20代の未経験転職におすすめの業界・職種とは?よくある失敗や成功の方法

20代未経験におすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント
    今後のキャリア形成を視野に入れている20代後半におすすめ
  • type女性
    年収アップキャリアアップを目指す20代女性におすすめ
  • doda
    営業職やITエンジニア向けの求人を志望する20代全般におすすめ
  • ハタラクティブ
    ビジネスマナーや面接のコツなどを学びたい20代前半におすすめ
  • マイナビエージェント
    転職したい業界について詳しく知りたい20代全般におすすめ

スキルや実績がないけれど、転職できるのかな?
未経験でも転職しやすい業界が知りたい

現在の仕事内容や環境に不満があり、転職を考えている20代の人は少なくないでしょう。20代はスキルや経験が豊富ではありませんが将来性を見込まれて採用されることが多いため、基本的に未経験業界・職種への転職は難しくはありません。

特に、人手不足や社会情勢により需要が増している業界や教育制度がしっかりしている業界は未経験でも転職しやすいと言えます。

しかし、以下のような考えや行動をすると未経験業界・職種への転職が失敗になるケースもあります。

20代未経験で転職した際の失敗例

  • パターン1. イメージやあこがれだけで転職する【企業研究不足】
  • パターン2. 今の仕事に対する不満を明確化しないまま転職する【自己分析不足】
  • パターン3. 1人で転職活動を進める【第三者介入不足】

このような問題を解消してくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントを利用すると以下のようなサポートが受けられます。

転職エージェントで受けられるサポート

  • 業界・職種の情報提供
  • これまでの経歴・スキルの棚卸し
  • 診断ツールや年収査定、適性判断
  • 応募書類の添削・面接対策
  • 年収・条件交渉

転職エージェントに登録することで、自分で調べるには限界がある情報を得ることができ、キャリアアドバイザーからは書類選考に通りやすい履歴書・職務経歴書の作成方法を教えてもらえます。

内定獲得に向けての手厚いサポートが無料で受けられることから、転職エージェントは、未経験の業界や職種への転職に不安を感じている20代には心強い存在になると言えるでしょう。

【20代の未経験業界・職種転職におすすめの転職エージェント5選】

サービス名 おすすめな人
リクルートエージェントリクルートエージェント 今後のキャリア形成を視野に入れている20代後半
  • 未経験歓迎の求人も含め、業界・職種問わずさまざまな企業の求人に出会える
  • 年齢やスキルに不安を感じている人にもおすすめ
type女性の転職エージェントtype女性の転職エージェントlogo 年収アップ・キャリアアップを目指す女性
  • 女性のキャリアアドバイザーが多い
  • 転職者の約71%が年収アップを実現
dodadoda 営業職やITエンジニア向けの求人を志望する20代全般
  • 営業職やITエンジニア向けの求人を志望する人
  • 企業の担当者と直接話をしてみたいエンジニア未経験の人
ハタラクティブハタラクティブのロゴ ビジネスマナーや面接のコツなどを学びたい20代前半
  • 全体のおよそ8割(※)が未経験OKの求人
  • ビジネスマナーから面接のコツまでじっくり学びたい人
マイナビエージェント マイナビエージェント 転職したい業界について詳しく知りたい20代全般
  • 転職したい業界について詳しく知りたい人
  • 非公開求人を見てみたい人

※公式サイトより

この記事では、20代の方が未経験の業界や職種を選ぶ際のポイントなどを紹介します。

また転職の失敗を防ぐための注意点なども解説します。ぜひ転職活動の参考にしてみましょう。

※当コンテンツは株式会社カケハシ スカイソリューションズによって管理しています。ご利用にあたっては、利用規約をご一読くださいますようお願いいたします。
※当サイトは口コミの一部を掲載しています。
転職ハブ編集部
岩岡 武志

転職ハブ編集部/元キャリアアドバイザー

岩岡 武志

教育業界から株式会社リクルートキャリア(現リクルート)へ転職し、約5年半にわたりキャリアアドバイザーとして勤務。業界や職種を問わず1,000人以上の求職者を支援した。

30歳を節目に、より多くの人生に貢献したいとの思いからWebマーケティングにキャリアチェンジし、転職に関するメディア運営を行う。

ユーザーや有識者へのインタビューに基づく情報発信をモットーとしている。

もっと見る 閉じる

目次

続きを見る
閉じる

20代が未経験業界に転職できる理由を中途採用の人事に聞いてみた

20代が未経験の業界に転職できる理由は、ずばり将来性です。

20代は入社時に知識や経験が浅くても、「知識や技術は入社してから覚えればいい」と今後の成長を見越して評価されます。

そのため、面接では向上心の強さをアピールしたり、入念に練り込んだキャリアプランを伝えることで転職がうまくいく可能性が高くなります。

今回は実際に中途採用を担っている人事のえれさん(仮名)に取材し、20代で未経験業界に転職する際の実態を聞いてみました。

女性の監修者のアイコン
【中途採用担当人事】えれさん

ベンチャー・大手・中小企業での人事経験10年以上採用に従事。
営業・接客・事務・エンジニアやクリエイティブ職など多岐に渡る職種の採用、及び年間100名採用を実現。
大手広告代理店では研修を担当し、建設テックスタートアップにてエンジニア採用・採用広報を経験。現在はデジタルマーケティング企業でクリエイティブ・エンジニア職の新卒・中途採用を統括中。

Q. 20代が未経験業界・職種へ転職するのはどのくらい難しいですか?
女性の監修者のアイコン
【中途採用担当人事】えれさん

業界・職種によって異なりますが、そもそも20代の転職は企業側からも歓迎される年代です。
特にある程度社会人基礎力がついている20代半ばから後半は人気が高い年代と言えます。
未経験でも育成前提で採用するので歓迎されるケースが多いです。
特にこの業界・職種が未経験でも転職しやすいと言われるものはないので、まずは自分がチャレンジしてみたい仕事を選ぶことから始めてみてください。

Q. 20代が未経験業界・職種に転職できると言われる理由はなぜですか?
女性の監修者のアイコン
【中途採用担当人事】えれさん

20代での転職が難しくないのは、先ほども述べたように育てやすいというのが一番の理由です。
若いほど考えが柔軟で、吸収力や情報リテラシーが高いと判断する傾向にあります。
「未経験業務への適性」という観点から、知識がある他年代よりも20代のほうが採用で優遇されるケースが多いのです。
20代での未経験転職では、「どんなことをしてきた」といった実績よりも、「何ができそうか」が大事なので、素直さや謙虚さ、仕事に対する意欲と適応力が求められます。

