看護師の非公開求人は本当にある?非公開の理由と好条件求人のみつけ方

看護師非公開求人

「看護師の転職でも非公開求人はあるの?」

「非公開ほど好条件の求人が多いのは本当?」

非公開求人とは、会員登録をしないと紹介してもらえない限定求人のことで、大手の主要看護師転職サイトは一定数保有しています。

看護師転職サイトが非公開とする理由は、より多くの看護師さんを集客するのがおもな目的のため、公開求人と比べ非公開求人には好条件やレアな求人が多く含まれているようです。

非公開求人は大手主要転職サイトほど多く保有しており、特に以下の3社は医療機関との繋がりが強く、質の高い非公開求人を保有しているといわれています。非公開求人にはどのようなものがあるか、会員登録でチェックしてみてはいかがでしょうか?

看護師転職サイトおすすめ人気ランキング
おすすめの転職サイト おすすめしたい看護師や特徴 求人数(※1)
1位:看護roo!看護roo!ロゴ 20代や第二新卒の看護師におすすめ 135,858件
  • 看護師転職サイトの大手
  • 面接対策や日程調整など面接サポートが手厚い
2位:レバウェル看護(旧 看護のお仕事)レバウェル看護 ロゴ ブランク看護師、ママ看護師におすすめ 151,465件
  • 看護師に寄り添ったていねいで親身なサポート
  • 経験がなくても応募可能な求人が多い
3位:ナース人材バンクナース人材バンク 求人数の多さで選びたい方におすすめ 19,207件
  • 業界最大級の求人数を誇る
  • 地方求人も網羅しており、地域の詳しい情報が得られる
  • スピーディーに転職できる
※1 転職サイト各社の求人数は2024年2月時点

それ以外のおすすめ看護師転職サイトの特徴や非公開求人の有無、総合評価ランキングを知りたい方は以下の記事も合わせてお読みください。

※当コンテンツは株式会社カケハシ スカイソリューションズによって管理しています。ご利用にあたっては、利用規約をご一読くださいますようお願いいたします。
※当サイトは口コミの一部を掲載しています。

目次

続きを見る
閉じる

非公開求人とはどんな求人?

転職活動をするなかで、よく耳にする「非公開求人」。非公開求人とは、どういった求人なのでしょうか?また、看護師の転職でも非公開求人はあるのでしょうか?

登録者だけが紹介してもらえる一般には公開されない求人

非公開求人とは、その名の通り一般に公開されていない求人のことです。登録した会員しか紹介されないなど限定された人しか見られない求人で、ネット検索などでは閲覧できません。

看護師の転職市場にも非公開求人はあり、おもに看護師転職サイトの登録者だけが入手できます。転職サイトのキャリアアドバイザーを通して、条件にあった非公開求人を紹介してもらうのが一般的です。

非公開にする理由は、「応募が殺到しそうな好条件求人だから」「病院側が募集を伏せているから」「特定の看護師にのみ紹介したいレア求人だから」などいくつか挙げられます。

非公開求人は本当にあるの?

非公開求人は、実際に存在します。看護師転職サイトはそれぞれ、集客のために非公開求人を保有し、会員登録した看護師さんにだけ紹介しています。

看護師専門キャリアアドバイザー

非公開求人は会員登録した看護師さんだけの付加価値
どの看護師転職サイトでも非公開求人は一定の割合で保有しています。求職中の看護師さんには登録したからこそ得られる価値を提供したいので、うちの会社ではあえて好条件の求人を公開せず、限定して紹介しています。10数年前までは確かにありもしない好条件求人を掲載する転職サイトもあったようですが、ここ数年で業界的に是正され、ダミー求人は少なくなりました。

ただし、保有求人数の少ない小規模の人材紹介会社の中にはいまだに釣り文句として非公開求人をうたっているところもあるようです。保有求人数の多い主要大手看護師転職サイトはその心配が少ないでしょう。

非公開求人はどうすればみつかる?

