ワークポートの評判は悪い?口コミとIT未経験におすすめな理由を解説

ワークポートのキャプチャ画像

転職を考えているけど、ワークポートの評判って悪いの?
ワークポートはIT業界に強いと聞いたけど本当?利用者の口コミを見たい

ワークポートは幅広い業界・職種の求人情報を扱う転職エージェントです。特にIT業界への転職に強く未経験者のサポートも手厚いと評判ですが、中には悪い評判もあります。

悪い評判 良い評判
  • ・担当者からのメール連絡がしつこいと感じた
  • ・希望条件と異なる求人情報を紹介された
  • ・担当キャリアアドバイザーのサポートスキルにばらつきがある
  • ・IT業界・Web未経験でもサポートしてもらえる
  • ・ワークポートで転職して年収アップできた
  • ・ワークポートは担当者のレスポンスが早い
  • ・書類のアドバイスや面接対策などサポートが心強い

これらの評判から、ワークポートは以下のような求職者におすすめです。

  • 未経験でIT・Web分野への就職を目指す方
  • エンジニア経験のある方
  • 20代~30代で転職したい方
  • Web分野でのキャリア形成を考えている方
  • 第二新卒・フリーター・フリーランスなどから正社員を希望する方

この記事では元・リクルートエージェントのキャリアアドバイザー・岩岡がワークポートの利用体験をもとに、サービスの悪い評判・良い評判や上手な利用方法を解説します。

元・ワークポートのキャリアアドバイザー(転職コンシェルジュ)への独自取材もしたうえで、役立つ情報をお届けします。ワークポートの利用を考えている方はぜひお役立てください。

記事を書いた人 記事を書いた人

岩岡 武志

転職hub編集部/元キャリアアドバイザー

岩岡 武志

教育業界から株式会社リクルートキャリア(現リクルート)へ転職し、約5年半にわたりキャリアアドバイザーとして勤務。業界や職種を問わず1,000人以上の求職者を支援した。

30歳を節目に、より多くの人生に貢献したいとの思いからWebマーケティングにキャリアチェンジし、転職に関するメディア運営を行う。

ユーザーや有識者へのインタビューに基づく情報発信をモットーとしている。

もっと見る 閉じる

ワークポートの悪い評判・口コミと解決策

ワークポートの悪い評判や口コミには次のようなものがありました。

転職ハブに寄せられた利用者の口コミから詳しく見てみましょう。また、ネガティブな口コミのように対応されないためには、どんなことに気をつけてワークポートを利用すれば良いのでしょうか?

担当者からのメール連絡がしつこいと感じた

インターネット上では一部で「ワークポートはメールや電話連絡がしつこい」という悪い評判・口コミも見受けられます。

利用者から当編集部に寄せられた口コミには「しつこい」とまではいかないものの、「求人紹介のメールがたくさん届いた」という内容がありました。

紹介される求人数は多いほうがいいという人もいれば、人によってはしつこい、多すぎると感じるのかもしれません。

28歳・インターネット広告業界の事務職

ワークポートに登録すると、どんどんワークポートから職業紹介のメールがきます。

メールや電話がしつこいと感じる場合の解決策は「連絡頻度の希望を伝える」

メールや電話連絡がしつこいと感じる場合は、担当者に率直に伝えましょう。

「連絡の頻度やメールの内容が希望に合っていない」「紹介件数が多すぎるので、条件と合ったもののみにしてほしい」などと連絡頻度の希望を具体的に伝えることが大切です。

職業紹介のメールは、はじめの面談を終えた段階で希望に沿った求人を送ってもらえます。転職活動のタイミングや希望条件、経歴によっても求人紹介数は異なります。

また、書類選考や面接が進むにつれ、担当者からの電話連絡は増える傾向にあります。電話連絡が「しつこい」と感じた場合も、連絡頻度や出られる時間帯の希望をしっかり伝えておきましょう。

岩岡氏近影
岩岡 武志
転職hub編集部/元キャリアアドバイザー

私もワークポートを利用して5社の面接を受けましたが、ほぼ毎回、面接後数分以内に電話があり、かなり徹底している印象でした。ワークポートの初回面談時には、「企業へのレスポンスを大事にしているので、入社意欲などを素早く企業へ伝えられるよう、面接後の電話に協力してほしい」と念を押されたことが印象的でした。面接終了時刻が19時以降でも電話があり、正直、思考を整理したいのでもう少し待ってほしいと思うこともあり、早く回答しなければという義務感はありました。

希望条件と異なる求人情報を紹介された

ワークポートでは、希望と異なる求人を紹介される事例もあるようです。「自分の希望とは違う求人紹介が多かった」「ほかの仕事も紹介してほしかった」という悪い評判・口コミがありました。

実際に届いた口コミを解決策とともに紹介します。

29歳女性・製薬業界の研究職

特にこれといってワークポートの不安な点は挙げられませんが、一つ挙げるとしたら、自分の希望条件とは少し違う求人の紹介も多かったなとは感じました。

38歳男性・人材派遣業界の内勤事務職

ワークポートに対して不満はほとんどありませんが、しいていうなら、応募したのは1件のみで、担当者からほかの案件の紹介はありませんでした。恐らく応募した案件で内定を貰ってしまったので他の案件を紹介する必要がなかったのかもしれませんが、できればどんな仕事があったのか紹介して欲しかったです。