Q. 採用担当者は、20代で未経験転職をする人のどんなところを見ていますか?
女性の監修者のアイコン
【中途採用担当人事】えれさん

企業・採用背景によって異なりますが、基本的にポータブルスキル(自己管理力・コミュニケーション力・吸収力など)を見ています
また、過去の成功体験・失敗体験を通じて具体的に振り返り、失敗を通じて次は何をすべきかを自分の言葉で語れるかも見ています。
これは、日々起こる変化の中で自走できる・自分で考えて仕事できる人が欲しいからこそ見られる点です。
ポータブルスキルは特定の職歴にとらわれず、その人のポテンシャルや性格、仕事に対する向き合い方によって決まり、どの業界・職種でも生かすことができるスキルと言えます。

Q. 20代で未経験転職に成功する人の特徴を教えてください。
女性の監修者のアイコン
【中途採用担当人事】えれさん

未経験転職に成功する人で多いのは、地頭が良い(思考力がある)・コミュニケーション力が高い・回答がまっすぐでわかりやすい、といった点が挙げられます。
また、自分のやりたいことが明確になっていないと、回答やキャリアプランの軸がずれるので、求職者が何を考えているのかわからず採用まで繋がらない可能性が高いです。
失敗する例として、応募企業や業界のことについて情報収集をしていない人が多いです。
アピールできるポイントが少ない分、面接時に目を見て話す、ハキハキ話すなどのビジネスマナーはもちろん、転職(応募企業)に対して意欲的なところを見せることが大切です。

Q. 20代で未経験転職を迷っている人に一言アドバイスお願いします。
女性の監修者のアイコン
【中途採用担当人事】えれさん

未経験の業界・職種に飛び込むことは仕事自体を楽しむための第一歩だと思います。 人それぞれ転職する理由はありますが、転職自体をネガティブにとらえないで、ポジティブに捉えてほしいです。
転職活動の中で自分が何をしたいのか、どんなキャリアを歩めば良いのか具体的に出すことで、今後のキャリアが変わってきます。
自分の人生を見つめ直すためにも、転職を機にしっかり考えてみてはいかがでしょうか?
一人で考えるのは難しいので、先輩・友人に相談するだけではなく、キャリアアドバイザーに頼るのもいいでしょう。

20代前半・20代後半・20代女性が未経験で転職する際の特徴

20代の転職といっても「20代前半」「20代後半」「20代女性」では転職の難易度が変わります。

それぞれ企業からどう評価されるのか、どのような部分を見られるのか知っておくと、企業とのミスマッチを防げるでしょう。

20代前半の場合

一般的に未経験の業界・職種を目指す転職活動は、以下の点から年齢が若いほうが有利です。

  • 完全に未経験でも成長を見越して評価される
  • 第二新卒枠で応募できる

それでは詳しく解説いたします。

完全に未経験でも成長を見越して評価される

今は未経験でも入社してから経験を積んでくれればいい」と会社側が考えた場合、少しでも若い人材を採用したほうが戦力になる期間が長くなるので、転職において20代前半という若さは有利です。

ただし、若ければいいというわけではなく「意欲が強いから成長が期待できる」「これまでの経験を見ると努力できる人だ」と判断されなければいけません。

未経験でも20代前半だから大丈夫と思うのではなく、成長する意志の強さをアピールすることが大切です。

岩岡武志の自画像
岩岡 武志
転職ハブ編集部/元キャリアアドバイザー

【起業をしたいという目標をもちながら事務職として働いていたMさんの事例】起業のためには社外折衝の経験が必要だと考え、B社へ営業職での転職を決意しました。面接では、将来的に起業したいことはもちろん、入社3年以内にトップセールスを取るという強い意気込みを自分の言葉でアピールし、全く未経験ながらB社への転職に成功したのです。このように、将来の目標がはっきりとしているなら、目標達成のために逆算し、転職の目的を見出すことも大切です。

第二新卒枠で応募できる

第二新卒に明確な基準があるわけではありません。ただ一般的には、高校、専門学校、大学などを卒業後3年目くらいまでの就業経験がある人材を第二新卒と言います。

学校を卒業後3年程度となれば20代前半がほとんどでしょう。こうした人達は、若さと就業経験が評価され第二新卒枠として応募することが可能です。

第二新卒は以前の会社で新入社員研修などを受けているので、社会人として必要な心構えや一定のマナーを身に着けていると考えられており、企業からの需要が高い傾向です。

\ 全体求人の約8割が未経験歓迎!/

ハタラクティブに
無料相談してみる

20代後半の場合

20代後半の場合は、20代前半と比べると未経験の職種に転職する難易度が高くなります。

しかし以下のことに注意すれば未経験でも転職が可能になるでしょう。

  • 完全に未経験の業界ではなく同じ業界内で転職
  • これまでの経験を活かせる職種に転職

それでは2つのポイントを詳しく解説いたします。

20代では完全に未経験の職種は難しい

20代後半の転職は、即戦力が求められるため知識や経験がまったくない未経験の業界への転職は難しいでしょう。

ただし、同じ業界内の転職であればうまくいく可能性が高くなります。

たとえば、ITエンジニアから同じIT業界の営業に転職する場合、エンジニアの経験を活かした提案が可能になります。

同じ業界内であれば、これまでの知識や経験を活かせるので20代後半でも未経験の職種へ転職しやすくなるでしょう。

岩岡武志の自画像
岩岡 武志
転職ハブ編集部/元キャリアアドバイザー

【アパレルの販売職から同業他社の法人営業職へ転職した20代Tさんの事例】Tさんが同業でアパレルの知識を持っていることはもちろん、顧客の心理を良く知っていて、商品を店頭で売る際の提案が営業でもできそうと判断されたことが決め手となりました。アパレル業界の卸売業の場合、自社店舗がないことが多く、顧客の生の声を実際に見聞きしている人材を外部から採用するしかないことも1つの要因です。

