40代ハイクラス転職におすすめ転職サイト・エージェント10選!利用の流れ・活用方法も解説!

highclass_forties

40代ハイクラス転職におすすめの転職サイト

※JACリクルートメント公式サイト

「今のスキルや専門性を活かしてキャリアアップしたい」と考えている40代はハイクラス転職サイト・転職エージェントを活用しましょう

スキルを持った40代が目指す経営層や管理職などのハイクラス求人は非公開求人が基本で、応募するには転職サービスの利用が必須です。

40代でハイクラス転職を成功させるには「転職成功実績が多い」「非公開求人数が多く幅広い企業を掲載している」といったサービスがおすすめです。

担当者が付くタイプの転職エージェントも活用し、今後のキャリアプランをプロに相談しながら転職活動の成功確率を上げましょう。

40代のハイクラス転職に
おすすめの転職サービス
求人数
109,758件
  • 6,600人の一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く
  • 自分の能力や価値観を分析できるプレミアムステージあり
求人数
543,110件
  • 年収800万円以上の求人は業界トップクラスの13万件※1
  • すべてのサービスが無料&登録時の審査なし
求人数
非公開
  • 75%が非公開求人
  • 2023年転職成功者割合実績は46%が40代以上※2

*2024年7月時点
※1 2023年8月時点
※2 ※JACリクルートメント公式サイト

この記事では、40代でハイクラス転職を考えている人に向けて、スカウト型、外資系企業に特化などタイプ別に選んだ編集部おすすめの転職サイト・エージェントを10選紹介します。

また、ハイクラス転職に役立つ企業に求められるスキルについても解説します。

※当コンテンツは株式会社カケハシ スカイソリューションズによって管理しています。ご利用にあたっては、利用規約をご一読くださいますようお願いいたします。
※当サイトは口コミの一部を掲載しています。

目次

続きを見る
閉じる

40代ハイクラス転職におすすめスカウト型転職サイト・転職エージェント4選

スカウト型転職サイト・エージェントでは、求職者が事前に経歴やスキル、希望条件を登録しておき、興味を持ってくれた企業やヘッドハンターからスカウトを待てます。

求職者側から求人を探す手間を省けるだけでなく、自分に合った仕事を紹介される可能性が高いです。

ここでは、40代ハイクラス向けにスカウトに特化した転職サイト・エージェントを4つご紹介します。

ビズリーチは自分の市場価値を確かめるのに最適なスカウト型転職サイト

ビズリートの画像

おすすめポイント

  1. 年収600万円以上かつ3年以内にハイクラス転職経験のある人から支持
  2. ハイクラス向けのレア求人が豊富
  3. 自分の本当の市場価値を把握できる

ビズリーチは、即戦力になる40代のハイクラス転職を数多く実現してきたスカウト型転職サイトです。

ハイクラス転職に成功した40代の転職後の平均年収は840万円となっており、多くの転職経験者から支持されています。

自分の本当の市場価値を知るためにも、登録しておくといいでしょう。

また、転職者のうち約6割が35歳以上となっているので、40代でハイクラス転職をしたいと考えている方も問題なく利用できます。

ビズリーチはITエンジニアにもおすすめ

  • IT技術職の転職後年収アップ実績は平均120万円
  • リモート可の公開求人30,000件以上で働き方の希望がかなう
  • フロントエンド、インフラ系など幅広い職種の求人を探せる

ビズリーチに無料登録する

参考:ビズリーチ(公式サイト)

リクルートダイレクトスカウトは年収アップしたい人におすすめ

リクルートダイレクトスカウトのバナー(松坂桃李さん)

おすすめポイント

  1. ハイクラス求人の多くは年収800万〜2,000万円
  2. 登録後はスカウトを待つだけでOK
  3. 転職スカウトサービスで顧客満足度2年連続No.1※だから安心して使える
※2023年オリコン満足度調査

