20代男性におすすめの転職サイト・転職エージェント比較ランキング10選

20代男性におすすめの転職サイト・転職エージェントのアイキャッチ画像

20代男性におすすめの転職サイト

  • リクルートエージェント
    キャリアチェンジも視野に入れたい20代男性におすすめ
    転職支援実績No.1*
  • doda
    リクルートエージェントとの比較におすすめ
    自分で求人を探して応募することもできる
  • ビズリーチ
    これまでの自分を正当に評価されたい20代男性におすすめ
    自分の経験に興味をもった意外な企業からスカウトがくるかも
*厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヶ月以上の有期雇用の
合計人数(2021年度実績を自社集計)2022年6月時点
  • 「20代男性だけどやりたいことがないし自分の強みもわからない」
  • 「今の仕事以外にどんな仕事があるかもわからない」
  • どの転職サイトが20代男性の自分に合っているんだろう?

20代男性には求人数が多いリクルートエージェントをはじめ、dodaマイナビエージェント、登録するだけでスカウトが受け取れるビズリーチといった転職サイト・転職エージェントを併用することをおすすめします。

20代男性におすすめの転職サイト・転職エージェント3社比較表
サービス名 タイプ 求人数*
リクルート
エージェントリクルートエージェント
転職
エージェント
公開求人366,021件
+非公開求人230,654件
  • キャリアチェンジも視野に入れたい20代男性におすすめ
  • 転職支援実績No.1**
dodadodaのロゴ画像 転職
サイト・エージェント
公開求人229,901件
+非公開求人37,371件
  • リクルートエージェントとの比較におすすめ
  • 自分で求人を探して応募することもできる
ビズリーチbizreachビズリーチのロゴ 転職
エージェント
公開求人109,758件
+非公開求人
  • これまでの自分を正当に評価されたい20代男性におすすめ
  • 自分の経験に興味をもった意外な企業からスカウトがくるかも
*2024年6月時点の求人数
**厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヶ月以上の有期雇用の
合計人数(2021年度実績を自社集計)2022年6月時点

若くポテンシャルが期待される20代男性は転職しやすいからこそ、転職後に再び後悔しないようにするために、複数の転職サイト・転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談して、多くの選択肢の中から下記の3つのポイントに全て当てはまる求人を探す必要があります。

  • やりたいこと
  • 得意なこと
  • 求められていること
岩岡武志の自画像
岩岡 武志
転職hub編集部/元キャリアアドバイザー

この記事では、20代男性におすすめの転職サイト・転職エージェントをランキング形式で紹介しつつ、元キャリアアドバイザーの私が担当者の見極め方などもあわせて解説します。

自分の適性に合った理想のキャリアを築いていけるよう、この記事を参考に転職活動を進めてください。

※当コンテンツは株式会社カケハシ スカイソリューションズによって管理しています。ご利用にあたっては、利用規約をご一読くださいますようお願いいたします。
※当サイトは口コミの一部を掲載しています。
転職ハブ編集部
岩岡 武志

転職ハブ編集部/元キャリアアドバイザー

岩岡 武志

教育業界から株式会社リクルートキャリア(現リクルート)へ転職し、約5年半にわたりキャリアアドバイザーとして勤務。業界や職種を問わず1,000人以上の求職者を支援した。

30歳を節目に、より多くの人生に貢献したいとの思いからWebマーケティングにキャリアチェンジし、転職に関するメディア運営を行う。

ユーザーや有識者へのインタビューに基づく情報発信をモットーとしている。

もっと見る 閉じる

目次

続きを見る
閉じる

20代男性におすすめの転職サイト・転職エージェントの選び方

20代男性におすすめの転職サイト・転職エージェントの選び方のインフォグラフィック画像

この章では、20代男性におすすめの転職サイト・転職エージェントの選び方を3つ解説します。

希望業界や職種が定まっていない20代男性は、総合型転職サイト・転職エージェントの中でも求人数が多いリクルートエージェントdodaに登録して職務経歴書の添削をしてもらってから、スカウト型大手のビズリーチを併用すると効率よく転職活動を進められます

希望する業界や職種が明確であれば、IT特化型などの特定業界に特化した転職サイト・転職エージェントから選んでも問題ありません。

総合型から2社選ぶ

20代男性の場合、次の理由からまずは総合型の転職サイト・転職エージェントの2社に登録するのがおすすめです。

  • さまざまな業界や職種の自分では想像していなかった求人を紹介してもらえる可能性がある
  • 担当キャリアアドバイザーに職務経歴書の添削をしてもらえて転職活動をスムーズに進められる
  • 2社登録することで担当アドバイザーの良し悪しを見比べられる

どの転職サイト・転職エージェントにしたらよいか悩んだら、求人数が多くよりキャリアの選択肢を広げられるリクルートエージェントdodaの2社を選ぶとよいでしょう。

職務経歴書が整ってからビズリーチなどのスカウト型転職サイト・転職エージェントに登録すれば、効率的に質の良いスカウトを受け取れます。

スカウト型から1社選ぶ

総合型転職サイト・転職エージェントで職務経歴書を添削してもらったら、企業などからスカウトが受け取れるスカウト型1社を選んで登録しましょう。

添削済みの職務経歴書を用いれば、強みを効率的にアピールできるので、より多くの好条件のスカウトを受け取れる可能性が高まるからです。

自身の市場価値を確認することにもつながるため、特にこだわりがなければ大手のビズリーチに登録することをおすすめします。

特化型から選んでもOK

希望業界や職種が明確な20代男性であれば、以下の理由から業界や職種に特化した特化型転職サイト・転職エージェントを選んでもよいでしょう。

  • 特定の業界や職種の知識・転職支援が豊富な担当キャリアアドバイザーからサポートを受けられる
  • コアな職種も探しやすい場合がある

ただし、特化型転職サイト・転職エージェントの場合、もし他業界に適性があったとしても求人紹介を受けられない可能性があるので、選択肢を狭めないように総合型とも併用してください。