これまでの経験を活かせる職種に転職

20代後半で違う職種に転職したい場合は、これまでの経験を活かせる仕事を選ぶといいでしょう。

販売員と営業はどちらもお客様を相手にする職種ですし、事務職とITエンジニアはどちらもパソコンを使います。

パソコンをまったく使わない肉体労働から事務職というように、つながりがほとんどない職種への転職は20代後半ともなれば困難です。

それよりも似た部分がある職種のを選択したほうが、転職が成功する可能性が高くなります。

\ 各業界に精通したアドバイザーが面談 /

リクルートエージェントに
無料相談してみる

20代の女性の場合

20代の女性は、年齢とは別の部分を会社から見られます。主に以下の点を見られると思ってください。

  • 長く働く意思があるか
  • 時短勤務やリモートワークを望んでいるのか

20代の女性は長く働く意思があるかないかで難易度が大きく変わる

20代女性の場合は、結婚や出産を機に退職することがあるため、長期間働けるかが採用にあたって重要なポイントになります。

未経験の人材を採用する場合は、即戦力というよりも成長を見越して採用されるので、長期間働くつもりでなければ採用に繋がらない場合も。

20代女性は、面接時には自分から「長期間働いて御社に貢献したい」という姿勢を強くアピールすることをおすすめします。

岩岡武志の自画像
岩岡 武志
転職ハブ編集部/元キャリアアドバイザー

せっかく手間と費用をかけて中途採用したのに、戦力になる前に辞められてしまうことを企業は最も恐れています。気になるとは思いますが、面接時に産休制度や育休制度などについての質問をしすぎると、成長意欲が感じられず、企業側に不安を抱かせてしまうこともあるので、注意が必要です。近年では、中途採用した女性社員がなんらかの理由で短い期間しか働けなかったとしても、その期間にしっかりと成績を残してくれるのであれば構わない、と考える企業も増えてきているので安心してください。

時間の融通が利くアルバイトや派遣社員で経験を積む選択肢も

もし結婚後の生活や育児のことを考えて、家庭の時間を大切にしたいという20代女性は、時間の融通が利くアルバイトや派遣社員で経験を積むのも選択肢のひとつです。

将来的に正社員を目指すにしても、未経験者よりも経験者の方が採用されやすいので、アルバイトや派遣社員で経験を積んでおいてもいいでしょう。また、アルバイトや派遣社員で入社しても、そこから正社員を目指すこともできます。

アルバイトや派遣社員は正社員と比べると給与が低くなりますが、家庭の時間を大切にしたい人じっくりと経験を積みたい20代女性にはおすすめです。

\ 年収アップ率約71%! /

type女性の転職エージェントに
無料相談してみる

20代の未経験への転職で失敗するパターンと解決策

20代が未経験の職種への転職で失敗するパターンはおもに3つあります。

それでは失敗するパターンの事例を見ていきましょう。

イメージやあこがれだけで転職した場合

未経験の業界に転職するときは、業界研究や職種の研究に時間を使いましょう。

「なんとなくかっこいい」や「楽そう」といったイメージだけで転職先の業界を選ぶと、実際に働いたときにギャップを感じることがあります。

逆に、「忙しそう」などマイナスイメージを持っている業界が実は自身に合ったやりがいのある仕事である場合もあるため、イメージやあこがれだけでなく、業界や企業をしっかりと研究してから転職先を選ぶようにしましょう。

岩岡武志の自画像
岩岡 武志
転職ハブ編集部/元キャリアアドバイザー

最近は「稼げる」という理由から、不動産などの営業職に転職する方が増えています。しかし、収入が上がったとしても、ハードな働き方が収入に見合わないと感じてしまい、転職に失敗したと感じる方が多いのが現状です。また、製品やサービスを消費者として利用した経験から、イメージだけで転職した結果、想像と違い転職に失敗したと感じるケースもあります。どちらにせよ、実際にその企業で働いている人から話を聞くなどして、事前にリサーチすることが大切です。

いまの仕事に対する不満を明確化しないまま転職した場合

仕事が嫌になったから転職したい」という人もいるでしょう。

しかし、不満がどこにあるのかはっきりしないまま転職するのはよくありません。

まずは、転職を考えるに至った理由を冷静に分析することをおすすめします。

理由によっては人事や上司に相談することで解決することもあります。

未経験の仕事ではなくとも、同じ業界・同じ職種で転職すると解決する場合もあります。

また、未経験の仕事ではなくとも、同じ業界・同じ職種で転職すると解決することもあるので、衝動的に転職をするのではなく、落ち着いて自己分析をしてから転職を検討するようにしましょう。

1人で転職活動を進めた場合【第三者不介入】

これまで携わってこなかった業界の情報収集をすることや冷静に自己分析をすることは簡単なことではありません。自分に都合のいい内容ばかりに目が行き、情報が偏ってしまう可能性があります。

また、自分では弱みと思っていた部分が、希望する業界では強みになることもあります。

未経験業界への転職の場合、主観的な考えだけではなく、第三者からの意見を聞くことが重要です。

20代が未経験業界へ転職するときの相談相手として適切なのが、転職のプロである転職エージェントです。

転職エージェントに在籍する転職サポート専門のキャリアアドバイザーは、個人では得にくい業界の市況や職種の情報に関する知識が豊富です。

また、求職者の強みや自己PRのアドバイスをしてくれます。

岩岡武志の自画像
岩岡 武志
転職ハブ編集部/元キャリアアドバイザー

【一人で転職活動を進めてしまったKさんの事例】Kさんは自分の適性に合っていない企業に応募をしていたため、不採用が続いていました。自己分析をしたつもりが、実は主観的な分析となってしまっていたのです。自分の強みと伸びしろを客観的に見てくれる転職エージェントに相談してみましょう。

20代未経験転職が転職エージェントを利用するメリット

  • 転職エージェントではないと知り得ない情報を教えてくれる
  • 今後のキャリアプランの相談ができる
  • 独占求人や非公開求人を保有している
  • 履歴書・職務経歴書の添削や面接対策を受けられる

>>>未経験業界への転職を目指す20代におすすめの転職サイトはこちら

20代の未経験への転職で成功するパターン

ここまで、20代が転職で失敗するパターンを紹介してきました。

ここでは、それらの失敗を防ぐための方法も含め、20代が未経験転職で成功するパターンを3つお伝えします。

自己分析を徹底的に行う

転職後に後悔しないように、自己分析は徹底的に行っておきましょう

これまでの仕事経験などを踏まえ、以下のポイントを整理してみてください。

自己分析で整理すること

  • 強み・スキル
  • 弱み・苦手なこと
  • 現職のどこに不満を感じているか
  • 現職のどこに満足しているか

過去の振り返りをしないと転職先で同じ不満を感じてしまう可能性が高いですし、自分の実力を発揮できない仕事・職場に転職してしまうことも考えられます。

「今の環境をはやく抜け出したい」と焦るときほど、まずは落ち着き、自己分析に冷静に取り組みましょう。

業界・企業分析を徹底的に行う

転職後のミスマッチを防ぐためにも、応募を検討している業界・企業についてしっかり調べておくことも大切です。

未経験の業界に挑戦する20代の中には、経験のない業界ゆえに、イメージだけで判断してしまう人は少なくありません。

「金融業界は年収が高い」「上場企業は安定している」といった表面的な情報だけを鵜呑みにしてしまう人も多いですが、どの業界・企業であってもデメリットはあるものです。

自分自身にとって納得できる職場に出会うためにも、悪い点も含め、業界・企業分析に関しても冷静に取り組むようにしてください。

転職エージェントを活用する

20代の未経験転職では、転職エージェントの利用も欠かせません。

なぜなら、以下のようなメリットが手に入るからです。

未経験転職の際に転職エージェントを利用するメリット

  • 自分の強みや性格に合った業界・職種を教えてもらえる
  • 業界ごとの仕事のやりがい・大変さなどを教えてもらえる
  • 業界・企業ごとに評価されるスキルや経験を教えてもらえる