リクルートダイレクトスカウトは、40代で転職活動が不慣れでも使いやすいハイクラス向けのスカウト型転職サイトです。

約600社、4,300名以上(2022年5月時点)ものヘッドハンターからの提案や、企業の担当者からの直接スカウトを待つだけでよく、顧客満足度も高いので安心して利用しやすい傾向にあります。

ハイクラス求人の多くは年収800万〜2,000万円となっているので、年収アップしたい方におすすめです。

参考:リクルートダイレクトスカウト

doda Xは自分のペースで転職活動を進められるスカウト型転職サイト

おすすめポイント

  1. 企業やヘッドハンターによるスカウトサービスがある
  2. ハイクラス求人に自ら応募できる
  3. 専門カウンセラーによるハイクラス転職カウンセリングがある

doda Xは、スカウト型でありながら、効率よく転職活動を進められる転職サイトです。

企業から直接スカウトを受け取れるほか、約4,000名(2022年11月時点)ものヘッドハンターから非公開のレア求人を紹介してもらえるだけでなく、約160,000件(2022年10月時点)のハイクラス求人に自ら応募できます

また、doda専属カウンセラーによるハイクラス転職カウンセリングを受けられるなど、サポート体制も万全といえるでしょう。

参考:doda X

ミドルの転職は重要ポジションの求人が豊富なスカウト型転職サイト

ミドルの転職

おすすめポイント

  1. 30代と40代専用
  2. ハイクラス求人のうち10,000件以上が年収1,000万円以上
  3. 専門分野に精通したエージェントが転職支援してくれる

ミドルの転職は、30代と40代のミドル世代しか登録できないミドル専用のスカウト型転職サイトです。

管理職やマネージャーなどの重要ポジションの求人が約170,000件以上、うち10,000件以上が年収1,000万円以上となっている上、非公開求人や独占求人も豊富です。

職種などの希望条件での検索はもちろん、口コミ評価を参考に400社以上の中から転職エージェントも検索できるので、ハイクラス転職活動の幅が広がるでしょう。

参考:ミドルの転職

40代ハイクラス転職に特化した転職サイト・転職エージェント4選

まだまだ働き盛りの40代ハイクラス転職に特化した転職サイト・エージェントもいくつか存在しています。

複数のハイクラス転職サイト・エージェントを併用すれば、広い視野で転職活動を進められます

ここでは、40代ハイクラス向けに特化した転職サイト・エージェントを4つご紹介します。

JACリクルートメントは上級管理職を希望する人におすすめ

JACリクルートメントのキャプチャ画像

おすすめポイント

  1. エグゼクティブ・専門職・上級管理職などのスペシャリストの求人が豊富
  2. 取り扱っている求人のうち約65%が非公開求人
  3. 1人のコンサルタントが企業と求職者を担当してくれる

JACリクルートメントは、30年以上もの歴史を誇り、エグゼクティブや専門職、上級管理職などの幅広い求人を取り揃えている40代ハイクラス向けの転職サイト・エージェントです。

35,000社もの企業と取引があり、非公開求人はもちろん独占求人も多数扱っています。

また、1人のコンサルタントが企業と求職者のどちらも担当するため、双方のニーズの理解が深く、信頼して転職活動を進められるでしょう。

参考:JACリクルートメント

パソナキャリアは独占求人も豊富に取り扱う転職サイト・エージェント

パソナキャリアのキャプチャ

おすすめポイント

  1. 求人の約半数が年収800万円以上で転職後の年収アップ率は61.7%
  2. 取扱求人のうちハイクラス非公開求人は61.0%
  3. 独占求人1,700件以上

パソナキャリアは、取扱求人のうち約半数が年収800万円以上の40代ハイクラス向けの転職サイト・エージェントです。

最新の採用傾向を理解したコンサルタントが、面接対策だけでなく年収の交渉まで行ってくれるため、転職後の年収アップ率は61.7%を誇ります。

さらに、1,700件以上が独占求人となっている上、全取扱求人のうち61.0%はハイクラス非公開求人なので、登録しておくとよいでしょう。

参考:パソナキャリア

Liigaは戦略コンサルなどの求人が豊富な転職サイト・エージェント

Liigaのキャプチャー画像

おすすめポイント

  1. 高学歴の若手プロフェッショナルのキャリア支援に特化
  2. 外資系金融・IT関連・戦略コンサルなどのハイクラス求人が豊富
  3. ケーススタディで自分のスキルを磨ける