非公開求人はどうすればみつかるのでしょうか? 厚生労働省発表の「医療・介護分野における職業紹介事業に関するアンケート調査に関するアンケート調査」(※)を元にした医療・介護施設の看護師採用経路ランキングで、非公開求人を保有している転職方法は以下の通りです。

看護師の転職方法 非公開求人の有無
1位 看護師転職サイト(38.5%)
2位 直接応募(21.5%) ×
3位 ハローワーク(15.0%) ×
4位 求人サイト(2.6%) ※求人広告を掲載しているのが転職サイトの場合は登録で紹介可能
5位 知人の紹介(4.1%) ×
6位 eナースセンター(2.4%) ×
7位 求人広告(0.7%) ×

看護師の転職方法は、eナースセンターの利用から知人の紹介、ハローワークへの相談、病院への直接応募まで多岐にわたります。

しかし、上記の表を見てわかるように、数ある転職方法のなかで非公開求人を所有しているのは看護師転職サイトだけ。eナースセンターやハローワークなどは保有求人をすべて一般公開しているのに対し、看護師転職サイトは公開求人とは別に、他にはない好条件求人などをあえて非公開にしています。

より理想の求人をみつけるためには、転職サイトへの登録が一番の近道といえるでしょう。

求人が非公開となる理由は?

求人が非公開となる理由は、おもに以下の4つが挙げられます。

好条件で応募が殺到してしまうから

条件の良い求人や有名で人気のある病院の求人の場合、募集と同時に応募が殺到します。そうなると病院側は書類選考や面接の日程調整、実際の面接などに専任の採用担当者を数名用意する必要があり、大きな負担となります。

転職サイトに求人を掲載した場合でも、上記のような好条件求人を公開としてしまうと応募者が集まり過ぎて、採用側の負担はあまり軽減されません

このようなリスクを避けるために、転職サイトはあえて非公開にし、条件に見合う登録者のみに紹介するようにしているのです。

病院側が募集を出していることを隠したいから

病院側の事情で、求人を非公開としているケースも多いようです。

看護師専門キャリアアドバイザー

管理職の募集を隠したいため非公開に
病院側が管理職を募集していることを知られたくなくて、非公開求人にして病院名も伏せるケースはあります。

管理職には、看護主任や看護師長などの役職がありますが、責任やスキルが伴われる分、給与も高くなります。そのため、管理職の求人が出ていることが広く知られてしまったら「私には昇格の見込みがないのかも…」と、求人を出している病院の在勤看護師のモチベーションが下がる恐れがあります。

また、在勤中の看護師の中で管理職につけるような看護師がいないことが対外的にも知られ、病院の信頼や信用を失うデメリットもあります。こうしたさまざまな配慮から、公開を控えることがあります。

急募の求人やレア求人だから

採用を急いでいたりレアで人気の求人の場合、なるべく時間もコストもかけずに採用したいため、非公開となるケースが多いようです。

夫の転勤や妊娠など何らかの理由で、看護師が立て続けに辞めてしまい突然人員が減ってしまった場合、病院側としては少しでも早く看護師を補充する必要があります。

急を要する場合、公開求人として不特定多数を選考していては手間も時間もかかります。代わりに、信頼できる転職サイトに非公開で条件に合う看護師を推薦してもらうことで、採用までの時短を図るケースは多々あります。

同じような理由から、クリニックなどの採用枠の少ないレア求人の場合も、効率よく採用するために非公開にするケースがあります。

求人が出たばかりでまだサイトに反映されていないから

最新の求人情報は、サイト公開までに一定のブランクがあるため、その期間のみ非公開となる場合があります。

医療機関から求人の依頼を受けると、転職サイトは最新情報としてサイトに反映させる作業に入ります。それと同時に、キャリアアドバイザーにも求人情報が共有されます。サイト反映までに一定の時間を要するため、担当者は非公開の段階から最新情報を把握している状態になります。

