30代向け転職エージェントおすすめ18社|選び方や転職の体験談も紹介

「30代はどうやって転職エージェントを選べばいい?」
「30代におすすめの転職エージェントを知りたい」

転職エージェントを利用すると、求人案件を紹介してもらえるだけではなく、応募書類の添削や面接対策などのサポートも受けられます。

キャリアを重ね、次のステップを目指す30代にこそ、転職エージェントをおすすめできます。上手に活用すれば転職成功に一歩近づけるでしょう。

この記事では、目的別のおすすめ転職エージェントや、転職エージェントを最大限に活用するためのポイントを解説します。

キャリアコンサルタントの丸井沙紀さんに、30代の転職にまつわる疑問についてのお話もうかがいましたので、参考にしてみてください。

【30代におすすめの転職エージェント】

30代に強い総合型転職エージェント リクルートエージェント
doda
マイナビエージェント
パソナキャリア
type転職エージェント
IT業界特化型転職エージェント レバテックキャリア
ワークポート
マイナビIT AGENT
ハイクラス転職向け転職エージェント リクルートダイレクトスカウト
JAC リクルートメント
エンワールド
ランスタッド
未経験職種への転職に強い転職エージェント DYM就職
エンエージェント
30代後半での転職に強い転職エージェント Spring転職エージェント
ビズリーチ
30代女性におすすめの転職エージェント マイナビエージェント〈女性の転職〉
type女性の転職エージェント

監修者 監修者

丸井沙紀

転職の家庭教師 キャリアコンサルタント

丸井沙紀

2級キャリアコンサルティング技能士(国家検定)・キャリアコンサルタント(国家資格)キャリアトランプ®ファシリテーター資格・GCS認定プロフェッショナルコーチ。4,000人以上の相談実績を持つキャリアコンサルタント。転職エージェントを備えたキャリア支援社会人向けスクールにてエリアマネージャー兼キャリアカウンセラーとして勤務後独立。転職エージェントでの面談業務を経て、現在は「やりたい仕事でなりたい自分」をテーマに転職の家庭教師として転職のサポートやコーチングを行う「大人が相談できる場所」として活動。転職・就活イベントでの講演や相談コーナーも担当。

もっと見る 閉じる

30代に強い転職エージェントの失敗しない選び方

転職エージェント選びは転職成功への第一歩です。30代は仕事にもプライベートにも忙しい世代であり、転職エージェントは転職活動の効率を上げてくれる強い味方です。

しかし、数ある転職エージェントの中からどう選んだらよいか分からないと悩む方は少なくありません。

転職エージェントの特徴や強みはさまざま。自分に向かない転職エージェントを選んでしまうと、転職成功への道のりが遠回りになってしまう可能性もあります。

まずは転職エージェントの上手な選び方を見ていきましょう。

選び方1. 転職エージェントの得意な業界を知る

総合型と属性別特化型の転職エージェント

登録前にチェックしておきたいのが、その転職エージェントがどのような業界・職種の求人を多く保有しているのかという点です。転職エージェントは「総合型」と「特化型」に大きく分類できます。

総合型 さまざまな業界・職種の求人情報を幅広く扱う
特化型 特定の業界・職種や年収帯に特化した求人情報を扱う

業界や職種を限定せずに転職活動をしたいという方は総合型のみで構いません。しかし、希望する業界や職種がある場合、その分野の求人情報や動向に詳しい特化型の転職エージェントを利用した方が効率的に活動できます。

IT業界や医療関係など業界を限定した転職エージェントでは、その業界出身のキャリアアドバイザーが在籍していることも多く、経験に基づいた知識などから適切なサポートを受けられるでしょう。

業界との太いパイプもあることから、専門性の高い求人やキャリアアップを目指せる求人、非公開求人を多く保有している点も特徴です。

また、利用者の年代や性別などを限定した特化型転職エージェントもあります。自分に合った転職エージェントを選ぶ際の手がかりにするとよいでしょう。

選び方2. 転職エージェントの対応エリアを確認する

転職エージェントによっては関東のみなど、対応エリアが一部に限定される場合もあります。とくに地方での転職を検討している場合は忘れずに確認しておきたいポイントです。

また、海外企業への転職を目指している方のサポートをしている転職エージェントもあります。より広い視野でキャリアチェンジを考えている方は、登録しておくことをおすすめします。

選び方3. 良いキャリアアドバイザーを見極める

転職エージェントに登録後、直接サポートしてくれるのがキャリアアドバイザーです。キャリアアドバイザーの質が転職活動に大きな影響を与えると言っても過言ではありません。

信頼できるキャリアアドバイザーには、次のような傾向があります。

  • 自分の話をきちんと聞いてくれる
  • 紹介される求人の方向性が自分の志向と合っている
  • 興味のない企業に応募するよう強く勧めるなど無理なことを押し付けない

しかし、登録前にキャリアドバイザーの質を見極めるのは難しいものです。転職エージェントによっては、キャリアアドバイザーの質の高さをアピールポイントにし、本人の経歴などを公開している場合もあるため、それらを参考にしてもよいでしょう。

事前のチェックが難しい場合は、登録後に担当のキャリアアドバイザーとのやり取りを通して判断し、もし合わないと感じた場合にはきちんと理由を添えたうえで変更を依頼することも可能です。

30代におすすめの総合型転職エージェント

ここからは30代におすすめの転職エージェントを紹介します。転職エージェントは、それぞれ特徴や提供しているサービスが異なります。

まずは、転職を考えている30代ならまず登録しておきたい、さまざまな業界や職種をカバーした総合型の転職エージェントをピックアップしました。

  1. リクルートエージェント
  2. doda
  3. マイナビエージェント
  4. パソナキャリア
  5. type転職エージェント

それぞれの転職エージェントの特徴を見ていきましょう。

※この記事で紹介する転職エージェントは当編集部選出です。監修者が選んだサービスではありません。

「複数の転職エージェントに登録」がおすすめ

転職エージェントによって取り扱っている求人は異なるため、2つ以上のサービスに複数登録するのがおすすめです。

チャンスを逃さないようにと多くのエージェントに登録したくなってしまいますが、管理できなくなってしまうこともあるため、自分でコントロールできる範囲におさえることがポイントです。

希望の業界や職種が明確であれば特化型2つと総合型1つなど、バランスよく登録すると自分に合った求人情報を逃すことなく、より適切なサポートが受けられます。

リクルートエージェント|業界最大級の非公開求人数

リクルートエージェント

公開求人数 126,825件
非公開求人数 188,714件
求人エリア 全国
タイプ 総合型
運営会社 株式会社リクルート

おすすめポイント

  1. 公開求人数・非公開求人数ともに業界最大級
  2. 転職後、半年以内に退職した人はわずか4%
  3. 独自に分析した業界・企業情報を提供

リクルートエージェントは人材派遣や人材紹介の大手企業である株式会社リクルートが運営している転職エージェントです。

非公開求人の求人数が約18万件(2020年8月時点)で、業界最大級。高い転職サポート実績から多くの企業や業界に精通しており、独自の分析とノウハウで30代を転職成功へと導きます。