譲れない希望条件を明確にして担当者に伝える

絶対に譲れない条件や、希望と異なる場合の許容範囲などは転職コンシェルジュに先に伝えておきましょう。ワークポートでは幅広い求人を扱うため、希望とは異なる求人が紹介される場合もあります。

転職活動において業界・職種や年収などの待遇、勤務時間など、希望条件の優先順位を担当者にしっかり伝えておくことで、希望に近い求人を紹介してもらえるでしょう。

希望している業界がはっきりしている場合でも、「ほかの業界・職種の求人も見てみたい」といった希望は、初回面談時などに伝えることが重要です。

担当キャリアアドバイザーのサポートスキルにばらつきがある

「担当者の対応が雑に感じた」「失礼な対応をされた」などの悪い評判・口コミもあります。

全体的に転職コンシェルジュの対応に関して評判の良いワークポートですが、担当者によっては対応が異なったり、サポートスキルにばらつきがあったりするようです。

24歳女性・IT業界の内勤営業職

ワークポートを使ってみて頼りになる部分もありましたが、対応が雑に感じたこともありました。そこは少し不満です。

25歳・車業界から営業職

ワークポートで不満に感じた点は、担当者はていねいなんだと思いますが少し下に見られた印象を受けました。人生がかかっているので失礼に感じました。

30歳 男性・人材業界の営業職

入職後のフォローがほとんどなかったのが多少不満に感じました。ワークポートを利用される求職者も多いと思いますが、入社後もサポートがあるともっと良かったと思います。

23歳男性・飲食業界の広告・PR職

ワークポートの担当コンシェルジュの方が、面談の時にあまり話を聞いてくれなかった印象がありました。もう少し面談相手の話を聞いてくれると、話している側も楽しく話せるのにと感じました。

相性が悪いなら担当者変更も希望できる

相性もあるため、あまりにも合わない、対応がひどいと感じる場合には、転職コンシェルジュの担当者変更をお願いすることもできます

ワークポートで働く転職コンシェルジュの年齢層は比較的若いので、人により経験が浅かったり、対応が悪く感じられる場合もあるでしょう。

公式サイトの問い合わせフォームなどで担当者変更を依頼する方法が簡単です。変更希望の理由や新しい担当者への期待を添えると、相性の合う担当者を選んでもらいやすいです。

岩岡氏近影
岩岡 武志
転職hub編集部/元キャリアアドバイザー

私の転職活動時も、ワークポートの転職コンシェルジュの知識量は担当者によると感じました。担当の転職コンシェルジュによって、合う・合わないは当然出てくると思います。会員登録時に「○○分野に強いコンシェルジュ希望」「男性/女性の転職コンシェルジュを希望」「未経験だが○○分野での転職希望」などとフォームの備考欄に要望を入力しておくと、ある程度考慮してもらえます

ワークポートの良い評判・口コミ

転職ハブに寄せられた独自の口コミには、次のような良い評判も数多くありました。

これらの良い評判・口コミについても詳しく見てみましょう。

IT業界・Web未経験でもサポートしてもらえる

ワークポートはITやWeb業界未経験でも応募できることに定評があります。

実際、「未経験の求人に応募したが、担当者が必死に推薦してくれた」「未経験でも休日も給料も増えて満足」という良い評判・口コミもあります。

23歳男性・飲食業界の広告・PR職

希望していた広告・PR職の他にIT業界の動画編集やエンジニア職・営業職など30社くらい紹介していただきました。 経験必須求人や未経験求人でも全て応募させてもらい、担当者の方が内定がもらえるよう、必死に推薦してくれました。

40歳男性・マスコミ業界事務職

ワークポートは、他の転職エージェントよりも労力をかけ熱心に話を聞いてくれました。未経験にも関わらず、休日も増え、給料もアップと大満足でした。他社でも転職経験がありますが、事務的なサイトが多いなかで、ワークポートはていねいに対応してくれて感謝しています。

未経験や経験が浅い求職者へのサポートがある

ワークポートではIT業界・Web未経験からエンジニアを目指す「みんスク」を無料で運営していることをはじめ、未経験者へのサポートも充実しています。

ほかの転職エージェントではIT業界未経験者のサポートが手薄になるところも多いですが、ワークポートでは応募書類の添削や面接対策までのサポートがていねいだと評判が良いです。

未経験や経験が浅い方でIT業界やWeb関係の職種に挑戦したい方におすすめです。

岩岡氏近影
岩岡 武志
転職hub編集部/元キャリアアドバイザー

私もIT業界未経験ながら「ダメもとで応募したい」と転職コンシェルジュに伝え、経験必須の求人にも応募できました。そして実際、IT業界で「経験3年必須」となっていた希望の仕事に転職。ワークポートでは希望を伝えれば、可能な限り考慮してもらえる土壌があると思います。未経験でも、これまでの経歴でアピールできる部分がないか考えてくれたり、どのようなアウトプット(成果物)でアピールするかなど、見せ方も一緒に考えてくれる担当者もいます。