このタイミングで担当のキャリアアドバイザーに相談をすれば、公開前の求人を紹介してもらえることもあるのです。

非公開求人のメリット

非公開求人にはどんなメリットがあるのでしょうか? 大きく分けて、次の3つが非公開求人のメリットといえるでしょう。

好条件の求人が多い

大学病院や美容クリニックなど、人気が高いうえ採用数も少ない求人の場合、応募が殺到するリスクを避けるために、あえて非公開にすることがあります。

転職サイトを閲覧していて「良い条件の求人がないな…」と思っていても、もしかしたら非公開にしているだけで、好条件の物件が潜んでいるかもしれません。

理想の求人がなかなかみつからないときは、躊躇せずに担当のキャリアアドバイザーにもっと条件の良い非公開求人はないか、ダイレクトに相談してみるとよいでしょう。

珍しい求人がみつかることがある

珍しい求人とは、クリニックなどの小規模な医療施設や企業の産業看護師、管理職などをさします。こうしたレアな求人はもともと採用枠が少ないうえに、募集すればすぐ枠が埋まってしまいます。

そのため、わざわざ一般公開せず信頼のおけるキャリアアドバイザーの紹介で看護師を採用するケースがあります。

看護師専門キャリアアドバイザー

希望を詳しく伝えることでレアな非公開求人に出会えることも
レア求人を探している方で条件が合う場合、「◯◯さんだけに紹介したいのですが…」と、提案させていただくことはよくあります。ですから、ヒアリングの際はぜひ担当アドバイザーには希望する条件をどんどん話すといいですよ。非公開求人をこっそり紹介してくるかもしれません。

倍率が低く内定が出やすい

非公開求人は、一般公開している求人よりも、競争倍率が低く内定が出やすい傾向にあります。

非公開求人は、好条件であったりレアな案件が多いですが、一般公開されていないため不特定多数の人が応募することもなく、その分倍率は低くなります。当然、病院側が望む条件を満たしていれば、すんなり内定をもらえる確率は高くなります。

好条件を望んでいる看護師だけではなく、早く転職して新しい職場で働き始めたい看護師にとっても好都合といえそうです。

非公開求人のデメリット

非公開求人はメリットばかりという印象ですが、逆にデメリットはあるのでしょうか?非公開求人のデメリットは、おもに次の3つが考えられます。

必ずしも好条件の求人ばかりとは限らない

非公開求人には好条件の求人や人気のレア求人が多く含まれますが、すべてがそうではないようです。

看護師専門キャリアアドバイザー

非公開求人=好条件求人とは言い切れない
会員登録した看護師さんには非公開求人もご紹介しますが、すべてが好条件かといわれると…断定はできません。紹介求人数は担保しますが、質については非公開求人だからすべての看護師さんにとって良いとは限りません。

シフトや人間関係、仕事内容など、求める条件は看護師によって異なります。ある人にとって好条件といえる求人も、別の人にとっては魅力的に映らないこともあります。

そのため非公開求人だからといって、過度に期待するのは避けたほうが無難。「好条件の求人があればラッキー」ぐらいの心の余裕をもって転職活動に臨みましょう。

求人を自分では探せない

非公開求人は、看護師転職サイトの登録者だけが紹介してもらえる特別な情報ですが、看護師さんが自由に閲覧・応募できるわけではありません。あくまでキャリアアドバイザーから紹介してもらって、はじめて非公開求人の情報を入手できるのです。

そのため、より自分の希望に合う確度の高い非公開求人を紹介してもらうためにも、スキルや条件、住んでいる地域などの情報をヒアリングのたびに積極的に伝え、アドバイザーにより詳しく自分のことを理解してもらうことが肝心です。

非公開求人を紹介してもらえないこともある

求職者の経歴やスキル、条件によっては、非公開求人を紹介してもらえないケースもあります。

看護師専門キャリアアドバイザー

条件に当てはまらない場合は希望しても紹介できない
看護師転職サイトに登録していただいた時点で、非公開求人も併せて、希望に合うすべての求人を紹介するようにしています。ただし、管理職など特別な役職であったり医療機関側の条件が厳しい非公開求人は、希望しても紹介できないこともあります。

紹介するかどうかの判断は、担当のキャリアアドバイザーがヒアリングの情報や経験値、スキルなどをもとに決めます。そのため、条件によっては非公開求人を紹介してもらえないケースがあることを理解しておきましょう。

