第二新卒におすすめの転職サイト19選!転職活動のコツも紹介

「第二新卒でも求人がたくさんある転職サイトってあるかな?」
「第二新卒で転職活動すると転職しやすいって本当?できればラクに転職活動をしたい」

実は「第二新卒歓迎」と記載されている求人はどの転職サイトにも多くあります。

第二新卒でラクに転職活動をするコツは、自分で求人に応募する転職サイトと、サポートを受けられる転職エージェントを併用して使うことです。

第二新卒で転職するときの転職活動のコツ

  • 第二新卒は転職サイトと転職エージェントを併用する
  • 転職サイトは少なくとも2〜3社に登録する
  • 転職エージェント1〜2社に登録すればOK

転職サイトと転職エージェントを活用して、転職活動を上手に乗り切りましょう。

▼第二新卒におすすめの転職サイト・エージェントはこちら!

サービス名 タイプ 第二新卒歓迎の求人数
dodadoda 転職サイト・
エージェント
57,273件
  • 第二新卒歓迎の求人は5万件以上
  • 自分で求人検索&応募もでき、かつエージェント機能も利用OK!
リクルート
エージェントリクルートエージェント
転職
エージェント
9,371件
+非公開求人
  • 業界最大級の求人数でIT業界や事務系など人気職種に強い
  • 書類添削や面談対策など手厚い転職サポートを受けられる
リクナビNEXTリクナビNEXTのロゴ 転職サイト 13,578件
  • 業界トップクラスの求人数
  • 自分に合う転職先を見つけやすい
マイナビ
エージェントマイナビエージェントのロゴ
転職
エージェント
3,000件
+非公開求人
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 書類や面接対策に親身に向き合ってくれる

※2022年3月時点

この記事では、第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェントをタイプ別に紹介していきます。

おすすめの転職サイトを先にチェックしたい人は『第二新卒におすすめの転職サイト4選』の見出しで詳しく紹介しています。

監修者 監修者

綿貫陽子

2級キャリアコンサルティング技能士/米国CCE,Inc.認定 GCDF-Japan キャリアカウンセラー保有

綿貫陽子

大手人材サービス会社において中途採用メディアの編集企画および人事向け社外情報誌の編集などを担当。その間、産休・育休を取得。その後キャリアアドバイザー職に転身、第二新卒の若手層の転職支援やセカンドキャリアに悩む40~50代の再就職支援を担当。現在は企業で働く社員向けのキャリアコンサルティングに従事。対応領域は管理職や技術者、営業、バックオフィス等と幅広く、キャリアカウンセラーのスーパーバイザーとして育成指導や研修講師にも従事。

もっと見る 閉じる

第二新卒におすすめの転職サイト4選

第二新卒に特におすすめしたい転職サイト4選を紹介していきます。

転職サイトは何社か登録しておいた方が多くの求人を見られるので、まずは登録してどんな求人があるかを確認してみましょう。

▼第二新卒におすすめ転職サイト4選

サイト名 第二新卒歓迎の求人数 特徴 詳細
doda 57,273件
  • 第二新卒歓迎の求人は5万件以上
リクナビNEXT 13,578件
  • 業界トップクラスの求人数
  • 年収、雇用形態、勤務地など、検索機能が充実している
マイナビ転職 13,162件
  • 20代の転職に強くさまざまな職種に対応
  • 「マイナビ転職 女性のおしごと」と連動。女性の転職に強い
エン転職 4,787件
  • 第二新卒や未経験者歓迎の求人が多い
  • 企業の雰囲気や仕事内容など細かい情報が手に入る

※2022年3月時点

それぞれ特徴を詳しく紹介していきます。実際に利用した人の口コミも載せているので、参考にしてみてください。

アンケート調査元:転職ハブ編集部
調査期間:2021年1月22日~2月24日
調査人数:1268人(過去3年以内にサービスを利用した10~60代の求職者・転職者)

「doda」は日本最大級の求人数!第二新卒歓迎の求人は5万件以上

dodaのキャプチャ画像

第二新卒におすすめの転職サイトといえば、日本最大級の求人数を誇るdoda(デューダ)です。

dodaは転職サイトと転職エージェントの機能をあわせもっており、求人検索ではこだわりの条件を詳細に設定することができるのが特徴です。

「第二新卒歓迎」「職種未経験歓迎」「業種未経験歓迎」など、第二新卒が応募しやすい条件を設定して効率的に求人を探してみるといいでしょう。

「第二新卒歓迎」の求人は57,273件も扱っており、この記事内で紹介している転職サイト・転職エージェントのなかではダントツでNo.1です。

担当のキャリアアドバイザーが親切にヒアリングをしてくれると定評があり、書類添削や面接対策、転職の悩み相談や円満退職のノウハウなどサポートしてくれます。わからないことがあれば、まず気軽にキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

dodaの特徴

第二新卒歓迎の求人 57,273件
求人数 165,490件(非公開求人を含む)
スカウト・オファー制度 あり
転職サイトタイプ 総合型
対応エリア 全国・海外
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※2022年3月時点

dodaを利用した第二新卒の口コミ・評判

悪い口コミを話す女性のイメージ
20代女性

dodaはキャリアアドバイザーが面接対策などをていねいにやってくれたのがよかったです。ただ、要望に合わない会社をすすめられたのが残念でした。

良い口コミを話す男性のイメージ
20代男性

担当のキャリアアドバイザーの方がしっかりとサポートをしてくれて良かったです。
やはりdodaは求人数をたくさんもっているので、その点での使いやすさがあるし安定感があって信頼できるという点も大きかったです。質も良くてすごく使いやすさもありました。