また、大きな強みとして、全国各地に拠点があることが挙げられます。首都圏はもちろん、北海道から福岡まで支社が存在するため、地方在住者でもスムーズに転職活動を行えます

doda|多様なサービスで30代の転職をサポート

doda

公開求人数 96,601件
非公開求人数 35,789件
求人エリア 全国
タイプ 総合型
運営会社 パーソルキャリア株式会社

おすすめポイント

  1. 求人数が多く希望の求人を見つけやすい
  2. 転職フェアやセミナーに無料で参加できる
  3. スカウトサービスやプレミアムオファーがある

dodaは業界最大級の非公開求人を含め約14万件の求人数(2021年10月時点)を誇る転職エージェントです。幅広い業界や職種、エリアに精通したキャリアアドバイザーが30代の転職活動を最後までサポートします。

キャリア面談や書類添削、面接対策を徹底しています。やり取りには電話やLINEも利用でき、気軽な相談も可能です。

また、スカウトサービスを展開しており、登録しておくと直接企業からのオファーを受け取ることができます。さらにパートナーエージェントサービスを利用すれば、国内400社以上の転職エージェント、5千人以上のキャリアアドバイザーからさまざまなスカウトメールを受け取れます。

マイナビエージェント|徹底したサポートで求職者に最良の選択を

マイナビエージェント

公開求人数 32,612件
非公開求人数 32,152件
求人エリア 全国
タイプ 総合型
運営会社 株式会社マイナビ

おすすめポイント

  1. 求人数が豊富で幅広い業種に対応している
  2. 保有求人の8割が非公開求人
  3. IT系求人や20代向けの求人に強い

マイナビエージェントは総合型転職エージェントとして国内最大級の支援実績をもっています。全国の各支店に法人営業担当者を配置しており、大手上場企業からベンチャー企業まで人事担当者とのパイプがあります

さらに各業界の転職市場に精通したキャリアアドバイザーが求職者それぞれに合った提案や転職ノウハウの提供を行っており、忙しい30代の転職をスムーズにサポートしてくれます。

徹底したサポート体制で、夜間や土曜日(9:30~17:30)の相談も可能。希望条件に合った求人を紹介するだけではなく、現在の会社にとどまった方がよいと判断する場合には率直に伝えるなど、求職者に合わせた選択を促します。

パソナキャリア|顧客満足度No.1のマッチング力とサポート体制

パソナキャリア

公開求人数 37,014件
非公開求人数 非公開
求人エリア 全国(三大都市圏に強い)
タイプ 総合型
運営会社 株式会社パソナ

おすすめポイント

  1. オリコン顧客満足度調査3年連続1位の実績
  2. 登録すると多くの非公開求人に出会える
  3. 転職アドバイザー逆指名サービスがある

パソナキャリアは顧客満足度調査で3年連続1位を誇る転職エージェントです。取引実績は1万6千社、転職後の年収アップ率は67.1%に上ります。求人件数は5万件以上で、その8割は非公開求人です(いずれも2021年10月時点、公式サイトより)。

各業界に詳しいキャリアアドバイザーによるていねいなカウンセリングで、求職者の希望や適性にマッチした求人紹介をしてくれます。今後キャリアをどのように重ねていったらいいか悩んでいる30代の良き相談相手となってくれるはずです。

職種や業界の理解を深めるため、企業の採用担当者を招いた勉強会の開催などを通してキャリアアドバイザーのスキルアップにも取り組み、常にコンサルティング力の向上にも努めています。

type転職エージェント|約71%の転職者が年収アップ

type転職エージェント

公開求人数 8,465件
非公開求人数 13,168件
求人エリア 全国(三大都市圏に強い)
タイプ 総合型
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター

おすすめポイント

  1. 一都三県の求人が中心
  2. システムエンジニアの求人が特に多い
  3. 非公開求人が80%以上

type転職エージェントは31万人以上の転職支援実績があり、求人数は2万件以上を誇る転職エージェントです。

約71%の転職者が年収アップしたという実績もあります(2015年1月~12月、公式サイトより)。

担当キャリアアドバイザーが転職で直面するさまざまな悩みに寄り添い、解決の糸口を見つけるための手助けをしてくれます。30代での転職だと焦ってしまうこともありますが、それぞれの状況に合わせたアドバイスや求人の提案をしてくれますよ。

無料の転職相談会や転職セミナーも開催。キャリアアドバイザーへの個別相談も可能です。

30代におすすめのIT業界特化型転職エージェント

続いて紹介するのは、30代におすすめのIT業界に特化した転職エージェントです。

今後も更なる成長が見込まれるIT業界。できるだけ効率よく転職したい30代は業界に精通し人事担当者との接点も多い、特化型のエージェントを活用するのが成功への近道です。

ここでは3つのIT業界特化型転職エージェントをピックアップしました。

  1. レバテックキャリア
  2. ワークポート
  3. マイナビIT AGENT

レバテックキャリア|エンジニアとWebデザイナーの転職なら

レバテックキャリア

おすすめポイント

  1. ITエンジニア、Webデザイナーの求人がメイン
  2. 年収交渉に強い
  3. スピード転職も可

レバテックキャリアはITエンジニアの転職サポートに15年携わっている転職エージェントです。市場を知り尽くしている実績を活かして、利用者にぴったりのキャリアを一緒に考えてくれます。

キャリアアドバイザーは年に3千回以上企業を訪問し、常に現場の情報をアップデートしています。求人数は2021年10月時点で6千件を超え、最短1週間で内定を決めたケースも。初回の提案での内定率は90%、さらに年収アップ率は60%の実績を誇ります(公式サイトより)。

ワークポート|アプリやツールも活用して転職をサポート

ワークポートのキャプチャ画像

おすすめポイント

  1. ゲーム・IT業界・クリエイター転職に特化
  2. 未経験OKの求人も多数保有
  3. 未経験からでもエンジニア職を目指すことができる無料スクールを開講

ワークポートは現在は総合型として幅広い業種や職種を取り扱っていますが、以前はIT業界やゲーム業界特化型の転職エージェントでした。そのため現在もこれらの業界とのコネクションが強く、多くの転職サポート実績を築いています。

未経験からエンジニアを目指したい人のための無料スクール「みんスク」も運営しています。他にも便利なアプリの提供や、転職に役立つ知識を身につける無料講座「すぐに転職講座」の開催など、忙しい30代の転職活動をさまざまな角度からバックアップしてくれます。

マイナビIT AGENT|他職種のキャリアも同時に提案可能

マイナビITエージェントのキャプチャ画像

マイナビIT AGENTはIT・Webエンジニア向けの転職エージェントです。総合型転職エージェントのマイナビエージェントと求人情報を共有しており、エンジニアなどIT系だけではなく他の職種の可能性も同時に探ることができます。

業界を絞りすぎずに転職活動したいと考えている30代にぴったり。異業界出身の求職者を受け入れている企業もあるため、IT業界未経験でも相談が可能です。

企業別相談会やテーマ別転職相談会なども定期的に実施され、内定を得るポイントなどを知るチャンスにもなります。

ハイクラス転職を目指したい方におすすめの転職エージェント

年収500万円~1千万円以上の求人情報が多い、経営幹部・管理職の求人を主に扱っているなどそれぞれに特色があります。自分の希望する条件に合った転職エージェントを選ぶとよいでしょう。