非公開求人や好条件の求人を紹介してもらうコツ3選

非公開求人や好条件の求人をキャリアアドバイザーから紹介してもらうには、どうしたらいいのでしょうか?キャリアアドバイザーに「優先的に非公開求人を紹介したい」と思わせるコツをご紹介しましょう。

転職意欲の高さを見せる

非公開求人を紹介するかどうかは、担当キャリアアドバイザーの判断が鍵をにぎります。担当者に「◯◯さんに提案してみよう」と思ってもらうためには、いかに転職したいのか、意欲の高さを見せることが大切です。

自分の持っているスキルや希望する条件、ひいては将来どうなりたいのかなどを細かく伝えることで、担当者に「それならば」と好意を持ってもらうことができ、優先的に好条件の非公開求人を紹介してもらう確率が高くなるのです。

キャリアアドバイザーとこまめに連絡を取る

非公開求人は日々更新されます。「前回は理想的な非公開求人を紹介されなかった…」と思っても、数日後には新規の求人情報が入っている可能性もあるので、早々に諦めるのは禁物です。

キャリアアドバイザーとこまめに連絡を取ることで、常に鮮度の高い情報を得られます。さらに、キャリアアドバイザーからも「意欲的な人だ」とみなされ、結果的に良い情報を入手できるかもしれません。

早く転職したい人は、より意識して行動するようにしましょう。

担当者からの連絡にはなるべく早く折り返す

足のはやい好条件の求人やレア求人を逃さないためには、担当からの連絡にはなるべく早く折り返すようにしましょう。

好条件の求人やレア求人を多く含む非公開求人は、求職者にとっては理想的な情報です。非公開求人のため倍率は低いものの、採用枠数も少ないことが多いので、返答が少し遅れるだけで、タッチの差で別の人が先に採用されてしまうことも少なくありません。

せっかくの好チャンスを逃さないためにも、担当者から連絡がきたら、なるべく早く折り返し、状況を確認するようにしましょう。自分の今の気持ちを正直に伝えることで、別の求人を提案してもらえることもあるかもしれません。

看護師転職サイトに複数登録する

eナースセンターやハローワークなどとは異なり、看護師転職サイトのみに非公開求人があることを述べてきました。ただ覚えておきたいのは、転職サイトによって扱う求人情報が違うということ。つまりA社にはある情報が、B社にはない場合があるのです。

看護師専門キャリアアドバイザー

複数登録で求人を比較することが理想の職場と出会うコツ
立場上、自分のサイト1社だけに登録していただきたいのが本音です。でも、複数の転職サイトに登録することで、その分多くの求人を見比べることができます。より理想とする職場をみつけることができるのは事実です。

複数の転職サイトの非公開求人を比較することで、それぞれがどういった分野に強いかというのも見えてくるため、複数登録はおすすめです。

非公開求人に強いおすすめ看護師転職サイト5選

非公開求人の保有数が多く、より好条件の求人、希望に沿った理想の求人に出会える看護師転職サイト5社を厳選してご紹介しましょう。

看護roo!

看護roo!バナー
               
看護roo!の詳細
求人数(※1)135,858件
※サイト掲載数
対応地域全国
問い合わせ時間平日:9:00~21:00
運営会社株式会社クイック

※1 求人数は2024年2月時点

おすすめポイント

看護roo!は、首都圏・関西・東海地方の求人に強く、転職後の満足度が高い求人紹介に定評があります。給料や手当、福利厚生などの条件面だけではなく、人間関係や職場の雰囲気、やりがいまで考慮した求人提案力が強み。対応がていねいかつスピーディーでストレスなく転職活動ができます。

看護roo!は、ていねいな対応に定評のある転職サイトです。キャリアアドバイザーは日頃から社内で何度もロールプレイングを行い、ヒアリング力を高めているため、求職者に対してプラスアルファの提案をすることができます。

履歴書の書き方や模擬面接などのサポートも充実。また質問に対する返答や面接の日程調整など、すべての対応が迅速できめ細かいため、初めて転職する看護師や新人看護師のほか、早く転職したい看護師にもおすすめです。

