エン転職の評判は?口コミからわかる6つの特徴とおすすめの人を紹介

「エン転職の評判は?」

CMや広告で目にするエン転職。イメージは良さそうでも、使った人の評判は気になりますよね。

この記事では、エン転職を使ったことのある人へインタビューを行ない、そこからわかったエン転職の評判や特徴、おすすめの人を紹介していきます。

エン転職の評判・特徴まとめ

  • 35歳以下に人気の転職サイト
  • 「取材力」に定評があり、求人企業の良さがわかりやすい
  • サイトの使いやすさ、検索のしやすさなどオリコン顧客満足度No.1

エン転職はどんな転職サイト?概要と評判を紹介

  • 35歳以下の若手に人気の転職サイト
  • 徹底したユーザーファーストがサービスの随所に現れている

2021年3月時点で総会員数は900万人を突破しているエン転職(※出典:エン転職公式サイト)。そのうち35歳以下の若手会員比率は71.9%と、若手に人気の転職サイトといえるでしょう。

また運営会社のエン・ジャパン株式会社は事業ガイドラインで「真に”喜ばれ、人に薦めたくなるもの”とは何か?を考え、ユーザーファースト主義(for カンパニー)に徹しよう」と掲げています。

エン転職公式サイト内のコンテンツにも、求人企業への取材内容や希望の働き方で求人を探せる検索機能など、徹底したユーザーファースト主義が取り入れられています。

エン転職利用者の評判は良い?悪い?

良い評判

  • 働いている人の声がわかり、自分が希望する”やりがいのある仕事”か見極められた
  • 求人検索条件や、求人票の情報量が多く会社を選びやすい
  • スカウト機能により会社選択の幅が広がった

悪い評判

  • 興味のない企業からのスカウトも多い
  • マイナーな求人を見つけづらい

続いて当編集部が実施したエン転職の利用者アンケートでは、次のような評判があることがわかりました。まずは5つ紹介するので、どんな転職サイトなのかイメージしてみてくださいね。

利用者の口コミ

(20代後半/女性)

働いている人の声がわかり、自分が希望する”やりがいのある仕事”か見極められた

エン転職には働いている人への取材をしている記事があります。 私は業界業種関係なくやりがいのある仕事を探していたので、この取材記事は自分がやりたい仕事かどうかを見極めるのに非常に役立ちました。

(男性)

求人検索条件や、求人票の情報量が多く会社を選びやすい

求人の検索項目が多く、自分の気になる仕事を探しやすいと感じました。 また求人情報には仕事内容や給料、応募資格などの基本情報から、その会社で働く従業員の評価まで載っていたため、会社を選びやすかったです。

(20代後半/女性)

スカウト機能により会社選択の幅が広がった

エン転職には求人検索機能のほかにスカウト機能があり、自分からは検索しないような会社からスカウトが届くので会社選択の幅が広がりました。 ただ興味のない会社が多く、スカウトされた会社の選考を受けることはありませんでした。

(20代前半/女性)

興味のない企業からのスカウトも多い

自分の経歴や出身校などを見てスカウトしてくれたと思いましたが、あまりにも条件にも経歴にもあっていない企業からスカウトが届くことがたくさんありました。どういう基準でスカウトを送っているのだろうと思っていた。

(20代後半/女性)

マイナーな求人を見つけづらい

ソーシャルワーカーの求人を探していたのですが、マイナーだからか希望条件にあう求人はなく、条件を変えざるを得ませんでした。

次の見出しからはより実際の利用シーンをイメージできるよう、エン転職ならではの特徴をまだ紹介していない評判とともに紹介していきます。

調査概要

・調査方法:Webアンケート

・調査対象:エン転職を利用して転職した人

・調査期間:2022年01月20日~2022年02月03日

エン転職らしい特徴や強みを紹介

記事の上部で述べたようにエン転職の運営会社ではユーザーファースト主義を掲げており、その考え方がサービスの随所で現れています。この見出しではそうしたエン転職らしい特徴や強みを紹介していきます。