ワークポートで転職して年収アップできた

ワークポートを利用して転職した人に実施したアンケートでは、「年収がアップした」という良い評判・口コミが多くありました。

中には未経験でも年収が上がった人や、転職コンシェルジュを通じて条件交渉してもらったというケースもあります。

47歳男性・IT業界の内SE職

ワークポートで転職し、年収500万円から600万円にアップしました。 転職コンシェルジュの方からは、IT業界、製造業界での、SEやソフトウェアエンジニアを紹介されました。希望条件に合致していたのでよかったです。

34歳女性・金融業界の営業職

ワークポートで転職し、年収550万円から650万円にアップしました。 私が希望していたのは金融機関の営業職だったのですが、それ以外でも考えた方が良いとのアドバイスのもと、未経験の他業種もたくさん紹介して頂きました。最初は戸惑ったのですが、応募の幅を広げた方が良いと思い至り、納得して応募できました。

40歳男性・マスコミ業界事務職

ワークポートには、給料面で前職より少しでも多くもらえるように計らってもらいました。前職より休日が増え、給料も未経験ながら500万円から550万円と、少しアップすることができました。

30歳男性・建設業界の営業職

ワークポートで転職し、年収500万円から770万円にアップしました。 求人は沢山色々な職種があり、かなり期待できる内容があり、夢や希望がもてました。転職コンシェルジュの方は経験や役立つ情報を巧みに駆使しておられる印象があり、頼りになります。

52歳男性・IT業界の組み込み技術者

私が提示している年収希望にできるだけ近づけられるよう、ワークポートの担当者には条件面で相手先と交渉していただきました。こちらの条件が高いのでとても苦労されていましたが、結果的には700万円から750万円とアップできました。

年収アップなど条件面の希望があるなら転職コンシェルジュに相談を

年収額の希望や、就業条件の希望がある場合、担当の転職コンシェルジュにきちんと要望を伝えておきましょう。

経験の差やスキルによっても叶えられる条件に違いがあり、一概に年収アップができるとは言いきれませんが、希望を伝えてできる限り条件に近い求人を紹介してもらうことは可能です。

「希望の会社の内定を獲得できたけど、給料が希望より少ない」と感じた場合は、担当者に相談すれば条件交渉もしてもらえます

ワークポートは担当者のレスポンスが早い

ワークポートの転職コンシェルジュのレスポンスの早さに関する良い評判・口コミも寄せられました。

困っている時や聞きたいことがあるとき、1時間程度で返事があったといいます。ここまで徹底している転職エージェントは少ないのではないでしょうか。

28歳女性・金融業界の営業職

ワークポートの担当コンサルタントさんは非常にレスポンスが早いです。困ってることや聞きたいことがあればすぐに連絡をしたのですが、遅くとも1時間後には必ず返信が来ていました。こんなに早い担当者は初めてだったのですごく感謝しています。

31歳女性・人材業界の事務職

厳しい条件を提示し少々困らせてしまったかもしれませんが、全力でサポートしてくれたので、ワークポートの担当者と出会えてよかったと感じました。 また、頻繁に連絡をしていただけたのも安心に繋がり、面接に挑めました。

ワークポートはレスポンスが早くなるよう心がけている

元転職コンシェルジュによれば、ワークポートではレスポンスを早くする社風と、そのためのシステムがあるそうです。

紹介したほかにも「小まめな連絡で安心できた」という評判もあり、はじめての転職で不安な方や、転職をスピーディーに進めたい方にもおすすめできます。

岩岡氏近影
岩岡 武志
転職hub編集部/元キャリアアドバイザー

レスポンスや連絡の速さは私自身もすごく感じました。面接後の電話連絡なども、いつも面接が終わってすぐ、駅で電車を待っているようなタイミングにかかってくるので驚かされました。終わるのが夜遅くても電話があったり、気持ちを整理してから話したいという場合もありましたが、全体的には連絡がスムーズで助かることのほうが多かったです。

書類のアドバイスや面接対策などサポートが心強い

ワークポートでは履歴書や職務経歴書の添削、面接対策や本番に向けた練習など手厚いサポートが役立ったと評判でした。

具体的には「アドバイスで不安が解消された」「書類添削を逐一サポートしてもらった」「何度も面接練習してもらい、自信をもって臨めた」などサポートを評価する口コミがありました。

24歳女性・IT業界の内勤営業職

私は、一番面接が苦手ということもありとても不安でしたが、メールや電話でのアドバイスなど親身に対応してくださいました。不安が解消され、良い結果につながったと思います。

28歳女性・金融業界の営業職

ワークポートでは電話やメールでアドバイスを受けました。自分が今まで行ってきたことを簡潔にまとめるのが苦手でしたが、的確にアドバイスをしていただき、簡潔にまとめることができました。また、転職理由や経歴等の添削も逐一サポートしてもらえました。

29歳女性・製薬業界の研究職

ワークポートで対策をするまでは面接に対して、とても強い苦手意識がありました。しかし、ワークポートの担当者とオンラインや電話で何度も繰り返し面接練習をすることにより、本番では自信を持って答えることができました。

52歳男性・IT業界の組み込み技術職

面接対策については、事前に電話等で面接官の人柄などを教えていただき、積極的になにをしたいのかを説明するよう、アドバイスをいただきました。また、面接後には、面接官がどのような印象を抱いたのかを説明していただけたので、次のステップにも役立ちました。

23歳男性・飲食業界の広告・PR職

ワークポートでは面接前にWeb面談や電話でのアドバイスをたくさんしていただきました。「公式サイトは見ましたか?」「なぜうちの会社じゃなきゃダメなの?」「競合他社は調べましたか?」など私自身が想像していない質問が出るとあらかじめ教えていただき助かりました。