東京、名古屋、大阪の3大都市圏の質の高い求人が多く、非公開求人も充実しています。

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)

レバウェル看護
               
レバウェル看護(旧 看護のお仕事)の詳細
求人数(※1)151,465件
(非公開求人あり)
対応地域全国
問い合わせ時間平日:9:00~21:00
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社

※1 求人数は2024年2月時点

おすすめポイント

レバウェル看護(旧 看護のお仕事)は、幅広い分野の求人があり求人の選択肢が多い転職サイトです。キャリアアドバイザーのヒアリング力が高くていねいな対応に定評があります。入職後の生活やキャリアプランも考慮した求人提案力が高く評価されています。

レバウェル看護は、キャリアアドバイザーのヒアリング力、サポート力の高さに定評があります。希望に沿った求人案内だけでなく、その後のキャリアプランまで提案してくれることも。看護師に寄り添うさまざまなサービスを提供しています。

公開している保有求人数は151,465件(2024年2月時点)と業界トップレベルで、全国11ヵ所に拠点があり日本全国の求人を扱っています(ただし地方の求人には偏りがあります)。

総合・一般病院、クリニック、介護施設、訪問看護など、あらゆる分野の求人がまんべんなく揃っているため、選択肢も充実。非公開求人の案内も、登録者に優先的に進めています。

ナース人材バンク

ナース人材バンクアイキャッチ
               
ナース人材バンクの詳細
求人数(※1)19,207件
(非公開求人あり)
対応地域全国
問い合わせ時間平日:9:30~20:00
運営会社株式会社エス・エム・エス

※1 求人数は2024年2月時点

おすすめポイント

ナース人材バンクは、高給与求人や条件が良い非公開求人が多く、都市部だけでなく地方の求人にも強い転職サイトです。地域選任のキャリアコンサルタントが在籍し地域の特色まで熟知。2005年にサービスを開始し年間10万人以上の看護師が利用する紹介実績から、医療機関や施設の採用背景や職場の内情を詳しく把握しています。

ナース人材バンクは、20万件以上の求人数を誇り、日本全国の求人をカバーしているうえに、非公開求人の質の高さや豊富さにも定評があります。

高収入、美容クリニック、2交代制の求人など人気の求人も多く、求職者の要望に合わせて、一つひとつていねいに対応してくれます。採用担当者は、聞きづらい質問も求職者に代わって確認してくれ、好条件の案件をこまめに情報提供してくれます。

早く転職したい人や効率よく転職活動を行いたい人にもぴったりです。

マイナビ看護師

マイナビ看護師
               
マイナビ看護師の詳細
求人数(※1)62,367件
(非公開求人あり)
対応地域全国
問い合わせ時間平日:9:30 - 17:00
運営会社株式会社マイナビ

※1 求人数は2024年2月時点

おすすめポイント

マイナビ看護師は、全国展開で都市部にも地方にも強く、さまざまな職場の求人が豊富。保有求人の30%が非公開求人で高収入・好待遇の求人が多い。できる限り対面での面談を重視し、転職の背景を理解したうえで求人を紹介するためミスマッチが少ない。キャリアやライフプランを考慮した求人提案やアドバイスの質が高い。

マイナビ看護師の非公開求人数は全体の約40%で、公開求人と合わせると、総保有求人数は9万件以上になります。

求人内容もバラエティに富んでいて、他の看護師転職サイトでは少ない一般企業(治験関連企業や経験を活かせる企業)や学校、保育園など、病院以外の求人もあります。「看護師を続けるか迷っている」といった悩みを抱える求職者にとって、新たな働き方をみつけるきっかけにもなります。

求人の質もよく、入職後のミスマッチを防ぐために事前に職場内情を確認したうえで、定着率の高い勤務先を紹介。長く働ける職場を提供しています。

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)のキャプチャ
               
看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)の詳細
求人数(※1)62,714件
(非公開求人あり)
対応地域全国
問い合わせ時間平日:9:00~18:00
運営会社株式会社トライトキャリア