Liigaは、登録者のうち約75%以上がMARCHおよび関関同立以上の大学を卒業している高学歴の40代ハイクラス向けの転職サイト・エージェントです。

下記のようなハイクラス求人が豊富に揃っています。

  • 外資系金融
  • IT関連
  • 戦略コンサル
  • 日系大手企業
  • メガベンチャー
  • メーカー
  • 商社

また、サイトには様々なケーススタディが用意されているので、自分のスキルを磨けます

参考:Liiga

転機は経営の根幹に関わりたい人におすすめの転職サイト・エージェント

おすすめポイント

  1. 経営執行責任者や事業部責任者向けの求人が豊富
  2. 経営者との直接面談実施率95.6%(2018~2022年の平均実績)
  3. 社長の右腕に立候補あるいは希望条件をもとに案件紹介を待てる

転機は、経営執行責任者や事業部責任者などの経験がある40代ハイクラス向けの転職サイト・エージェントです。

原則的に人事担当者を介さず、初回からエージェント同席のもと、経営者との直接面談が実施されるため、様々な条件交渉が行いやすい傾向にあります。

また、インタビュー動画をもとに社長の右腕に立候補できるほか、希望条件をもとに案件紹介を待てます。

参考:転機

40代ハイクラス転職で外資系企業に特化した転職サイト・転職エージェント2選

外資系企業にハイクラス転職したいと考える40代の方向けの転職サイト・エージェントも存在しています。

グローバルな外資系企業にハイクラス転職するなら、世界各国に拠点を持つ転職サイト・エージェントを利用すると、求人数が豊富なため、希望にマッチするものが見つかりやすい傾向にあります。

ここでは、40代ハイクラス向けの外資系企業に特化した転職サイト・エージェントを2つご紹介します。

ランスタッドは長期的なキャリアを考えられる転職サイト・エージェント

ランスタッドのキャプチャ画像

おすすめポイント

  1. 世界39の国と地域に4,400以上の拠点を持つ世界最大級規模のサービス
  2. ハイクラス向けの求人が5,600件以上
  3. 長期的なキャリアプランを提案してくれる

ランスタッドは、世界39の国と地域に4,400以上の拠点を持つ世界最大級の規模を誇る40代ハイクラス向けの外資系企業に特化した転職サイト・エージェントです。

ハイクラス向けの求人だけでも5,600件以上ある上、非公開求人も多数取り扱っています。

また、5年、10年後と長い目で見て最適なキャリアプランを提案してくれるので、目先だけにとらわれない転職活動を行えます。

参考:ランスタッド

エンワールド・ジャパンはAPAC地域の外資系企業希望者におすすめ

エンワールド公式サイトのキャプチャ画像

おすすめポイント

  1. APAC地域における外資系企業へのハイクラス転職に特化
  2. 転職してからの長期的なキャリア構築のためのサポートが充実
  3. コンサルタントは無理に転職先を薦めてこない

エンワールド・ジャパンは、APAC地域における外資系企業へハイクラス転職したいと考える40代向けの外資系企業に特化した転職サイト・エージェントです。

転職してからの就業開始後も継続的にフォローしてくれるため、長期的なキャリアを構築していきたい方も安心して利用できます。

また、コンサルタントが無理に転職先を薦めてこないので、自分のペースで納得できる転職活動を行えるでしょう。

参考:エンワールド・ジャパン

40代がハイクラス転職を目指すメリット

40代でハイクラス転職するメリット

40代だからこそ、ハイクラス転職を目指すメリットは次の通りです。

  • 収入向上とキャリアアップを求められる残り少ないチャンス
  • 最高経営責任者(CEO)などの上位役職を目指せる
  • 「人生100年時代」に備えて更なるキャリアを追求できる