20代男性におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング【総合型5選】

当編集部では、20代男性におすすめの総合型転職サイト・転職エージェント5社を比較し、求人数でランキングを作成しました。

20代男性におすすめの転職サイト・転職エージェント比較ランキング【総合型】
順位 サービス名 公開求人数* おすすめな人の特徴
1位 リクルートエージェント 366,021件 キャリアチェンジも視野に入れたい人
2位 doda 229,901件 自分で求人を探して応募したい人
3位 type転職エージェント 9,959件 IT業界で年収アップしたい人
4位 マイナビジョブ20’s 5,826件 大手企業を希望する地方出身の人
5位 マイナビエージェント 非公開 転職するかどうか悩んでいる人
*2024年6月時点の求人数

総合型の転職サイト・転職エージェントはいろいろな業界や職種の求人を幅広く取りそろえているため、特に「やりたいことがわからない」といった20代男性はランキング1位のリクルートエージェントと、2位のdodaの2社に登録しましょう。

担当キャリアアドバイザーの質や自分との相性を見比べつつ、職務経歴書を添削してもらい、スカウト型転職サイト・転職エージェントに職務経歴書を活用するのがおすすめです。

リクルートエージェントはキャリアチェンジも視野に入れたい人向け

リクルートエージェント

公開求人数 366,021件
非公開求人数 230,654件
タイプ 総合型転職エージェント

*2024年6月時点

リクルートエージェントの特徴

  1. 転職成功実績No.1*
  2. 業界最大級の公開・非公開求人数で業界・職種問わず選択肢が広がる
  3. 20~50代と年代問わずサポート

*厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヶ月以上の有期雇用の合計人数(2021年度実績を自社集計)2022年6月時点

リクルートエージェントは、最大級の公開・非公開求人数を誇るため、幅広い業界・職種から選びたい20代男性におすすめの転職エージェントです。

同じ株式会社リクルートが運営する転職サイトリクナビNEXTとは使い方が違い、担当者に無料相談できるシステムなので安心感を抱けます。

登録後担当者と面談日時を設定したら、事前に職務経歴書を提出しておくと、応募から面接、内定までの流れがスムーズです。

また、企業の公式サイトや口コミ・評判を確認し、情報収集も並行して利用しましょう。

リクルートエージェントの基本情報
運営会社株式会社リクルート
本社〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
拠点札幌(北海道)・仙台(宮城県)・盛岡(岩手県)・郡山(福島県)・東京・立川(東京都)・さいたま(埼玉県)・千葉・横浜(神奈川県)・宇都宮(栃木県)・金沢(石川県)・新潟・長野・松本(長野県)・富山・静岡・浜松(静岡県)・名古屋(愛知県)・京都・大阪・神戸(兵庫県)・岡山・広島・高松(香川県)・松山(愛媛県)・北九州(福岡県)・福岡・熊本・鹿児島
対応エリア全国47都道府県、海外
許可番号 13-ユ-010258
料金無料

*2024年6月時点

dodaは自分でも求人を探して応募したい人におすすめ

doda

公開求人数 229,901件
非公開求人数 37,371件
タイプ 総合型転職エージェント

*2024年6月時点

dodaの特徴

  1. 全年代・豊富な業種を網羅した20万件以上の求人
  2. 「履歴書の書き方セミナー」など転職活動に関するオンライン講義あり
  3. 働き方や待遇など細かい条件で求人検索が可能

2位のdodaは自分で求人に応募可能なだけでなく、担当者から公開・非公開求人を提案してもらえる、転職サイトとエージェント両方の機能をもつ、20代若手でも比較検討しやすい無料の転職エージェントです。

登録すると経験・スキルを見た企業からプレミアムオファーが届くこともあります。

大手人気企業ランキングなどの評判・口コミを公式サイトで確認できるうえ、転職イベント・オンラインセミナーも幅広く開催されているため、未経験職種やキャリアアップを目指す20代男性におすすめです。

dodaの基本情報
運営会社パーソルキャリア株式会社
本社〒100-6328 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
拠点札幌(北海道)・仙台(宮城県)・丸の内(東京都)・大手町(東京都)・南青山(東京都)・紀尾井町(東京都)・浅草橋(東京都)・西新宿(東京都)・横浜(神奈川県)・静岡・名古屋(愛知県)・大阪・京都・神戸(兵庫県)・岡山・広島・福岡・鹿児島
対応エリア全国47都道府県、海外
許可番号 13-ユ-304785
料金無料

*2024年6月時点

type転職エージェントはIT業界で年収アップしたい人におすすめ

type転職エージェント

公開求人数 9,959件
非公開求人数 17,862件
タイプ 総合型転職エージェント

*2024年6月時点

type転職エージェントの特徴

  1. IT・営業・ハイクラスの転職に強い
  2. 非公開求人が全体の6割超え*
  3. 一都三県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)の求人情報が中心

*2024年2月6日時点、公式サイトより

type転職エージェントは利用者年収アップ率79%*を誇り、大手からベンチャー企業のさまざまなポジションの公開・非公開求人案件を紹介してもらえる転職エージェントです。

IT業界に強く、特別なセミナーにも参加可能なため、IT業界希望の20代男性におすすめできます。

オファーを確認して自分で活動する転職サイトtypeと違い、登録すると企業の人事とリレーションを築いている担当者に無料で選考通過のための書類添削と面接対策、年収交渉をしてもらえて便利です。

公式サイト掲載の利用者の口コミ・評判にも目を通してみてください。

*type転職エージェント調べ 年収アップ希望者の年収アップ率(計測期間:2021年10月1日〜2022年9月30日)
type転職エージェントの基本情報
運営会社株式会社キャリアデザインセンター
本社〒107-0052 東京都港区赤坂3-21-20 赤坂ロングビーチビル
拠点東京
対応エリア全国、海外
許可番号 13-ユ-040429
料金無料

*2024年6月時点

マイナビジョブ20’sは大手企業を希望する地方出身の人におすすめ

マイナビジョブ20’s

公開求人数 5,826件
非公開求人数 非公開
タイプ 20代・第二新卒・既卒向け転職エージェント

*2024年6月時点

マイナビジョブ20’sの特徴

  1. 「未経験OK求人」が75%以上*
  2. 大手マイナビグループのコネクションで良質な求人がそろう
  3. 自分の強みを発見できる適性診断あり

*公式サイトより、2024年2月時点

4位のマイナビジョブ20’sは、他社転職サイトとは違い、全公開・非公開求人が20代対象*で、営業所に行かずに無料で求人紹介・書類選考対策・面接対策を受けられる転職エージェントです。