困ったら転職コンシェルジュにしっかり頼ろう

ワークポートの元転職コンシェルジュの方に取材をしたところ「面倒見が良い人が多い」と語っていました。

ワークポートの転職コンシェルジュには頼れる人が多くいます。面接や応募書類の作成で困ったときには、転職コンシェルジュの力を借り、アイデアやアドバイスを求めて、効率良く転職活動を進めましょう

ワークポートの利用がおすすめな人

ここまでに紹介した悪い評判・良い評判から、ワークポートの利用をおすすめできる人は以下のような方だといえます。

ワークポートの利用がおすすめな人

  • 未経験でIT・Web分野への就職を目指す方
  • エンジニア経験のある方
  • 20代~30代で転職したい方
  • Web分野でのキャリア形成を考えている方
  • 第二新卒・フリーター・フリーランスなどから正社員を希望する方

一方で、以下に当てはまる方は他の転職エージェントを利用した方が、転職活動をより効率的に進められるかもしれません。

ワークポートの利用をおすすめできない人

  • 年収1000万円以上など、ハイスペックな転職希望の方
    →ワークポートはハイクラス(年収1000万円程度)の求人はあまりない
  • 地方での転職を希望する方
    →ワークポートは地方の求人件数は少ないので、利用するなら他の転職エージェントや転職サイトとの併用がおすすめ

ワークポートのサービスの特徴

ワークポートのキャプチャ画像

ワークポートには次のような3つの特徴があります。

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

IT・Web業界の転職に強い

ワークポートにはIT業界の職種の求人が数多くあり、細かく分類された求人を検索することが可能です。

具体的にはソフト開発・システムエンジニア、通信・インフラ系エンジニア、クリエイティブ系デザイナーやWeb系のディレクター・エンジニアなどの求人がそろっています。

担当の転職コンシェルジュに相談して、自分の希望する分野のIT・Web関係の求人を細かく絞り込んでいくことができるのも、IT業界に強いワークポートならではです。

企業例を挙げると、IT・ゲーム・アニメーションなどを手がける以下のような大手企業やベンチャー企業がワークポートに求人を載せています。

  • 楽天グループ
  • Cygames
  • SEGA

企業例を挙げると、IT・ゲーム・アニメーションなどを手がける以下のような大手企業やベンチャー企業がワークポートに求人を載せています。

  • ソフト開発・システムエンジニア:12,071件
  • 営業系職種:9,032件
  • 通信・インフラエンジニア系職種:4,383件
  • デザイナーなどクリエイティブ系職種:2,371件

※いずれも2022年3月26日時点

エンジニア希望者向けの「みんスク」で未経験者をサポート

「みんスク」とは、完全未経験からプロのエンジニアを目指す方のためのワークポートが運営する「無料エンジニアスクール」です。

教材費・受講料・面接対策・転職相談などもすべて無料です。IT業界の転職に強いワークポートが運営しているスクールなので、受講後の転職に結び付けていくことが可能です。

「みんスク」では、プログラミング学習だけでなく、キャリア相談や選考応募書類の作成・添削、企業ごとの面接対策などのサポートも行っています。

質問・転職相談も自由にでき、スケジュールも都合に合わせて自由に組むことができます。希望分野に応じて、「開発(PHP)コース」、「開発(Java)コース」、「インフラコース」の3コースがあります。未経験からエンジニアを目指したい人におすすめです。

転職コンシェルジュの対応がスピーディー

ワークポートの転職コンシェルジュはレスポンスが早く、こまめに連絡をくれると定評があります。

面接後の電話連絡などがシステマチックに行われている面もありますが、その電話を通じて応募者の企業に対する評価を聞き、企業側の採用意欲をプッシュする狙いもあります。

迅速な対応により企業側からの信頼も得ています。不安なことや疑問点に対する回答やメールの返信も比較的早いので、ワークポートはスムーズに転職を進めたい人や、早く転職したい人におすすめです。

ワークポートと他の転職エージェントの比較

ワークポートと他の転職エージェントの公開・非公開求人数、特徴を比較してみましょう。

           
公開求人数 非公開求人数 特徴
リクルートエージェント173,663件 226,042件
  • ・幅広い業種・業界最多の求人数
  • ・転職支援実績No.1
doda 128,944件 公開求人数に含む
  • ・地方での転職でも利用可能
  • ・スカウトサービスもあり
ビズリーチ71,996件 公開なし
  • ・即戦力人材向けのハイクラス転職
  • ・年収1,000万円以上の求人が3分の1以上
ワ―クポート52,362件 公開なし
  • ・IT関係の転職に強い
  • ・転職決定人数No.1
パソナキャリア39,509件 公開求人数に含む
  • ・質の高い求人を紹介
  • ・女性の活躍とキャリア形成を支援する専門チームあり
マイナビエージェント35,169件 34,288件
  • ・書類添削や模擬面談など手厚いサポート
  • ・長期的な転職でも利用可能
レバテックキャリア15,701件 公開なし
  • ・ITエンジニア、デザイナーの転職に特化
  • ・年収アップ率60%の実績