メリットを理解した上で転職活動を進めていけば、モチベーションを維持しやすくなります

ここでは、それぞれのメリットを解説していきますので、参考にしてみてください。

収入向上とキャリアアップができる残り少ないチャンス

40代のハイクラス転職は、収入向上とキャリアアップを求められる残り少ないチャンスである可能性が高い傾向にあります。

もちろん50代でもハイクラス転職に成功する方もいますが、業界や企業によっては平均年齢自体が若かったり、組織そのものの若返りを図っていたりするため、どうしても50代以上のハイクラス転職の道は狭まってしまいがちなためです。

ハイクラス転職を実現させたいなら、40代のうちに行動を起こすとより選択肢が広がるでしょう。

ハイクラス専門転職エージェント

電気関係のインフラ事業で部長だった47歳のAさんは、外資系の建設資材企業における日本法人のカントリーマネージャーに転職し、300万円も年収をアップさせています。

Aさんは前職で建設資材の業界におり、その業界知識を買われたためです。

企業の求める人材像と見事にマッチし、50代手前というタイミングもあり採用に至りました。

企業の経営層などの上位役職を目指せる

40代ハイクラス転職では、企業の経営層などの上位役職を目指すことも夢ではありません。

40代はスキルや経験が豊富な上、まだまだ働き盛りであるからです。

特に上位管理職などのマネジメント職に就いているなら、より上位役職を目指しやすいでしょう。

企業の経営層なんて目指せるわけがない」などと思わず、果敢にチャレンジしてみてください。

ハイクラス専門転職エージェント

外資系の鉄道関係企業で営業部長だった48歳のBさんは、外資系の建設企業における日本法人のカントリーマネージャーに転職し、500万円も年収をアップさせています。

Bさんは英語が堪能な上、建材を扱う企業で働いていた経験があったためです。

転職先の企業は、建材だけでなく鉄道資材も扱っており、どちらの業界の知識もある人材を求めていたところBさんが見事にマッチし採用に至りました。

「人生100年時代」に向けて更なるキャリアを追求できる

40代のハイクラス転職では、「人生100年時代」に備えて更なるキャリアを追求できるメリットがあります。

「人生100年時代」を見据え、定年制のない企業で体力が続くまで働きたいと考える方にとって、40代は色々なことにチャレンジできるタイミングだからです。

50代になってからだと希望する企業にハイクラス転職できない場合も多いので、40代のうちに転職活動を進めると良いでしょう。

ハイクラス専門転職エージェント

自動車部品メーカーでディレクタークラスだった48歳のCさんは、外資系部品メーカーの日本法人の最高経営責任者(CEO)に転職しました。

「人生100年時代」を見据え、65歳を過ぎても同業界で働き続けたいという信念を持っていたからです。

その後、同業界の別の企業に最高経営責任者(CEO)として2回転職するなど、今もなお更なるキャリアを追求し続けています。

40代でハイクラス転職は断られる?企業に求められるスキルを解説!