経験などを登録するだけで企業の人事担当者から直接スカウトも受け取れるため、早いタイミングで登録することをおすすめします。

全国各地に拠点があり、従業員人数別に求人を探せるので、大手企業で年収アップしたい地方出身の20代男性におすすめです。

企業の口コミや評判、印象なども随時口コミサイトなどで確認・比較すると効率よく利用できるでしょう。

*マイナビジョブ20’s公式サイトトップページ参照
マイナビジョブ20’sの基本情報
運営会社株式会社マイナビワークス
本社〒163-1527 東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー27F
拠点札幌(北海道)・東京・横浜(神奈川県)・大阪・神戸(兵庫県)・京都・名古屋(愛知県)・福岡
対応エリア全国
許可番号 13-ユ-308164
料金無料

*2024年6月時点

マイナビエージェントは転職するかどうか悩んでいる人におすすめ

マイナビエージェント

公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
タイプ 総合型転職エージェント

*2024年6月時点

マイナビエージェントの特徴

  1. 顧客満足度No.1*
  2. フォローが手厚く未経験でも安心して転職活動ができる
  3. キャリア相談や履歴書添削などていねいにサポート

*2024年転職エージェント顧客満足度ランキング

マイナビエージェントは無料相談することで、経歴や希望に合う求人を紹介してもらえる転職エージェントです。

同じ株式会社マイナビが運営する転職サイトマイナビ転職とは違い、プロの担当者に履歴書・職務経歴書に書くべき経験をアドバイスしてもらえるため、特に書類選考通過できるか不安な20代男性におすすめといえます。

登録後の利用年数に制限がなく、公式サイトで利用者の評判・口コミも確認できるので、転職するか未定の状態で、公開・非公開求人を比較したい20代にもおすすめです。

マイナビエージェントの基本情報
運営会社株式会社マイナビ
本社〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1
拠点東京・神奈川・北海道(札幌)・宮城(仙台)・名古屋・京都・大阪・兵庫(神戸)・福岡
対応エリア全国47都道府県、海外
許可番号 13-ユ-080554
料金無料

*2024年6月時点

20代男性におすすめの転職サイト・転職エージェント【スカウト型2選】

ここでは、20代男性におすすめのスカウト型転職サイト・転職エージェントを2社厳選して紹介します。

20代男性の転職におすすめのスカウト型転職サイト・転職エージェント2選
サービス名 公開求人数* おすすめな人の特徴
ビズリーチ 109,758件 これまでの自分を正当に評価されたい人
AMBI 174,772件 自分の経験をPRできる自信がない人
*2024年6月時点の求人数

スカウト型転職サイト・転職エージェントに登録する前に、総合型の担当キャリアアドバイザーに職務経歴書を添削してもらうとより多くのスカウトを受け取れる可能性が高まります。

優秀なヘッドハンターからも未経験業界や職種の求人を紹介してもらえるかもしれないので、経験やスキルに自信がなくてもまずは大手のビズリーチに登録してみてください。

ビズリーチはこれまでの自分を正当に評価されたい人向けの転職サイト

ビズリーチ

公開求人数 109,758件
非公開求人数 非公開
タイプ ハイクラス特化型転職サイト

*2024年6月時点

ビズリーチの特徴

  1. 6,600名以上のヘッドハンターが登録(2023年7月時点)
  2. 一部のサービスが有料だが最大60日間無料体験できる
  3. 年収1,000万円以上の求人が全体の3分の1以上(2021年1月時点)

ビズリーチは幅広い業界の大手企業をはじめ、外資系企業やベンチャー企業、第二新卒歓迎、未経験歓迎の公開・非公開求人のスカウトを受け取れるため、経験やスキルに自信がない20代男性におすすめの転職サイトです。

dodaなどの総合型転職エージェントを併用し、担当者に職務経歴書を添削してもらってから登録すると質の高いスカウトの量が増え満足度もUPします。

無料プランの機能に不満を感じる場合には、口コミや評判、公式サイトの情報を確認したうえで、機能が増える有料のプレミアムプランを活用してみてもよいでしょう。

ビズリーチの基本情報
運営会社株式会社ビズリーチ
本社〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1
拠点東京・大阪・名古屋(愛知県)・福岡・静岡・広島
対応エリア全国47都道府県、海外
許可番号 13-ユ-302647
料金無料(一部有料)

※2024年6月時点

AMBIは自分の経験をPRできる自信がない人におすすめの転職サイト

AMBI(アンビ)

AMBIのキャプチャ画像
公開求人数 174,772件
非公開求人数 非公開
タイプ 若手のハイクラス人材特化型転職サイト

*2024年6月時点

AMBI(アンビ)の特徴

  1. 若手ハイキャリアのためのスカウト転職サービス
  2. 年収500万円以上の厳選求人多数
  3. 求人に「★興味あり」を押すと3段階の「合格可能性」が届く

AMBIは、無料登録すると経歴をもとに若手ハイキャリア向けのスカウト・オファーを受け取れる転職サイトです。

希望条件に合う仕事に「⭐︎興味あり」すると3段階の合格可能性が届くため、オンライン上で効率よく求人を比較検討できます。

未経験でも応募可能な上場企業の求人も充実しているので、自分の経験をPRできる自信がないと感じる20代男性におすすめです。

運営元はグループ会社エングループのなかのエン・ジャパン株式会社で、公式サイトで転職Q&Aによるサポートや利用者の評判・口コミも確認可能なため、安心して利用できるでしょう。

AMBI(アンビ)の基本情報
運営会社エン・ジャパン株式会社
本社〒163-1335 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー35F
拠点-
対応エリア全国、海外
許可番号 13-ユ-080296
料金無料

*2024年6月時点

20代男性におすすめの転職サイト・転職エージェント【高卒・フリーター特化型3選】

ここからは、20代男性におすすめの高卒・フリーター特化型の転職サイト・転職エージェントを3社紹介します。

20代男性の転職におすすめの高卒・フリーター特化型転職サイト・転職エージェント3選
サービス名 公開求人数* おすすめな人の特徴
ハタラクティブ 4,121件 人気職種や大手企業を目指す人
JAIC 非公開 長く勤められる企業に転職したい人
UZUZ(ウズキャリ) 非公開 未経験業種を希望する人
*2024年6月時点の求人数