業界トップクラスの求人数「リクナビNEXT」

リクナビNEXT

リクナビNEXTは業界トップクラス求人数を誇る大手転職サイトです。

リクナビNEXTの求人検索では、職種や勤務地で絞り込めるだけでなく、休暇や勤務時間の特徴、働き方や福利厚生の特徴などを細かく条件設定ができるのも特徴です。

もちろん「第二新卒歓迎」、「未経験者歓迎」での絞り込みもできます。

第二新卒歓迎の求人は13,578件と、全体の4分の1が第二新卒歓迎の求人なので、第二新卒での転職活動には利用しておきたい求人サイトです。

(※2022年3月時点)

プロフィール、職務経歴、希望条件を登録しておくと求人企業からオファーが届くサービスもあります。

リクナビNEXTの特徴

第二新卒歓迎の求人 13,578件
全体の求人数 53,942件
スカウト・オファー制度 あり(登録必須)
転職サイトタイプ 総合型
対応エリア 全国・海外
運営会社 株式会社リクルート

※2022年3月時点

リクナビNEXTを利用した第二新卒の口コミ・評判

良い口コミを話す男性のイメージ
20代男性

リクナビNEXTでは、多くの求人が掲載されている点が、とても良かったです。自分が希望する条件を設定して、必要な求人だけをピックアップできたのは、とても便利でした。

良い口コミを話す男性のイメージ
20代男性

リクナビNEXTは求人数も豊富で内容も詳細がハッキリ載っていたので、調べる手間が省けました。わからないところは教えてもらったり、おすすめなどもあったりと、わかりやすかったです。迅速に対応してもらったのでたんたんと行うことができました。

第二新卒歓迎の求人が多い「マイナビ転職」

マイナビ転職

20代の転職に強い転職サイト、マイナビ転職は業界・職種やスキル、勤務地などさまざまな条件で検索ができるのが特徴です。

第二新卒歓迎の求人情報は13,162件と充実しています。

(※2022年3月時点)

求人情報の他にも、転職活動に必要なノウハウなどをまとめたコンテンツも豊富なので、第二新卒など初めての転職活動にはおすすめの求人サイトです。

マイナビ転職の特徴

第二新卒歓迎の求人 13,162件
全体の求人数 16,365件
スカウト・オファー制度 あり(登録必須)
転職サイトタイプ 総合型
対応エリア 全国・海外
運営会社 株式会社マイナビ

※2022年3月時点

マイナビ転職を利用した第二新卒の口コミ・評判

良い口コミを話す女性のイメージ
20代女性

給料や職種ではなくやりがいや福利厚生を重視し、業界を選ぶ段階でかなり苦労していたので、マイナビ転職サイトの豊富な求人情報はとても助かりました。このサイトを利用して転職を成功することはできませんでしたが、情報量が豊富なので参考にするだけでも利用する価値はあると思いました。

悪い口コミを話す女性のイメージ
20代女性

観光業で英語を使った仕事がしたいと思い転職を目指しました。面接はなかなか難しく大変でしたが、マイナビ転職は求人数が多いので、ゆっくり求人を見ていく中で自分の気持ちを整理することができました。
しかし、求人数が多くスカウトメールも多いのですが希望の職種ではないスカウトも多く、雇用形態も希望通りではなかったので利用をやめました。

4年連続利用者満足度No1!「エン転職」

エン転職

エン転職は2018年〜2021年の「オリコン顧客満足度調査 転職サイト」で4年連続利用者満足度1位になっている転職サイトです。

エン転職の第二新卒歓迎の求人数は4,787件と、求人数は他の大手求人サイトと比べると少ないものの、全体の8割の求人が他サイトには載っていないエン転職限定の独占求人です。

求人情報には社員・元社員からの口コミが掲載されているほか、「取材者のレビュー」があることも特徴です。

「取材者のレビュー」では取材から受けた会社の印象や、この仕事に向いている人・向いていない人など、詳しい情報が書いてあるので、企業を選ぶ際の参考になるでしょう。

エン転職の特徴

第二新卒歓迎の求人 4,787件
全体の求人数 7,395件
スカウト・オファー制度 あり(登録必須)
転職サイトタイプ 総合型
対応エリア 全国・海外
運営会社 エン・ジャパン株式会社

※2022年3月時点

エン転職を利用した第二新卒の口コミ・評判

悪い口コミを話す女性のイメージ
30代女性

年収は同じくらいで希望の職種で転職を希望していましたが、もともと求人が少ない職種だったのでなかなか転職先が見つかりませんでした。エン転職で送られてくるスカウトも希望する職種とは少し違うものが多く、なかなか転職が決まらないので利用をやめました。

良い口コミを話す男性のイメージ
20代男性

エン転職の求人数、求人の内容には大変満足できました。CMでよく見かけるだけあって、信用性抜群で安心して企業を選ぶことができました。求人要項には、いいところだけでなく気になるところもしっかり書いてあったので参考になりました。動画を駆使した企業紹介は斬新で楽しみながら活動できました。

すべての第二新卒におすすめの転職エージェント

第二新卒の転職活動で利用したいのが、履歴書や職務経歴書の添削面談対策や内定後の条件や待遇交渉などの転職サポートが受けられる転職エージェントです。

なぜなら、社会人経験が少ない第二新卒での転職は、職務経歴書や自己PRの仕方を工夫する必要があるからです。

すべての第二新卒におすすめの転職エージェント2選を紹介していきます。

すべての第二新卒におすすめの転職エージェント2選

サイト名 求人数(非公開求人) 特徴 公式サイト
リクルートエージェント 173,663件(226,042件)
  • 業界最大級の求人数
  • 営業、IT業界、事務系の求人数が多い
マイナビエージェント 35,122件
  • 20代、第二新卒の転職サポートに強い
  • 大手〜中小企業、ベンチャー企業など、幅広く扱う

※2022年3月時点

転職エージェントの手厚いサポートを受けながら、上手に転職活動をしていきましょう!