求人に載っている取材記事や動画が好評

エン転職は「取材力」に定評があり、求人にその良さが現れています。

エン転職に掲載されている求人は、実際に企業を取材した上で作成されています。特に「プロ取材」マークがついている求人は、取材担当者がヒアリングを通して感じた詳しい情報も記載されているところが特徴です。動画が掲載されている求人もあり、企業の雰囲気もイメージしやすいでしょう。

「プロ取材」の求人に書かれている情報

  • 企業のPRポイント
  • 取材者が感じた会社の印象
  • 仕事のやりがい
  • 仕事の厳しさ
  • この仕事に向いている人
  • この仕事に向いていない人

▼実際のレビュー

実際のレビュー

※内容は会社情報のためモザイクをかけています。

ユーザーファースト主義のもと運営されているエン転職の求人には、「印象」や「やりがい」のほかにも「厳しさ」のように採用側の企業があまり明らかにしたくない情報もしっかり網羅されています。

特に仕事のきついところや職場に不向きな人の傾向といった、実際に入社してみないと分からない内情も伺えるため、入社前に企業との相性を確かめやすい点が魅力です。

利用者の口コミ

(30代前半/女性)

取材コラムが求人選びの役に立ちました

年収や雇用形態などの条件から、自分の希望に合う求人を探しやすかったです。一つひとつの会社の求人ページの情報量も他のサイトよりも圧倒的に多く、特にサイトの運営会社による取材コラムが、求人選びにとても役立ちました。

(20代後半/男性)

会社紹介の動画が良かった

求人数、求人の内容は大変満足。求人でいいところだけでなく気になるところもしっかり書いてあり、参考にさせていただきました。動画を駆使した企業紹介は斬新で楽しみながら活動できました。

(30代前半/男性)

動画のおかげで入社後のイメージがしやすい

求人に記載されている内容も重要な所は一通り記載されているし、会社の風景を撮影した動画もあり、入社後のイメージをしやすくする工夫がなされていました。

en Lighthouse(ライトハウス)で社員の口コミも見れる

en Lighthouse(ライトハウス)は同じくエン・ジャパン株式会社が運営している、日本最大級の会社口コミプラットフォームで、1,330万件以上の社員・元社員による口コミが掲載されています。(※2022年2月時点)

エン転職に登録をするとあわせてen Lighthouse(ライトハウス)にも登録できるため、会社の内情をより詳しく知ることができるでしょう。

求人検索方法がユニーク

エン転職には希望する職種や業種、勤務地域、その他詳細条件にくわえ、「成長・ベンチャー企業型」や「安定・優良企業型」のような会社タイプ、「実力主義・権限移譲」や「コツコツ着実に業務を遂行」のような働き方のタイプなどでも検索が可能です。

また「心を込めたサービスの提供」といった働きがいで求人を検索することもできます。やりたいことが明確でない人ややりがいを重視して働きたい人にはおすすめの機能です。

▼”働きがい”で求人を探す画面

働きがいで見つける

ほかにも求人には「マッチ度」が表示されており、自分の希望条件にどの程度マッチしているかがひと目でわかります。

▼”マッチ度”がわかる求人検索画面

マッチ度が分かる

利用者の口コミ

(20代前半/女性)

マッチ度はかなり役立ちました

求人検索をしている際に、マッチ度が高い求人は実際にいいなと思う率が高く、関連で出てくる求人も気になる求人リストに登録する率が高かったです。

全求人のうち約8割が独占求人

エン転職の全求人のうち約8割は、エン転職だけに掲載されている独占求人です。他の転職サイトにはない求人に応募できるため、より多くのチャンスを得たい人にとってメリットの大きい転職サイトといえます。

利用者の口コミ

(20代後半/女性)

ほかの転職サイトにはない求人があってよかった

エン転職で求人をみていたところ、大手ハウスメーカーの求人が2件あったことに驚きました。ほかの転職サイトを探していても見つからない求人だったので見つけられて良かったです。