40代のハイクラス転職で求められるスキル

40代でのハイクラス転職は断られるのでは?」と不安になる方も少なくありません。

しかし、40代だからといってハイクラス転職を断られることはないので安心してください。

もちろん40代のハイクラス転職では、20代、30代と比較すると次のような高いスキルが求められるのは事実です。

  • チームマネジメントで成果を出した経験がある
  • これまで培ってきた専門分野がある
  • 特定業界に対しての人脈が豊富

ここでは、それぞれのスキルを解説していきます。

チームマネジメントで成果を出した経験がある

40代でハイクラス転職するなら、チームマネジメントで成果を出した経験があると安心できます。

40代のハイクラス転職では、転職先の企業でチームを束ねるようなリーダー的な役割を求められやすい傾向にあるからです。

特に、上位役職へのハイクラス転職を目指しているなら、必須と言っても過言ではないスキルと言えるでしょう。

ハイクラス専門転職エージェント

輸入車メーカーの海外営業職でマネジメントをしていた45歳のDさんは、外資系商用車メーカーのバイスプレジデントに転職し、200万円も年収がアップしています。

過去に大手日本車メーカーでも海外営業があるなど営業経験もマネジメント経験も豊富だったからです。

チームを拡大しプロジェクトを進める計画をしていた企業は、営業とマネジメント両方できる人材を求めていたため採用に至りました。

これまで培ってきた専門分野がある

40代でハイクラス転職するなら、これまで培ってきた専門分野があると強みになります。

20代や30代と比較すると、40代では専門分野に携わってきた年数が異なり、企業にとっても頼り甲斐のある存在となるからです。

例えば、エンジニアなどの専門分野で長く経験を積んできたのであれば、ハイクラス転職しやすい傾向にあります。

ハイクラス専門転職エージェント

モーター製造業のエンジニアとして20年研究開発に携わってきたEさんは、海外のギアモーターを扱う企業のモーターエキスパートとして日本の責任者に転職し、年収を400万もアップさせています。

モーター製造のスキルやビジネスレベルの英語力を持っていたほか、誰に対してもモーターについてわかりやすく説明できたためです。

企業が求める人材像に見事にマッチしたことで採用に至りました。

特定業界に対しての人脈が豊富

40代でハイクラス転職するなら、特定業界に対しての人脈が豊富だと企業に重宝されるでしょう。

特に営業職の場合、特定の企業へのつながりを求められる場合があるからです。

長年営業をしてきたという方は、豊富な人脈をアピールして転職活動を進めてください。

ハイクラス専門転職エージェント

外資系の自動車部品メーカーの部長だった43歳のFさんは、同業界の企業に同じ部長職として転職し、年収を100万円もアップさせました。

Fさんは、企業が求める日本の大手メーカー各社と豊富な人脈があり、企業の戦略にマッチしたからです。

40代ハイクラス転職でサイト・エージェント利用する流れ

40代ハイクラスの転職サイト・エージェントを利用する流れを把握しましょう。

20代ハイクラスの転職サイトを利用する流れ

転職エージェントを利用する流れは以下です。

  1. 複数サイトに登録しておく
  2. 担当者からの連絡を待ち、面談を実施する
  3. 転職エージェントに求人を紹介してもらう
  4. 志望企業の企業研究を行う
  5. エージェントに志望理由書の添削をして貰う
  6. 志望企業の面接・内定を貰う