未経験転職は常に不安と隣り合わせですが、いつでも相談できるキャリアアドバイザーが近くにいるとそうした不安も軽減できます。

多くの転職エージェントは無料で利用できるので、ぜひ気軽に登録してみましょう。

>>>未経験業界への転職を目指す20代におすすめの転職サイトはこちら

未経験の職種に転職するときの業界・職種選びのポイント

20代で未経験職種に転職するときの業界選びのポイント

未経験の職種に転職する際に気を付けたいことや、業界選びのポイントは3つあります。

ポイント1.自己分析をして転職する理由を決定してから転職先を選ぶ

転職活動を始めるにあたってまずやるべきなのが自己分析です。

なぜ自己分析が必要なのかというと、自分の適性を知ることで仕事選びや転職する軸となる理由を明確にすることができ、企業とのミスマッチを防ぐことができるからです。

なぜ転職をしようと思ったのか」「なぜこの職種に就きたいと思うのか」といった点を明確にしておくと、面接でスムーズに答えられることでしょう。

ポイント2.需要が増している業界は転職しやすい

転職先は自身がやりたい仕事であることは大前提ですが、未経験でも転職しやすい業界を知っておくと転職先の選定で役立つでしょう。

まず、慢性的に人手が足りていない業界は未経験でも転職しやすいといえます。

人手が足りていない業界は、人材不足を解消するため中途採用者の採用ハードルを引き下げていることが考えられるので、完全に未経験の業界でも転職しやすいと言えるでしょう。

また、社会情勢の変化から急激に需要が高まる業界も人手不足になりがちになるので狙い目です。

ポイント3.未経験者を積極的に採用している業界・職種を選ぶ

教育制度がしっかりしている業界や、経験よりも人柄やポテンシャルを重視する職種や会社は未経験の採用が積極的です。

技術や経験は入社してから身に着ければいいという考えになるので、労働意欲が高ければ未経験の業界でも転職が実現しやすくなります。

20代が未経験でも転職しやすいおすすめの業界

20代が未経験でも転職しやすい業界は、需要が増している人手不足な業界です。

該当する業界は以下の主に5つです。

20代が未経験でも転職しやすいおすすめの業界

介護・福祉業界

人手不足に慢性的に悩まされているのが介護・福祉業界です。

介護・福祉業界は未経験でも採用されやすく、経験を積み「介護福祉士」の国家資格を取れば給与アップが見込めます。

人と接する機会が多く、体力が必要な仕事でもあることから、向き不向きはありますが、ポテンシャルが期待される20代ならば未経験でも採用されやすいことでしょう。

また、これから少子高齢化社会が進むことが予想されているので、さらなる需要が見込まれる業界といえます。

建設業界

建設業界は、東京オリンピック・パラリンピック開催をきっかけに新たな施設や交通インフラの整備などで建設ラッシュを迎えました。

ラッシュ後も、現場仕事をする20代の若い人材が不足しているので、未経験でも採用されやすい業界です。

肉体労働なので大変な仕事ではありますが、その分給与が高くなります。生涯収入を上げたい20代におすすめです。

配送業界

最近ではネットショッピングが一般的になったことにより、配送業界が人材不足に悩まされています。

人手不足が原因で、大手通販サイトで購入した場合の配送の受け取り方法が、玄関に置かれる「置き配」となったことも話題になりました。

重い荷物を運ぶことがあり、運転技術などが必要にはなりますが、黙々と作業したい人体を動かしたい20代におすすめです。

小売業界

スーパーやデパート、コンビニエンスストアの店員などの小売業も人手不足の業界です。

小売業は接客はもちろん、正社員で雇用されるとパートやアルバイトの従業員の管理が主な業務になります。

人と接するのが好きな人人の管理が得意な人は向いているでしょう。

IT・Web業界

「IT・Web業界」は専門的な技術が必要になるので、経験者の求人が多いですが未経験でも応募できる求人があります。

人手不足を解消するために、IT・Web業界では20代の未経験を積極的に採用する動きがあります。

しっかりと研修期間を設けている会社もあるので、未経験でも安心して業務できます。

未経験からITエンジニアに挑戦したい人向け

  • doda
    • 営業職やITエンジニア向けの求人が比較的多い
    • 未経験からITエンジニアに挑戦したい人向けの転職フェアを開催

20代が未経験でも転職しやすいおすすめの職種

20代が未経験でも転職しやすいおすすめの職種は以下の2種類です。

20代が未経験でも転職しやすいおすすめの職種

営業職

営業職は、技術や経験も重要ですが、なによりも性格的に向いているかです。

営業が向いている性格といえば、売り上げを伸ばすために営業をかけられる人や、トークが上手な人というイメージがあるかもしれませんがそうとも限りません。

営業といっても飛び込み営業で終わりではなく、何度かやり取りをして関係性を築きます

また、営業には飛び込みだけではなく、決まったお客様に訪問するルート営業という営業をする場合があります。

時間管理や物事にマメな性格の人聴き上手な人が向いているといえるでしょう。

コンサルタント職

コンサルタント職とは、簡単に言うと「企業の経営課題を解決する仕事」です。

一見するとハードルが高い仕事のように思えますが、専門スキルというよりは、論理的な思考力やコミュニケーション力が重視される仕事のため、実は20代未経験者の採用も活発です。

たとえばITエンジニアとして働いてきた20代であれば「ITコンサル」、人事部で働いてきた人であれば「人事コンサル」に転職できる可能性もあります。

一般事務職

一般事務職とは、データ入力や資料作成、電話対応などを行う仕事です。会社によっては「OA事務」や「事務職」と呼ばれています。

エクセルやワードといったオフィスソフトの基礎的なスキルや、接客経験などがあれば応募できる求人が多く、仕事の難易度もそこまで高くありません

基本的にはオフィス内のみの勤務なので、「営業のような外回りの仕事をしたくない」「落ち着いてゆっくりと働きたい」という人は一般事務職を検討してみましょう。

20代未経験転職の流れ

未経験業界・職種への転職に向けて、20代が転職活動を進める流れを紹介します。

次の4つのステップを参考に、転職活動のイメージを膨らませておきましょう。

20代未経験転職の流れ①自己分析

まず始めに取り組みたいのが自己分析です。

自分自身がアピールするべき強みやスキルが分かりますし、自分に合った業界・企業に転職するためにも必須なので、時間をかけて行いましょう。

自己分析の進め方

  • <1>過去の経験を時系列順に全て洗い出す
  • <2>過去の経験を掘り下げる
  • <3>自分がやりたいことやスキルを整理する

自己分析を自分一人でできるか不安な場合は、転職エージェントのキャリアアドバイザーに手伝ってもらうのもおすすめです。

20代未経験転職の流れ②求人探し・企業分析

自己分析を通して「目指すべき業界・仕事」が見えてきたら、実際に求人を探し始めましょう。

求人の探し方としては、次の方法が一般的です。

求人の探し方(例)