※2022年3月17日時点の公開求人情報に基づく、公開求人数順

ワークポート利用時の注意点と活用のポイント

ワークポートを利用する際に気をつけたい注意点と、上手な利用のためのポイントは5つあります。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

IT未経験者は自主学習の成果物とポートフォリオでアピール

ワークポートが未経験者の転職も受け入れているとはいえ、企業側はそうとは限りません。未経験の業界や職種に挑戦したい方は、以下のような成果物や経験をアピールするなどの工夫が必要です。

  • 自分で開発したアプリなどの成果物
  • 自主学習やエンジニアスクールなどでの成果物
  • 成果物をまとめたポートフォリオ

「経験者でなくても、あなたを採用したい」と思ってもらうためには何ができるのか、転職コンシェルジュの力も借りながら履歴書・職務経歴書を準備し、面接に備えましょう。

IT人材の需要は増え続けていますが、需要に対して経験者の母数は大きくないため、未経験者にもチャンスはあります。工夫と意欲で希望の転職に一歩近づきましょう。

転職コンシェルジュとしっかりコミュニケーションを取ろう

職業紹介のミスマッチを防ぎ、できるだけ転職の希望を叶えるために、担当の転職コンシェルジュとしっかりコミュニケーションを取りましょう。

特にスピーディーに転職を進めたい場合や、譲れない条件がある場合、事前に伝えておくことが重要です。

ワークポートの転職コンシェルジュはレスポンスが早いので、些細に感じることや、少しでも気になる点があれば伝えておくと良いでしょう。

年収や勤務条件についてもできる限り交渉してくれる担当者が多いので、遠慮せずに希望を伝えておくのがおすすめです。

eコンシェルのみんなの感想も参考に転職活動をしよう

ワークポートオリジナルの転職活動支援アプリ「eコンシェル」では、「みんなの感想」というコーナーがあり、実際に面接を受けた方が書いた感想や面接で出た質問を閲覧できます。

ただ、口コミや面接の経験談は状況が変わっていたり、未経験・経験者・職種等によって異なる場合があるので注意する必要があります。

気になる口コミがある場合には、担当の転職コンシェルジュに詳細を聞いて確認することも可能です。

ハイキャリアは弱い。1000万円弱以上のハイクラス求人は少ない

ワークポートは基本的に20代~30代の若手向けのブランディングをしており、ハイクラス向けの高年収求人は多くありません。年収1000万円超の求人となると、そもそもワークポートでは見つけづらいのが実情です。

とはいえ、そこまでの高収入にこだわらなければ、転職コンシェルジュを通じて経験を考慮した給与交渉と年収アップは目指せます。

ほかのハイクラス向けの転職サイトや転職エージェントと併用しつつ、転職活動を進めるといいでしょう。

選択肢を広げるには他の転職エージェントとの併用がおすすめ

ワークポートはIT業界やWeb関係の職種に特化した求人情報を多く扱っています。

他の業界・職種の求人もありますが、より選択肢を広げたい場合は業界・職種を問わず求人を扱っている総合型の転職エージェントを併用するとよいでしょう。

逆にIT業界やWeb系に絞って転職活動をしたい人は、業界特化型の転職エージェントや、経歴に応じて企業やヘッドハンターからオファーを受け取れるスカウト型の転職サイトなどにも複数登録するのがおすすめです。

ワークポートとの複数登録におすすめの転職エージェント

転職活動を効率的に進めたいなら、2つ以上のエージェントに複数登録するのがおすすめです。転職エージェントごとに扱っている求人や得意としている分野が異なるためです。

ここでは、ワークポートを利用する際に併せて登録しておきたい、おすすめのエージェントをご紹介します。

▼総合型の転職サイト・エージェント

  • リクルートエージェント
  • doda
  • マイナビエージェント
  • パソナキャリア

▼IT・Web業界特化型の転職サイト・エージェント

  • レバテックキャリア
  • Geekly
  • Green

▼スカウト型の転職サイト・エージェント

  • ビズリーチ
  • リクルートダイレクトスカウト

リクルートエージェント|圧倒的な求人数で転職エージェント最大級

リクルートエージェントのキャプチャ画像

リクルートエージェントは最大級の求人数を誇る転職エージェントで、業界・職種、登録者の年齢を問わず幅広いサポートを展開しています。

転職支援実績No.1(公式サイトより)で、転職に慣れていない方も、豊富なサポート実績をもとに手厚くアドバイスしてもらえるので安心です。

非公開求人数も他のエージェントと比較してずば抜けて多いので、転職を考えるときにはまず登録をおすすめします。

リクルートエージェントの詳細

公開求人数173,663件
非公開求人数226,042件
主な拠点札幌、仙台、宇都宮、さいたま、千葉、西東京、東京、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡
運営会社株式会社リクルート(Recruit Co., Ltd.)
本社所在地〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
サイトURLhttps://www.r-agent.com/
※2022年3月17日時点

doda|オンライン面談も全国で利用可能な総合型エージェント

dodaのキャプチャ画像

doda(デューダ)は求人数が多く、幅広い業界・職種の求人を扱う総合型の転職サイトです。

エージェントサービスと求人検索機能の両方を利用することができ、マイペースに転職活動を進めつつ、サポートを受けたいときはお願いすることが可能です。

転職フェアや無料のセミナーも開催していて、中にはオンラインで開催されるものもあります。オンライン面談にも対応しているので、地方在住の方や忙しくてなかなか面談に行けないという方にも便利です。

doda(デューダ)の詳細

公開求人数128,944件
非公開求人数上記に含む
主な拠点東京は丸の内本社をはじめ7拠点、北海道から鹿児島まで全国に計28オフィスを構える
運営会社パーソルキャリア株式会社
本社所在地〒100-6328
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
サイトURLhttps://doda.jp/
※2022年3月17日時点