「リクルートエージェント」は非公開求人を含む求人数が業界最大級!

リクルートエージェントのキャプチャ画像

登録しておきたい転職エージェントとして、業界大手のリクルートエージェントがあります。

リクルートエージェントは10万件以上という業界最大級の非公開求人が掲載されています。就職・転職分野での実績から知名度もトップクラス。

扱っている職種や業界も幅広いので、多くの選択肢のなかから自分の希望に合う質の高い求人をキャリアアドバイザーが紹介してくれます。

提出書類の添削面接対策のサポート、リクルートエージェントが独自に分析した業界・企業情報を事前に提供してくれるなど、さまざまな転職サポートがそろっています。

リクルートエージェントの特徴

「第二新卒」を含む求人 9,371件(公開求人)
求人数 173,663件
非公開求人数 226,042件
転職サイトタイプ 総合型
対応エリア 全国・海外
運営会社 株式会社リクルート

※2022年3月時点

リクルートエージェントを利用した第二新卒の口コミ・評判

良い口コミを話す女性のイメージ
20代女性

リクルートエージェントでは、他で添削してもらった職務経歴書を提出した際に、より私の魅力が伝わる文章を作成し直してくれました。希望職種が複数あったため、その業界ごとにどのような長所を打ちだすと良いかなど、私自身が納得のいくような内容に仕上げてくださいました。
転職活動が難航した際も、激励や視野を広げるアドバイスまでくださいました。困ったときに連絡をするとすぐに折り返しがあり、サポートが迅速で大変心強い存在でした。

悪い口コミを話す女性のイメージ
20代女性

リクルートエージェントは大手エージェントゆえか求人数は豊富で、応募したいと思える求人も多く、実際に数社応募したので良かったと思います。しかし、他のエージェントでは通っていたはずの書類選考が通らず、不採用後も担当者から特にフォローがなかったことが気になりました。

「マイナビエージェント」は手厚い転職サポートが特徴

マイナビエージェント

マイナビエージェント新卒就活で知名度の高い株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

マイナビエージェントの特徴は、キャリアアドバイザーが業界ごとの専任制であることです。各職種の転職事情を熟知しているので、より求職者の希望に合う求人を提案してくれます。

キャリアアドバイザーとは別に、各企業の人事担当者とやり取りをする企業担当アドバイザーもいて、求人票には掲載されていない情報を教えてくれることも。

もちろん、書類添削や模擬面談などもサポートしてくれるので、初めての転職活動でも安心して挑めます。

マイナビエージェントでしか取り扱いのない企業が多数あるということをアピールしているので、実際にキャリアアドバイザーに聞いてみるといいかもしれませんね。

全国に拠点があるため、新宿・大阪・名古屋など、国内各地で面談が可能です。

▼マイナビエージェントの特徴

第二新卒歓迎の求人 3,000件+非公開求人
公開求人数 35,122件
転職サイトタイプ 総合型
対応エリア 全国・海外
運営会社 株式会社マイナビ

※2022年3月時点

マナビエージェントを利用した第二新卒の口コミ・評判

良い口コミを話す男性のイメージ
20代男性

経理でのスキルアップ転職を目指し、マイナビエージェントを利用しました。求人数は非常に多く、担当の方も、毎回面接対策をしてくれたり親切にサポートしていただいたので、その点は良かったと思います。特に悪い点は思いつかないですし、総合的にも満足でした。

良い口コミを話す男性のイメージ
20代男性

転職が初めてだったため、マイナビエージェントを利用させていただきましたが、とても親切に対応してくださいました。
エージェント経由の求人も見させていただきましたが、個人的に応募させていただいた求人に転職が決まりそうです。
初めてで不安がある方は頼りにしてもらうといいと思います。

転職サイトと転職エージェントの違いを比較!選び方は?

転職サイトも転職エージェントも、どちらも無料で利用できる転職サービスですが、ふたつの大きな違いは、転職サポートがあるかどうかでしょう。

転職サイト・転職エージェントの違い

転職サイトは求人の検索から応募、企業との日程調整まで自分の力で行う大変さもありますが、マイペースに転職活動を進めたい人におすすめです。

一方の転職エージェントは担当のキャリアアドバイザーが求人の紹介をしてくれるだけでなく、転職活動の悩み、書類の添削から面接対策、企業との日程調整など転職のサポートをしてくれます。転職エージェントは転職活動に不安がある人にはぴったりのサービスです。

転職サイトと転職エージェントのおもな違いを比較

転職サイト 転職エージェント
転職サポート ×
求人数 転職エージェントと比べると多い 転職サイトよりも少ない
非公開求人 ×
年収交渉 自分で行う キャリアアドバイザーが代行
日程調整 自分で行う キャリアアドバイザーが代行
気軽さ 登録するだけでOK 登録後キャリアアドバイザーとの面談あり

転職サイトと転職エージェントの選び方│第二新卒で就職サイトを使うなら併用がおすすめ

ここからは、転職サイトと転職エージェントをどのように選べば良いかを紹介していきます。

まず、第二新卒で転職活動をするときは、転職サイトと転職エージェントの両方を使うのがおすすめです。

第二新卒におすすめのおもな転職サイト・転職エージェント

サイト名 サポート 公開求人数
転職サイト doda あり 165,490件(非公開求人を含む)
リクナビNEXT なし 53,942件
マイナビ転職 なし 16,365件
エン転職 なし 7,395件
転職エージェント リクルートエージェント あり 173,663件
マイナビエージェント あり 35,122件