スカウト機能がある

エン転職にはスカウト機能があります。
Web履歴書を匿名公開すると企業や転職エージェントからアプローチを受けられるサービスで、3種類のスカウト/オファーが届きます。

スカウトの種類

  1. 企業からのスカウト
    求職者のWeb履歴書から。求める経験やスキルを持っていそうだと感じた企業から届くスカウトです。なかには「一次面接免除」など、受け取った人だけの特典が付く場合もあります
  2. 転職エージェントからのスカウト
    求職者のWeb履歴書を見た転職エージェントから、キャリア相談や求人情報の案内が届きます。転職サイト上に掲載されない非公開求人が届く場合もあります。
  3. 企業からのオファー
    求職者が登録した職種や勤務地などの条件が、求人企業の求める条件と合致した場合に、求人情報の案内が届きます。

企業からのオファーは選択肢の幅を広げられるほか、相手は「マッチしていそうだ」と思い声をかけているわけですから、自分にあった会社選びにも役立つでしょう。

利用者の口コミ

(男性)

面接までサクッとすすめる点が良かった

スカウト機能があることで、腰が重い自分でも面接までサクッとすすめるのがよかったです。また求人で気になる仕事内容や給料、応募資格なども見やすく、判断がしやすかったと感じています。

サイトの使いやすさ、検索のしやすさなどオリコン顧客満足度No.1

エン転職は株式会社oricon MEが発表した「2021年 オリコン顧客満足度調査」の「転職サイト」ランキングにおいて、顧客満足度第1位に輝いています。(※2018年度から4年連続受賞)

評価項目別では「サイトの使いやすさ」「検索のしやすさ」「求人情報」「応募のしやすさ」のすべてで1位を獲得しており、利用者からの評判がよいことがわかります。

またスマホでも見やすいサイトづくりもしており、スマホアプリの配信や、コミュニケーションアプリ「LINE」上で求人情報が見られる「LINEキャリア」というサービスも提供しています。

実際に利用者にも感想を聞いたところ、顧客満足度の結果と同じように使いやすさの満足度が高いことがわかりました。

利用者の口コミ

(20代前半/女性)

エン転職は使いやすさは抜群だった

求人のマッチ度によって自分の条件にどれくらいあっているのかひと目でわかったり、求人に企業の内部情報が詳しく書かれていたりなど見やすさに優れていると感じました。 またWeb履歴書は簡単な入力項目に沿うだけで見やすく整理された履歴書が作成できるなど、総じて使いやすさが抜群だと思いました。

(20代後半/女性)

ほかの転職サイトよりも使いやすい

転職サイトはいくつか使っていたのですが、エン転職が一番使いやすくて好きでした。 求人のなかで大事な部分が太文字になっていたり、大きな文字になっていたり、担当者の一言メッセージが記載されていたりするため、じっくり見なくても仕事内容や給料など気になる情報を見れました。

20代前半/男性

専用のスマホアプリが使いやすかった

求人数が多く、サイトも見やすく感じました。専用のスマホアプリも使いやすくて、スカウトの情報も確認しやすかったです!

入社後サポートによって転職後もフォローしてくれる

サービスを提供するエン・ジャパン株式会社では、入社がゴールではなく、入社後の会社に馴染んで活躍することが転職成功と考えており、そうした背景のもと次のような入社後のサポートにも力を入れています。

入社後サポート内容

  • メールで早期活躍に向けたフォロー
  • オンライン研修「エンカレッジ」の受講
  • 入社1年後のお祝いギフト進呈
  • 入社1年後、2年後の適性検査受検
  • 自己理解促進のCareerSelectabilityテスト受検
  • プログラム会員の交流会

入社後に活躍するために、早期活躍の秘訣をメールやエンカレッジを通じて配信したり、キャリアの自己理解を促進する適性検査やCareerSelectability(※)のテスト受験を提供したりしています。(※キャリアセレクタビリティ=キャリア自己選択力®)

これらのサポートを利用した人の声を見ていきましょう。

利用者の口コミ

(男性)