30代ではさらなるキャリアアップや年収アップを目指し、転職を希望する方も増えてきます。この場合、ハイクラス転職に特化した転職エージェントを活用することで、効率よく質の高い求人情報を手に入れることが可能です。

年収800万円~2千万円以上の求人情報が多い、経営幹部・管理職の求人を主に扱っているなどそれぞれに特色があります。自分の希望する条件に合った転職エージェントを選ぶとよいでしょう。

ここではハイクラスな転職を希望する方におすすめの4つの転職エージェントを紹介します。

  1. リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)
  2. JAC リクルートメント
  3. エンワールド
  4. ランスタッド

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)|スカウトを待つだけでOKなハイクラス転職

リクルートダイレクトスカウトのバナー(松坂桃李さん)

おすすめポイント

  1. 質の高いハイクラス求人が豊富
  2. 会員登録したらスカウトを待つだけ
  3. サービスはすべて無料

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)はリクルートが運営するハイクラスな求人情報に特化した転職エージェントです。年収800~2千万円の求人が多く、非公開求人も多く保有しています。

約300社、3千名以上のヘッドハンター(エージェント)や企業が登録者の匿名レジュメに目を通し、マッチした求人があればスカウトを送ります。もちろん、こちらから求人を探して応募することも可能です。

ヘッドハンターや企業からの直接スカウトで、忙しい30代でも効率よく転職活動ができる点も大きなメリットです。

JAC リクルートメント|ハイクラスやミドルクラスの転職を支援

JACリクルートメント

おすすめポイント

  1. 高年収な求人業界を扱いキャリアを活かした転職をサポート
  2. 精度の高いマッチングができる両面型の転職支援
  3. 外資系企業グローバル企業への転職もチャレンジしやすい

JAC リクルートメントは累計約43万人の転職支援実績を誇る転職エージェントです。

30~50代を中心に年間約6万7千人が登録しており、きめ細やかなサポートでハイクラスやミドルクラスへの転職を成功に導いています。

業界や職種を幅広くカバーし、総勢800名のコンサルタントがバックアップしてくれます。世界11カ国に設置した拠点のネットワークで海外や外資系企業への転職も強力に支援しており、新たなステージで活躍したいと考えている30代におすすめです。

エンワールド|経営幹部やCxOを目指すミドル世代に

エンワールド

エンワールドは30~40代のミドル世代向けハイクラス転職エージェントです。非公開求人やスカウトも多数あります。

登録者の平均年齢は45歳で、30代後半でも安心して転職活動が行えます。求人内容は年収1千万円以上が1万件以上。経営幹部やCEO、COOクラスも多く、より経営に近いポジションへのキャリアアップを目指す方にぴったりです。

ランスタッド|優秀なコンサルタントがしっかりバックアップ

ランスタッドのキャプチャ画像

オランダで設立され、世界を舞台に60年の支援実績を持つランスタッド。多くの外資系企業や国内優良企業と太いパイプをもち、年収1千万円以上の求人を常時5千件以上保有しています。

英語や中国語に対応したバイリンガルのコンサルタントも多く在移籍している点が大きな強みです。戦略的なサポートで、ハイクラスキャリアをはじめて目指す30代も安心して転職活動が行えます。

30代の未経験職種への転職に強い転職エージェント

30代は即戦力としての活躍を求められる傾向にあります。未経験職種へのジョブチェンジでは、経験がない中でも活かせるスキルや実績をしっかりとアピールすることが必要です。

そこで転職エージェントを活用し、自分自身の市場価値を客観的に知ったうえで、自分に合った企業を紹介してもらうのが効果的といえるでしょう。

ここでは30代の未経験職種へのキャリアチェンジを支援してくれるおすすめ転職エージェントを紹介します。

  1. DYM就職
  2. エンエージェント

DYM就職|学歴やスキルに不安がある求職者もサポート

おすすめポイント

  1. 第二新卒・既卒・フリーター・ニート向け
  2. 正社員への転職支援に強い

DYM就職は未経験歓迎の求人を多数保有している転職エージェントです。

第二新卒や既卒、フリーターの方の転職サポートを主に行っており、30代前半でのキャリアチェンジもサポートしてくれます。学歴やスキルに不安がある求職者でも安心して転職にチャレンジできるでしょう。

エン エージェント|適性診断で新たなチャレンジを支援

エンエージェント

エン エージェントははじめての転職や異業界・異職種へのキャリアチェンジにも力を入れている転職エージェントです。

多くの企業の採用試験で使われている適性診断を行い、能力や適性を分析。自分でも気づいていない能力や強みを発見できることも多く、30代からの新たなチャレンジを後押ししてくれます。

1万5千件を超える限定非公開求人を保有。担当キャリアアドバイザーが各企業に合わせた面接対策などを行います。

30代後半での転職におすすめの転職エージェント

「30代後半の転職は年齢的に難しい」というイメージを抱く人も多いものの、スキルや経験が企業の求める条件とマッチすれば、自分の望むキャリアチェンジを成功させられる可能性は十分にあります。

ここでは30代後半の転職を強くサポートしてくれる2つの転職エージェントの特徴を見ていきましょう。

  1. Spring転職エージェント
  2. ビズリーチ

Spring転職エージェント|独自のコンサルシステムでベストマッチな企業を提案

Spring転職エージェント

Spring転職エージェントは、世界最大級の総合人材サービス企業Adecco Groupが運営しています。求職者側と企業側を同一のコンサルタントが担当する「360度式コンサルティング」を採用しているため、企業側の生の情報が直接届きます

また、派遣事業で培った豊富なネットワークで、国内だけでなく外資やグローバル企業の求人も提案してくれるため、30代後半からの転職でも多くの可能性を見つけられるでしょう。

ビズリーチ|30代後半、ハイクラス転職を目指す方に

おすすめポイント

  1. ハイクラス求人が豊富
  2. ヘッドハンターからのスカウトがある
  3. 他の転職サービスではなかなかない求人に巡り合える

ビズリーチはヘッドハンター(エージェント)と企業の両方からスカウトが届く転職サイトです。

自分で直接コンタクトをとれるため効率よく転職活動でき、どのようなスカウトが届くか確認すれば自分自身の市場価値を知ることもできます

ビズリーチでの転職者の約6割が35歳以上で、30代後半のキャリアチェンジにぴったりです。また、年収1千万円以上の求人が3分の1を占め、海外の求人も多く、ハイクラス転職を検討している方にも登録をおすすめします。

30代女性におすすめの転職エージェント

30代の女性が転職を考えるにあたって気がかりなのが結婚や妊娠、出産などのライフイベント。そこで利用したいのが、ライフイベントに柔軟に対応できる企業の求人が多く、女性のキャリアチェンジに特化した転職エージェントです。