※2022年3月時点

転職サイトと転職エージェントの両方を使った方が良い理由は大きく2つあります。

  • 転職サイトではたくさんの求人数があり、求人を幅広く見られる
  • 転職エージェントサポートを受けながら転職活動を進められる

では、転職サイトと転職エージェント、それぞれの特徴と利用がおすすめの人を紹介します。

転職サイトは豊富な求人数!職種や行きたい企業が決まっている人におすすめ

転職サイトの特徴

  • 幅広い業界・職種の求人を掲載している
  • 企業の情報を比較検討しながら情報収集ができる

転職サイトの利用がおすすめの人

  • 1人でマイペースに転職活動をしたい人
  • 転職したい職種や企業が決まっている人

転職サイトは何社か登録するのがおすすめです。特に求人数が少ない職種を希望する場合は、登録する数は2〜3社ではなく、5社や6社など複数登録してもいいでしょう。

転職サイトでは求人が重複することはあまりないため、いろいろなサイトに登録していた方が多くの求人情報をキャッチできます。

そしていろいろな検索軸から直接具体的な求人を見て検討できることが転職サイトの特徴です。具体的な求人を見て検討することで、自分が考えていなかった企業や職種を見つけることもできるでしょう。

何でも相談できる!転職エージェントは転職活動のアドバイスがほしい人、サポートしてほしい人におすすめ

転職エージェントの特徴

  • 履歴書や職務経歴書の作成や自己PRの仕方を指導・サポートをしてくれる
  • 面接のセッティングや内定後の条件や待遇交渉などをキャリアアドバイザーが代行してくれる
  • 非公開求人が集まっている

転職エージェントがおすすめの人

  • 自分の強みを一緒に探してほしい人
  • 転職活動の悩みの相談に乗ってほしい人
  • 書類添削や企業との交渉など、転職サポートを受けたい人

転職エージェントは基本的な転職活動のサポートをしてくれるので、まずは1社に登録すればOK。

人気の公開求人はすぐに募集を締め切ってしまうことも多いので、じっくりと求人を探したい人はキャリアアドバイザーに自分の希望条件に合う非公開求人を紹介してもらうと良いでしょう。

ただし、担当のキャリアアドバイザーによって得意な職種や企業があり、求職者へのサポートの仕方にも違いがあるため、キャリアアドバイザーとの相性が合わないと判断したら別のエージェントに変更してみるといいでしょう。

社会人経験の浅い第二新卒は、自己PRや転職理由の伝え方を工夫する必要があります。

そのため、自分の強みを一緒に探してほしい人は転職のプロがいる転職エージェントにサポートしてもらうのがおすすめです。

転職サイトと転職エージェント、おすすめの選び方実例

転職サイトと転職エージェントは併用して使うことがおすすめと書きましたが、どのサイトとどのサイトを使うと良いか具体的な例を見ていきましょう。

タイプ1. 24歳男性・営業からエンジニアへの転職希望

転職サイト⇒doda、リクナビNEXT、エン転職
転職エージェント⇒リクルートエージェント、ワークポート

第二新卒や未経験歓迎の求人がたくさん掲載されている転職サイトに3社登録しつつ、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェントの「リクルートエージェント」に登録。

IT業界の転職に強い「ワークポート」にも登録すれば、より自分の希望にマッチする求人を紹介してもらいやすいでしょう。

タイプ2. 23歳女性・接客業からサービス業以外の職種に転職希望

転職サイト⇒リクナビNEXT、マイナビ転職、エン転職、Re就活
転職エージェント⇒type女性の転職エージェント、ハタラクティブ

サービス業以外の職種、特に人気の事務職を希望する場合は、正社員の求人が少ないので1社でも多く応募することが転職成功の鍵。

女性の転職に強い「type女性の転職エージェント」に転職活動サポートをしてもらいながら、未経験層に特化したサポートが受けられる「ハタラクティブ」にも登録しておくといいでしょう。

タイプ3. 25歳女性・出版編集から同じく出版編集への転職希望

転職サイト⇒リクナビNEXT、マイナビ転職、エン転職
転職エージェント⇒リクルートエージェント

同じ業界、同じ職種への転職を希望する場合は、新卒入社した際の経験を活かした転職活動ができます。

今回のように希望する職種がはっきりしている場合は、その職種や業界に強い転職サイトや転職エージェントを選ぶのが良いでしょう。

次からは女性特化やIT業界特化など、タイプ別におすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介していきます。

第二新卒のタイプ別おすすめ転職サイト・エージェント

より自分のタイプに特化した転職サイト・エージェントで確実に転職活動をしていきたい人におすすめなのが、以下の4つのサイトです。

20代若手優秀層特化型、女性の転職特化型ゲーム・IT業界・クリエイター転職特化型20代・未経験特化型など、自分のタイプに合ったサイトを活用しましょう。

タイプ別転職サイト・転職エージェント4選

サイト名 タイプ 特徴 求人数/
非公開求人数
公式サイト
キャリトレ 転職サイト 20代若手優秀層特化型 非公開
type女性の転職エージェント 転職エージェント 女性転職特化型 7,583件/16,910件
ワークポート 転職エージェント ゲーム・IT業界・クリエイター転職特化型 52,362件/非公開
ハタラクティブ 転職エージェント 20代・未経験特化型 非公開

※2022年3月時点

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ハイクラスを目指したい20代優秀層は「キャリトレ」で年収アップを狙う

キャリトレ

キャリトレは株式会社ビズリーチが運営する挑戦したい20代を応援する転職サイトです。

求人企業から面接確約の「プラチナスカウト」が届くほか、簡単なアンケートに答えるだけで、希望条件を分析してマッチする求人を配信してくれる「人工知能(AI)」を搭載しているのが特徴。