特に、フリーターの20代男性の場合、20代若手向けかつ未経験OKの求人でなければ採用されにくい傾向にあるため、プロのキャリアアドバイザーに無料でサポートしてもらえて便利な特化型の転職サイト・転職エージェントに登録し、職種を選り好みせず、キャリアアップを狙うのがおすすめです。

高卒の20代男性は地方や地元の企業も視野に入れた状態で、募集企業や競合他社の公式サイトに掲載されている情報や、口コミの評判を確認し、経験を生かせそうな高卒歓迎の公開求人に応募できる特化型を利用するとよいでしょう。

ハタラクティブは人気職種や大手企業を目指す人向けの転職エージェント

ハタラクティブ

公開求人数 4,121件
非公開求人数 非公開
タイプ フリーター・既卒・第二新卒向け転職エージェント

*2024年6月時点

ハタラクティブの特徴

  1. 第二新卒・20代のフリーター・ニート・既卒・大学中退された方を専門にサポート
  2. 8割以上*の企業が未経験OK
  3. LINEやメールで気軽に相談できる
*ハタラクティブ公式サイトトップページ参照

ハタラクティブは未経験OK公開・非公開求人が8割以上*を誇る、人気職種や大手企業を目指す20代向け転職エージェントです。

無料登録後の面談時に作成済みの履歴書・職務経歴書を添削してもらい、オファーで自分の市場価値を知れるスカウト型転職サイトとともに利用し最大限に活用してください。

若手を育てたいとの理由から経歴以外を評価する企業が多く、口コミ・評判から社内の雰囲気も確認可能なため、転職回数が多い20代男性におすすめできます。

LINEなどのツールで連絡でき、閲覧履歴機能もあるので大変便利です。

*ハタラクティブ公式サイトトップページ参照
ハタラクティブの基本情報
運営会社レバレジーズ株式会社
本社〒150-6190 東京都渋谷区渋谷二丁目24番12号 渋谷スクランブルスクエア24F・25F
拠点渋谷(東京都)・池袋(東京都)・秋葉原(東京都)・千葉・さいたま(埼玉県)・横浜(神奈川県)・名古屋(愛知県)・大阪梅田(大阪府)・福岡
対応エリア関東圏・大阪・名古屋・福岡
許可番号 13-ユ-302698
料金無料

*2024年6月時点

JAICは長く勤められる企業に転職したい人向けの転職エージェント

JAIC

公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
タイプ フリーター・未経験・既卒・高卒特化型転職エージェント

*2024年6月時点

JAICの特徴

  1. フリーター・未経験・既卒・大学中退からの正社員転職に強い
  2. 書類選考なしで最大20社と面接可能
  3. 公開研修回セミナーでビジネスマナーから学べる

JAICはフリーター・既卒・大学中退者・未経験者に書類選考なしで応募できる優良企業を紹介してくれる転職エージェントです。

転職後の3か月定着率は91.5%*を誇るので、転職先とのミスマッチを避けて長く勤められる企業に転職したい20代男性におすすめできます。

また、JAICは面接対策だけでなく、ビジネスマナーまで無料就活講座でサポートしてくれることなどから、フリーター・未経験・既卒からの転職成功率81.1%**となっているのもポイントです。

*2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率(JAIC調べ)
**2005年5月1日~2022年4月30日の株式会社ジェイック主催の面接会参加人数
JAICの基本情報
運営会社株式会社ジェイック
本社〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-101 神保町101ビル6F
拠点東京・仙台(宮城県)・大阪・名古屋(愛知県)・福岡・熊本・上海(中国)
対応エリア全国
許可番号 13-ユ-010450
料金無料

*2024年6月時点

UZUZ(ウズキャリ)は未経験業種を希望する人におすすめ

ウズキャリ(UZUZ)

公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
タイプ 第二新卒・既卒・フリーター向け転職エージェント

*2024年6月時点

ウズキャリ(UZUZ)の特徴

  1. 納得感を大事にした「オーダーメイド型」の転職サポートが魅力
  2. 就業に悩んだ経験があるコンサルタントが同じ視点からアドバイスをくれる
  3. 入社半年後の定着率が業界トップクラス

UZUZ(ウズキャリ)は、キャリアアドバイザーの全員が元既卒・元第二新卒*なため、正社員経験のないフリーター20代男性におすすめの特化型転職エージェントです。

大手やベンチャー企業などの求人を多数保有しており、新卒入社でうまくいかなかった、未経験業種を希望する20代前半の男性にもおすすめできます。

利用者の口コミ・評判も確認可能なうえ、他社転職サイトのように求人検索できない代わりに無料登録するとLINEメインで相談でき、面倒な対応は全て担当者がしてくれるので便利です。

*UZUZ(ウズキャリ)公式サイト「PEOPLE」参照
ウズキャリ(UZUZ)の基本情報
運営会社株式会社UZUZ
本社〒160-0023 東京都新宿区西新宿3丁目11-20 オフィススクエアビル新宿3階
拠点東京・大阪・旭川(北海道)
対応エリア全国
許可番号 13-ユ-305514
料金無料 ※ウズウズカレッジは有料(カウンセリングは無料)

*2024年6月時点

20代男性におすすめの転職サイト・転職エージェント【IT特化型】

この章では、20代男性におすすめのIT特化型の転職サイト・転職エージェントを3社紹介します。

20代男性の転職におすすめのIT特化型転職サイト・転職エージェント3選
サービス名 公開求人数* おすすめな人の特徴
レバテックキャリア 24,779件 IT業界に挑戦したい未経験者
Geekly 19,620件 ゲーム業界に挑戦したい未経験者
ワークポート 87,128件 IT・Web業界の地方企業を希望する人
*2024年6月時点の求人数

今後も成長が期待されるIT業界を目指す20代男性は、IT業界のトレンドやニーズをよく知る専門のキャリアアドバイザーにサポートしてもらえるIT特化型の転職サイト・転職エージェントに登録するとよいでしょう。

IT業界が未経験だったとしても、20代なら将来性を見込まれ転職できるチャンスは大いにあるので、悩んだらレバテックキャリアに登録し相談してみてください。

なお、20代ITエンジニアの男性におすすめの転職サイトは以下の記事で詳しく紹介しています。

レバテックキャリアはIT業界に挑戦したい未経験者におすすめ

レバテックキャリア

公開求人数 24,779件
非公開求人数 非公開
タイプ IT業界特化型転職エージェント

*2024年6月時点

レバテックキャリアの特徴

  1. 15年以上の運営実績。求人票にないリアルな情報提供に定評あり
  2. 面接対策に強み。希望企業への 転職成功率96%*
  3. 平日21時まで、土曜日も対応(オンライン可)
*レバテックキャリア調べ(2020年8月〜2021年9月の実績)