ここでは女性の転職をしっかりバックアップしてくれる転職エージェントを2つ紹介しましょう。

  1. マイナビエージェント〈女性の転職〉
  2. type女性の転職エージェント

マイナビエージェント〈女性の転職〉|自分らしい働き方や新しい可能性をサポート

マイナビエージェント〈女性の転職〉

マイナビエージェントは総合型の転職エージェントですが、女性の転職を専門に扱うサービスも展開しています。

業界に精通し、女性の転職に特化したチーム編成で、多様な選択肢や新たな可能性を支援し、ライフイベントの多い30代にぴったりなキャリアを提案してくれます。

株式会社マイナビ運営のサービスならではの豊富なコネクションで、独占非公開求人も多数保有しています。

type女性の転職エージェント|長年蓄積された実践的な女性の転職ノウハウ

type女性の転職エージェント

おすすめポイント

  1. 年間5千人以上のキャリアカウンセリング
  2. 面接のためのメイクアップサポートなどユニークなサービスも
  3. 営業職・エンジニアに強い

type女性の転職エージェントはサービスを開始して18年、延べ数千人にわたる転職実績をもつ転職エージェントです。

年間5千人以上のキャリアカウンセリングを行っており、女性のキャリアチェンジに関するさまざまなノウハウを備えています。30代女性の転職に関するアドバイスも的確で、安心して転職活動に取り組めます。

無料相談セミナーによる個別相談会や面接メイクアップサービスなども展開しているため、転職のプロによる実践的なアドバイスを受けられるでしょう。

30代が転職サイトではなく転職エージェントを選ぶべき理由

転職エージェントはキャリアアドバイザーが転職活動をサポートしてくれるサービスであり、一方で転職サイトは求人を検索・閲覧できるサービスです。

さまざまな求人情報を得られるという点においては同じですが、転職サイトのみを利用する場合は企業への応募や面接の日程調整、条件の交渉などすべて自分で行わなくてはなりません。

忙しい30代にとっては、これらにかかる手間を省いてくれる転職エージェントの方がより効率よく転職活動ができるといえるでしょう。

また、転職エージェントには転職サイトには掲載されない非公開求人も多い上、キャリアアドバイザーの客観的なアドバイスも受けられるため、自分にマッチした求人を見つけやすいうメリットもあります。

丸井沙紀

転職エージェントでキャリア相談をすると、市場の状況や自分の市場価値がわかります。また仕事の種類などの幅を広げてくれる可能性があります。

自分の中では「この業種や職種しかない」と思い込んでいても、まったく違う角度からの提案や、知らなかった仕事だけれど経験ややりたい事と一致するといった形で広がることも。さまざまな求人を知っている方から客観的なアドバイスが受けられます。キャリア構築という意味でもしっかりと自分の経験や希望を伝える事で、自分で見つけられなかった求人を紹介してもらえる事があります。

30代が転職エージェントを利用する5つのメリット

「転職エージェントは使った方がいいの?」と迷う方も多いかもしれません。確かに、必ずしも転職エージェントを使わなければ転職できないというわけではないですよね。

ここではあらためて、30代が転職エージェントを利用するメリットを解説していきます。

メリット1. 30代の転職に必要な戦略を立てられる

20代の転職ではポテンシャルの評価が採用に大きく影響しますが、30代になると経験や実績が重視される傾向にあります。とはいえ、自分の市場価値は自分自身ではなかなかわからないことも多いものです。

そんなときに転職エージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーが自分の強みや特性を引き出してくれます。希望する企業に対し、どのような角度からアピールすべきかなど、転職活動の具体的な戦略を一緒に考えることができるでしょう。

メリット2. 効率よく転職活動ができる

一人で転職活動する場合、自分に合った企業探しや面接の日程などのスケジュール管理をすべて自分だけで行わなければならず、非常に多くの手間と時間がかかります。

しかし転職エージェントを使えば、最初にキャリアアドバイザーと面談した後、これまでの経験や希望条件などを伝えるだけで自分に合った求人を紹介してもらえます。

さらに、企業とのやり取りやスケジュール調整もすべて任せられるため、忙しい30代でも効率よく転職活動ができるのです。

メリット3. 非公開求人へ応募できる

転職エージェントではサイト上で検索できる一般的な求人情報だけではなく、そこには載らない非公開求人や、その転職エージェントのみの独占非公開求人を取り扱っている場合もあります。

転職エージェントによっては、非公開求人が多くを占めている場合もあります。これらの求人に応募できる可能性があることも、できるだけ多くのチャンスが欲しい30代が転職エージェントに登録すべき理由のひとつといえるでしょう。

メリット4. 企業との交渉をしてもらえる

転職活動が実を結び、無事内定が決まった後には、給与などの条件交渉や入社日の調整が行われます。しかし、これからお世話になる企業に対し、あれこれと要望を伝えるのはなかなか難しいものです。

30代に限らず求職者全般に当てはまることですが、年収や待遇などの条件については自分からなかなか言い出しにくいもの。そんなとき転職エージェントがクッション役となることで、スムーズに企業との交渉が行えます

メリット5. きめ細かいサポートが受けられる

転職エージェントは履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、業界や企業を独自に分析した情報の提供など、転職を成功に導くためのさまざまなサポートを行ってくれます。

面接や職場見学のアポイントを取るなど、企業とのやり取りもすべて転職エージェントが代行してくれるため、忙しい30代でも安心して転職活動に取り組めます

また、担当キャリアアドバイザーは単に希望を伝えるための存在ではなく、転職にまつわるさまざまな悩みを聞いてくれる存在です。

30代の転職はキャリアを積んできている分、20代と比較して慎重になりやすいもの。これまでと同じ業界で転職すべきか、新しい可能性を見つけるべきかといった悩みに対し、自分では見えにくい客観的な視点からアドバイスをもらえます

30代が転職エージェントを利用する3つのデメリット

デメリット1. 希望と異なる求人を薦められることがある

30代で未経験職種を希望している場合、キャリアアドバイザーから「未経験での転職は難しいですよ」「経験を活かして転職しましょう」と伝えられる場合があります。

30代以降では企業が即戦力となる人材やリーダー以上のポジションを務められる人材を期待するケースが多いため、求職者の希望とギャップが発生するのです。

転職エージェントを利用する際は、キャリアやライフイベントを踏まえて、「なぜその業界への転職を希望するのか」という理由も具体的に伝えるようにしましょう。

デメリット2. キャリアアドバイザーの経験や知識にばらつきがある

転職エージェントを利用すると、求職者は担当のキャリアアドバイザーからサポートを受けることができます。しかし、キャリアアドバイザーの転職支援の経験年数や保有する業界知識は人によって異なります。そのため、求職者の理想とするキャリアプランについてヒアリングし、適切な求人を紹介する能力にもばらつきがあるのが現状です。

キャリアアドバイザーとの相性があわないと感じた場合、担当を変更してもらえないか相談してみましょう。 また、複数の転職エージェントに登録して比較し、担当者や紹介される求人との相性が良いエージェントを利用してもいいかもしれません。

デメリット3. 自分のペースで転職活動が進められないことがある

30代は仕事・プライベートともに忙しく、自分のペースで転職活動をしたいと考える方も多いでしょう。 転職エージェントは採用が決まった際に採用した企業から転職エージェントに支払われる「紹介料」によって収益を上げ、運営されています。そのためやや強引に転職活動を進めるキャリアアドバイザーがいることも事実です。

転職サイトは自分で求人を検索・閲覧できるサービスで、経歴やスキルに合わせた求人のスカウトが届く「スカウトメール」機能がある会社もあります。自分のペースで求人を探して応募したい方は、転職サイトの利用を検討してもいいでしょう。

知っておきたい30代の転職事情

転職活動を行う上で「30代の平均年収は?」「30代の転職で年収は上がる?」と疑問に思うこともあるでしょう。ここでは、30代の転職事情に関する疑問に回答しています。

30代の平均年収はいくら?