気になる企業には「興味がある」と1タップするだけ。マッチすると企業からスカウトが届き、直接のやり取りができるという便利なサービスがあります。

キャリトレの特徴

第二新卒歓迎の求人 非公開
求人数 非公開
タイプ 転職サイト
対応エリア 全国
運営会社 株式会社ビズリーチ

※2022年3月時点

キャリトレを利用した第二新卒の口コミ・評判

良い口コミを話す男性のイメージ
20代男性

キャリトレはIT業界の求人情報を効率的に検索できたので、短時間で比較検討することができました。求人情報が掲載されているだけでなく、面接時のマナーなどに関するコンテンツもあり、一人での転職活動も自信をもって行うことができました。

良い口コミを話す男性のイメージ
20代男性

キャリトレのサイトは、サイト自体がシンプルで使用しやすく、求人が多くて助かりました。今回どうしても大手企業を目指したく、とにかくたくさん求人が掲載されているサービスを探していました。
実際、大手企業の中には10件以上のポジションが掲載されていたものもあるなど、とにかく量が多くていろいろな企業にチャレンジできました。

女性の転職に特化した「type女性の転職エージェント」

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは、延べ数千人にわたる転職サポート実績のある女性の転職に特化した転職エージェントです。結婚や出産といった女性のライフイベントに寄り添った転職サポートを行ってくれます。

延べ数千人以上の転職サポート実績があると公表しており、女性転職のノウハウが豊富なことが特徴です。

女性の転職特化型のエージェントということもあり、「女性のための面接メイクアップ」という独自のサービスを行っています。

20〜30代を対象とした求人が多く、キャリアアップを狙える優良案件などもそろっています。

type女性の転職エージェントの特徴

「第二新卒」を含む求人数 94件(非公開求人208件)
求人数 7,583件
非公開求人数 16,910件
タイプ 転職エージェント
対応エリア 東京・神奈川・埼玉・千葉
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター

※2022年3月時点

type女性の転職エージェントを利用した第二新卒の口コミ・評判

良い口コミを話す女性のイメージ
20代女性

子どもをもつ私と同じような状況の方には、ぜひ使っていただけたらと思います。こちらのわがままな条件にもていねいに親身に聞いてもらえました。
子どもがいることや、正社員での仕事を探していること、自分のスキルなどを伝えたところ、条件に合うお仕事を紹介してもらえました。対応も早く、とても親切だなと感じました。

良い口コミを話す女性のイメージ
20代女性

未経験でもしっかり研修をやってくれる、質問がしやすい職場を優先して探してもらいました。職場の雰囲気とかは求人票を見てもわからないので、実際に足を運んで現場を見ているエージェントならではのお話をもとに探すことができて良かったです。
また、type女性の転職エージェントは女性をターゲットにしているため、女性特有のキャリアに関する悩みについても真摯に向き合って一緒に考えてくれました。無事に転職できて感謝しています。

未経験で IT業界を目指したい「ワークポート」は転職決定人数No.1

ワークポート

ワークポートは専任の転職コンシェルジュ(キャリアアドバイザー)がマンツーマンで転職をサポートしてくれる転職決定人数No.1(※)の転職エージェント。

※リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING ~2021年度下半期~』(2021年10月~2022年3月)にて、『転職決定人数部門 第1位』を受賞

20代を対象とした求人が多く、特にIT業界やゲーム関係などクリエイティブ系への転職に強いのが特徴です。

IT業界への転職を専門に行っている転職サイトの場合、「IT業界での実務経験が必須」となっていることが多いですが、ワークポートはIT業界の実務経験がなくてもOK

IT業界の転職サポートを得意とするキャリアアドバイザーがサポートする体制になっています。

ワークポートの特徴

「第二新卒」を含む求人数 493件
求人数 52,362件
タイプ 転職エージェント
対応エリア 全国・海外
運営会社 株式会社ワークポート

※2022年3月時点

ワークポートを利用した第二新卒の口コミ・評判

良い口コミを話す男性のイメージ
20代男性

前職の給料面と人間関係の面で不満があったため、ワークポートを利用し、何件か求人を紹介してもらいました。面接サービスも積極的に紹介してくれて結果的に面接で内定をもらって、転職できて良かったです。

良い口コミを話す男性のイメージ
20代男性

いわゆるライフワークバランスを整える目的で転職を考え、業種や職種にはそこまでのこだわりはありませんでした。そんな中、ワークポートさんは私が活躍できる会社を数社紹介してくださり、転職成功に向けて履歴書対策や面接対策を手厚くサポートしてくださいました。

スキルや経歴・職歴に不安がある人は「ハタラクティブ」で大手企業の正社員転職を目指す

ハタラクティブ

ハタラクティブは20代のフリーター、第二新卒、既卒の就職・転職をサポートしてくれる転職エージェントです。

特に未経験に特化したサポートを得意とするエージェントなので、スキルや経歴に自信がない、未経験の業界へ転職したい、という人にぴったり。

性格や得意なことに合わせて向いている可能性が高い仕事を厳選して紹介してくれます。

86.5%(※)の人が社員数1,000名以上の大企業に内定した実績もあるので、「経歴に不安があるから…」と諦めないで、まずは相談してみましょう。

※2020年8月〜2021年1月利用者の内定実績

ハタラクティブの特徴

第二新卒歓迎の求人 非公開
求人数 非公開
タイプ 転職エージェント
対応エリア 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・愛知・福岡
運営会社 レバレジーズ株式会社

※2022年3月時点

ハタラクティブを利用した第二新卒の口コミ・評判

良い口コミを話す男性のイメージ
20代男性

ハタラクティブでは、手厚いサポートが充実しておりまして、特にキャリアアドバイザーの方が積極的に接してくださる内容にとても満足できました。人を通じて思いやりや気遣いを学ぶことができましたし、今後も手厚いサポートを受けていきたいと思いました。

良い口コミを話す男性のイメージ
20代男性

ハタラクティブでは覚えていないくらいたくさんの求人情報を紹介してもらいました。おそらく10以上は余裕であったと思います。すぐに働きたかったですし、勤務地などの細かな希望もあったので難しいかなと思ってたので予想外でした。

第二新卒におすすめの各サイトの求人数を比較!