エンジニアの資格やセミナー、教材の案内をしてもらえました

私はゲームエンジニアになりたく転職をしました。ただ必要なスキルや資格を保有しておらず入社後まず勉強から入る必要がありました。 そうしたなかだったので、エン転職からは関連するエンジニアの資格やセミナー、教材の案内をしてもらえ助かりました。

(20代後半/女性)

第二新卒だったので社会人スキルを学べてよかった

エンカレッジではマインドやコンセプチャル(問題解決方法など概念)、対人関係などのスキルを学ぶことができました。第二新卒だったのでそうしたことを一から教えてもらえてよかったです。

エン転職を利用するメリット・デメリットは?

ここまでの特徴をふまえて、エン転職を利用するメリットとデメリットを紹介していきます。

エン転職を利用するメリット

  • 若手向けの求人を探しやすい
  • 求人先の企業を詳しく知ることができる
  • 独占求人が多く、エン転職でしか出会えない求人がある
  • スカウト機能があって転職に踏み出しやすい

ここまで説明してきたように、エン転職は35歳以下の若手会員比率は71.9%で、若手向けの求人が集まりやすいです。

また各求人には仕事内容や給料などの基本情報から、取材担当者のレビューや企業への取材動画まで求人先の企業をよく知ることができるコンテンツが揃っています。

ほかにも独占求人やスカウト機能など魅力がたくさんあります。

エン転職を利用するデメリット

  • キャリアアドバイザーによる転職サポートはつかない
  • ミドルハイクラス向けの求人は少ない
  • 大手の転職サイトのなかでは求人数は少ない
  • スカウト機能へは不満の声もある

キャリアアドバイザーによる転職サポートはつかない

エン転職は採用をしたい企業が求人を出す求人広告型の転職サイトで、転職エージェントのように転職活動をサポートするキャリアアドバイザーはつきません。キャリア選択や求人申込み、面談日程調整、年収交渉などをすべて1人で行なう必要があります。

転職サポートを希望する人はリクルートエージェントや、エン エージェントを利用しましょう。

豊富な求人、丁寧な転職サポートが好評の「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

リクルートエージェントは求人数が業界トップクラスでたくさんの求人を見たい人にもおすすめです。

またリクルートエージェントではキャリアアドバイザーがついて転職をサポートしてくれます。希望条件にあった求人の紹介だけでなく、キャリアアドバイスや履歴書・面接対策、面接日程の調整まで幅広くサポートしてくれるので、初めて転職する人も安心ですね。

ミドル・ハイクラス向けの求人は少ない

魅力が多いエン転職ですが、ターゲット層が若手であるためミドル・ハイクラス向け求人は少ないところが弱点といえます。

ミドル・ハイクラス向けの求人を狙う場合は、ミドル・ハイクラスに特化した転職サイトを併用するとよいでしょう。代表的な転職サイトとしては、ビズリーチリクルートダイレクトスカウト(※キャリアカーバーから名称変更)、同じエン・ジャパン株式会社が運営するenミドルの転職AMBIなどがおすすめです。

ミドル・ハイクラス向けの転職サイト「ビズリーチ」

リクルートエージェント

ビズリーチはミドル・ハイクラス向けの転職サイトで、登録後に登録情報や職務経歴書に入力すると、ヘッドハンターや採用を考えている企業からスカウトが届きます。

また年収1,000万円以上の求人が3分の1以上(※)を占めており、まさにミドル・ハイクラス向けの求人を探すのに向いている転職サイトといえるでしょう。(※2021年1月時点)

求人を見たい人や転職を検討している人だけでなく、自分の市場価値を確認したい人にもおすすめです。

大手の転職サイトのなかでは求人数は少ない

エン転職の総求人数は約7000件。競合の大手サービスと比べると、求人数が少ないところが弱みです。他の大手サービスの求人数と比べると、以下のようになります。サービス名求人数
エン転職 7,723件
リクナビNEXT 53,704件
マイナビ転職 17,909件

(2022年2月28日時点)