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイター専門の転職エージェントです。

IT専門のキャリアアドバイザーが在籍しており、企業のエンジニアやプロジェクトマネージャーなどにもヒアリングを実施し、リアルな社内の雰囲気や残業の頻度・時間などの内情を教えてくれるので、入社後にミスマッチが起こりにくい傾向にあります。

また、レバテックキャリアは未経験OKや20代活躍中の求人も豊富に保有しているため、未経験でIT業界に挑戦したい20代男性におすすめです。

レバテックキャリアの基本情報
運営会社レバテック株式会社
本社〒150-6190 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア 24F・25F
拠点東京・名古屋(愛知県)・大阪・福岡
対応エリア全国
許可番号 13-ユ-308734
料金無料

*2024年6月時点

Geeklyはゲーム業界に挑戦したい未経験者向けの転職エージェント

Geekly

公開求人数 19,620件
非公開求人数 非公開
タイプ IT・Web・ゲーム業界特化型転職エージェント

*2024年6月時点

Geeklyの特徴

  1. 希望のIT職種への転職成功割合95%*
  2. 履歴書&職務経歴書を代行作成してくれる専門チームあり
  3. 75,000件以上のデータ・ノウハウをもとに面接対策をしてもらえる

*公式サイトより

Geekly(ギークリー)はIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

なかでも、ゲーム関連職種求人の取り扱いが豊富なうえ、未経験あるいは1年未満の経験しかない人の転職支援実績も多数あるため、未経験でゲーム業界にチャレンジしたい20代男性におすすめできます。

IT・Web・ゲーム業界を目指す人は、Geeklyでプロのキャリアアドバイザーに応募書類を添削してもらってから、スカウト型転職サイトなどと複数併用すると、より効率よく転職活動できるでしょう。

Geeklyの基本情報
運営会社株式会社Geekly
本社〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-11-8 渋谷パークプラザ 4F
拠点東京・大阪
対応エリア関東・関西
許可番号 13-ユ-305272
料金無料

*2024年6月時点

ワークポートはIT・Web業界の地方企業を希望する人におすすめ

ワークポート

公開求人数 87,128件
非公開求人数 非公開
タイプ IT・ゲーム・クリエイター特化型転職エージェント

*2024年6月時点

ワークポートの特徴

  1. IT系やエンジニアを中心に幅広い業界・職種の求人情報を探せる
  2. 専用アプリ『eコンシェル』にて過去の面接内容などを閲覧可能
  3. 当編集部メンバーも未経験でWebマーケへの転職に成功

ワークポートは、決定人数部門1位などの4部門で上位入賞*している転職エージェントです。

2016年までIT・Web業界に特化していたことから、IT・Web業界希望の20代男性におすすめできます。

初回面談は他社と比較して圧倒的な多さの国内43拠点**で対面形式で行えるため、地方でジョブチェンジしたい人にもおすすめです。

利用者のレビューも確認しつつ、CUBIC適性検査で自分に適した職種やキャリアタイプを診断してみてください。

*リクルートダイレクトスカウト ヘッドハンターランキング2022
「決定人数部門1位、職種別決定人数部門の管理系1位、IT・WEB1位、経営ボード2位の計4部門を受賞」

**ワークポート公式サイトトップページ参照
ワークポートの基本情報
運営会社株式会社ワークポート
本社〒141-0032 東京都品川区大崎1-2-2 アートヴィレッジ大崎セントラルタワー9F・6F
拠点札幌(北海道)・青森・盛岡(岩手県)・仙台(宮城県)・郡山(福島県)・池袋/汐留(東京都)・水戸(茨城県)・宇都宮(栃木県)・高崎(群馬県)・さいたま(埼玉県)・千葉・横浜(神奈川県)・新潟・富山・金沢(石川県)・甲府(山梨県)・長野・岐阜・静岡・名古屋(愛知県)・四日市(三重県)・大津(滋賀県)・京都・梅田/難波(大阪府)・神戸/姫路(兵庫県)・奈良・和歌山・岡山・広島・高松(香川県)・松山(愛媛県)・高知・福岡/北九州(福岡県)・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・那覇(沖縄県)
対応エリア全国・海外
許可番号 13-ユ-040590
料金無料

*2024年6月時点

20代男性が転職サイトの他にチェックすべき口コミサイト

当編集部では、20代男性が転職サイトの他に情報を収集するためにチェックすべき口コミサイトとして、下記5社をピックアップしました。

今の仕事や職場の雰囲気が合わないなどして転職したいと考える20代男性は、企業の公式サイトや転職サイト・転職エージェントの担当キャリアアドバイザーから得られる情報だけで転職先を決めると、転職後に「また想像と違う」と後悔してしまうことも少なくありません。

この章で紹介する口コミサイトでは、実際に企業で働いた経験がある20代の率直な口コミを参考にできるので、転職サイト・転職エージェントと併用しながら情報収集して、転職後のミスマッチを防ぐことをおすすめします。

ミイダスは市場価値の把握や自己分析に使える

ミイダスのキャプチャー画像

ミイダスは、ミイダス株式会社が運営する転職アプリです。

経験やスキルやなどの質問に答えていくと想定年収がわかるため、自分の市場価値を客観的に把握するのに役立ちます

すぐに転職を考えていなくても、自己分析の参考に見てみるのもいいでしょう。

企業からオファーがくる機能もあり、書類選考なしで面接に進めます。転職活動に時間を取れない方にもおすすめです。

転職会議なら転職先のリアルな口コミがわかり求人検索もできる

転職会議

転職会議は、株式会社リブセンスが運営する転職総合サイトです。

企業の口コミを見られるだけでなく求人検索もできるので、転職活動に役立つでしょう。

社員や元社員による、仕事のやりがいや成長性、退職理由などの口コミが掲載されているので、よりリアルな会社の実情や雰囲気がわかります。

給与や有給消化率、残業時間などの口コミもわかるので、労働環境に不安がある方の参考にもなります。

OpenWorkは企業風土などのリアルな情報を得られる

OpenWorkの案件キャプチャー

OpenWorkは、オープンワーク株式会社が運営する転職・就職のための口コミサイトです。

実際に働いた経験を持つ社員や元社員が口コミを投稿しているので、企業風土や人間関係などリアルな情報を得ることができます。働きやすい会社かどうかを判断する助けになるでしょう。