国税庁の民間給与実態統計調査を基に20代~40代までの平均年収額をまとめると以下の表の通りになります。年齢とともに平均年収は上がり、30代前半から平均値は400万円台に乗っています。

【世代別平均年収】

20代前半 約260万円
20代後半 約362万円
30代前半 約400万円
30代後半 約437万円
40代前半 約470万円
40代後半 約498万円

*出典:令和2年分民間給与実態統計調査-調査結果報告-国税庁長官官房企画課

30代の転職で年収は上がる?

厚生労働省の転職者実態調査を基に30代の転職による賃金の変化状況をまとめると以下の表の通りになります。30代前半では合計48.6%と約半数の人が転職によって賃金が増加しています。

一方で、30代前半で約3割程度・30代後半で約4割の人は転職によって賃金が減少しています。賃金が減少している背景としては、「残業が少ない職場への転職」、「未経験の職種への転職」「地方への転職」などが考えられます。

仕事内容・年収の増加・福利厚生・ワークライフバランスなど転職で叶えたい希望を明確にしておくと、後悔のない転職を実現できるでしょう。

【転職による賃金の変化別転職者割合】

30代前半 30代後半
3割以上増加 7.7% 6.7%
1割以上3割未満増加 27.3% 21.9%
1割未満増加 13.6% 12.0%
変わらない 18.4% 20.5%
減少した 32.8% 37.7%
不明 0.2% 1.2%

*出典:令和2年転職者実態調査の概況厚生労働省

一方で、30代前半で約3割程度・30代後半で約4割の人は転職によって賃金が減少しています。

賃金が減少している背景としては、以下のようなことが考えられます。

残業が少ない職場への転職

家庭やプライベートの時間を優先したいと希望し、残業が少ない企業に転職した場合「残業手当」が減少するため給与も減少します。

残業代はおもに所定労働時間を超えて発生した労働に対して支払う「時間外勤務手当」と時間外・休日・深夜労働の有無に関わらず一定の時間分の割増賃金を定額で支払う「固定残業代」があります。

転職によって、キャリアチェンジした場合やライフワークバランスを考慮し、あえて残業が少ない企業へ転職を希望した場合は、希望年収には残業代を含めない方がいいでしょう。

未経験職種への転職

キャリアチェンジを目指した転職の場合は、今までの経験やスキルを生かすことができず年収が下がる可能性があります。

企業が転職者の処遇決定する際に考慮した要素として「これまでの経験・能力・知識」が53.7%と過半数を超えているため、未経験職種への転職は年収への影響が大きいと考えられます。

【転職者の処遇(賃金、役職等)決定の際に最も重視した要素割合】
これまでの経験・能力・知識 53.7%
年齢 11.9%
その他 11.6%
免許・資格 10.7%
前職の賃金 6.8%
学歴 0.6%
前職の役職 0.4%

*出典:令和2年分民間給与実態統計調査-調査結果報告-国税庁長官官房企画課

地方への転職

UターンやIターン転職、地方での移住転職を目指し首都圏から地方への転職を考えた際にも年収が下がる可能性があります。

地域別の平均賃金表を見ると、関東地方の平均賃金は約31万円、一番低い北海道・東北地方では約25万円となっており、約6万円の差があります。

転職する業種・職種によっては地方での転職でもあまり差がでない場合もありますが、転職後の収入と支出のバランスをしっかりと考慮することをおすすめします。

【地域別にみた平均賃金(千円)】
関東 313
関西 301.3
東海 297
北陸 282.4
甲信越 276.7
中国・四国 272.4
九州・沖縄 259.3
北海道・東北 258.1

*出典:令和2年賃金構造基本統計調査-調査結果報告-厚生労働省

丸井沙紀

地方は、都会と比べて物価が低い分、生涯収入が下がる可能性があります。企業の数が少ない分選択肢も狭まります。自分のキャリアや方向性とマッチした企業があるかは事前に調べておきましょう。地方=ゆったりしているというわけではありません。都会同様、忙しさは企業によって異なります。

また地域の特性も理解が必要です。地域コミュニティや消防団など仕事以外の任務が発生する場合もあります。いずれにしても事前リサーチが必要です。Uターンだとしても学生時代と社会人になってからの過ごし方ではわけが違います。その地方に在住の方によく話を聞いておくとよいでしょう。転職活動の際には、その地方に強い、または支店がある転職エージェントを利用するのもお薦めです。

転職時の給与交渉不足

現職と同等の年収で転職活動を行ったのに転職後、所得が低くなったというケースは多々あります。

要因としては「給与交渉不足」が考えられるため、転職前にしっかりと企業側とコミュニケーションをとる必要があります。

自分では、なかなか交渉しにくい給与などの条件交渉ですが、転職エージェントが企業との間に入ってくれるためスムーズに交渉が行えます。

転職後のミスマッチを防ぐためにも、転職エージェントに自分の要望をしっかりと伝えることが大切です。

転職後の役職やポジションの変化

転職先での役職やポジションの変化により、前職で付与されていた役職手当の金額が異なり年収が減少することがあります。転職前に現職での諸手当をよく確認し、転職後どのようなポジションで採用されるのか、基本給以外の手当はどれぐらいなのかをシミュレーションしておくと良いでしょう。

一定の経験やスキルを兼ね備えた30代での転職では、キャリアチェンジや環境の変化により一時的に年収が減少する可能性もあります。

しかし、転職後に経験や実績を重ねることにより前職よりも年収がアップする可能性もあるため、仕事内容・年収の増加・福利厚生・ワークライフバランスなど転職で叶えたい希望を明確にしておくと、後悔のない転職を実現できるでしょう。

30代が転職を成功させるための5つのポイント

20代で培った経験を生かしキャリアアップが目指せる30代ですが、転職を成功させるためにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

ここでは、採用担当者が30代の転職者に求めるスキルの他に、異業種へのジョブチェンジを考えている方、ライフプランやキャリアプランを考えた30代の女性が転職を成功させるためのポイントなどを丸井さんに伺いました。

丸井沙紀

20代は未経験の業種や職種でもチャレンジしやすく、ポテンシャル採用などやる気が重視される為チャレンジできる幅が広がります。30代になると経験が求められます。異業種異職種への転職は20代より可能性が低くなってしまう事がデメリットとなります。

逆に20代の転職はよく考えないでなんとなく転職活動を始めても受かる確率が高い分、合わない会社へ転職してしまい後悔してしまうケースもあります。

30代は経験も長くなり、慎重に物事を考えられるようになる方も多いです。やみくもな転職活動では受からない為、方向性や対策をしっかりと行う事でミスマッチを防げます。

40代での転職は今までの経験やキャリアを活かした転職やハイキャリア・エグゼクティブ求人も狙えます。

デメリットは30代までに比べて圧倒的に求人数が減り、求められる経験やスキルが高くなります。今のキャリアの先に進みたい未来がある場合には、年齢と共に経験やマネジメントを重ねてからの転職も有利となりますが、業界を変えるまたは今の会社ではあまりキャリアが詰めない場合には30代の方が選択肢の幅が広がります。