  • 転職エージェント
  • 転職サイト
  • ハローワーク

応募したい企業が見つかったら、次のチェック項目を参考に企業分析にも取り組んでみてください。

企業分析のチェック項目(例)

  • 業務内容
  • 雇用形態
  • 勤務地
  • 勤務条件(年収・勤務日数・休暇日数など)
  • 福利厚生(住宅手当・育児支援など)

20代未経験転職の流れ③応募・面接

入社したい企業が決まったら、応募・面接へと進みましょう。

▼利用媒体ごとの選考の進め方(一般的な例)
応募 面接
転職エージェント 応募したい企業をキャリアアドバイザーに伝える キャリアアドバイザーが面接日程を調整してくれる
転職サイト サイト上から企業に応募する 面接日程を企業と自分で調整する
ハローワーク ハローワークの窓口に求人票を提出するorオンライン上で応募する ハローワークの職員が面接日程を調整してくれる

20代未経験転職の流れ④内定~入社まで

最終面接に合格したら、企業から渡される「採用条件通知書(内定通知書・労働条件通知書)」の内容を確認してください。

年収額や勤務条件などを確認したい、あるいは交渉したい場合は、企業の採用担当者に連絡を入れましょう。転職エージェントを利用している場合は、こうした条件面の交渉を代わりに行ってくれます

条件に納得し、入社の意思を伝えると、晴れて「内定」となります。

その後は、入社日の調整や、現職との退職交渉に移りましょう。

20代で未経験の業界・職種へ転職した人の体験談

ここでは20代で実際に未経験の転職へ挑戦した人達の体験談を紹介していきます。

20代で未経験の業界・職種へ転職した人の体験談

  • Aさん:20代後半女性、運送業界→計測機器業界
  • Bさん:20代後半女性、事務職→歯科助手
  • Cさん:20代後半女性、営業職→事務職
  • Tさん:20代後半男性、ヘルパー→製造業
  • Mさん:20代後半女性、アパレル→マーケティング
  • Kさん:20代半ば男性、メーカーのルート営業→IT企業の新規営業

Aさんの体験談

他業界で働くことになり広い視野を持てた

women
前職
運送業界(ドライバー)
現職
計測器業界

Aさん/20代後半/女性

未経験転職ということもあり、現職よりも所得が大きく減らないか不安になっていました。
ただ、前職は運送業で働いていましたが社員の年齢層が高く高齢化が進んでいたため、20年、30年と働き続けるビジョンが見えず転職を決断。
転職した企業は当時創業約40年ながら、前職に比べると若く社内の風通しが良くて満足していますし、何より他業界で働いてさらに広い視野が持てました
今や転職することは珍しくなく、自分のライフワークバランスを良くするための1つの行動です。
その中で上を目指して転職するなら、勢いだけに任せるのではなく、なぜ今の職場がダメだと思うかしっかり理由を言えること、その理由を解決するためには転職先ではどういう環境であればいいのかなど、ビジョンを明確にしておくのが大事だと思います。

Bさんの体験談

未経験OKでも下調べを怠ると転職後にしんどくなるかも

women
前職
事務職
現職
歯科助手

Bさん/20代後半/女性

前職の勤続年数は短く、特別な資格もないので、そもそも転職できるのかと不安でした。
そんな中、資格なし・未経験可の求人を探してみたら、勤務時間や休暇など条件が良かったのと、医療系に興味あったため転職を決断。
ただ、条件は良かったのですが、何の知識もなく未経験職に飛び込んだのが失敗と感じています。
未経験に加え知識もないため、専門用語や治療法などを覚える必要があったのですが、教えてもらう時間が少なく、勤務中にパニックになることもありました。条件だけではなく仕事に対してもう少し調べておけば良かったと後悔もあります。
これから未経験転職にチャレンジする方は、希望職種について勉強したり、下調べをしたりすることが大事だと思います。
やってみないとわからない、ということもあると思いますが、備えあれば憂いなしです。

Cさんの体験談

転職エージェントを利用したことによって転職活動がスムーズに

women
前職
営業職
現職
事務職

Cさん/20代前半/女性

当時は営業職に就いていましたが、将来的に結婚や出産を考えていたため、年齢を重ねても長く続けやすい事務職をしたいと思ったのが転職の決め手です。
在職中に転職活動をしていたので、仕事と両立して選考を進めることができるのか、そして資格なし・未経験はかなり不利になるのではないかと不安でした。
しかし、転職エージェントを利用したことによって面接日程の調整から給与の交渉など、企業とのやりとりを全て行ってくれたため、在職中でもスムーズに転職活動が進められました。
また、定型的なものではなく私自身の実績と目指したい姿を理解したうえで選考に関するアドバイスを丁寧に教えてもらえたことも安心できた要因です。
未経験転職は不安が多いと思いますが、エージェントをうまく活用すれば、自分に合う求人も見つけやすくなります。

Tさんの体験談

条件だけにとらわれず詳細まで確認を

men
前職
介護福祉業界 ヘルパー
現職
製造業
年収
330万円~350万円(変動せず)

Tさん/20代後半/男性/製造業

前職では、業界の将来に不安を感じていたので転職しようと考えましたが、現職の専門知識やスキルはない状態だったので未経験での転職は自分にできるかな?と不安に思っていました。
ただ、転職活動は35歳が区切りというイメージがあり、未経験でも採用されやすい20代のうちに転職をしようと決断し、希望条件に合ったものを見つけてすぐに応募しました。
前職にはいつでも戻れると思っていたのもあって決断しやすかったかもしれません。
転職の満足度に関しては可もなく不可もなくといった感じです。求人に記載されている仕事内容は細かい部分まで書かれていないこともあるので、条件や待遇だけにとらわれず、仕事内容をちゃんと確認したほうがいいと思います。
仕事の内容と自分の得意不得意を照らし合わせて転職を決めることをお勧めします。

