目指しましょう。

美容外科や美容クリニック

同じ医療機関であっても、保険診療を行っている医療機関と自由診療を行っている医療機関では給与額も異なります。
自由診療を行っている美容クリニックでは医療機関ごとに診療料金が設定できるため、看護師の給料も高く設定されているようです。

病棟と美容クリニック勤務看護師経験年数別年収の一例

経験年数 1〜5年目 6〜10年目 11〜15年目 16〜20年目
病棟 3,706,492円 4,046,437円 4,186,411円 4,502,139円
美容クリニック 4,330,056円 4,911,353円 5,987,026円 4,860,904円
※看護roo!「ナースなワタシのお給料」正看護師・日勤常勤で算出

病棟勤務の看護師と美容クリニック勤務の看護師の年収を比較してみると、経験年数に関わらず美容クリニック勤務の看護師の年収額は病棟勤務の看護師の年収を大きく上回りました。
経験年数11~15年目のときにもっとも年収額が開いており、その差は約180万円にも及びます。年収アップを目指すなら、美容クリニックへの転職を検討してみるのもよさそうです。

規模が大きな病院

年収アップを目指すなら、規模の大きな病院への転職を検討してみましょう。
病院の規模が大きくなるほど昇給制度が整っていることが多く、働き続けると給与額がアップする可能性があります。

企業規模別正看護師給与一例

企業規模数 10〜99人 100〜999人 1000人
年齢 45.1歳 41.7歳 35.7歳
平均勤続年数 7.3年 8年 8.2年
支給額 約30万円 約32万円 約36万円
年間賞与(※1) 約59万円 約75万円 約95万円
年収(※2) 約419万円 約459万円 約527万円
※厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査
※1 その他特別給与額含む
※2 年収は支給額×12ヶ月に年間賞与額を

企業規模別准看護師給与一例

企業規模数 10〜99人 100〜999人 1000人
年齢 51.4歳 49.9歳 48.5歳
平均勤続年数 10.9年 11.8年 9.6年
支給額 約28万円 約28万円 約30万円
年間賞与(※1) 約56万円 約65万円 約56万円
年収(※2) 約392万円 約401万円 約416万円
※厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査
※1 その他特別給与額含む
※2 年収は支給額×12ヶ月に年間賞与額を

実際に、正看護師と准看護師ともに規模の大きい病院に勤めている看護師のほうが年収が高いという調査結果があります。正看護師において言えば、大規模病院勤務の看護師は年収額が高い上に平均勤続年数が長いという特徴もみられます。

アセスメントスキルを身につける

患者の主観的な情報をもとに、看護師から見た客観的な情報を加えて分析、評価するアセスメントは、患者さんの状態を把握したり、急変の兆候を見逃さないためにも必要なスキルです。
内科や循環器内科などの診療科目を経験した看護師はアセスメントを適切に行う能力があると評価され、好条件で転職できる可能性があります。
とはいえ、給与額アップのために限らず、アセスメントスキルは看護師として働くのに重要なスキルです。看護師としてのスキルアップのためにも、アセスメントスキルを身につけておきましょう。

まとめ

やみくもに転職活動しているようでは、転職成功を勝ち取ることはできません。転職を成功させるためには、転職したい理由や希望の条件を明確にするために、まずは自己分析と情報収集を行いましょう。
また、転職を失敗で終わらせないためにも、安易な転職や他業界・他業種への転職は慎重に行う必要があります。

転職成功のカギになるのは、20代から30代の看護師なら経験年数にあり、40代から50代の看護師ではニーズのある分野への転職です。自身の年齢や経験、希望の転職先に合わせた転職活動を行うのが、転職成功への近道です。

転職の成功は、継続的に長く働ける職場に入職できてこそ。そんな職場を見つけるために、看護師転職サイトのサポートは魅力的なツールだと言えます。この記事で紹介したコツや注意点を参考に転職成功へと繋げましょう。

首都圏・関西・東海地方の求人に強く、転職後の満足度が高い求人紹介に定評がある。給料や手当、福利厚生などの条件面だけではなく、人間関係や職場の雰囲気、やりがいまで考慮した求人提案力が強み。対応が丁寧かつスピーディーでストレスなく転職活動ができる。

幅広い分野の求人があり求人の選択肢が多い。キャリアアドバイザーのヒアリング力が高く丁寧な対応に定評がある。希望求人の紹介だけではなく、入職後の生活やキャリアプランも考慮した求人提案力がある。定期的な病院訪問や取材を通して職場の環境など詳しい情報を持っている。

高給与求人や条件が良い非公開求人が多く、都市部だけでなく地方の求人にも強い。地域選任のキャリアコンサルタントが在籍し地域の特色まで熟知している。2005年にサービスを開始し年間10万人以上の看護師が利用する。紹介実績が多く医療機関や施設の採用背景や職場の内情にも詳しい。

全国展開で都市部にも地方にも強く、さまざまな職場の求人が豊富。保有求人の30%が非公開求人で高収入・好待遇の求人が多い。できる限り対面での面談を重視し、転職の背景を理解したうえで求人を紹介するためミスマッチが少ない。キャリアやライフプランを考慮した求人提案やアドバイスの質が高い。

医療機関以外の求人も多く保有しており転職先の選択肢が豊富。全国対応だが、特に首都圏・関西・東海エリアの求人が充実している。事前アンケートと登録時のヒアリングをもとに行うキャリアドバイザーの求人提案力の高さが評価されている。

全国各地の医療機関情報を網羅しており、地域別の求人情報に精通した各支社による「エリア別担当制」が好評。現場訪問など独自取材で得た詳しい職場情報を持っている。働いてみたい病院や希望の医療機関の求人が出ていない場合も、求人状況や条件を確認してくれる「逆指名制度」がある。

おすすめ関連記事

時間アイコン 23.12.22

看護師が美容クリニックへの転職に使うべきおすすめの転職サイト7選

時間アイコン 23.06.06

不採用となる看護師は何が原因?転職サイトの利用で内定を勝ち取る方法

不採用になる看護師

時間アイコン 23.08.02

転職したほうがいいの?看護師に多い悩みと回避策や解決方法

看護師転職悩みアイキャッチ画像

時間アイコン 24.02.16

レバウェル看護(旧:看護のお仕事)の評判や口コミは悪い?求人数や特徴、退会方法まで解説

レバウェル看護アイキャッチ

時間アイコン 23.04.11

看護師の転職失敗事例まとめ!早期退職しない転職成功ポイントを紹介

看護師の転職失敗事例アイキャッチ画像

目次

TOP