1. 30代前半は即戦力が求められる

20代は「どれくらい見込みがあるのか」というようなポテンシャルが評価されますが、30代前半は即戦力が求められる傾向にあります。

これまでの経験をしっかりアピールできれば、転職できる可能性が高まります。

まずは努力してきたことや評価されたこと、実績などの棚卸しをし、強みを洗い出すことから始めましょう。

丸井沙紀

30代前半は即戦力になるかという事を重視する企業が多くなります。入社して与えられたポジションで細かい研修などもなくすぐに戦力になり、結果が出せる人材が求められます。またマネジメントまでいかなくても後輩への指導経験やリーダー経験を必要とする企業もあります。資質としては、素直に新しい会社のやり方を吸収できる柔軟性やコミュニケーション力も求められます。

2. 30代前半は即戦力と役職経験や高い専門性が求められる

30代前半に求められる即戦力に加えて30代後半では企業から求められる基準は高くなり、採用に関しても慎重になる傾向があります。

マネジメント経験や役職経験者は転職をする上でも有利になる強みではありますが、肩書きだけではなくどのような実績を上げてきたのかのアピールも大切なポイントとなります。

現職で積み上げた経験やスキルをアピールするためにも、これまでの成果を洗い出し、取り組んできた内容を整理すると面接の場でもスムーズにアピールできるでしょう。

丸井沙紀

30代前半に求められる即戦力になるかという事に加えて、マネジメント経験や役職経験、分野での高い専門性が求められます。管理職ポジションまたはその候補としての採用が多くなります。ただ役職についていたから良いというわけではなく、どういう価値観なのか、仕事への考え方、軸について面接で問われますので話せるようまとめておきましょう。

また、長く働いてほしいと考えている為、なぜ転職をするのか、転職で解決したい理由が企業の環境とマッチするのかという事は企業側も気になるところです。いずれにしても社内に影響力を与えるポジションや存在になる年代。価値観や軸など考え方をしっかりと持ち、企業とマッチしていることが求められます。

3. 30代でハイキャリアを目指すならポータブルスキルが必須

30代での転職はキャリアアップを目指したハイキャリア・ハイクラス転職を視野に入れている方も多いですが、自分の希望に合った企業への転職を成功させるためには経験や実績の他にもコミュニケーションスキルやチームや部門をまとめるマネジメントスキルも求められます。

このようなスキルは転職後に、より高いポジションを目指すことも可能なため磨いておくといいでしょう。

丸井沙紀

役職やマネジメント経験があるに越したことはありませんが、実務としての実績や経験がある事や専門性、それを場所や環境変わっても活かせる事ができるかが重要となります。また、コミュニケーションやリーダーシップなどどこの業界でも必要なスキルいわゆる「ポータブルスキル(持ち運びできるスキル)」も必須となります。新しい会社にポンと入っても今までと同等またはそれ以上の成果をすぐに出すことができるかがポイントとなります。

ハイキャリア・ハイクラス転職を叶えられない人の特徴は?

ハイキャリア・ハイクラス転職を叶えられない人の特徴を丸井さんに伺いました。

丸井沙紀

先ほどとは逆で、「これができます」と言える経験や専門性がない方です。また、どんなに経験やスキル、役職経験があっても転職すれば最初は新人。プライドが高かったり根拠なき自信だけを強く持っていたりしていても、まわりの方や転職先のやり方に馴染めないと仕事になりません。最初は年下から教えてもらう場面もあるでしょう。柔軟性やコミュニケーション力も必要となります。

これまでの知識や経験をもとに固執した考え方で行動をすると転職先でトラブルになるケースもあります。せっかくの転職が、トラブルが元で退職に繋がったとなれば本末転倒なため、周りに順応できるスキルは必要と言えます。

4. 30代の異業種への転職には熱意を持って挑む

20代よりも即戦力が求められる30代は、異業種・異職種への転職は難しい可能性があります。しかし、必要なスキルやこれまでの経験が評価され異業種への転職は叶えやすいと考えられます。転職後は、業界についての知識を身につける必要がありますが、業界への理解や意欲を伝えることで転職に成功しやすいでしょう。

丸井沙紀

転職先の異業種への熱意が強い方です。「なんとなく」ではなく、その業界になぜ行きたいのかという事をはっきりと言える、0からでも自ら学んでいく姿勢が見える方です。

またポータブルスキル(異業種でも持ち運びできるスキル)が豊富な方です。例えばコミュニケーション力やマネジメント力や折衝力、ITや英語など異業種でも必要とされるスキルを持っている方は成功しています。これらは持っていても自分ではなかなか気づかないもの。自己分析で掘り起こしたりキャリアコンサルタントに相談したりするなどして形にし、書類や面接でしっかりとPRすることが重要です。

5. 30代の女性の転職は目的とキャリアプランを明確にする

新卒で就職してから約10年が経過し、ある程度キャリアを積んできた30代ですが、女性にとってはプライベートでの変化がある時期でもあります。

そのため、結婚や出産、育児などで働き方を考えて転職を考える方も少なくありません。「とりあえず転職したい」という理由で転職活動をすると入社後に「今までのキャリアを生かせない」「待遇が悪くなった」など転職後に後悔することにもなりかねません。

何を目的に転職するのかをきちんと明確にし、どのような働き方・待遇が自分に合っているのかを考えておきましょう。

丸井沙紀

30代の女性は、さまざまな状況下の方がいます。独身、既婚子どもなし、シングルマザー、既婚子育て中の方でも子どもの人数、年齢によっても仕事にかけられる時間や、条件が変わってきます。現段階では独身や子供がいない方でもこれから予定している方もいるはず。

現状と今後の予定に合わせて無理なく働ける環境である事は勿論ですが、人生100年時代。子育てが終わってからの人生も長いです。長い目で見てキャリアアップできる環境であるかも念頭に置いておきましょう。

30代が転職エージェントを有効活用するコツ

転職エージェントは便利で頼れるサービスではありますが、ただ登録するだけではうまく活用するのは難しいでしょう。

ここでは30代が自分に合ったキャリアを見つけるために転職エージェントを有効活用するコツについて解説します。

コツ1. 転職活動はなるべく在職中に行う

転職活動は退職後ではなく、在職中に行うのがベターです。

退職し経済的な不安を抱えながらの転職活動は焦りを招きやすく、本音では希望しない企業へ転職を決めてしまうなどのおそれもあります。

30代になると家庭を築いている方も多いでしょう。在職中であれば転職活動しながら給与をもらえるため、精神的なゆとりをもって取り組めます。

コツ2. キャリアの棚卸しで自分の強みやスキルを知る

実際に転職活動をスタートさせる前にキャリアの棚卸しを行い、あらためて自分の強みやスキルを知り、今後のキャリアの方向性やアピールしたい点を明らかにしておきましょう

30代になるとさまざまな経験を積み、業務の専門性も高まっている場合が多いため、経歴をただ伝えるだけでは転職エージェント側にもうまく伝わらないことがあります。

キャリアアドバイザーとともに自己分析も行うことも多いですが、これまでの業務を通して自分がどんなことができるのか、得意なのかを分析して伝えておけばスムーズに転職エージェントを活用できます。