「第二新卒歓迎」や「第二新卒」を含む求人数を各サイトごとに比較してみましょう。

■第二新卒におすすめの各サイトの求人数比較

サイト名 第二新卒歓迎・「第二新卒」を含む求人数 公開求人数
doda 57,273件 165,490件(非公開求人を含む)
リクナビNEXT 13,578件 53,942件
マイナビ転職 13,162件 16,365件
エン転職 4,787件 7,395件
リクルートエージェント 9,371件(公開求人) 173,663件
マイナビエージェント 3,000件(+非公開求人) 35,122件
キャリトレ 非公開 非公開
type女性の転職エージェント 94件(非公開求人208件) 7, 583件
ワークポート 493件 52,362件
ハタラクティブ 非公開 非公開

※2022年3月時点

この記事で紹介してきた上記の転職サイト、転職エージェントのなかだと、圧倒的にdodaが多いことがわかります。

リクナビNEXTやマイナビ転職など、20代の若年層の転職に強い転職サイトも「第二新卒歓迎」の求人を多く保有していますね。

第二新卒の転職活動では、まずは「第二新卒の求人数が多いサイトに登録」して自分で求人を探しながら、「エージェントに登録してキャリアアドバイザーに転職サポートを受ける」のが転職成功への近道です。

まだまだある!登録無料で利用できる第二新卒特化型の転職サイト・エージェント比較表

これまでに紹介してきた大手転職サイトや転職エージェントの他にも、20代や第二新卒の支援に特化した転職サイト・エージェントはたくさん存在します!

全体の求人数や「第二新卒」を含む求人数、特徴などを比較表にまとめてみました。

まずは知名度の高いサービスを利用してみて、それでも転職がうまくいかない場合に検討してみるといいでしょう。

こちらもチェック!第二新卒特化型の転職サイト・転職エージェント

サービス名 全体の求人数 「第二新卒」の記載を含む求人数 担当者によるサポート 特徴
Re就活 13,825件 13,021件
  • 20代、第二新卒特化
  • 未経験、キャリアチェンジ歓迎
はたらいく 非公開 非公開
  • 地域密着型の求人が豊富
いい就職ドットコム 5,034件 5,034件
  • 第二新卒、新卒など、若者の就職支援に特化
  • 第二新卒の正社員採用に限定した企業を厳選
マイナビジョブ20’s 2620件 210件
  • 20代、第二新卒特化。相談はWebや電話でOK
  • 対応地域:一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀
キャリアスタート 63 32
  • 若手に特化した転職サポート
DYM就職 非公開 非公開
  • 第二新卒を大手優良企業の正社員に転職サポート
就職Shop 非公開 非公開
  • 株式会社リクルートが運営する対面型の就職・転職活動支援サービス
  • 学歴・職歴に自信のない人におすすめ
第二新卒エージェントneo 非公開 非公開
  • 20代に特化した転職サポート
  • 徹底的なキャリアカウンセリング
ウズウズ 非公開 非公開
  • 20代の転職を徹底サポート

ここまで第二新卒の人におすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介してきました。 気になるサイトはありましたか?

転職サイトも転職エージェントも利用はすべて無料です。まずはいくつか登録するところから始めてみましょう。

次からは第二新卒の転職に役立つ情報を紹介していきます。

第二新卒で転職するメリット・デメリットとは?

good-bad

経験があまりない第二新卒で転職するのに不安を感じている人も多いでしょう。

第二新卒で転職するメリット・デメリットを知って、第二新卒での転職に興味がある人は不安を払拭して転職活動をスタートしましょう。

第二新卒で転職するメリットは?

第二新卒で転職するメリットは大きく以下の2つがあげられます。

  • 業界や職種を大きく変えて、未経験で飛び込める
    未経験の業界や職種にチャレンジしたい場合は第二新卒のうちだと転職しやすいでしょう。「第二新卒歓迎」「未経験歓迎」の求人が多数あります。
  • ポテンシャルに期待されている
    2022年現在、新卒採用は求職者が企業よりも有利な立場にある売り手市場。新卒採用時に企業側が採用しきれなかった可能性が非常に高く、優秀な人材を第二新卒で採用しようと動いている企業が増えている傾向にあります。

第二新卒で転職するデメリットは?

第二新卒はメリットばかりではなく、もちろんデメリットもあります。第二新卒で考えられるデメリットも押さえておきましょう。

  • 面接時に退職理由を深掘りされる
    新卒入社の会社での就業年数が短いため、退職理由を聞かれることは避けて通れません。もちろん何らかの不満があって転職することは企業もわかっていますが、退職理由の伝え方は工夫する必要があります。
  • 早期離職するかもしれないというリスクを企業が感じてしまう
    第二新卒で転職活動をしているということは、早期退職をしている・しようとしているという事実があるため、企業に「採用しても、もしかしたらまたすぐに転職してしまうのでは?」と思われてしまいがち。転職しようと思った理由や、将来その企業でどうなっていきたいか、などを上手に伝えていきましょう。
  • 新卒と同じラインからスタートする場合がある
    社会人経験があるとはいえ、新卒採用者と同じスタートラインから始まる場合もあります。入社後のミスマッチを防ぐために、その企業の情報収集は欠かせません。

そもそも第二新卒の定義とは?