求人検索ができるだけでなく、Web履歴書を登録しておくと企業からのスカウトを受けることも可能です。

ライトハウスは企業の状態を把握するのに役立つ

ライトハウスのキャプチャー画像

ライトハウスは、エン・ジャパン株式会社が運営する企業口コミサイトです。

投稿者は個人情報の入力、SMS認証による本人確認が義務付けられています。運営による目視確認も行っているので、口コミの内容は信憑性が高いといえるでしょう。

投稿者からの回答をもとに「会社の成長性や将来性」「事業の優位性や独自性」「経営陣の手腕」など、さまざまな分野がスコア化されているので、企業の状態を把握するのにも役立ちます。

JobQは匿名で質問や相談ができる

JobQのキャプチャー画像

JobQは、株式会社ライボが運営するキャリアや転職に特化した匿名相談サービスです。

名前を公表せずに匿名で質問や相談することができます。

相談に乗ってくれるのは社員や元社員なので、その会社で働いた経験を持つ人だからこそ言える本音の回答を期待できるでしょう。

公式サイトによると口コミ数は約7万件あり、企業名で検索して知りたい情報を見つけることも可能です。

20代男性ならではの転職サイト・転職エージェントの担当者の見極め方

ここからは、20代男性ならではの転職サイト・転職エージェントの担当者の見極め方を解説します。

ポイントを押さえてよい担当者を見極められれば、客観的に自分に合う求人を紹介してもらえるだけでなく、選考の通過率が高まるかもしれません。

よい担当者の場合、求人を紹介してくれた背景などの説明や求人の選び方もアドバイスしてくれる傾向にあるため、20代でもより納得できる転職が実現するはずです。

職務経歴書の添削をしてもらえるか

転職サイト・転職エージェントの担当者に職務経歴書の添削をしてもらえるかは、20代男性ならではの担当者の見極め方の1つといえます。

職務経歴書を提出したときに「こちらで問題ないと思います!」といって添削してもらえないパターンの場合、担当者が「面談後7日以内に応募させる」というノルマを優先させている可能性が高いからです。

もちろん狙い目の求人の募集が終了してしまわないように急ぐ必要もあるとはいえ、職務経歴書は自分を効率的に売り込むための大事な広告・プレゼン資料の役割を果たすものなので、もし担当者に添削やアドバイスをしてもらえなかったら後述の対策をとることをおすすめします。

  • 担当者の変更を希望する
  • 他の転職サイト・転職エージェントを利用して転職活動する
岩岡武志の自画像
岩岡 武志
転職hub編集部/元キャリアアドバイザー

私はキャリアアドバイザーとして約1000人と面談しましたが、職務経歴書が完璧な人には1人も会ったことがありません
工夫できる箇所が必ずあるはずです。

自己PRの言語化を手伝ってもらえるか

自己PRの言語化を手伝ってもらえるかどうかも、20代男性ならではの転職サイト・転職エージェントの担当者の見極め方です。

20代はポテンシャルの高さから未経験業種でも採用されることがあるものの、自己PRを上手に言語化できなければ、採用担当者に魅力が伝わらず書類や面接選考で通らない可能性があるためです。

担当者に初回面談で職務経歴書を添削してもらう際に自己PRの言語化を手伝ってもらい、スカウト型の転職サイトで自分で選考を進めていくときにも選考を有利に進められるようにしてください。

未経験の業種へのキャリアチェンジを応援してもらえるか

担当者に未経験の業種へのキャリアチェンジを応援してもらえるかも、20代男性が担当者を見極める方法といえます。

キャリアチェンジの難易度は高いものの、20代であれば未経験でもポテンシャルを期待されて経験必須と書かれた求人にも書類通過することが多々あるからです。

頭ごなしに否定してくることなく、一緒にさまざまなキャリアの可能性を模索してくれる担当者であることがポイントでしょう。

岩岡武志の自画像
岩岡 武志
転職hub編集部/元キャリアアドバイザー

とはいえ、経験必須の求人に未経験者を推薦するにはそれ相応の理由が必要です。
あなた自身も本気で志望していることを企業に伝える必要がありますね。

未経験転職に挑戦したい20代男性にぴったりな職種4選

未経験転職に挑戦したい20代男性にぴったりな職種4選のインフォグラフィック画像

この章では、未経験転職に挑戦したい20代男性にぴったりな職種を4つ紹介します。

今回は、タクシードライバーや介護士などのBtoC人材は除外し、人材不足により需要が大きい傾向にあるIT業界に限定して、スキルなし未経験の20代男性でも挑戦しやすい職種を選定しました。

20代は他の年代と比較すると特別なスキルがなくても未経験業種にチャレンジしやすいですが、自己PRの質が選考にダイレクトに響くため、IT特化型の転職サイト・転職エージェントの担当キャリアアドバイザーにフォローしてもらいながら準備するのが転職を成功に導く鍵といえます。

IT業界の営業職

チームMTGする男女

IT業界の営業職は、顧客の希望に合わせたシステム開発などの無形商材を取り扱うことが多く、1案件の金額の大きさから、ステークホルダー(決済者)と随時相談しながら決めていくので、大きな責任をいきなり負いたくない20代男性に適しています

もちろん専門用語についての勉強は必要ですが、プログラミングなどの専門知識や特別なスキルがなくても、顧客と信頼関係を築きながら、ニーズを反映して最適なソリューションを企画・提案・交渉できる能力があれば問題ありません。

顧客から契約をもらう際の事務周りの作業が中心という感覚ながら、成績次第ではインセンティブによる収入アップも狙えるうえ、次のようなケースが多いため、未経験でもモチベーションを維持しながら成果を出しやすい傾向にあります。

  • 数年かけてつくり上げていくシステムが大半となり、途中解約は稀で契約を継続してもらいやすい
  • 他業界の営業と比較して既存の顧客から新規案件を相談してもらいやすい