40代ハイクラス転職エージェントを最大限活用する方法

40代でハイクラス転職のために転職エージェントを活用する方法

ここでは、ハイクラス転職を目指している40代が転職エージェントを最大限活用する手順を解説します。

40代がハイクラス転職を成功させるには、転職エージェントを効果的に活用することが重要です。

転職エージェントを最大限利用して、ハイクラス転職を実現させましょう。

転職エージェントの選び方を工夫する

40代が転職エージェントを最大限活用するには、転職エージェントの選び方を工夫しましょう。

平日時間がない40代にとって、「自分に合った転職エージェント」を選ぶ事は、転職活動をスムーズに進める為にも重要です。

40代が転職エージェントを選ぶ際に意識すべき点は以下です。

  • 希望職種に特化した転職エージェントを選ぶ
  • 非公開求人の多い転職エージェントを選ぶ
  • エージェントを一つに絞らない

「転職の軸」が伝わるまで、面談は複数回行う

転職エージェントとの面談では、「転職の軸」が伝わるまで、初回面談は無理に1度で済ませようとせず、複数回に分けて行いましょう。

特にハイクラス転職を目指している30代は、転職の軸が明確に決まっている方が多い反面、平日はじっくり面談する時間がない事が多いことがあります。

転職の軸」とエージェントの理解にすれ違いが起きてしまうと、希望の求人を紹介してもらえない可能性があります。

自分の希望をエージェントに理解してもらえるまで面談を行いましょう。

転職エージェントに模擬面接を依頼する

転職エージェントは、無料で面接の指導を提供してくれます。

特に、40代のハイクラス転職では競争が激しく、企業側も求める要件が高いことが多いです。

面接や志望理由書では、自分の魅力が企業に適切に伝わるようにするために、転職エージェントに直接指導を受けることをおすすめします。

あなたの強みやキャリア目標を的確に引き出し、面接官にしっかりと表現方法を教えてくれることでしょう。

40代ハイクラス転職で失敗してしまう人の特徴

40代でハイクラス転職を失敗する人の特徴

40代のハイクラス転職では、失敗してしまう人も少なくありません。

次のような特徴を持っている場合があるからです。

  • 自分のスキルや能力を過大評価してしまう
  • 転職後の組織になじめない

ここでは、それぞれの特徴を解説していきます。

自分のスキルや能力を過大評価してしまう

40代でハイクラス転職に失敗した人は、自分のスキルや能力を過大評価してしまう特徴を持っている場合があります。

年齢を重ね積み上げてきた経験やスキルに過度な自信を持ちすぎてしまうことで視野が狭くなってしまい、自分の希望にマッチした案件以外に興味を持てなくなる傾向があり、結果的に良い案件自体を逃してしまうからです。

ハイクラス専門転職エージェント

転職エージェントは、客観的にみて求職者に合っていると思われる求人を紹介してくれます。

希望と異なっていても1度は目を通して検討するなど柔軟な姿勢を持つようにすると良いでしょう。

転職後の組織になじめない

40代でハイクラス転職したのにも関わらず、転職後に会社に馴染めず失敗してしまったと感じる方も少なくありません。

そもそも40代で転職すると若い時よりも新しい環境に慣れるのに苦労することが多い上、特にハイクラス転職では求められる経験やスキルが高いだけでなく、上級役職など責任ある立場に就くことが多い傾向にあるためです。

ハイクラス転職を成功させたいなら、下記を改めて考えた上で求人を見ていくと良いでしょう。

  • 「本当に自分に合う企業なのか」
  • 「役職やポジションの重責に自分は耐えられるのか」

ハイクラス転職後に改めて転職するのは体力的にも精神的にも労力がかかるので注意が必要です。

ハイクラス専門転職エージェント

大手IT企業で働いていたHさんは、スタートアップ企業にハイクラス転職しましたが、1年も経たずに退職してしまいました。

転職先の仕事の進め方やコミュニケーションの取り方などが転職前と違いすぎて馴染めなかったからです。

40代ハイクラス転職成功のコツ

40代でハイクラス転職を成功させるコツ

40代ハイクラス転職を成功させるコツとしては、下記が挙げられます。

  • 求人数が少ないことを考慮しておく
  • スカウト型とエージェント型両方登録する
  • 長期戦も考慮して幅広く企業は見ておく

コツを押さえておけば、一喜一憂せず効率的に転職活動を進められるはずです。

それぞれのコツを見ていきましょう。

求人数が少ないことを考慮しておく

40代ハイクラス転職を成功させるために、求人数が少ない場合も考慮しておくと良いでしょう。

20代、30代の求人数と比較すると、40代の求人数自体が少ない傾向にあるからです。

もちろん40代だからこそのハイクラス求人も存在しているので、取り扱い非公開求人数が多い転職サイトや転職エージェントに登録しておき、長い目で焦らずに求人を探すような心構えを持っていると安心できます。