マイナビエージェント|20代~30代におすすめ!手厚いサポートあり

マイナビエージェントのアイキャッチ画像

マイナビエージェントは、20代~30代の若手や、第二新卒の転職におすすめの転職エージェントです。

キャリアアドバイザーと相談がじっくりできることを強みにしているので、急ぎの転職のみならず今後のキャリア形成を見据えた転職相談が可能です。

非公開求人数は公開されていませんが、公開されている求人はほんの一部であると明言されているので、自分に合った求人を紹介してもらいましょう。

応募先企業への推薦状作成などの手厚いサポートもあります。担当者のプッシュを受けながら、面接対策や書類添削のアドバイスも有効に活用し、企業の選考に臨むことができます。

マイナビエージェントの詳細

公開求人数35,131件
非公開求人数公開なし
主な拠点札幌、宮城、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡
運営会社株式会社 マイナビ
本社所在地〒104-0031
東京都中央区京橋3-7-1 相互館110タワー4F/9F/10F
サイトURLhttps://mynavi-agent.jp/
※2022年3月17日時点

パソナキャリア|都市部の質の高い求人、女性の転職におすすめ

パソナキャリアのキャプチャ画像

パソナキャリアは転職後の年収アップ率67%などの実績があり、質の高い転職サポートに定評がある転職エージェントです。

2022年のオリコン顧客満足度調査では転職エージェント 第1位(公式サイトより)に輝きました。

キャリアアドバイザーの対応がていねいでサポートが手厚いので、はじめての転職に不安がある方や履歴書・職務経歴書などの応募書類の作成が苦手な方、面接に自信がない方も安心です。

また、女性の転職支援に特に力を入れているため「女性にとって働きやすい職場に転職したい」「将来のライフプランも考えて転職したい」という人におすすめです。

パソナキャリアの詳細

公開求人数39,509件
非公開求人数上記に含む
主な拠点東京、静岡、名古屋、大阪、広島、福岡など
運営会社株式会社パソナ (Pasona Inc.)
本社所在地〒100-8228
東京都千代田区大手町2-6-2 パソナグループ本部ビル 7階
サイトURLhttps://www.pasonacareer.jp/
※2022年3月17日時点

レバテックキャリア|IT・Web経験者向け。スピード転職も

レバテックキャリア

レバテックキャリアはITエンジニア、Webデザイナー経験者向けの求人情報に特化した転職エージェントです。

転職を機に利用者の60%以上が年収アップしており、年収交渉にも強いので、IT・Web業界での勤務経験があり、より高い年収やより良い職場環境を求めて転職する人にぴったりです。

初回提案内定率が90%と高く、最短一週間での転職実績もあるので、スピード転職も可能。効率的に転職したい、何社も面接を繰り返したくないという人におすすめです。

レバテックキャリアの詳細

公開求人数15,701件
非公開求人数公開なし
主な拠点東京、名古屋、大阪、福岡
運営会社レバテック株式会社
本社所在地〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア 24F
サイトURLhttps://career.levtech.jp/
※2022年3月17日時点

Geekly(ギークリー)|IT・Web・ゲーム業界経験者にぴったり

Geeklyキャプチャ

GeeklyはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。未経験者よりは、業界経験が豊富な方におすすめです。

エンジニア、クリエイター、ゲーム、営業など、分野別の専門チームがあるのが特徴で、各分野の知識があるキャリアアドバイザーにより、キャリア形成を踏まえた転職の提案をしてもらえるでしょう。

Geekly(ギークリー)の詳細

公開求人数13,537件
非公開求人数公開なし
主な拠点東京
運営会社株式会社Geekly
本社所在地東京都渋谷区渋谷1-11-8 渋谷パークプラザ 4F
サイトURLhttps://www.geekly.co.jp/
※2022年3月17日時点

Green(グリーン)|IT業界最大級の求人数でカジュアル面談制度あり

Greenのキャプチャ画像

GreenはIT・Web業界に特化しており、スタートアップやベンチャー企業の求人も数多くある転職サイトです。Greenでは「企業と直接連絡が取れる」「面接前のカジュアル面談が可能」など、独自路線のサービスを展開しています。

Green登録者の半数以上が25歳~35歳というデータがあり、若手の採用を積極的にしたい企業も多く求人を出しています。

「カジュアル面談」は面接に進む前に応募を検討している企業の社員と話をできる制度なので、会社の雰囲気や職場環境を知ってから応募したいと考える人にもおすすめです。

Green(グリーン)の詳細

公開求人数28,705件
非公開求人数公開なし
主な拠点東京
運営会社株式会社アトラエ
本社所在地東京都港区麻布十番1丁目10番10号
サイトURLhttps://www.green-japan.com/
※2022年3月17日時点