Mさんの体験談

転職エージェントを使ったことで自分のやりたいが明確になった

women
前職
アパレルメーカー(商品企画・販促・商品開発)
現職
リサーチ・マーケティング会社(法人営業)
年収
320万円→380万円

Mさん/20代後半/女性/営業職

未経験転職は自分の能力が通用するか不安でしたが、給料・自分の成長・人間関係に対して不満があり、前職の会社にいるのが嫌で転職を決断。
前職にはなかった「裁量権を持ち能動的に仕事をしたい」と思って現職を選びました。
初めてかつ未経験転職は不安だらけでしたが、転職エージェントに登録したことで書類添削や面接対策だけではなく、自分がしたいことを求人ベースで一緒に考えてもらえて安心することができました。
当時は今の仕事を辞めてすぐに転職したいと目先のことしか考えてませんでしたが、20代半ば(転職当時)ならもっといろんな職種にチャレンジできたかも?と思います。
未経験転職を行う上で、まずは自分が何を叶えたいかから逆算したほうがいいです。焦らずに情報収集してから転職したほうが満足できると思います。

Kさんの体験談

転職活動を通じて自分のことを知れた

men
前職
製造メーカー(既存ルート営業)
現職
IT企業(新規営業)
年収
420万円→400万円

Kさん/20代半ば/男性/営業職

未経験業界への転職は、仕事についていけるか・成果を出せるか・人間関係に順応できるかなど、色んな要素で不安がありました。
ただ、現状のまま成長せず何も変わらない方が怖く、30代以降も今の環境のままでいるのが嫌で転職を決断。
そもそも転職経験もなかった中、キャリアアドバイザーから自己分析シートの添削や面接対策、書類に何を書くかも一緒に考えてもらうサポートもあって、安心して進めることができました。
現状の不満や自分のやりたいことを明確にしたのが、転職成功の要因だと思います。
今後転職をする方は、まずは自分のことについて書き出してキャリアアドバイザーと一緒に分析してもらう事が大切です。転職活動を通じて自分のことを知る事ができます

未経験業界・職種職へ転職したい20代前半におすすめの転職エージェント

20代前半で未経験業種へ転職を目指す人には、応募書類の添削や面接対策などサポートが手厚い転職エージェントがおすすめです。

業界の事情や求めている人材の情報などもを提供してくれるため、業界・職種選びのヒントになる可能性もあります。

dodaは未経験からITエンジニアを目指す人に向けて転職フェアを実施

dodaアイキャッチ

dodaは、業界最大級の求人数を誇る大手転職エージェントです。さまざまな業種の求人を扱っていますが、営業職やITエンジニア向けの求人が比較的多い傾向です。

こうした仕事に興味がある人は理想の求人情報に出会える可能性が高いでしょう。

また、dodaでは未経験からITエンジニアに挑戦したい人向けの転職フェアも開催されています。

このフェアには企業の採用担当者が参加するので、「企業の担当者と直接話してみたい!」という方にも向いています。

▼doda(エージェントサービス)の基本情報
サポート内容 キャリアカウンセリング、キャリアの棚卸し、求人紹介、スカウト、応募書類の添削、面接対策、応募代行、選考日程の調整、入社日調整、退職アドバイスなど
サポート期間 紹介求人に一定期間応募がない場合や、利用者と連絡がつかない場合などにはサービスの提供が終了する可能性がある
サポート手段 対面、オンライン、電話、メール、LINE、スマホアプリ
金額 無料

※2024年6月時点

dodaはこんな方におすすめ

  • 営業職やITエンジニア向けの求人を志望する人
  • 企業の担当者と直接話してみたいエンジニア未経験の人

\未経験からITエンジニアも目指せる/

dodaの口コミ・評判

20代後半女性の口コミ

IT業界未経験だったが転職できた

未経験のIT業界への転職でとても不安だったが、dodaのキャリアアドバイザーから転職成功に近づくアドバイスをもらえた。転職のために必要なスキルや勉強しておくことなど、転職活動で有利に動けるようにサポートもしてくれた。

(20代後半/女性)

一つ一つの面接に対して、履歴書の書き方や面接対策、評価やフィードバックなどをとても丁寧に行なってくれたこと。また面接のことだけでなく、転職についての悩み相談や細かな悩み事についてもとても優しく答えてくれたこと。

30代前半男性の口コミ

転職させるために圧をかけられたと感じた

総合的には良いと思います。ただ、印象的だったのは、大手企業から内定をいただき、承諾するか辞退するか悩んでいるときに、担当者からかなり圧をかけられたように感じたことです。 「〇〇さんのやりたいことができる企業でしょ?何を悩んでいるんですか?」などと言われ、転職させようと必死になっているように感じました。

ハタラクティブならば未経験としてほとんどの求人に応募ができる

ハタラクティブ

ハタラクティブは、20代の転職に特化した転職エージェントで、全体の約8割(※)が「未経験歓迎」の求人のため、未経験業種へ正社員として転職したい20代におすすめの転職エージェントです。

求人の数は、2,863件(※)あるので、さまざまな職種のなかから選ぶことができます。

また、LINEビデオや電話による面談もおこなっているので気軽に相談することができます。

※1 公式サイトより
※2 2023年4月現在

▼ハタラクティブの基本情報
サポート内容 キャリアカウンセリング、求人紹介、応募書類の添削、面接対策、応募代行、選考日程の調整、入社日調整、入社後フォローなど
サポート期間 サービスの利用が6ヶ月以上ない場合は、登録を停止される可能性がある
サポート手段 オンライン、メール、電話、LINE
金額 無料

※2024年6月時点

ハタラクティブはこんな方におすすめ

  • 今までのキャリアに自信を持てない人
  • ビジネスマナーから面接のコツまでじっくり学びたい

\未経験から応募できる求人が多数!/

ハタラクティブに
無料相談してみる

ハタラクティブの口コミ・評判

20代前半女性の口コミ

自分の希望を整理できた

20代前半ということで、自分がどのような仕事をしたいか、どのような環境で働きたいか明確ではなかったが、ハタラクティブの担当者の方が話を丁寧に聞いてくれたので、自分の希望が少しずつ明確になった。結果、ほぼ希望通りの事務職に就けたので満足している。

20代前半女性の口コミ

ある程度スキルがある人にはおすすめしない

本当に未経験で、学歴や職歴がない方にとってはハタラクティブの求人はハードルが低いので良いと思います。しかし、すでにある程度のスキルや能力があったり、少しレベルの高い求人にチャレンジしてみたい方には、正直あまりおすすめできません。