IT業界の営業職を経験すれば、その後のキャリアパスの選択肢も広がるので、未経験者に人気の高い職種です。

ITコンサルタント職

商談するコンサル

ITコンサルタント職はクライアントの市場・商品・サービスなどの特徴を理解し、経営課題を客観的な視点でとらえてIT戦略で解決を図る役割なため、ITについての知識をもつあるいは営業・企画・マーケティングなどの経験がある20代男性に適している職種です。

クライアント企業の業界は多種多様なので、自分の知らないことに興味をもって積極的に勉強できる向上心をもつ人なら未経験20代でもチャレンジしやすく、人気が高い傾向にあります。

経営層などと直接かかわるうえ一般的には取り扱う金額も高額なため、仕事にやりがいも感じるでしょう。

ITコンサルタントの経験を積みスキルアップしてから他の分野のコンサルティングファームへの転職を目指すと、年収アップが見込めるのも魅力といえます。

Webマーケティング職

Webマーケティングのイメージ

Webマーケティング職はWebサイト上などで消費者に商品やサービスの良さを伝え、購入をうながす仕組みをつくる仕事となっていることから、最新ツールやトレンドに敏感で、コツコツとデータ分析するのが得意な20代男性に適しています

ユーザーに効果的なアプローチを行うために、さまざまなデジタルツールやオンライン広告運用の知識、SEO(検索エンジン最適化)などについての知識を積極的に身につけられる向上心があれば、未経験20代でも問題ありません。

今やどの業界でもWebマーケティングは重要視されているので、スキルを磨きつつ経験を積んで自分の市場価値を高められれば、社内での昇進にかぎらず他の企業へ転職してキャリアアップもできるでしょう。

ITエンジニア

専門職の男性

ITエンジニアはITインフラやシステムの設計をはじめ、構築や運用などを担うことから、最先端技術に興味をもち、コツコツとした作業が好きな20代男性に適しているといえます。

IT分野においてITエンジニアは不足しており、採用に積極的な企業が多いため、専門的な知識やスキル、経験がない人はもちろんのこと、文系でもチャレンジしやすいでしょう。

ITエンジニアはIT技術職の総称で以下のような細かな専門職に分けられます。

  • システムエンジニア(SE):クライアントの要望をヒアリングしてソフトウェアやアプリなどを設計する職種
  • プログラマー(PG):システムエンジニアが作成した設計書をベースにプログラミング言語を使ってプログラムを構築・開発する職種
  • 社内SE(自社システム担当):自社内のシステムに関連する幅広い業務を担う職種
  • インフラエンジニア:基盤となるシステムを使用するためのサーバーやネットワークを設計から保守に至るまで手がける職種

未経験の場合、まずはプログラマーとして専門知識や技術を身につけていくのがおすすめです。

20代男性の転職サイト利用の流れ

当編集部では、20代男性の転職サイト利用の流れをまとめました。

初めて転職活動する人も多い20代の場合、流れにそって転職サイト・転職エージェントを利用しないと、転職できたとしても「また想像と違った」と後悔してしまう可能性があるので注意してください。

担当キャリアアドバイザーを巻き込んで積極的に転職活動を行うことをおすすめします。

STEP1:転職サイト登録時にキャリアアドバイザーへ要望を伝える

担当キャリアアドバイザーはランダムに決まるとはいえ、転職サイト・転職エージェントに登録する際に備考欄(その他のご要望など)に要望を記入すれば、適任者をあてがってもらえるかもしれません。

そのため、「自分と同年代以上の男性アドバイザーを希望」など、自分の価値観を受け入れてくれそうな条件を書いてみてください。

もちろん利用する転職サイト・転職エージェントによっては要望に応えてもらえない場合もありますが、些細なことでも伝えてみる価値はあります。

STEP2:面談で応募先の軸と転職理由を考える

転職サイト・転職エージェントに登録すると、担当キャリアアドバイザーから電話などで連絡が来て、面談の日程を調整することになります。

自分が転職でかなえたいことを事前に整理・分析したうえで、担当キャリアアドバイザーとの対面形式での面談に臨み、具体的に応募先の軸と転職理由を考えるようにしてください。

面談で話した内容をもとに求人を紹介してもらえるので、職歴や経験業務などを洗い出し自己分析をして正直に仕事内容や希望条件を伝えることが大切です。

同時に企業との面接時における転職理由の伝え方を初回面談の時点で相談しておくと、その後の面接対策がより楽になるでしょう。

STEP3:職務経歴書の自己PRを3つ考える

企業との面接では「どんなことをがんばってきたか」は必ず質問されるため、担当キャリアアドバイザーとの初回面談の際に職務経歴書の添削を依頼し自己PRを3つ一緒に考えてもらうと、下記のようなメリットがあります。

  • 客観的な自分の強みがわかる
  • 職務経歴書に何をがんばってきたかをある程度書けていると面接対策が楽になる
  • 自分に向いている仕事が見えてくる

STEP4:求人にまとめて応募する

担当キャリアアドバイザーから求人を紹介されたら、初回応募時には可能なかぎり複数の企業へ同時に応募してみてください。

もし1社だけ応募し内定がもらえた場合、一般的には約1週間以内で意思決定を迫られることになり、比較材料がないと悩んでしまうからです。

もちろん希望条件にマッチしない求人に無理に応募しなくてもよいですが、初回は自分の市場価値を確かめるためにも視野を広げて応募してみるとよいでしょう。

STEP5:面接対策をしてから面接に臨む

書類選考に通過できたら、企業との面接日程の調整と同時に担当キャリアアドバイザーを巻き込んで面接対策をしてから面接に臨むようにしましょう。

例えば、担当キャリアアドバイザーに質問すると次のような情報を聞き出せる場合があるからです。

  • 過去の面接で実際に応募者が質問された内容
  • 募集背景(欠員補充の場合は前任者の退職理由)
  • 面接官の経歴や人柄
  • よくある不採用理由

担当キャリアアドバイザーには自分から質問しないと教えてもらえないことも多いので、注意してください。

STEP6:内定が出る前に懸念点を払拭する

企業に良い印象を与えたまま入社したいなら、内定が出る前に懸念点を払拭しておき、内定通知書を受け取り次第すぐに意思決定できる状態にしておくのが理想といえます。

企業の人事は候補者に内定を出す際に役員の稟議を通す必要があり、一度提示した条件を変更するには労力がかかるため、年収を含めた希望条件を内定を出す前に知りたいと考えているからです。