総求人が少ないサイトでも自分に合う求人が見つかることは多々ありますが、求人の母数が少ないことから業界によっては選択肢が限られていたり、自分の希望エリアの求人が見つかりにくくなったりするデメリットがあります。

実際、エン転職の対象エリアは全国ですが、都市部の求人が見つかりやすい反面、地方によっては求人数が少ないという口コミも寄せられています。

利用者の口コミ

(20代前半/女性)

希望するアパレル業界の求人は見つからなかった

アパレル業界または事務職で関東就職を目指していました。エン転職では上京者向けの求人も多く選択肢を増やすことができました。自分が希望するアパレル業界の求人を見つけることができなかったです。

(30代前半/男性)

北海道では求人が少なかった

顧客満足度No.1の転職サイトと掲載されていたので、利用させていただきました。北海道の求人数が他の求人サイトより少なかったため、あまり他の求人サイトとの比較が出来なかったです。北海道以外の都府県であれば求人数も多く、利用する価値はあると思います。

スカウト機能は不満の声もある

いい面もあるスカウト機能ですが、「不特定多数に送っていると思われるスカウトが届く」「条件にあっていない興味のない企業からのスカウトが多い」など利用者からは不満の声も見られました。

利用者の口コミ

(30代前半/男性)

不特定多数に送っていると思われるスカウトもあった

興味のある会社からのスカウトならよいですが、自分のもとには希望職種とは全く関係のない不特定多数に送っていると思われるスカウトもよく届いていました。そこは残念だなと思います。

(20代前半/女性)

興味のない企業からのスカウトも多い

自分の経歴や出身校などを見てスカウトしてくれたと思いましたが、あまりにも条件にも経歴にもあっていない企業からスカウトが届くことがたくさんありました。どういう基準でスカウトを送っているのだろうと思っていた。

スカウトの性質上、不特定多数に送られるスカウトが届いてしまうことはよくあります。ある程度は許容するのをおすすめします。

一方で希望条件を細かく見てスカウトを送る企業がいるのも事実です。そうした企業と巡り合うためにも、自身の希望条件を充実させておくとよいでしょう。

エン転職はどんな人におすすめ?

それではエン転職はどのような人におすすめなのでしょうか。

エン転職がおすすめの人

  • 企業との相性を重視したい人
  • 34歳以下の人
  • エン転職の独占求人を見たい人

エン転職は求人情報がかなり充実しています。企業のいい面や悪い面、雰囲気を知ることができるので、相性を重視したい人にはおすすめの転職サイトといえます。

また若手向けの求人が多いほか入社後のサポートも手厚いため、34歳以下の人や転職が初めての人にもおすすめです。

エン転職の求人数は?営業や未経験可・IT業界の求人などを調査

つづいてエン転職の求人数を調査し、同じ求人広告型のリクナビNEXTやマイナビ転職、転職サポートがつくリクルートエージェントやマイナビエージェントと比較をしていきます。

エン転職 リクナビNEXT マイナビ転職 リクルート
エージェント
マイナビ
エージェント
営業職 1,619件 10,850件 5,321件 公開求人43,809件/非公開求人48,592件 公開求人数6,644件/非公開求人5,344件
企画職 1,538件 3,178件 1,370件 公開求人8,102件/非公開求人13,877件 公開求人数6,232件/非公開求人7,106件
未経験可 4,383件 9,136件 11,882件 公開求人32,492件/非公開求人47,400件 公開求人数1,385件/非公開求人396件
IT業界 673件 1,2623件 3,256件 公開求人43,507件/非公開求人52,610件 公開求人数9,290件/非公開求人6,346件

(2022年2月28日時点)

リクナビNEXTやマイナビ転職とは求人数の差が大きいことがわかります。豊富な選択肢から探したい人はリクナビNEXTやマイナビ転職がおすすめです。また転職サポートを希望する場合は、リクルートエージェントやマイナビエージェントもおすすめします。