WorX(ワークス)は業界初の異業種転職の総合支援を実施

worxのLP画像

WorX(ワークス)は、業界初の異業種転職の総合キャリア支援サービスを展開する転職エージェントです。

専任のキャリアパートナーが希望と適性に合った求人を紹介してくれることや、キャリアコーチングも提供しているため転職の成功率を高めるためのサポートもしてくれます。

また、スキルに自信のない方は、入会金・受講料0円*でIT関連のスキルを学べるため、人気の業界に未経験で転職できるチャンスが広がります。

受講費用は転職成功時の後払いかつ、業績好調な企業の場合は転職と同時に年収アップが期待できるため、求職者にとってリスクが少ないことが特徴です。「異業種に転職して市場価値を高めたいのに応募できる求人がない…」という方におすすめです。

*公式サイトより

▼WorX(ワークス)の基本情報
サポート内容 キャリアカウンセリング、キャリアの棚卸し、キャリアプランの設計、適性診断、e-ラーニング、キャリアコーチング、求人紹介、応募書類対策、面接対策、退職アドバイス、転職後の相談など
サポート期間 定めなし
サポート手段 Slack、Zoom、電話
金額 月収の10%✕24か月分(転職決定後の支払い) ※最大70%オフ(上限56万円)の公的補助を受けられる可能性あり

※2024年6月時点

WorX(ワークス)はこんな方におすすめ

  • 未経験の異業種転職をしたい
  • 転職活動をしながらスキルアップをしたい

\異業種へ転職できる求人が多数!/

WorX(ワークス)に
無料相談してみる

未経験業界・職種職へ転職したい20代後半におすすめの転職エージェント

続いて20代後半が未経験の職種を目指す場合におすすめの転職エージェントを紹介します。

20代後半の場合は、経験を積むためというよりも今後のキャリア形成のアドバイスをしてくれるエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは業界・職種問わずさまざまな求人に出合える

リクルートエージェントのキャプチャー画像

リクルートエージェントは業界最大級の332,203件(※)と圧倒的な求人数を保有しています。

未経験歓迎の求人も含め、業界・職種問わずさまざまな企業の求人があるので、幅広い選択肢の中から自分に合った会社を探せることでしょう。

転職したい業界や職種が決まっていない人は、リクルートエージェントに登録することをおすすめします。

豊富な求人を見ることで、今後のキャリアが見えてくるかもしれません。もし見えてこなくても、キャリアアドバイザーと面談することで、アドバイザーがキャリアの棚卸しを手伝ってくれます。

そこで自分でも気がつかなかった自分の強みや弱みをキャリアアドバイザーが見つけてくれるので、今後のキャリアを明確にしていくことができます。

またリクルートエージェントでは、転職のサポートだけでなく、30代以降のキャリア形成も視野に入れたアドバイスをしてくれます。

このように、さまざまな面で手厚いサポートが受けられるのがリクルートエージェントの強みです。

※2022年12月現在

▼リクルートエージェントの基本情報
サポート内容 キャリアカウンセリング、キャリアの棚卸し、求人紹介、スカウト、応募書類の添削、面接対策、応募代行、選考日程の調整、年収交渉、入社日調整など
サポート期間 「電話や面談による転職相談の実施」「担当キャリアアドバイザーによる転職活動支援」は、原則として、利用者個々に当該サービス開始の通知を行った日から3ヶ月が上限
サポート手段 オンライン、電話、メール、スマホアプリ、専用ツール(Personal Desktop)
金額 無料

※2024年6月時点

リクルートエージェントはこんな方におすすめ

  • 転職したい業界や職種が決まっていない人
  • 30代以降のキャリアプランを相談したい人
  • 転職したい業界や職種が決まっておらず、幅広く求人を見たい人

\あらゆる業界・職種の求人が豊富/

リクルートエージェントに
無料相談してみる

リクルートエージェントの口コミ・評判

20代後半男性の口コミ

求人数が多く、大手企業の求人が豊富

リクルートエージェントはさすが大手エージェントというだけあり、たくさんの求人を取り扱っていました。なかでも大手企業が多く、自分の希望に合っていてすごく良かったです。ベンチャー企業も多くて、質も良かったです。安心して転職活動ができました。

20代後半男性の口コミ

大手企業の担当者がリアルな情報を教えてくれた

大手企業に関しては、面接前に知っておくべき社内事情や、採用担当者がどのような人を欲しがってそうか、という点をリクルートエージェントの企業担当者が詳しく教えてくれた。その担当者と実際に面談もできたことで、求人票からは見えてこないリアルな情報を知ることもでき、合格の可能性が高まった。

20代後半女性の口コミ

内定への回答を少し急かされた

リクルートエージェントはサポート期間が3ヶ月間と決まっているようなので、仕方のない点だと思いますが、はじめて内定をいただけた際に受けるかどうかの回答を少し急かされました。もう少し他の会社も見て決めたいと考えていたので、もう少し待っていただけるとありがたかったです。

マイナビエージェントは他では見つけられない求人を保有

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20〜30代をターゲットにした総合型のエージェントです。

取り扱い求人の80%が非公開求人です。マイナビエージェントは、他のエージェントにはない求人を抱えていることがあります。

また、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは業界専任制になります。業界の動向に詳しいキャリアアドバイザーが対応してくれるので、大変心強いことでしょう。

マイナビエージェントに登録したならば、キャリアアドバイザーに転職を希望する業界について詳しく説明してもらうといいでしょう。

▼マイナビエージェントの基本情報
サポート内容 キャリアカウンセリング、キャリアの棚卸し、求人紹介、スカウト、応募書類の添削、面接対策、応募代行、選考日程の調整、年収交渉の代行、入社日調整、退職アドバイス、入社後フォローなど
サポート期間 定めなし
サポート手段 対面、オンライン、電話、メール、LINE、スマホアプリ
金額 無料

※2024年6月時点

マイナビエージェントはこんな方におすすめ

  • 転職したい業界について詳しく知りたい
  • 非公開求人を見てみたい

\業界専門知識が豊富/

マイナビエージェントに
無料相談してみる

マイナビエージェントの口コミ・評判

20代前半|女性

面接対策などサポートが手厚い

マイナビエージェントは求人量が多く、有名なエージェントなので安心して使えました。若い方向けの求人が多いので、20代や第二新卒に向いていると思います。サポートも手厚いので、初めて転職する方や、面接対策など、転職活動をするうえで一からサポートしてほしい方にもおすすめです。

30代前半|男性

転職活動が初めての方におすすめ

マイナビエージェントは、転職活動が初めての方や、20代の若い方に非常におすすめです。幅広い求人から、自分が興味ある求人を選べる可能性が高いからです。キャリアアドバイザーは話をしっかり聞いてくれるので、安心して任せて活動すれば、良い結果が得られると思います。