第二新卒とは、一般的に新卒で入社してからだいたい1〜3年勤務した後に転職活動をしている人のことを指します。

企業によってはそれ以上でも第二新卒として受け入れてくれるケースもあるので、厳格な基準があるわけではありません。

新卒・第二新卒・既卒の定義とは?

  • 新卒
     ⇒高校、専門学校、大学など、学校を卒業・卒業予定の学生のこと
  • 第二新卒
     ⇒新卒入社後、3年未満の求職者
  • 既卒
     ⇒高校、専門学校、大学など、学校を卒業後、一度も就職したことがない人

第二新卒での転職のメリット・デメリットを知ったうえで、転職を成功させるための流れを把握していきましょう。

第二新卒の転職サイトの利用方法と転職を成功させるための流れ

第二新卒が転職サイトなどの就職サイトを利用して転職を成功させるには、自己分析や職種選びが重要になってきます。

転職サイトでは登録した後、求人の検索から応募、企業とのやり取り、書類の準備、面接の日程調整などをすべて自分で行う必要があります。

転職エージェントを利用した転職活動の流れ

転職エージェントでは登録後は求人の紹介から条件交渉までキャリアアドバイザーが代行してくれるのが大きな違いです。

転職サイトを利用する際、特に重要になってくる以下4つのポイントを詳しく解説していきましょう。専門家である綿貫さんからのコメントもあわせて紹介します。

自己分析を徹底的に行い、転職したい理由を考える

綿貫陽子氏の顔写真
綿貫氏

まずは自分としっかり向き合いましょう。

第二新卒で転職活動をする際、まず最初に徹底的な自己分析をするようにしましょう。一度就職したことで、より深く自己分析を行えるでしょう。

自己分析では、以下のようなことを分析していきましょう。

  • 自分が仕事をするうえで重視したいことは何なのか
  • どんな働き方をしたいのかなど、仕事に対する考え方
  • 今の仕事でどんなことで評価してもらえたか
  • 20代で身につけたいものは何か、20代で経験しておきたいことは何か

自分の内面を徹底的に分析して志望動機につなげることで、転職後のミスマッチを防ぐことにつながります。

自分の希望する職種を選ぶ

綿貫陽子氏の顔写真
綿貫氏

転職して何を変えたいのか?を書き出してみましょう。

第二新卒の転職の理由で多いのは“脱・今の職種”です。

違う職種への転職を希望する人も多いですが、やはり転職するうえでは同じ職種の方が経験値を活かせるので転職しやすいでしょう。

本当に今の職種がイヤなのか、同じ職種でも形態が違えば希望に合った職場があるのではないかを調べていきましょう。

なぜ転職したいのか、今の会社の何が不満なのかをしっかり自己分析することで、「こだわりたいこと」と「こだわらないこと」を整理して、幅広くアプローチすることも大事です。

興味のある求人があったら、その会社のことだけでなく業界全体のことなどもリサーチするようにしましょう。

実績をしっかり書く!職務経歴書の書き方のポイント

綿貫陽子氏の顔写真
綿貫氏

仕事場のエピソードをできるだけ思い出してみましょう。

第二新卒は新卒就活時の履歴書とは大きな違いがひとつあります。

それが職務経歴書です。職務経歴書は、どのような企業でどんな仕事に従事していたか、というのを書くものです。

特筆すべき仕事の成果や実績、達成率などがある場合はアピールポイントになるので、しっかりと職務経歴書に書き出していくことが書類選考通過の確率を上げるカギになります。

面接対策をしっかり!面接のときの自己PRの仕方が大事

綿貫陽子氏の顔写真
綿貫氏

「自分らしさ」をしっかり伝えましょう。

自己PRは自己紹介とは違います。スキルや実績など、自分のアピールポイントをしっかりと伝えられるようにしましょう。

第二新卒だと面接の際に前職の「退職理由」を聞かれるなど、新卒の就職活動時とは違う質問をされます。

現状の仕事に不満があるからこそ転職を希望しているのは面接官はわかっています。だからこそ、ネガティブな理由をどうポジティブに伝えていくかが重要です。

不満や文句などのネガティブな理由や話も、その原因を分析していけば「不満が生まれた原因には、もっとこうしたいという仕事に対してのポジティブな理由」があるはずです。そこを伝えられるようにしましょう。

企業は、「どんな人なのか」「これからどうがんばってくれる人なのか」を面接で知りたいのです。何よりも、「自分らしさ」を出すことが重要です。

自分の言葉で熱意を伝えられるようにしましょう。

自己PRに自信がない人は転職エージェントを使って一緒に考えてもらいましょう。

すべての第二新卒におすすめの転職エージェント

第二新卒の転職サイトを使った転職活動のコツを伝授!