よって、内定後に「内定通知書の条件を見てから年収交渉したい」と言ってしまうと企業の人事に良くない印象を与えかねないので注意しましょう。

内定が出ていなくても、以下のようなことが担当キャリアアドバイザーに依頼できます。

  • 他社と比較したい→内定のスケジュールをそろえてもらう
  • 今より年収を上げたい→年収交渉してもらう
  • 入社日までに退職できない→入社日を交渉してもらう
  • 企業の雰囲気がわからない→面談を実施してもらう

20代男性の転職サイト・転職エージェント利用に関するQ&A

ここでは、20代男性の転職サイト・転職エージェント利用に関するよくある質問と回答をまとめて6つ紹介します。

転職サイト・転職エージェントの担当キャリアドバイザーに質問したくても、聞きづらいこともあるかもしれません。

この章を読めば、少しでも転職への不安を解消できるはずです。

Q:20代男性の平均年収は?

国税庁の令和4年分民間給与実態統計調査によると、20代男性の平均年収は355.5万円*となっています。

ちなみに、20代前半男性の平均年収は291万円、20代後半男性の平均年収は420万円で、その差は129万円です。

もちろん、業界や職種、勤務地域、スキルなどによって状況は異なりますが、20代後半になるにつれて経験やスキルが伴ってくると年収が上がっていく傾向にあります。

*20代前半・後半の平均年収の合計値を2で割って算出

Q:20代で未経験転職すると年収は下がりますか?

20代で未経験転職しても、現職の給与水準が他の年代よりも低いことから年収アップで転職できる場合があり、一概に年収が下がるとはいえません

例えば、求人票に「想定年収:300〜500万円」などと書かれていて、自分の年収が今より下がってしまうのでは?と不安な場合は、面接に臨む前に転職サイト・転職エージェントの担当者を通じて確認することをおすすめします。

転職サイト・転職エージェント経由で過去に転職した人がいれば、だいたいのオファー年収を教えてもらえるはずです。

Q:20代男性は営業の仕事くらい経験しておかないとダメでしょうか?

20代男性だからといって、営業の仕事を経験する必要があるわけではありません

20代は自分の興味や適性、将来のビジョンに合った業種を選ぶことが重要になるため、まずは転職サイト・転職エージェントを利用し、担当者にサポートしてもらいながら情報収集するのがおすすめです。

もちろん、営業職を経験すれば、多くの職種で生かせるコミュニケーションスキルや問題解決能力などビジネスの基本スキルを磨けるメリットがあり、自分の市場価値を高めることができます。

しかし、クリエイティブ職や研究開発など、特定のスキルや経験が重視されるキャリアを築いていきたいのであれば、営業職に固執する必要はないでしょう。

Q:学生時代に志望していた大手企業に転職できますか?

中途採用は退職者が出たことによる採用人数1〜2名の「欠員補充」がほとんどのため、新卒の際の就職活動とは違い、学歴や年齢よりも即戦力となる経験者が優遇される傾向にあり、学生時代に志望していた大手企業に転職できるとはかぎりません

とはいえ転職サイト・転職エージェントによく寄せられる相談なので、同じような志向の求職者がどんな求人に応募しているのか担当者に聞いてみることをおすすめします。

岩岡武志の自画像
岩岡 武志
転職hub編集部/元キャリアアドバイザー

大手志向の20代男性にはリクルートグループの契約社員を紹介することが多かったですね。
未経験で入社しやすいうえ、正社員と変わらない営業力が身につくので市場価値が高まります。

Q:20代で許される転職回数は何回までですか?

20代は2回までの転職であれば、特段イメージが悪くなることはないですが、それ以上の転職回数だと多い印象を抱かれるかもしれません。

そのため、あまりにも短期間に頻繁に転職することがないよう、転職サイト・転職エージェントを活用して、担当者とともに自己分析はもちろん、業界や企業研究を入念に行い、転職後にミスマッチが起きないようにするのがおすすめです。

Q:20代後半と30代は転職の難易度は上がりますか?

現職において年齢に見合ったスキルや経験を積めるのであれば、若年層といえる20代後半と30代前半において転職難易度は大きく変わりません

ただし、次のような場合には、20代後半のうちから積極的に転職活動を開始することをおすすめします。

  • 現職のままではこの先もスキルアップが見込めない
  • 未経験の業種へのキャリアチェンジを考えている

特に未経験業種へのキャリアチェンジを考えている場合、年齢を重ねれば重ねるほど即戦力が求められてしまうため、若さとポテンシャルが評価されるうちに転職活動すると理想がかないやすい傾向にあります。

記事のまとめ

この記事では、20代男性におすすめの転職サイト・転職エージェントの比較ランキングを紹介しました。

厚生労働省「令和4年雇用動向調査結果の概況」によると、20代男性が前職を辞めた理由としては「労働時間、休日等の労働条件が悪かった」がもっとも多い割合を占めており、新卒時の就職活動で労働条件を重視していなかったことが予想されます。

そのため、20代の転職で特に未経験分野を目指す場合には、転職サイト・転職エージェントの担当者を通じて悔いのないよう情報収集しましょう。

また、20代の求職者は年代的に意欲やポテンシャルの高さ、将来性、成長性が重視されるとはいえ、スキルや経験などの自己PRがいかに上手くできるかが課題です。

この記事を参考に、転職サイト・転職エージェントを複数併用して、納得できる転職を実現しましょう。

※ページ内の求人数は職種別に集計しています。

おすすめ関連記事

時間アイコン 24.06.07

転職エージェントのデメリット・メリットは?プロがポイントを徹底解説!

転職エージェントのデメリット・メリット

時間アイコン 24.06.07

DYM就職の評判は悪い?口コミから見るデメリットとおすすめな人

DYM就職の評判

時間アイコン 24.04.22

ハイクラス転職とは?ハイクラスの定義や年代別の年収相場、条件を解説!

high_class_image

時間アイコン 24.04.17

インディードの評判は悪い?メリット・デメリットを徹底調査!登録から転職までの流れも解説

「インディード評判」記事のアイキャッチ画像

時間アイコン 24.06.07

【転職エージェントの評判31社】利用者の口コミから分かる特徴

転職エージェント評判

目次

TOP