※1 求人数は2024年2月時点

おすすめポイント

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)は、キャリアアドバイザーのヒアリング力や求人提案力が高く、スピーディーに転職活動が進められる。事業所数も全国31ヶ所と多く、地方での転職でも対面でのヒアリングや面接同行など、十分な転職サポートが受けられる点も魅力。

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)は、フットワークの軽さと熱心なサポートに定評のある転職サイトです。求人紹介の際は、求職者の希望に沿った求人を紹介するとともに、第三者の視点から新たな希望を提案するケースも。

例えば「夜勤がつらいのでクリニックに変えたい」といった相談に対し、一般企業や訪問看護も提案するなど、転職のプロならではのアドバイスを提供しています。事実、医療機関以外の企業や学校などの求人も多く扱っています。

全国31ヵ所に事業所を有し、非公開求人も含めて求人数は豊富です。常勤のほか、パートやアルバイト、派遣のページも独立して設けています。

看護師の非公開求人に関するまとめ

非公開求人は「通常より好条件だから」「レア求人だから」などの理由から、公開を控えている求人です。

非公開求人など転職を考える看護師にとって〝おいしい情報〟は、看護師転職サイトに登録した人だけが入手することができます。ただし、どのような非公開求人を紹介するかは、担当キャリアアドバイザーの判断に委ねられます。

鍵を握るのは「転職に意欲的かどうか」。ヒアリングの際に、ぜひ自己PRや希望する条件、将来のキャリアプランなどを積極的に伝え、「◯◯さんに提案してみよう」とキャリアアドバイザー思えるような求職者を目指しましょう。

首都圏・関西・東海地方の求人に強く、転職後の満足度が高い求人紹介に定評がある。給料や手当、福利厚生などの条件面だけではなく、人間関係や職場の雰囲気、やりがいまで考慮した求人提案力が強み。対応が丁寧かつスピーディーでストレスなく転職活動ができる。

幅広い分野の求人があり求人の選択肢が多い。キャリアアドバイザーのヒアリング力が高く丁寧な対応に定評がある。希望求人の紹介だけではなく、入職後の生活やキャリアプランも考慮した求人提案力がある。定期的な病院訪問や取材を通して職場の環境など詳しい情報を持っている。

高給与求人や条件が良い非公開求人が多く、都市部だけでなく地方の求人にも強い。地域選任のキャリアコンサルタントが在籍し地域の特色まで熟知している。2005年にサービスを開始し年間10万人以上の看護師が利用する。紹介実績が多く医療機関や施設の採用背景や職場の内情にも詳しい。

全国展開で都市部にも地方にも強く、さまざまな職場の求人が豊富。保有求人の30%が非公開求人で高収入・好待遇の求人が多い。できる限り対面での面談を重視し、転職の背景を理解したうえで求人を紹介するためミスマッチが少ない。キャリアやライフプランを考慮した求人提案やアドバイスの質が高い。

医療機関以外の求人も多く保有しており転職先の選択肢が豊富。全国対応だが、特に首都圏・関西・東海エリアの求人が充実している。事前アンケートと登録時のヒアリングをもとに行うキャリアドバイザーの求人提案力の高さが評価されている。

全国各地の医療機関情報を網羅しており、地域別の求人情報に精通した各支社による「エリア別担当制」が好評。現場訪問など独自取材で得た詳しい職場情報を持っている。働いてみたい病院や希望の医療機関の求人が出ていない場合も、求人状況や条件を確認してくれる「逆指名制度」がある。

おすすめ関連記事

時間アイコン 23.08.02

転職したほうがいいの?看護師に多い悩みと回避策や解決方法

看護師転職悩みアイキャッチ画像

時間アイコン 23.12.27

看護師におすすめの転職エージェント6社を徹底比較!メリットや選び方を解説

看護師におすすめな転職エージェント

時間アイコン 23.10.05

【例文あり】看護師転職サイトの断り方やしつこい電話・メールの対処法

no-image

時間アイコン 23.10.13

看護師転職サイトの仕組みとは?求人紹介や転職サポートを無料で受けられる理由を解説

看護師転職サイト仕組み

時間アイコン 23.10.25

eナースセンターは使えない?口コミ・評判からわかる本当のところ

eナースセンター

目次

TOP