ハイクラス専門転職エージェント

40代でハイクラス転職に成功している方の多くは、20代や30代の時よりも転職には労力や時間がかかることを覚悟した上で取り組んでいます。

40代でも簡単にハイクラス転職できると考えている方は、情報収集が不足している可能性が高いので、今一度ハイクラス転職のための情報収集を徹底して行いましょう。

スカウト型とエージェント型両方登録する

40代でハイクラス転職を成功させるためには、スカウト型とエージェント型の両方の転職サービスに登録しておくと良いでしょう。

それぞれの転職サービスには、下記のようなメリットがあるからです。

スカウト型

  • 企業からのスカウトを待てる
  • 時間がない中でも転職活動をすすめやすい

エージェント型

  • プロの転職エージェントが非公開求人などを紹介してくれる
  • 面接対策などのサポートを受けられる

複数の転職サービスに登録するのは面倒と感じてしまうかもしれませんが、それぞれ併用すればより効率的に転職活動を進められるので登録してみてください。

ハイクラス専門転職エージェント

大手スカウト型の転職サービスは認知度も高く、今や40代でハイクラス転職を目指す方の多くが複数登録しています。

40代では20代や30代と比較すると求人数自体が少ないだけでなく、スカウトの件数自体も減ってしまうため、1サービスだけ登録しても効率的な転職活動は行えないはずです。

基本的に無料で登録できるサービスが多いので、気になるサービスがあれば複数活用すると良いでしょう。

長期戦も考慮して幅広く企業は見ておく

40代でハイクラス転職を成功させるためには、長期戦を考慮して幅広い企業を見ると良いでしょう。

そもそも40代の求人数は少ないため、自分の経験やスキルを過信して求人を選り好みすると時間がかかってしまい、焦りが生じて転職活動に響いてしまう可能性があるからです。

あらかじめ長期戦になると覚悟した上で、固定観念にとらわれず柔軟な姿勢で幅広い企業に目を向けると活路を見出せるかもしれません

ハイクラス専門転職エージェント

外資系金融機関で内部監査をしていたIさんは、同じ金融業界への転職を希望していましたが、結果的に製造業界の企業に内部監査としてハイクラス転職しています。

「Iさんの元々の希望だと求人数自体が少なく、タイミングが合わないと難しい」と私がアドバイスをしたことがきっかけで幅広く転職活動をするようになりました。

その結果、金融業界以外にもIT業界や製薬業界など幅広く視野を広げ、柔軟に転職活動を行いました。

40代のハイクラス転職でよくあるQ&A

40代ハイクラス転職では、様々な悩みが尽きないかと思います。

ここでは、よくある質問をご紹介していきますので参考にしてみてください。

ハイクラス転職で40代は断られますか?

前述した通り、40代という理由でハイクラス転職が断られるわけではないので、安心してください。

むしろ40代は20代や30代と比べると経験やスキルが豊富で、上級役職などといった企業の重要ポジションに適していると言っても過言ではないからです。

もちろん若い時のようにポテンシャルや将来性だけでは転職は難しい傾向にあるので、経験やスキルを生かせるハイクラス求人を探すと良いでしょう。

スカウト型とエージェント型の違いを教えてください

スカウト型とエージェント型の違いは下記の通りです。

  • スカウト型:登録しておくと企業からスカウトがくる
  • エージェント型:専任の転職エージェントからサポートや紹介を受けられる

それぞれの特徴を踏まえて、併用して効率的に転職活動を進めていくと良いでしょう。

記事のまとめ

全体として求人数の少ない傾向にある40代のハイクラス転職では、転職エージェントを活用すると効率的に転職活動を進められます。

スカウト型とエージェント型の両方のサービスを併用すれば、ハイクラス向けの求人を見比べられるからです。

40代だからこそ叶えられるハイクラス転職もたくさんあるので、前向きに転職活動を進めていってください。

※ページ内の求人数は職種別に集計しています。

おすすめ関連記事

時間アイコン 24.07.04

工場・製造業におすすめの転職サイト・エージェント18選を特徴別に解説

工場・製造業転職サイトのアイキャッチ画像

時間アイコン 23.12.27

リクルートエージェントの退会方法は?退会後もメールが来る理由とその解除手順

リクルートエージェントのキャプチャー画像

時間アイコン 24.01.15

企業・会社の口コミサイトおすすめ5選!信憑性と転職で活用するメリット

口コミのイメージ画像

時間アイコン 24.06.07

転職エージェントは複数登録して併用するのがおすすめ!注意点と選び方

転職エージェント複数

時間アイコン 24.07.09

未経験におすすめな転職エージェント・転職サイトを解説!年齢や業種別にも紹介

未経験におすすめの転職エージェント

目次

TOP