ただしエン転職には求人情報のわかりやすさなどのメリットもたくさんあります。どちらを使おうか迷う人は、異なる特徴をもつ2社に登録するのをおすすめします。

会員登録のやり方~おすすめの利用法まで、エン転職の利用の流れをチェック

エン転職の利用の流れを、おすすめの活用方法とともにご紹介しましょう。

【約1分で完了】エン転職の会員登録の流れ

エン転職の会員登録は、わずか1分で完了します。

▼Step1 トップ画面やログイン画面などにある「会員登録」ボタンをクリック

▼Step2 氏名とカナ、メールアドレス、パスワードを入力して登録ボタンを押す

▼Step3 本人確認のためのSMS認証を行う。サイト上に携帯番号を入力すると携帯に認証コードが届くので、コードをエン転職のサイトに入力すれば認証完了。

エン転職に会員登録をすれば、同社が運営しているハイクラス向けの「enミドルの転職」「AMBI」の他、人材紹介サービス「エン エージェント」にも同アカウントでログインが可能です。

エン エージェントについては後述の見出しで紹介しているので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

Web履歴書をきちんと作成し、スカウト率を上げる

エン転職の会員になると、サイト上でWeb履歴書を作成できるようになります。Web履歴書には氏名、現住所、希望勤務地、最終学歴、転職経験、就業情報、保有資格、キャリアデータ、職種経歴、自己PRなど、自分のこれまでの経歴を登録することが可能です。

このWeb履歴書は匿名で企業側に公開されるため、項目をきちんと埋めておくことで、企業側から自分に合ったスカウトが届きやすくなります

逆にWeb履歴書が雑だとスカウトが届きにくい他、Web上の書類選考で落とされる可能性もあるため、以下のポイントに注意して作成することをおすすめします。

  • 誤字脱字をしない
  • 所持している資格は正式名称で書く
  • 自己PRでは話題ごとに見出しをつけ、500字程度にまとめて読みやすくする
  • 受賞歴がある場合、賞の名前だけでなく、どのような賞なのかを補足する
  • 写真を載せる場合、プライベート写真は心証が悪くなりがち。できるだけフォトスタジオで撮ったスーツ姿の写真を用意する

求人情報や企業からのメッセージがあれば通知メールで報せてもらうこともできるので、必要な場合は通知設定を忘れないようにしましょう。

★エン転職「メールサービスの登録方法」
https://employment.en-japan.com/help/07_02/

転職エージェントとの併用で転職活動の効率アップ

転職活動の効率をアップさせたい時は、エン転職とあわせて、転職エージェントを併用するのもおすすめです。

転職サイトと転職エージェントの違い

そもそもエン転職は「転職サイト」と呼ばれる部類のサービスです。

転職サイトでは求人の閲覧が可能ですが、求人への応募や面接の日程調整、面接対策の準備などはすべて応募者が自分一人で行う必要があります。

自分のペースで複数の企業にアプローチを掛けながら転職活動を進められるメリットがある反面、はじめて転職する時はどのように予定を組むべきなのか、迷ってしまうこともあるでしょう。

一方、転職エージェントはキャリアアドバイザーなどの「エージェント」が、応募者のサポートに付きます。

エージェントは転職市場に詳しく、キャリアカウンセリングを通して応募者に適した転職先を一緒に考えたり、非公開の企業情報を教えたりと、転職がスムーズに行くようサポートしてくれます。

エージェントが身近にいれば、はじめての転職でも安心して進めやすいところがメリットです。

代表的な転職エージェントとしては、エン転職と運営元が同じ「エン エージェント」が挙げられます。「ただ入社するだけでなく、入社後に活躍できることが転職のゴール」とするエン転職と同じく、入社後のミスマッチをなくすために様々なアドバイスをしているところが特徴です。

30代前半| 男性

必死に企業に掛け合ってくれた

金融業界で当時勤務していたところが破綻。投資銀行業務への転職を目指しており、担当者が希望にマッチする求人を2件ほど紹介してくれました。面接の結果、内定したものの、実際の雇用契約書と募集条件・面接でお話をしていただいた条件が異なり、内定は辞退。ただ、担当者は必死に企業に掛け合ってくれた。その担当者には本当に感謝しています。