コツ3. 希望条件に優先順位をつける

30代ともなると、これまでの経験から転職先に求める条件は増える傾向にあります。しかし、自分が希望するすべての条件を満たす企業はなかなかありません。

ぐずぐずと考えているうちに募集が終了してしまうこともあるでしょう。そのため応募先の企業に求める条件に優先順位をつけ、できるだけ間口を広げておくことをおすすめします。

選択肢を増やすことで、自分に合った求人を見つけやすくなります。

コツ4. アドバイザーとの相性を見極める

前述したように、キャリアアドバイザーの質は転職活動を左右する要因のひとつです。効率よく自分にマッチした転職先を見つけたい30代にとって、相性の良いキャリアアドバイザーとの出会いが欠かせません。

特に、希望しない企業に応募するよう強く勧めてくる、自分の話をしっかり聞いてくれないなど担当キャリアアドバイザーがあまり信頼できないと感じる場合、変更してもらえないか相談してみてもよいでしょう。

その場合は軽率な印象を与えないよう、きちんと理由を告げることも忘れないようにします。

コツ5. 転職エージェントに任せきりにしない

確かに転職エージェントは便利な存在ですが、希望条件だけを伝えればすぐに転職できるわけではありません。特に30代の転職では今後のキャリアやライフイベントとの兼ね合いも考えたうえで活動する必要があります。

それらの点についても具体的に伝え、自分から提案するなど能動的に動くことで、転職エージェント側も的確なアドバイスや求人の紹介がしやすくなります。その結果、自分に適した求人をより早く見つけられる可能性も高まるはずです。

コツ6. 口コミサイトをチェックする

また、転職エージェントの紹介だけではなく、自分でも企業の実態や社風を調べにいくことも大切です。

手軽な手段としては、実際に志望企業で働いていた人からの口コミを掲載した口コミサイトなどを利用するとリアルな情報を収集できるでしょう。

ただし、あくまで口コミサイトであるため、すべてを鵜呑みにするのではなく参考程度にとどめておく方がよいでしょう。

口コミサイト 口コミ閲覧方法 料金
OpenWork
会社評価レポート(口コミ投稿) 無料 (1社につき30日間)
転職サービス登録 無料 (1サービスにつき30日間)
有料プログラム(1ヶ月間全ての社員の口コミ閲覧可能) 1,100円/月
転職会議
口コミ投稿(口コミパス獲得) 無料 (1口コミパス39日間)
口コミパス購入 1,078円(1口コミパス39日間)
キャリコネ
口コミ投稿 無料(1年間)
ID一括登録サービスに登録 無料(無制限)

転職エージェント利用の流れ

登録する前に、転職エージェントの利用の流れを把握しておきましょう。

  1. 転職エージェントWebサイトから登録
  2. 履歴書職務経歴書の用意
  3. 転職エージェントとキャリア面談・書類添削
  4. 転職エージェントからの求人紹介
  5. 志望企業との面接
  6. 内定
  7. 条件交渉
  8. 入社

転職エージェント登録から入社までの期間は2~3ヶ月が一般的です。転職活動における不明点は随時転職エージェントが教えてくれるので、まずは思い切って登録してみてください。

30代で転職エージェントを利用した人の体験談

ここでは30代で転職エージェントを利用して転職を成功させた3人の体験談をご紹介します。

31歳/男性

国家資格を生かして未経験職種へ転職

前職では担当する業務が自身の希望する分野ではなかったが、異動希望を出しても後任がいないことで希望が受け入れられなかった。自身のキャリアプランを考えた際に今後30年以上働いていくには難しいと考えた。 国家資格(社会保険労務士)を取得した上での転職であったため、希望する職種に就くことが出来ることが第一条件であった。30代で未経験職種への転職希望であったことから、採用してくれる企業があるか心配だった。 転職後は希望していた社会保険労務士業務を担当しており、資格と業務内容がマッチしていることで、業務へのモチベーションにつながっていると感じる。勤務時間は繁忙期を除けばほぼ定時で帰る事ができる環境で、メリハリをつけて仕事が出来ている。給与についてもアップする事ができ、かつ労働時間も以前より短くなったことから満足な転職が出来たと思っている。

35歳/女性

産休も確保しつつ、エンジニア職に挑戦

以前からエンジニアになりたい願望があった。年齢的にもまだチャレンジでき、結婚もしてなかったので最後のチャンスだと思い転職した。 当時妊娠中だったので育児休暇や産休制度が充実しているような場所がいいと思っていた。 産休制度は内定先では当初はなかったが、小規模な会社ということもあり柔軟に対応してくれ、自分が希望するような産休制度が実現した。 全く知らない業種に年齢的にも厳しいような人材を採用してくれるのかとても不安だった。 事務職からアプリケーション開発への転職で、残業時間は週50時間ほど増えたが、年収は300万から500万円に上がった。業務時間は休憩時間を含めた8時間勤務になった。

(32歳/男性)

人材派遣会社から証券会社へ転職

人材派遣業が先行き不安になったことが決め手でした。まだまだ仕事をする時間の方が圧倒的に長い為、企業としての将来性や個人レベルのスキルアップが同時にできるような企業にいたかったから転職を決めました。決まらなかった場合自分の今後がどうなるか予測がつかなかった事と、転職した先でどんな職場環境かが分からなかったため不安でした。転職エージェントはこちらが希望する要望を実現するために多くの企業の提案をしてくれました。年収が約50万円程アップし、営業職ですが時間外部分については証明ができればしっかりと残業代がでる職場に転職できました。

丸井沙紀

30代は「このままこの会社で定年まで20~30年続けていくイメージがわかない」という方が多いです。異業種異職種への転職でも、更なるキャリアアップややりたい仕事の追求、給与UPなど理由は様々ですが、動くなら今のうちに、最後のチャンスではと考えている方が多い印象です。

疑問を解決!30代の転職に関するQ&A

最後に30代の転職にまつわるさまざまな疑問について、キャリアコンサルタントの丸井沙紀さんに伺いました。

自分によりマッチした転職を成功させるためにも、不安に感じている点は早めに解決しておくとよいでしょう。

30代での転職、転職回数がネックになることはある?

転職回数がネックになることはあります。転職理由にもよりますが、短い期間で辞めていることが多い場合は<「またすぐ辞めてしまうのでは」と思われてしまうおそれがあります。

すべての退職理由を前向きに伝えられるようにしておきましょう。

30代でベンチャー企業への転職はあり?