第二新卒で転職サイトを使って転職活動をするときは、以下の2点が重要になってきます。

  • スケジュールの管理
  • 退職のタイミング

詳しく説明していきましょう。

応募から内定まで、転職活動のスケジュールをしっかり管理する

第二新卒の転職活動にかかる期間はだいたい3ヶ月といわれています。早い人だと応募から内定まで1ヶ月半程度という人も。

ダラダラと転職活動が長引いてしまうとモチベーションが下がって転職活動自体がうまくいかなくなってしまいます。

本気で転職を考えている人は、「いつまでに内定をもらう」、「●月までには転職する」、といった目標を定めましょう。

そして新卒の就活時と違い、第二新卒は内定から回答期限までが1週間程度しかありません。複数同時に受けるときに、内定が出るタイミングを合わせておくことが大事なのです。

回答期限の間に、内定した企業の中から自分にベストなところを選べるようにスケジュールを組んでいきましょう。

転職先が決まる前に現職の会社を辞めない

第二新卒で転職する際は、転職先が決まる前に仕事を辞めない方がいいでしょう。

本当に納得できる転職先が見つかったら退職をする、という順番にした方が、気持ちに余裕をもって転職活動ができます。

企業側の目線としても、すでに離職している場合は、「何かネガティブな理由があったからではないか」と見られる場合もあります。

ただし、仕事を続けながらだと精神的・身体的に不調をきたしてしまいそうな場合や、転職活動をする時間が十分に取れないという状況の場合は、一度退職してからじっくりと転職活動をしてもいいでしょう。

第二新卒が転職で失敗しやすい特徴

次にあげたのは第二新卒で転職に失敗しやすい人の特徴です。

転職活動で失敗しないためには、自分の状況や今後のビジョンを明確にしていきましょう。

  • 明確なビジョンがないまま転職活動をする
     ⇒何を基準に仕事を探せばいいかわからず、退職理由や志望理由に一貫性をもたせられない。まずはなぜ転職したいのか、転職で実現したいことは何なのかを徹底的に行うことが大事
  • 退職理由を人のせい、会社のせいにしている
     ⇒不満があって転職活動をしているのは企業側もわかってはいるが、何かのせいにしているだけでは状況は変わらない。そこからポジティブな理由に結びつけられるように自己を見つめ直す
  • 新卒の就職活動と同じように考えている
     ⇒新卒採用のときと同じようなスケジュール感でやっているとダメ。第二新卒は内定が出てから回答期限まで1週間程度の場合が多いので、内定が出る時期を合わせていく

あわせてチェックしておきたい!第二新卒お役立ちサイト

最後に、第二新卒で転職活動をする際にあわせてチェックしておきたいお役立ちサイトをピックアップしました。

元社員や現社員の口コミを参考に、気になっている企業の情報収集をしてみるといいでしょう。

特徴 求人検索 口コミ閲覧 公式サイト
OpenWork
  • 社員や元社員による口コミが見られる
  • 求人検索、企業分析ができる
あり あり
(Web履歴書を入力するとすべての社員口コミを180日間閲覧できる)
転職会議
  • 仕事のやりがいや成長性、退職理由など、企業の口コミが見られる
  • 給与や残業時間などの、リアルな口コミもある
あり あり
(口コミを投稿するとすべての企業口コミが閲覧できる)
ミイダス
  • 経験やスキルなどの質問に答えると想定年収がわかる
  • 企業からのオファー機能がある
あり なし

まとめ

第二新卒では、転職サイトと転職エージェントを併用して転職活動をすることがおすすめです。自分でいろいろな求人を探しながら、エージェントに転職のサポートをしてもらいましょう。

転職サイトは何社登録してもOK!登録すればするほど多くの求人情報を知ることができます。まずは2〜3社、転職サイトに登録するところから始めてみましょう。 エージェントでは1〜2社の登録でいいでしょう。エージェントでは、職務経歴書の添削など、キャリアアドバイザーからの転職活動へのサポートが受けられます。

転職サイトで自分で求人を探しつつ、エージェントにも自分に合う求人を紹介&サポートしてもらうのが、初めての転職である第二新卒の人にとっては進めやすいでしょう。

第二新卒におすすめの転職サイト4選をもう一度見る

  • 非公開求人が10万件以上(2020年8月自社調べ)で業界最大級。
  •          
  • 登録者限定の「面接力向上セミナー」をオンラインLIVE配信で毎週開催
  • 転職支援実績No.1(2019年度実績 厚生労働省調べ)。全年代・全職種に対応。求人の少ない地方での転職にもおすすめ。
  • 国内外の注目企業と5,000名以上(2022年1月時点)のヘッドハンターからスカウトが届く
  • 一部有料だが最大97日間の無料期間あり。
  • 年収500万円以上のハイクラスを目指したい人、自分の市場価値を試したい人、自分に合った求人をピンポイントで紹介してほしい人におすすめ。
  • 自分で求人を探すほか、キャリアアドバイザーによるサポートやスカウト機能が1つになった転職サイト・エージェント
  • 183万人のデータに基づく「年収査定」や人気300社の「合格診断」など求人探しに役立つツールが多数
  • 転職が初めての20代におすすめ
  • 学生からの支持が厚い株式会社マイナビの運営する転職エージェント
  • 新卒採用でマイナビを利用した企業からの評判が良い
  • 第二新卒歓迎の求人が集まりやすいため、第二新卒の方におすすめ
  • 18年以上にわたり年間5,000人以上(2016年度実績)の女性求職者を支援している女性専門の転職エージェント
  • 面接のためのメイクアップサポートなどユニークなサービスも
  • 女性の転職に理解ある担当者と一緒に転職活動を進めたい人におすすめ

おすすめ関連記事

時間アイコン 22.07.22

第二新卒とはいつまで?企業が採用する20代の転職の極意

第二新卒いつまでのアイキャッチ

時間アイコン 22.07.08

第二新卒は不利な転職じゃない!市場価値の高さやメリットを解説

時間アイコン 22.07.22

第二新卒の転職時期は何月が有利?こだわりすぎるとNGな理由

時間アイコン 22.07.22

第二新卒の職務経歴書の書き方を見本付きで解説!自己PRや基本的なルールを教えます

時間アイコン 22.07.22

第二新卒は年収が下がる?年収アップ成功のコツや平均年収を紹介

TOP