30代前半| 男性

以前よりいい条件での転職に成功

いままでの経験を活かした仕事をしたいと考えており、年収のアップを目指しておりました。担当者に数件の紹介をいただき、以前よりいい条件での転職に成功しました。担当者のサポートもとても良く、あまり苦労せずに転職できました。

転職サイトと転職エージェントは併用ができる他、エン エージェントならエン転職の登録アカウントで利用することが可能です。転職活動を効率的に進めたい方は、ぜひ活用してみてください。

「エン転職WOMAN」を使って女性歓迎の求人を探す

エン転職には、掲載求人のうち女性歓迎のものだけを絞り込んで表示してくれる「エン転職WOMAN」という機能があります。

産休・育休取得実績あり、育児支援制度あり、女性管理職登用実績ありなど、働き方の希望に応じたキーワードでの検索もしやすくなっているため、自分に合った仕事探しがしたい女性は「エン転職WOMAN」を活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

この記事ではエン転職ならではの魅力や、エン転職の利用メリット・デメリット、おすすめの利用方法などをご紹介しました。

転職サイトや転職エージェントを活用することで、転職活動はよりスムーズに進めやすくなります。上記を参考に、自分にとって相性のよい転職先をぜひ見つけてみてください。

〇この記事のまとめ

■エン転職は、34歳までの若手層におすすめのサイト
■取材に基づいた豊富な求人情報と、書類作成・面接対策などの情報コンテンツに定評あり
■ミドル・ハイクラス向けの求人を狙う場合は、ビズリーチなどのハイクラス向けサイトとの併用がおすすめ
■エン エージェントなどの転職エージェントとの併用で転職活動の効率アップ

  • 非公開求人が10万件以上(2020年8月自社調べ)で業界最大級。
  •          
  • 登録者限定の「面接力向上セミナー」をオンラインLIVE配信で毎週開催
  • 転職支援実績No.1(2019年度実績 厚生労働省調べ)。全年代・全職種に対応。求人の少ない地方での転職にもおすすめ。
  • 国内外の注目企業と5,000名以上(2022年1月時点)のヘッドハンターからスカウトが届く
  • 一部有料だが最大97日間の無料期間あり。
  • 年収500万円以上のハイクラスを目指したい人、自分の市場価値を試したい人、自分に合った求人をピンポイントで紹介してほしい人におすすめ。
  • 自分で求人を探すほか、キャリアアドバイザーによるサポートやスカウト機能が1つになった転職サイト・エージェント
  • 183万人のデータに基づく「年収査定」や人気300社の「合格診断」など求人探しに役立つツールが多数
  • 転職が初めての20代におすすめ
  • 学生からの支持が厚い株式会社マイナビの運営する転職エージェント
  • 新卒採用でマイナビを利用した企業からの評判が良い
  • 第二新卒歓迎の求人が集まりやすいため、第二新卒の方におすすめ
  • 18年以上にわたり年間5,000人以上(2016年度実績)の女性求職者を支援している女性専門の転職エージェント
  • 面接のためのメイクアップサポートなどユニークなサービスも
  • 女性の転職に理解ある担当者と一緒に転職活動を進めたい人におすすめ

おすすめ関連記事

時間アイコン 22.06.28

転職サイトのおすすめ22選!年代や職種別に比較、転職エージェントも

時間アイコン 22.06.30

おすすめ転職エージェント年代・職種別52社!プロが語る成功のコツ

時間アイコン 22.06.23

20代向けおすすめ転職サイト34選比較ランキング│選び方も解説

20代おすすめ転職サイト

時間アイコン 22.07.04

30代おすすめ転職サイト15社を比較|女性・未経験・フリーター向けも紹介

30代転職サイト

時間アイコン 22.05.02

エン エージェントはどんな人におすすめ?口コミや評判を徹底解説

エンエージェント

TOP