30代前半|男性

ハイクラス求人は違うエージェントに相談したい

マイナビエージェントから紹介のあった求人は給与が低いものが多く、「転職1年目は年収は50万円くらい下がってしまう」と担当者からも言われました。条件にこだわって転職するならハイクラス転職を目指すことになると思うので、次回転職する際は違うエージェントに相談すると思います。

未経験業界・職種職へ転職したい20代女性におすすめの転職エージェント

20代の女性が未経験の職種に転職するときにおすすめの転職エージェントを紹介します。

今回紹介する転職エージェントは、女性の転職サポートに特化した転職エージェントのため、女性の働き方やキャリアなど女性特有の悩みや考えに寄り添ったサポートが受けられます。

type女性の転職エージェントは女性の転職実績が豊富

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは18年以上続いている実績がある転職エージェントです。

type女性の転職エージェントで転職した人の約71%が年収がアップしています。

転職エージェントとして豊富な実績を持っており、経験と実績によって裏打ちされた手厚いサポートには定評があります。

▼type女性の転職エージェントの基本情報
サポート内容 キャリアカウンセリング、キャリアの棚卸し、求人紹介、応募書類の添削、面接対策、応募代行、選考日程の調整、年収交渉の代行、入社日調整、入社後フォローなど
サポート期間 サービス開始の通知を行った日から1ヶ月を経過しても連絡をしない場合は、サービスの提供が終了する可能性がある
サポート手段 対面、電話、メール
金額 無料

※2024年6月時点

type女性の転職エージェントはこんな20代女性におすすめ

  • 年収をアップさせて30代を迎えたい人
  • 実績が豊富な転職エージェントで相談したい人

\ 年収アップ率約71%! /

type女性の転職エージェントに
無料相談してみる

type女性の転職エージェントの口コミ・評判

20代後半女性の口コミ

未経験でも転職できた

type女性の転職エージェントの担当者の方には、未経験者向けの研修制度が整っていて、質問しやすい職場を探してもらい、無事に転職できました。実際に職場に足を運んでいる経験から、会社の雰囲気などを教えてくれたのも良かったです。女性特有のキャリアの悩みにも真摯に向き合ってくれました。

20代後半女性の口コミ

エージェントの質があまり良くない

面談は定型的な質問ばかりで、親身に話を聞いてもらえた感じではなかった。アドバイスやサポートも他社より劣っていた印象で、企業から提示された条件を承諾するしかなかったので交渉力もないと感じた。type女性の転職エージェントを使うメリットが感じられなかったので、次は利用しないと思う。

20代未経験転職に関するよくある質問

20代の未経験転職でよくある質問にお答えします。

20代の離職率はどのくらいですか?

厚生労働省発表「令和3年 雇用動向調査結果の概要」によると、令和3年の20代の離職率は以下のとおりです。

▼令和3年の離職率
男性 女性
20~24歳 24.2% 26.9%
25~29歳 19.6% 19.2%

出典:厚生労働省「令和3年 雇用動向調査結果の概要 3 性、年齢階級別の入職と離職」p.13

他の年代(30代・40代・50代)は15%以下の離職率が多いなか、20代に関しては男女ともに4人~5人に1人が離職している、という結果になっています。

20代の中途採用で重視するスキルとは?

20代を中途採用で募集する企業は、次の3つのスキルを重視する傾向にあります。

企業が20代の中途採用で重視するスキル

  • 柔軟性
  • 対人理解力
  • 協調性

柔軟性は、未経験転職において特に重要とされています。新しい仕事や職場環境にすぐにキャッチアップできる人物かどうか、企業がしっかり判断したいと考えているからです。

対人理解力とは、相手のニーズを理解する力です。

協調性に関しては、業界問わず、“会社”という組織で働くうえで必須の特性といえるでしょう。

転職先を選ぶ際に多くの人が重視することは?

転職先を選ぶうえで、多くの人が次のようなことを重視しています。

転職先を選ぶ際に多くの人が重視すること

  • 休日・勤務時間
  • 給与
  • 仕事内容

「社内の人間関係」を重視する人も一定数いますが、それよりも「休日・勤務時間」「給与」など、生活に直結する条件をチェックしている人が多い傾向にあります。

20代の中には、より成長できる仕事をしたい、自分に合った仕事をしたい、という気持ちから「仕事内容」を重視し、未経験転職を目指す人も少なくありません。

転職して後悔する人の割合はどのくらいですか?

転職後に後悔する人(不満足と感じている人)は、およそ10%です。

▼転職後に後悔する人の割合(令和2年度/正社員/職業生活全体)
男性 女性
不満 2.7% 2.5%
やや不満 7.2% 11.0%

出典:厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況 (6)現在の勤め先における満足度」p.23

男女を比べると、女性のほうが転職先に不満を抱いている人が多い傾向にあります。

また、仕事内容よりも、賃金の面で不満を感じている人が多いことも特徴の1つです。

転職エージェントとの面談は何回ありますか?

転職エージェントとの面談回数は2~3回が一般的です。

▼転職エージェントとの面談(例)
1回目(初回) キャリアカウンセリング 転職理由や希望条件などをヒアリングされる
2~3回目 選考対策 応募書類の添削や模擬面接などのサポートを受ける

上記の他に、求人紹介や、面接希望日時のヒアリング、年収額などの条件面の確認が必要な場合は、その都度キャリアアドバイザーから連絡が届きます。

まとめ|20代で未経験の職種に転職するときはまずは自己分析

20代なら未経験の職種へ転職できますが、その前にまずは自己分析をしましょう。

なぜ転職したいのか」を明確にしないと転職はうまくいきません。せっかく転職をしたのに、転職先が合わなかったとなったら、時間と労力が無駄になってしまいます。

そうした失敗を避けるには、転職エージェントをうまく活用することをおすすめします。

転職エージェントでは、転職希望者の強みや弱みを抽出する自己分析のサポートだけでなく、履歴書・職務経歴書の添削や面接の練習も行ってくれます。

まずは気軽に登録し転職エージェントで無料相談を受けてみてはいかがでしょう。

※ページ内の求人数は職種別に集計しています。

おすすめ関連記事

時間アイコン 24.04.08

フリーランスとは?意味や代表的な仕事・事前準備をわかりやすく解説

フリーランスのアイキャッチ画像

時間アイコン 23.07.12

第二新卒の職務経歴書の書き方を見本付きで解説!自己PRや基本的なルールを教えます

時間アイコン 23.08.10

20代女性が事務職への転職を成功させる方法!未経験だと厳しい?

時間アイコン 24.06.28

フリーターの正社員就職面接で聞かれる質問と回答例!服装や自己紹介のポイントもあわせて確認

時間アイコン 23.12.27

40代の平均年収は490万?男性・女性別の中央値や手取り額と地域毎の違い

平均年収を計算する電卓の画像

目次

TOP