ビズリーチ|ハイクラス向けでヘッドハンターからスカウトが届く

CMでも有名なビズリーチは、企業やヘッドハンター(エージェント)からオファーを受け取れるスカウト型転職サイトです。自分に合った求人のみを紹介してほしい方におすすめです。

年収1,000万円以上の求人が求人全体の3分の1を占めているので、年収アップを叶えやすく、ハイクラス転職を目指す方にぴったりのサービスといえます。

スカウトは優良企業や一流企業の人事からくる場合もありますが、基本的にはヘッドハンターからのスカウト・紹介がメインです。

ビズリーチのヘッドハンターは各業界・職種に精通した転職支援のプロで、2022年1月時点で5,000名以上います。一部有料のサービスもありますが、97日間は無料で利用できます。

ビズリーチの詳細

公開求人数71,996件
非公開求人数公開なし
主な拠点東京、静岡、名古屋、大阪、広島、福岡
運営会社株式会社ビズリーチ
本社所在地〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-15-1
サイトURLhttps://www.bizreach.jp/
※2022年3月17日時点

リクルートダイレクトスカウト|高年収求人が多数のハイクラス向け

リクルートダイレクトスカウトのバナー(松坂桃李さん)

リクルートダイレクトスカウトは年収600万円以上の高年収を目指す方におすすめの、ハイクラスに特化したスカウトサービスです。

ハイキャリア会員の転職決定年収は平均950万円以上(公式サイトより)を誇ります。国内の求人だけでなく、海外の求人も一部扱っています。

運営会社は業界大手のリクルートエージェントと同じ株式会社リクルートで、信頼性は抜群。レジュメ(履歴書・職務経歴書)の内容を自分で充実したものにできる経験豊富な求職者におすすめのサービスです。

リクルートダイレクトスカウトの詳細

公開求人数98,801件
非公開求人数公開なし
主な拠点東京
運営会社株式会社リクルート(Recruit Co., Ltd.)
本社所在地〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
サイトURLhttps://directscout.recruit.co.jp/
※2022年3月17日時点

ワークポートを利用した転職活動の流れ 6STEP

転職エージェントの流れ

ワークポートを利用した転職活動の流れをご紹介します。

STEP1.無料の会員登録
ワークポートの「転職相談サービスに申し込む」に必要事項を入力し、無料で会員登録します。

STEP2.転職コンシェルジュと面談・ヒアリング
後日ワークポートから連絡があるので、日程を調整し、転職コンシェルジュと面談。申し込み時の情報に基づき、専任の転職コンシェルジュが担当になります。

STEP3.求人紹介
ヒアリング・インタビューの結果から、希望に沿った求人の案内がメールなどで届きます

STEP4.書類作成・応募
応募書類作成時も、希望すれば転職コンシェルジュが相談に乗ってくれたり、添削してくれるサービスを受けられます。

応募の際は、転職コンシェルジュが書類の提出や面接日程の調整を代わりに行ってくれます。

STEP5.面接
書類選考を通過したら、企業の面接に進みましょう。面接対策では模擬面接などで事前練習も可能ですし、過去に出た質問の事例など、担当者から事前にアドバイスをもらえます

STEP6.内定・入社・アフターフォロー
内定が出たら、ワークポートの転職コンシェルジュが入社条件の確認をします。直接は聞きにくい細かい内容や条件も、転職コンシェルジュを通じて確認できます。

ワークポートを利用した転職活動の体験談

岩岡氏近影
岩岡 武志
転職hub編集部/元キャリアアドバイザー

30歳のとき、人材業界の内勤営業を2社経験した状況で、インターネット業界のWebマーケティングへ転職を希望し、ワークポートを利用しました。

レバテックキャリアやギークリーといったIT特化型の転職エージェントでは未経験のサポートは断られますが、ワークポートは未経験でも対応してくれるのが利用した理由です。

基本的には「直近の経験職種」をもとに担当者が割り振られますが、備考欄に「IT/Web業界に転職したいので詳しい方を希望」と書けば、未経験でも考慮してもらえます。

また、初回の面談で「Webマーケティングの経験必須の案件でも、あえて紹介してほしい。ダメ元で応募したい」と伝え、了承していただきました。

実際に「経験3年必須」の求人に応募し、人材業界の経験を多少買ってもらえて、マーケティングに関しては未経験でも転職できました。

面接予定の企業で過去に出された質問内容と面接官の情報をマイページ(eコンシェル)上で閲覧できるのは便利でした。実際に面接で同じ質問を聞かれたので、心構えに役立つと思います。

ワークポートに関するよくある質問 Q&A

元ワークポートの転職コンシェルジュへのインタビューをもとに、ワークポートを利用する方のよくある質問にQ&A形式でお答えします。

  • Q. 未経験だけどIT/Web業界の求人を紹介してもらえる?
  • Q. そもそも未経験でIT/WEB業界に転職できる?
  • Q. ワークポートはどの地域で利用できる?
  • Q. ワークポートではポートフォリオは必要?