30代でベンチャー企業に転職するのもありです。しかしベンチャー企業では比較的若い社員がメンバーの大半を占めるケースが多く、場合によっては代表や役員が同世代もしくは年下となる可能性があります。

その場合、どうしても求める社員の年齢も若くなる傾向があるうえ、年収がダウンする場合もあります。入社後、周りが若い社員ばかりで、30代の存在が浮いてしまう可能性もあります。

スタートアップや創業10年未満の企業は成長過程で、体制や評価制度などがまだ定まっていないかもしれません。それらも含めて一緒に作り上げていく過程を楽しめるなら問題ないでしょう。

大手企業からベンチャー企業への転職であればこれまでの福利厚生などの制度がなく、経営状態もまだ不安定であり、まったく違う世界に行くような覚悟が必要です。

30代、資格がなくても転職できる?

あるに越したことはありませんが、資格はアピール要素のひとつであり、あくまでも30代が求められているものは実務経験やスキルです。

特に異業界・異職種へチャレンジする場合は関連する資格を保有していないケースが多いでしょう。そのような場合は「ポータブルスキル」と呼ばれる、業界や職種を問わず活かせるスキルをアピールすることが大切です。

コミュニケーション力や判断力、調整力などに目を向けてみましょう。また、役職やマネジメント、部下の指導などの経験もポータブルスキルとなります。

フリーターからの転職、どうアピールすればいい?

フリーターから転職する場合は、希望する企業に近い分野のアルバイト経験を伝え、これまでの経験や知識、キャリアを積み重ねてきたことをアピールするとよいでしょう。

経験者であり、即戦力となる人材だと判断してもらえる場合があります。

フリーターからの転職は、簡単ではないのは確かですが可能性はゼロではありません。

超氷河期で正規雇用の就職の機会がないままでいるロスジェネ世代やフリーターへの支援も厚くなってきています。国やハローワーク主体の支援を利用する、民間の支援会社を利用するとういう方法があります。

また自らキャリア形成をしていく場合、行きたい業界や職種でいきなり正社員になれなくてもアルバイトや派遣などで経験を積み、経験者として正社員に応募すると採用されやすくなります。中長期的な視点で経験を積んでいく、アルバイトをするなら将来につながる経験を積んでおくことをおすすめします。

キャリアアップを目指しての転職で注意すべき点は?

あなたにとってのキャリアアップって何でしょうか?収入アップでしょうか?役職や地位が上がることでしょうか?大きな企業や有名企業で働く事でしょうか?スキルアップなど専門技術の向上でしょうか?

まず何のための転職なのか、自分にとってのキャリアアップとは何かを明確にしましょう。

同時に今ある当たり前の条件や環境を失う可能性もあります。年収、地位、福利厚生、人間関係などです。今持っているもの、大切にしたい事にも目を向け、キャリアアップしたい事と合わせて優先順位を立てていくことをおすすめします。

外資系への転職で注意すべき点は?

外資系企業では職務内容を明確にして成果で評価するジョブ型雇用が主流であるため、専門性や、即戦力として活躍できることを強くアピールする必要があります。

また、履歴書や職務経歴書は英語での受け付けとなる場合もあり、面接も英語で行われることがあるため、対策が必要です。外資系企業への転職に強いエージェントではこれらのアドバイスをしてくれる場合も多く、うまく活用するとよいでしょう。

30代で大手企業への転職は難しい?

条件が合う求人数は少ないかもしれませんが、30代での大手企業への転職も可能です。

企業が求めるスキルや経験を持ち、即戦力となれることをアピールするようにしましょう。役職やマネジメントの経験、部下や後輩の指導経験が求められる場合が多いため、経験があれば職務経歴書に必ず記載しておきます。

コロナ禍の影響で変化はある?コロナ禍以外での最近の市場動向も知りたい。

コロナ禍の影響は業種職種によります。例えばDXを推進する人材やIT業界がより求人数が伸びています。

逆にコロナの影響を大きく受けた業界では当然新規採用を見合わせています。観光や航空業界は未だ苦しい状況というように業種によって大きな開きが出ている事は確かです。

そのコロナ禍も2年以上となり、対策をした上で世の中は動き出しています。採用を見合わせた期間の分を埋める企業も多く、全体でみると有効求人倍率は徐々に右肩上がりとなっていますが、コロナ前にはまだ届かないのが現状です(2022年4月現在)。日々変化しますので希望の業界の動向はチェックが必要です。

コロナ禍を経て、面接はオンライン、勤務は在宅という企業が大幅に増えました。全てオンラインのみで入社が決まり、入社後も在宅ワーク続きで一度も会社に行った事がない、誰ともあったことがないという方もいます。

研修はおろか、周りとコミュニケーションをとり、聞きながら覚えていくという事が出来ない為、より一層即戦力と自ら学び動くことができる人材が求められます

この記事のまとめ

以前は「30代の転職は難しい」といわれていました。しかし、働き方の多様化や少子高齢化による働き手不足などから、30代での転職はもはや珍しいものではなくなっています。

とはいえ、経験やスキルが重視される30代はしっかりと戦略を練っておかなければ、希望する転職が難しいこともあります。30代こそ転職エージェントのサポートをうまく活用し、自分に合った企業を見つけて新たなキャリアをスタートさせましょう。

  • 非公開求人が10万件以上(2020年8月自社調べ)で業界最大級。
  •          
  • 登録者限定の「面接力向上セミナー」をオンラインLIVE配信で毎週開催
  • 転職支援実績No.1(2019年度実績 厚生労働省調べ)。全年代・全職種に対応。求人の少ない地方での転職にもおすすめ。
  • 国内外の注目企業と5,000名以上(2022年1月時点)のヘッドハンターからスカウトが届く
  • 一部有料だが最大97日間の無料期間あり。
  • 年収500万円以上のハイクラスを目指したい人、自分の市場価値を試したい人、自分に合った求人をピンポイントで紹介してほしい人におすすめ。
  • 自分で求人を探すほか、キャリアアドバイザーによるサポートやスカウト機能が1つになった転職サイト・エージェント
  • 183万人のデータに基づく「年収査定」や人気300社の「合格診断」など求人探しに役立つツールが多数
  • 転職が初めての20代におすすめ
  • 学生からの支持が厚い株式会社マイナビの運営する転職エージェント
  • 新卒採用でマイナビを利用した企業からの評判が良い
  • 第二新卒歓迎の求人が集まりやすいため、第二新卒の方におすすめ
  • 18年以上にわたり年間5,000人以上(2016年度実績)の女性求職者を支援している女性専門の転職エージェント
  • 面接のためのメイクアップサポートなどユニークなサービスも
  • 女性の転職に理解ある担当者と一緒に転職活動を進めたい人におすすめ

時間アイコン 投稿日:21.11.01

おすすめ関連記事

時間アイコン 22.04.15

おすすめ転職エージェント年代・職種別23選!プロが語る成功のコツ

時間アイコン 22.05.06

リクルートエージェントの評判は悪い?転職の口コミや求人、退会方法

リクルートエージェント

時間アイコン 22.05.25

ビズリーチの評判は悪い?口コミ失敗談とハイクラス求人に出会うコツ

bizreach

時間アイコン 22.05.13

リクルートダイレクトスカウトの評判は悪い?口コミや特徴・ビズリーチとの違い

リクルートダイレクトスカウトのバナー(松坂桃李さん)

時間アイコン 22.05.18

dodaの評判を口コミから調査!悪い声やメリット、エージェントの特徴

dodaのキャプチャ画像

TOP