Q. 未経験だけどIT業界の求人を紹介してもらえる?

A. ワークポートでは、IT業界・Web業界未経験者の方にも紹介は可能です。

ただし、企業にアピールできるポイントが少ないので、すべての条件をかなえられるとは限りません。

実績がなくても、熱意やその職種に生かせる過去の経験など、職務経歴書に書く内容や面接でのアピール方法をしっかり練ることが重要です。

Q. そもそも未経験でIT業界に転職できる?

A. IT業界やWebの分野が未経験でも、転職できる可能性はあります。

未経験からIT業界に転職した方の成功事例を見てみると、応募先の企業で活かせそうな経験・スキルがあったり、自主学習の成果からしっかりしたポートフォリオなどを作れていたりする傾向にあります。

実力を示すものを用意するなどして採用担当者にアピールしましょう。

Q. ワークポートはどの地域で利用できる?

A. ワークポートは、国内では以下の地域にオフィスを構えています。

札幌、仙台、東京(大崎)、埼玉、千葉、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、高松、福岡、小倉、熊本、宮崎

Q. ワークポートではポートフォリオは必要?

A. ワークポートに登録する際には必ずしもポートフォリオは必要ありませんが、いざ応募して面接に臨む場合は用意しておくと実績を企業にアピールしやすくなります。

元ワークポートの転職コンシェルジュの経験では、仕事で作ったものではなくても、エンジニア職種への応募の際に趣味で作ったゲームをアピールして、評価につながった事例もあったそうです。

仕事としての経験ではなくても、実力や意欲をアピールできるようにすると良いでしょう。

希望すれば、転職コンシェルジュにアドバイスを求めたり、応募書類の添削や面接の練習などのサポートをお願いしたりすることもできます。

この記事のまとめ

この記事では、転職エージェントのワークポートについて、実際に利用して転職した方の評判・口コミや体験談、利用の際の注意点やポイントを紹介しました。

悪い評判 良い評判
  • ・担当者からのメール連絡がしつこいと感じた
  • ・希望条件と異なる求人情報を紹介された
  • ・担当キャリアアドバイザーのサポートスキルにばらつきがある
  • ・IT業界・Web未経験でもサポートしてもらえる
  • ・ワークポートで転職して年収アップできた
  • ・ワークポートは担当者のレスポンスが早い
  • ・書類のアドバイスや面接対策などサポートが心強い

ワークポートは以下のような求職者におすすめのサービスなので、当てはまる方はぜひ登録してみましょう。

  • 未経験でIT・Web分野への就職を目指す方
  • エンジニア経験のある方
  • 20代~30代で転職したい方
  • Web分野でのキャリア形成を考えている方
  • 第二新卒・フリーター・フリーランスなどから正社員を希望する方

ワークポートには、IT業界やWeb系職種に特化した転職エージェントの中でも珍しく、未経験でも手厚くサポートしてくれる転職コンシェルジュがいます。

また、IT業界での転職成功のコツとして、転職エージェントや転職サイトを併用するのもおすすめです。記事を参考に、効率の良い転職活動をしてくださいね。

ワークポートの基本情報

公開求人数52,422件(2022年3月17日時点)
主な拠点札幌、仙台、東京(大崎)、埼玉、千葉、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、高松、福岡、小倉、熊本、宮崎
運営会社株式会社ワークポート(WORKPORT, inc.)
設立 2003年3月
資本金 42,000,000円
従業員数 610名(2021年4月1日現在)
本社所在地〒141-0032 東京都品川区大崎1-2-2
アートヴィレッジ大崎セントラルタワー9F・6F
※転職相談は9F
  • 非公開求人が10万件以上(2020年8月自社調べ)で業界最大級。
  •          
  • 登録者限定の「面接力向上セミナー」をオンラインLIVE配信で毎週開催
  • 転職支援実績No.1(2019年度実績 厚生労働省調べ)。全年代・全職種に対応。求人の少ない地方での転職にもおすすめ。
  • 国内外の注目企業と5,000名以上(2022年1月時点)のヘッドハンターからスカウトが届く
  • 一部有料だが最大97日間の無料期間あり。
  • 年収500万円以上のハイクラスを目指したい人、自分の市場価値を試したい人、自分に合った求人をピンポイントで紹介してほしい人におすすめ。
  • 自分で求人を探すほか、キャリアアドバイザーによるサポートやスカウト機能が1つになった転職サイト・エージェント
  • 183万人のデータに基づく「年収査定」や人気300社の「合格診断」など求人探しに役立つツールが多数
  • 転職が初めての20代におすすめ
  • 学生からの支持が厚い株式会社マイナビの運営する転職エージェント
  • 新卒採用でマイナビを利用した企業からの評判が良い
  • 第二新卒歓迎の求人が集まりやすいため、第二新卒の方におすすめ
  • 18年以上にわたり年間5,000人以上(2016年度実績)の女性求職者を支援している女性専門の転職エージェント
  • 面接のためのメイクアップサポートなどユニークなサービスも
  • 女性の転職に理解ある担当者と一緒に転職活動を進めたい人におすすめ

おすすめ関連記事

時間アイコン 22.06.28

転職サイトのおすすめ22選!年代や職種別に比較、転職エージェントも

時間アイコン 22.06.30

おすすめ転職エージェント年代・職種別52社!プロが語る成功のコツ

時間アイコン 22.06.23

20代向けおすすめ転職サイト34選比較ランキング│選び方も解説

20代おすすめ転職サイト

時間アイコン 22.07.04

30代おすすめ転職サイト15社を比較|女性・未経験・フリーター向けも紹介

30代転職サイト

時間アイコン 22.06.16

IT/Webエンジニアにおすすめの転職サイト全22社を職種・年代別に紹介

TOP